小山 祐一 作曲 家。 エールのネタバレ【第4週】裕一のイギリス留学と家業争い|全話あらすじ掲載中!|朝ドラあらすじネタバレ考察

番組紹介|NHK連続テレビ小説『エール』

小山 祐一 作曲 家

概要 に生まれ、幼少期より音楽と作曲活動に親しみ、青年期にはに師事。 に主催現代音楽祭作品公募のイギリス支部推薦作品としてノミネート。 これを日本の新聞で「 チェスター社主催作品公募入選二等」と報道されてしまったことをきっかけとし、それを機会にの推挙で東京の楽壇に進出。 クラシック畑からポピュラー畑に転身、数多くの・や、の作曲を手掛け、の「船頭可愛や」、「」、の「」、・の「」などを発表した。 戦後は、「」や、の「」、の「」、伊藤久男の「」、の「」、の「高原列車は行く」ほか、数多くの大ヒット曲を生み出した。 他方で、第一応援歌「」、応援歌「我ぞ覇者」、応援歌「あゝ中央の若き日に」、応援歌「カレッジソング」、応援歌「真澄の空に」、応援歌「希望の門」、 の大会歌「」、の球団歌「」、の球団歌「」、の初代球団歌「」、の「オリンピック・マーチ」、スポーツ中継テーマ「」など、応援歌、行進曲の分野でも数多の作曲を手掛け、 和製と呼ばれた。 巨人、阪神は試合が伝統の一戦と呼ばれる間柄だが、古関はスポーツにはあまり興味はなく球団関係を気にすることなく作曲を引き受けた。 また母校である福島商業高等学校の校歌若きこころを作曲している。 生涯 幼少期 大町にあった呉服店「喜多三(きたさん)」に長男として誕生。 父親が音楽好きで、大正時代ではまだ珍しかった蓄音機を購入し、いつもレコードをかけていた。 古関は幼少の頃から音楽の中で育ち、ほとんど独学で作曲の道を志していく。 同じ大町の近所に鈴木喜八という5歳年上の少年がおり、のちに(作詞家)となって古関とともに数々の曲を世に送り出すこととなる。 (大正5年)、古関は7歳のときに福島県師範学校附属小学校(現)へ入学した。 担任の遠藤喜美治が音楽好きで、音楽の指導に力を入れていた。 古関は10歳の頃には楽譜が読めるようになり、授業だけでは物足りなくなり、市販のなどを買い求めるようになった。 ますます作曲に夢中になり、次第にクラスメイトが詩を持って古関に作曲を依頼してくるようになる。 こうして子供の頃から作曲に親しむこととなった。 青少年期 (大正11年)、旧制福島商業学校(現)に入学した。 同校に進学したのは家業を継ぐためであったが、常にハーモニカを携帯し、学業より作曲に夢中だったという。 妹尾楽譜や著の「作曲法」等を買い集め、独学での作曲法の勉強を続けていた、年に2回行われていた校内弁論大会にハーモニカで音楽をつけることになり、古関が書き溜めていた曲を合奏用に編曲して大勢で演奏することになった。 初めて自分の作品が披露された出来事であった。 しかし、在学中には家業の呉服店が倒産する事態にも遭った。 学校を卒業する頃、当時の日本では有数のハーモニカバンドであった福島ハーモニカーソサエティーに入団する。 古関は作曲・編曲・指揮を担当し、地元の音楽仲間が主宰していた「火の鳥の会」が近代音楽家のレコードコンサートを開いていた。 ここで初めて近代フランス、ロシアの音楽に出会い、衝撃を受ける。 傾倒したのは、の『』との『』、、などである。 このレコードコンサートには頻繁に通っていたという。 1928年、福島商業学校を卒業後、母方の伯父に誘われ、伯父が頭取を務める川俣銀行(現川俣支店)に勤務した。 町内の寄宿先である、母の生家(いとこの実家)から通勤する一方で、作曲の勉強を続けていた。 この頃、学生時代から憧れていたの事務所へ楽譜を郵送し、何度か手紙のやり取りを行っている。 古関は、当時発行される山田の楽譜はほとんど空で覚えていたという。 福島ハーモニカーソサエティーとともに仙台中央放送局(現)の記念番組に出演する。 この頃、リムスキー=コルサコフの弟子で仙台に在住していたに師事することになった。 金須はで、正教のを学ぶため前のの聖歌学校に留学し、そのときリムスキー=コルサコフからを学んでいた。 コロムビア専属へ (昭和4年)、管弦楽のための舞踊組曲『竹取物語』をイギリスロンドン市のチェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに応募し、二等入賞を果たす。 これは日本人初の国際的作曲コンクールにおける入賞であり、(昭和5年)1月23日ので大々的に報道されている。 ただし、これは主催現代音楽祭作品公募へのイギリス支部推薦を、古関が入賞と勘違いしたという説もある。 日本人の国際作曲コンクールあるいは国際作品公募において、現在も日本初であることが記録されているのはの「やまとの声 」である。 『竹取物語』は、色彩的で斬新ながなされており、また、打楽器のみで演奏される楽章なども含まれていたといわれる。 この入賞の報道を読んだ、声楽家志望で在住 の(きんこ)が古関にファンレターを送り、その後も約100通に及ぶ熱烈な文通を経て1930年6月、古関20歳、金子18歳で結婚。 古関はたいへんな愛妻家で、晩年までおしどり夫婦であったという。 この頃、古関は複数の交響曲やピアノ協奏曲、交響詩『ダイナミック・モーター』、弦楽四重奏曲など、膨大な作品群を完成させていたが、それらの楽譜は遺族が管理を怠り現在ほとんど行方不明になっている。 『竹取物語』の所在も知れないという。 同年9月、の顧問の推薦でコロムビア専属の作曲家に迎え入れられ、夫婦で上京した。 東京ではに師事した。 菅原は『竹取物語』のスコアを読んで驚き、古関にはよりも才能があったと、後年まで称賛している。 師と仰いだ菅原明朗のほかに、とも親交が厚かった。 しかし、古関は実家が経済的に破綻してからは一族を養わなくてはならず、次第にクラシックの作曲から離れざるをえなくなった。 コロムビア入社も主に生活費のためであったと考えられる。 古関本人は作曲の勉強のための洋行を希望していたが、それは叶わなかった。 東京に移ってからのオーケストラ作品には、を描いた交響詩『大地の反逆』がある。 これはストラヴィンスキー的な音楽であるといわれている。 また、無調的な歌曲『海を呼ぶ』なども作曲している。 (昭和10年)、古関が26歳の頃、調の「船頭可愛や」(詩:、唄:)が大ヒットし、人気作曲家の仲間入りを果たす。 この歌は世界の舞台でも活躍した・もレコードに吹き込んだ。 この頃、声楽家志望だった妻の金子はへ進んでいた。 金子は後に声楽家の(よしこ)及びその師のノタル・ジャコモの教えを受けた。 また同時期に古関は同郷のと交流を持ち、伊藤久男も帝国音楽学校へ入学することになる。 戦中から戦後 1955年 戦時中の古関は数々の名作を発表した。 古関メロディーのベースであったクラシックと融合した作品は、哀愁をおびたせつない旋律のもの(「」「」など)が多かったが、それが戦争で傷ついた大衆の心の奥底に響き、支持された。 戦時歌謡を作るかたわら、ヴァイオリン協奏曲のスケッチを重ねていたが、完成に至らぬうちに譜面が散逸したという。 古関自身、前線での悲惨な体験や目撃が「暁に祈る」や「」に結びついたと証言している。 また自らの作品で戦地に送られ、戦死した人への自責の念を持ち続けていた。 戦後は、暗く不安な日本を音楽によって明るくするための活動に力を注いだ。 長崎だけにとどまらず日本全体に向けた壮大な鎮魂歌「」。 戦災孤児の救済がテーマのラジオドラマ『』の主題歌「」。 戦後日本の発展の象徴でもある開催のの開会式に鳴り響いた「オリンピック・マーチ」。 現在も毎年に流れている高校野球大会歌「」。 その他にも「」「」「高原列車は行く」などの格調高い曲を数多く創作した。 また、クラシックの香り溢れる流行歌や、勇壮で清潔感のあるスポーツ音楽が大衆の心をとらえた。 の美しい音色と格調のあるの唱法を基礎にした「クルーン唱法」で歌唱する、叙情溢れるリリックなで熱唱するなどの歌手にも恵まれた。 のと名コンビを組み、数々のラジオドラマ、テレビドラマ、映画、演劇、のヒット作品を世に送り出した。 に菊田と手がけた主演の『』は長期公演舞台となった。 また、戦後の古関は、の作曲を完全に諦めていたわけではなく、菊田と共同したミュージカル『敦煌』から交響組曲『敦煌』を編んでいる。 また、NHKテレビラジオを通じて各音楽番組に出演。 ラジオドラマ『』では放送中に、スタジオにオルガンを持ち込み、生演奏をして劇中伴奏を務め、他の番組でも時折生演奏を行った。 晩年と死後 系の音楽番組『』の審査員を、10月の放送開始から初代司会者のとともにに降板するまで務めていた。 、「」制定30周年を記念しての開会式に招待された。 大会旗掲揚に当たり、大会歌の大合唱が起こりその光景に感激したという。 また、この大会では古関の母校である福島商業高校が甲子園初勝利を挙げ、自らが作曲した校歌を聴くことが出来た。 1979年には最初の福島市名誉市民に選ばれ 、同地には11月12日に「」も建てられている。 しかし古関はこの頃すでに入院生活を送っていたため、足を運ぶことは出来なかった。 の誕生日を迎えて1週間足らずの(平成元年)午後9時30分、古関はのためで没した(享年80歳)。 古関の没後、の授与が遺族に打診されるも古関の遺族はこれを辞退した。 その理由について、古関の長男は「元気に活動しているときならともかく、亡くなったあとに授与することに意味があるのか」と没後追贈に疑問を持ったためとしている。 4月11日に生誕100年を記念し、JR福島駅の発車メロディーに古関の作品が採用されることになった。 在来線ホームに「高原列車は行く」、新幹線ホームに「栄冠は君に輝く」が採用され、発車メロディー用に30秒間にアレンジされた曲が流れている。 同年8月11日、同じく生誕100年を記念しモニュメントが古関の地元・福島市の東口駅前広場に設置された。 制作・施工費は約1500万円。 30歳代後半の古関が愛用したオルガンを奏でる姿をかたどったデザインで、午前8時から午後8時までの1時間おきに、「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」などの古関が作曲したメロディーが流れる仕組みになっている。 夏以降、出生地などで「」入りを応援する動きが活発になっている。 春から、NHKとして、古関をモデルとした「古山裕一」を主人公とする『』が、の主演で放送されている。 度重なる古関の「放言癖」 楽器を使わずペンから音楽があふれる等々)から、元からそのような作品群は存在していなかったという説もある。 同名の歌が2曲存在する(現行の2代目の歌は作詞:酒井祐春、作曲:)。 古関本人が書き表した楽譜には「船頭可愛いや」と表記されている。 「乙女十九」の元歌。 この作品以降、伊藤久男との結びつきが強くなる。 による同名異曲がある。 同名の歌が3曲存在する(2代目の通称「ジャイアンツ・ソング」はの作曲)。 による同名異曲がある。 初めてレコード化されたのはのことである。 「」と同じ曲。 で試聴可能である。 作詞の佐伯、歌の灰田がビクター専属だったので、例外的にビクターから発売された。 伊藤武雄、安西は当初予定された歌手。 レコード番号も用意され3月発売予定と報じられていたが、伊藤久男を迎えて初めてレコード化されたのは戦後のことである。 「戦後にレコードがすべて破棄された」など、曰く因縁のついている戦時歌謡であるが、この曲に予定されていたレコード番号と、その前後の番号がすべて欠番になっていることから、「初めから作られなかったのではないか」という説もある。 楽譜は古関裕而記念館で展示。 また、レーベル原稿等も現存している。 に、の編曲によって、初めて発売された。 に発売された藍川のアルバム「レクイエム「ああ此の涙をいかにせむ」《古関裕而歌曲集2》 」に収録されているものが唯一の音源と思われる。 「」および「」とは別の曲。 ところによっては「メコンの舟唄」という表記もみられる。 による同名異曲がある。 「オリンピック行進曲」と呼ばれることもある。 1943年発表の同曲を西郷輝彦がカバーしたもの。 withnews. Withnews. 2020年6月7日閲覧。 フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。 川俣町. 2020年4月22日閲覧。 twitter. com. twitter. 2020年6月7日閲覧。 www. jscm. net. JSCM. 2020年6月7日閲覧。 当時はまだ。 豊橋への編入は(昭和7年)以降。 「古関裕而(作曲家)」 2019年7月20日放送。 刑部芳則『古関裕而』p140• - 福島市古関裕而記念館、2020年5月28日閲覧。 「若鷹の歌」、「君の名は」、「長崎の鐘」 古関裕而さん死去。 1989年8月19日夕刊15面• NHK生活情報ブログ. NHK 2017年12月28日. 2019年2月28日閲覧。 www. city. fukushima. fukushima. 福島市. 2020年6月14日閲覧。 NIKKEI NET 日本経済新聞社. 2009年8月11日. の2009年8月15日時点におけるアーカイブ。 2019年2月28日閲覧。 東京本社版 2018年• デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年2月28日. 2019年2月28日閲覧。 福島民友. 2020年6月2日閲覧。 産経新聞 2014年2月5日. 2020年6月2日閲覧。 2014年10月11日. Extra便. TAP the POP. 2019年2月28日閲覧。 『Fujiya Book』不二家、1990年、61頁。 『AV CREATOR PIONEER 音と光の未来をひらくパイオニア50年史』パイオニア、1988年。 2020年5月1日閲覧。 cms. edu. city. kyoto. 2020年4月13日閲覧。 topics. smt. docomo. NTT DOCOMO. 2020年6月14日閲覧。 iss. ndl. 国立国会図書館サーチ. 2020年6月14日閲覧。 iss. ndl. 国立国会図書館サーチ. 2020年6月14日閲覧。

次の

朝ドラ「エール」主人公のモデル、古関裕而(こせき ゆうじ)さんとは?

小山 祐一 作曲 家

朝ドラ「エール」福島三羽ガラス 「エール」の配役名: キャスト名: 実在のモデル人名 作曲家・古山裕一: 窪田正孝: 古関裕而 作詞家・村野鉄男: 中村 蒼: 野村俊夫 歌手・佐藤久志: 山崎育三郎: 伊藤久男 古山裕一は福島県福島市出身の作曲家。 村野鉄男は福島市内の魚屋「魚治(うおはる)」の長男で、のちに作詞家に。 佐藤久志は県議会議員の息子で、裕一の小学校時代の同級生。 そしてのちに歌手に。 このような紹介のされ方を、ドラマの中でされる可能性が高いのですが、これは限りなく史実に忠実な展開です。 左から古山裕一(窪田正孝 幼少期:石田星空)、村野鉄男(中村蒼 幼少期:込江大牙)、佐藤久志(山崎育三郎 幼少期:山口太幹) 古関裕而(作曲家) 野村俊夫(作詞家) 伊藤久男(歌手) 出身地 福島県福島市 福島県福島市 福島県本宮市 行年 明治42年~平成元年 80歳没 明治37年~昭和41年 62歳没 明治43年~昭和58年 72歳没 ドラマの配役名 古山裕一 村野鉄男 佐藤久志 野村俊夫さんは、古関裕而さんのご近所生まれでコロムビア専属の作曲家。 伊藤久男さんは福島県本宮市出身で父親が県会議員。 そして古関裕而さんと出会ってコロムビアから歌手デビュー。 以下の曲は全て、作曲:古関裕而さん、作詞:野村俊夫さん、歌:伊藤久男さんで世に発表された曲になります。 昭和15年(1940) 「」 昭和23年(1948年) 「若き日のエレジー」 昭和28年(1953年) 「岬の灯り」 昭和31年(1956年) 「」 これ以外でも沢山の名曲&名歌唱がありますが、それについては個別紹介記事をご参照下さい。 この時代以降、福島県は著名な音楽家を数多く輩出しているということです。 古関裕而さんが生まれたのが明治42年(1909年)。 これ以降に、まず大正6年(1917年)、福島県小野町で作詞家・丘灯至夫(おか としお)さんが誕生します。 小野町出身の作詞家・丘灯至夫さん 丘灯至夫さんの代表作です。 昭和26年(1951年) 「白いランプの灯る道」作曲:古関裕而さん 「長崎の雨」作曲:古関裕而さん 昭和27年(1952年) 「あこがれの郵便馬車」作曲:古関裕而さん 昭和28年(1953年) 「みどりの馬車」作曲:古関裕而さん 昭和29年(1954年) 「高原列車は行く」作曲:古関裕而さん 「百万石音頭」作曲:古関裕而さん、歌:伊藤久男さん 昭和38年(1963年) 「高校三年生」 昭和44年(1969年) 「ハクション大魔王の歌」作曲:市川昭介さん 昭和46年(1971年) 「木枯し紋次郎」 昭和48年(1973年) 「キカイダーは行く」 1979年(昭和54年) 「ガッチャマンファイター」 丘灯至夫さんもまた、コロンビア専属の作詞家で、同郷の古関裕而さんと共に多くの楽曲を制作。 そして、昭和8年(1933年)に福島県郡山市に生まれた作曲家・市川昭介さんと仕事されたのが「ハクション大魔王の歌」。 郡山市出身の作曲家・市川昭介さん 市川昭介さんの代表作です。 昭和36年(1961年) 「恋しているんだもん」 昭和37年(1962年) 「恋は神代の昔から」 昭和39年(1964年) 「アンコ椿は恋の花」 昭和40年(1965年) 「涙の連絡船」 昭和43年(1968年) 「好きになった人」 昭和48年(1973年) 「イルカにのった少年」 昭和57年(1982年) 「さざんかの宿」 昭和58年(1983年) 「細雪」 昭和63年(1988年) 「滝の白糸」 平成2年(1990年) 「忍ぶ雨」 平成10年(1998年) 「夢勝負」 平成18年(2006年) 「海峡出船」 平成23年(2011年) 「しあわせの花」 市川昭介さんは、あの都はるみさんを国民的演歌歌手に育て上げた名作曲家。 その門下生にはジュディ・オングさん、畠山みどりさん、五木ひろさん、大川栄策さん、神野美伽さん、市川由紀乃さんらがいたと言われ、多くの歌手に慕われたというお人柄。 そのお人柄の良さつながりで、その名を挙げたいのが作曲家の猪俣公章(いのまた こうしょう)さん。 昭和13年(1938年)、福島県会津坂下町生まれです。 会津坂下町出身の作曲家・猪俣公章さん 猪俣公章さんの代表作です。 昭和41年(1966年) 「女のためいき」 昭和42年(1967年) 「君こそわが命」 昭和44年(1969年) 「港町ブルース」 昭和45年(1970年) 「女のブルース」 「噂の女」 昭和46年(1971年) 「おふくろさん」 昭和47年(1972年) 「京都から博多まで」 昭和49年(1974年) 「空港」 昭和50年(1975年) 「千曲川」 昭和51年(1976年) 「大阪ラプソディー」 昭和62年(1987年) 「あばれ太鼓」 平成元年(1989年) 「ふりむけばヨコハマ」 その晩年は坂本冬美さん、マルシアさんを自らの家に住まわせて育成したと言われています。 享年55歳。 肺がんのために早逝。 猪俣公章さんの出身地の福島県会津坂下町には、もうお一人、歌謡界の巨星が生まれています。 その名は 春日八郎(かすが はちろう)さん。 春日八郎さんは、大正13年(1924年)生まれ。 「赤いランプの終列車」 「お富さん」 「別れの一本杉」等、その歌声を一度は耳にしたことがある国民的大歌手。 終戦後、新宿の「ムーラン・ルージュ新宿座」に入って歌手活動を開始したとのことで、朝ドラ「なつぞら」の岸川亜矢美を思い出してしまいます。 その功績はもはやここで書く必要はないかと思い、「お富さん」の音源はこちらになります。 ということで、戦後を彩った福島県出身の音楽家たちの足跡をたどってみました。 おそらく、朝ドラ「エール」にも丘灯至夫さん、市川昭介さん、猪俣公章さん、そして春日八郎さんをモデルにした人物が登場する可能性が高いと思います&期待したいと思います。 ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

番組紹介|NHK連続テレビ小説『エール』

小山 祐一 作曲 家

(、)• (兼)• (作家、、)• (自由民権運動家、)• (、内閣府副大臣)• (県本部委員長)• (陸軍省参与官)• (創刊)• (衆議院副議長)• (会長、副委員長)• (兼、)• (陸軍)• (衆議院副議長、、兼)• (衆議院議員6期)• (幹事長) 参議院議員 [ ]• (幹事長)• (法務大臣、内閣官房副長官、)• (農林水産副大臣、北海道開発政務次官、全国農業会議所会長、福島県議会議長)• (民主党副代表、兼)• (文教部副部長、農政対策委員長)• (内閣府特命担当大臣、弁護士)• 復興副大臣、、出身 その他政治家 [ ]• (、、創立)• (、議員、総裁)• (、生まれ、7歳まで在住後母とに移住)• (、、、)• (設立に貢献、京都府議会議長、会頭) 行政 [ ]• (副社長、、郡山市長)• (大蔵省銀行課長、台湾銀行副頭取)• (特命全権大使)• (、、)• (特命全権大使)• (、)• (内務次官、、)• (特命全権大使)• (特命全権大使)• (特命全権大使)• (特命全権大使)• (駐英大使、枢密顧問官)• (牧馬課長、校長)• (、、)• (頭取、)• (特命全権大使)• (、、)• (内務次官、警視総監)• (医務局長、教授)• (所長)• (大蔵省理財局長、副頭取)• (山梨県知事)• (長、社長) 福島県知事 [ ]• (衆議院議員)• (参議院議員、衆議院議員)• (、衆議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員)• (参議院議員)• (、参議院議員)• (衆議院議員) 法曹 [ ]• (函館控訴院検事長)• (弁護士、委員長)• (検事正)• (最高裁判所判事、第一東京弁護士会会長)• (大審院部長、学長)• (大審院判事、中央大学創立者の一人、白虎隊士)• (初代)• (名古屋高検検事長)• (副会長) 軍人・自衛官 [ ]• (陸軍大将、、教育総監)• (、司令官)• (陸軍大将、司令官)• (陸軍大将、司令官、)• (陸軍、第四代社長)• (陸軍軍医総監)• (陸軍)• (陸軍中将)• (陸軍中将)• (陸軍中将)• (陸軍、貴族院議員)• (陸軍少将、発明家)• (陸軍少将)• (陸軍少将)• (陸軍少将、所長)• (陸軍少将)• (陸軍少将)• (陸軍少将、)• (陸軍少将、社長)• (陸軍少将、満州国陸軍中将)• (陸軍少将)• (陸軍少将)• (陸軍、顧問、衆議院議員)• (陸軍大佐)• (陸軍)• (陸軍中佐)• (陸軍砲兵少佐)• (陸軍騎兵少佐、長谷川挺進隊隊長)• (陸軍、「会津戊辰戦争」著者)• (陸軍少佐、)• (小隊長、丹羽村開拓)• (で刑死)• (満州国陸軍中将)• (海軍大将、第六艦隊司令官)• (海軍中将)• (海軍中将)• (海軍中将)• (海軍中将)• (海軍中将)• (海軍少将)• (海軍少将)• (海軍少将、衆議院議員)• (海軍少将)• (海軍少将)• (海軍少将)• (海軍少将)• (海軍大佐)• (海軍大佐)• (海軍大佐、海将)• (海軍大佐、海将)• (海軍大佐)• (海軍大佐)• (海軍中佐、)• (海軍中佐)• (海軍少佐)• (海軍少佐)• (海軍少佐)• (海軍大尉)• (兵学校出身者で最初の戦死者)• (海軍少尉補、英国留学するも病死)• (海軍上等兵曹) 実業家 [ ]• (理事)• (南山合資会社設立)• (ニチレイ創業者)• (頭取、仙台商工会議所会頭、鶴ヶ城再建の功労者)• (株式会社取締役会長)• (頭取、頭取)• (社長・会長、日商会頭)• (頭取)• ( 代表取締役会長兼CEO、元代表取締役副社長兼CEO、元代表取締役社長執行役員社長)• (ライス・キング)• (社長など)• (会長)• (名古屋市東郊耕地整理組合長、社長)• (「現・」創業者)• (社長)• (頭取)• (社長、生みの親)• (総帥)• (会長)生まれは東京都• (創業者、創業者)• (会長兼社長、会長)• (社長)• (代表)• (創業者)• (社長)• (創業者、創立者)• (頭取)• (社長)• (姫路商業会会長、衆議院議員)• (社長)• (創業者)• (社長)• (社長) 政治運動家 [ ]• (、ジャーナリスト)• (右翼運動家)• (創設者、元代表)• (極右系社会運動家)• (水平運動家、国家主義者) 学者・教育者 [ ]• (中国語)• (歴史学)• (教授)• (歴史学、エール大学教授)• (国際政治学、歴史学)• (法学)• (気象学)• (歴史学)• (の翻訳)• (法学)• (総理、ソニー創業者 井深大一族)• (医学)• (学長)• (国語学)• (林学)• (歴史学)• (副会頭)• (農業経済学)• (社会学)• (学長)• (女子教育、夫人、東京大学総長山川健次郎の妹)• (心理学)• (教育学)• (漢文学)• (刑事訴訟法)• (イタリア文学)• (数学)• (水産学)• (宗教学)• (国文学)• (土木工学)• (経済学)• (農学)• (建築史)• :出生地は東京都• (地質学・岩石学)• (医学)• :学長• (文学者)• (学長)• (宗教学)• (倫理学)• (経済学)• (、校長)• (総長)• (歴史学)• (西洋史)• (法学)• (発見者)• (総長、会長)• (経済学)• (法学)• (衛生学者、校長)• (医学)• (哲学)• (中東史)• (、校長)• (原子力規制委員会会長)• (歴史学)• (法学)• (法学)• (物理学)• (歴史学)• (歴史学)• (副会長)• (法学)• (細菌学)• (、新島穣婦人)• (設立)• (歴史学)• (歴史学)• (土木工学)• (教育学)• (美術史)• (歴史学)• (古典文学)• (精密工学)• (家畜生理学)• (哲学)• (法学)• (学長、会頭)• (農業経済学)• (歴史学)• (医学)• (英語)• (医学)• (東洋史)• (、、、議員)• (舎監)• (法学)• (校長、学長)• (病理学)• (工学)• (国際法、 国際学部長)• (天文学、副台長)• (心理学)• (考古学)• (学長)• (気象、海洋学) 医療関係 [ ]• (社会福祉事業の先駆家)• (耳鼻咽喉科の先駆者)• (教授)• (初代会長)• (会長)• (会長、会長)• (医学者 アルツハイマー病)• (医学者 検査診断学)• (18代日本医師会長、茨城県医師会会長) 文化人 [ ] 画家 [ ]• (元日展理事長)• (高村光太郎夫人)• 版画家 [ ]• 写真家 [ ]• 彫刻家 [ ]• 作家 [ ]• (芥川賞)• (芥川賞)• (絵本作家)• (芥川賞)• 俳人・詩人・歌人 [ ]• (詩人)• (詩人)• (詩人)• (歌人)• (詩人)• (詩人)• (詩人)• (俳人)• (詩人・外交官)• (詩人)• (俳人)• (俳人) 翻訳家 [ ]• (ドストエフスキー バルザック等)• (ハリーポッターシリーズ)• (バーネット小公子) 映画監督 [ ]• (猿飛佐助、ウルトラマンタロウ等)• (ウルトラマン)• (あばれはっちゃく)• (金日正等) 脚本家 [ ]• (中学生日記)• (チームバチスタシリーズ、銭の戦争 等多数)• (Gメン75、スパイダーマン、キューティハニー 等多数)• (西部警察、デビルマン、北のカナリア 等多数)• (検事 霞夕子、土曜ワイド劇場、等多数) 映画カメラマン [ ]• プロデューサー [ ]• (映画プロデューサー)• (音楽プロデューサー)• (フジテレビプロデューサー• (テレビ東京プロデューサー クリエイティブディレクター [ ]• 工業デザイナー [ ]• (プロダクトデザイナー) 漫画家 [ ]• (水城葵)• イラストレーター [ ]• アニメーション関係者 [ ]• (アニメ監督、アニメーター)• (アニメ監督)• (アニメ監督)• (アニメーター)• (アニメ監督)• (アニメ監督)• (アニメ監督)• (アニメ監督)• (アニメーター)• (アニメ監督、アニメーター) 作詞家 [ ]• 作曲家 [ ]• 指揮者 [ ]• 演奏家 [ ]• (オルガン奏者)• (ピアニスト)• (ヴァイオリニスト) ファッションデザイナー [ ]• 建築家 [ ]• (甲子園ホテル、笹屋ホテル等)• (大阪万博、新宿副都心、みなとみらい、等)• (屋久杉記念館、宮沢賢治イーハトーブ記念館、等) 登山家 [ ]• (日本山岳会常務理事、国際部長)• (女性初の世界七大陸の最高峰登頂者) 探検家 [ ]• (世界探検旅行) 舞踏家 [ ]• (演出家・振付家)• (舞踏家・ダンサー) 評論家 [ ]• (文芸)• (自動車)• (放送評論家)• (音楽) 棋士 [ ]• (将棋)• (将棋・女流)• (囲碁)• (囲碁・女流) 牧師 [ ]• (日本で最初の者) その他 [ ]• (名誉会長) 芸能人 [ ] 歌手・シンガーソングライター [ ]• 木村学(、)• (出生地。 プロフィール上の出身地は)• ミュージシャン [ ]• ATSURO()• (元ギタリスト、作・編曲家)(福島市)• (ギタリスト、ターンテーブル奏者、作曲家、出生地は神奈川)• 過足 裕 元STRIKE PER MINUTESのドラマー)• ASA-CHANG(本名: 朝倉 弘一、、元)• (福島市)• 加藤秀樹()(・・)(いわき市)• ()(須賀川市)• 沙我()• 大介(Aqua Timez• たかふみ()()• (ドラマー・ヴォーカリスト、元ジャックス)(塙町)• ()()()• ()(・・)(いわき市)• 吉田菫(、ヴォーカル・ギター担当)• ( 尺八奏者)(いわき市出身• (P、作詞家、作曲家、DJ)• REIKA(「ぞんび」ドラムス)(福島市)• (元・、民謡歌手)• (元・、モデル)• (、元・)• ():郡山市• (元・)• 舞木香純(元・)• リセ()• 渡邊寧々(元・AKB48研究生)• 本田康祐(PRODUCE 101 JAPAN) 俳優 [ ]• (出生地は静岡県)• 白坂やす丸()• (元・娘役トップ)• 落語家 [ ]• タレント [ ]• (ハチクミ)• 宇津木夏美()• (元)• (、・の妻)• 平子祐希()• 松本雅人(ハチクミ)• 渡辺彩香()• (元) モデル [ ]• 小野正樹 声優 [ ]• :白河市• :郡山市• :白河市• :いわき市• :会津若松市• :福島市• グラビア [ ]• その他の芸能人 [ ]• スポーツ選手 [ ] ボクシング [ ]• (WBC世界フライ級チャンピオン)• (日本スーパーバンタム級チャンピオン、OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級チャンピオン)• (OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン、日本フェザー級チャンピオン)• (日本スーパーバンタム級チャンピオン)• (アマチュアボクシング、ロンドン五輪出場、アジア競技大会フライ級二大会連続銅メダル)• (第10回ロサンゼルス五輪ボクシング代表)(桑折町出身)• (JWBCライトフライ級・ミニフライ級チャンピオン)• (フェザー級世界ランカー)• (日本女子ミニフライ級チャンピオン) 力士 [ ] 「」も参照• (大関)• (関脇)• (関脇)• (関脇、先代親方)• (前頭、)• (前頭)• (前頭)• (十両、)• (十両)• (関脇)• (前頭)• 柔道 [ ]• (柔道世界選手権無差別級優勝)• (柔道九段)• (講道館四天王の一人、姿三四郎のモデル) 武道家 [ ]• (第十八代宗家)• (空手家)• (全日本合気道連盟理事)• (空手家)• (中興の祖)• (優勝者)• (空手家)• (剣道範士九段、) サッカー [ ]• (アカデミーダイレクター)• (元)• (元福島ユナイテッドFC)• (前監督)• (前監督)• (コーチ)• (元)• (元)• (日本代表監督)• (元、)• (元)• (ヘッドコーチ)• (元)• (元)• (元、、)• (福島ユナイテッドFC)• (トレーナー) バスケットボール [ ]• (2008年北京パラリンピック、車椅子バスケットボール日本代表)• (1960年ローマオリンピック・1964年東京オリンピック日本代表)• (大学卒業後、ラグビーに転向)• (1996年アトランタオリンピック日本代表)• ラグビー [ ]• (釜石シーウェイブス)• (釜石シーウェイブス)• (元)• (元)• (元) ゴルフ [ ]• 岡田美智子(いわき市出身、ツアー最年長優勝記録保持者)• (日本女子プロゴルフ協会会長)• (2011年日本女子プロゴルフ協会 新人賞受賞)• (2002年LPGA新人賞 新人賞受賞)(2003年ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 優勝) 陸上 [ ]• (、3区、3区、2区区間記録保持者)• (男子200mハードルのアジア最高記録保持者)• (、 箱根駅伝7区区間記録保持者)• (卒、元陸上競技部、第22、23回男子福島県チーム監督)• 石井寿美(、女子5000m4位)• (、卒、5区 3年連続区間賞、区間新)• (、男子3000m日本高校記録保持者、3連覇 少年男子B3000m、少年男子A5000m 共に当時時代 )• (駒澤大学陸上部駅伝監督)• 小川博之(陸上競技部監督)• (、箱根駅伝5区4年連続区間賞、同区間記録保持者)• (女子陸上日本代表)• (陸上部駅伝監督)• (女子陸上部監督、2008年北京五輪マラソン代表 、ハーフマラソン日本記録保持者、元陸上部主将)• (、1600mリレーで4位入賞時のアンカー)• 下重庄三(陸上競技部監督)• (1997年世界選手権、女子マラソン金メダル)• 住吉秀昭(、第20回世界大学クロスカントリー選手権男子12km日本代表)• 田母神一喜(、2015陸上競技800m日本代表)• (400m日本記録保持者 、日本代表)• (、世界ユース2001陸上競技3000m日本代表)• (マラソン銅メダル)• (2007年大阪世界陸上女子マラソン代表)• 畑中良介(女子陸上競技部顧問、第65回箱根駅伝8区区間賞、解説者)• 半澤黎斗(、山形IH男子1500m優勝 当時学法石川高校 、第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会男子1500m2位)• (駒澤大学陸上部コーチ、富士通、マラソン日本歴代2位記録保持者)• 藤宮歩(大槻中学校、ジュニアオリンピック2017男子1500m優勝、全日本中学陸上2018男子3000m優勝)• (富士通、駒澤大学卒、5000m日本記録保持者)• (マラソン日本代表)• (富士通、男子1500m優勝)• (100m・200m銀メダリスト) 水泳 [ ]• (代表) プロ野球 [ ] 現役選手 [ ]• (楽天):• (中日):• (福島レッドホープス :• (福島レッドホープス :• (福島レッドホープス :• (ロッテ):• (楽天):• (福島レッドホープス :• (楽天):• (ロッテ): 元選手、指導者 [ ]• (阪急)• (福島ホープス)• (日本ハム)• (大洋、投手)• (巨人)• (巨人)• (横浜大洋)• (ヤクルト)• (大洋)• (大毎、投手)• (ダイエー)• (福島ホープス)• (福島ホープス)• (オリックス、WBC2009日本代表)• (ロッテ、投手)• (西武)• (大洋)• (ダイエー)• (中日、投手)• (巨人、外野手)• (西武、1988年ソウル五輪銀メダルメンバー)• (大洋)• (オリックス、シドニーオリンピック代表)• (巨人)• (オリックス)• (福島ホープス)• (日本ハム)• (ロッテ、投手)• (巨人、アテネオリンピック日本代表チーム・コーチ、横浜DeNA前監督)• (巨人)• (福島ホープス)• (福島ホープス)• (日本ハム、投手)• (日本ハム)• (南海)• (日拓、投手)• (福島ホープス)• (阪急、投手)• (日本ハム、投手)• (ロッテ)• (巨人、内野手)• (ロッテ)• (巨人)• (南海)• (巨人)• (阪神・1984年ロサンゼルス五輪金メダルメンバー) 高校野球 [ ]• (野球部監督) スケート [ ]• (4位入賞・フィギュアスケート男子シングル)• (スピードスケート) スキー [ ]• (2010年バンクーバーパラリンピック日本代表) 重量挙げ [ ]• (東京五輪重量挙げ銅、メキシコ五輪重量挙げ銀)(郡山市出身)• (バルセロナ五輪重量挙げ5位入賞・56kg級)(川俣町出身)• (シドニー五輪重量挙げ13位・56kg級)(いわき市出身) モータースポーツ [ ] 競艇 [ ]• (2015年、2017年、2017年)• 二輪 [ ]• (レーサー、全日本350cc500ccチャンピオン) 四輪 [ ]• (ドライバー、支配人) 競馬 [ ]• (1991年・、2000年・ 他)• (JRA調教師)• (1997年・ 他)• (1997年・、2006年・ 他)• (2003年・、2004年・ 他)• (JRA騎手)• (2004年・)• (JRA調教師) 競走馬 [ ]• :小野町• :小野町• :桑折町 自転車競技 [ ]• (1984年ロサンゼルスオリンピック代表):会津若松市• :石川町• (2016年 リオデジャネイロオリンピック 日本代表):古殿町• :古殿町• (高等学校教諭):石川町• :郡山市• (高等学校教諭):白河市 競輪 [ ]• :郡山市• :いわき市• :白河市• :鮫川村• :白河市• :いわき市• :いわき市• :泉崎村• :石川郡• :平田村• :白河市• :塙町• :いわき市• :須賀川市• :会津若松市• :表郷村• (アテネオリンピック銀メダリスト):白河市• (アテネオリンピック自転車競技コーチ):白河市• (1976年モントリオールオリンピック 日本代表):鏡石町• :いわき市• (2016年 リオデジャネイロオリンピック 日本代表):双葉町 バレーボール [ ]• (所属)V・チャレンジリーグ 新人賞受賞(2007年)• (監督)• (2006年全日本チーム(ジャパン)メンバー、所属、(旧霊山町)出身)• (、所属)(現)出身)• (ミュンヘン五輪金メダルメンバー)(相馬市出身)• (元バレーボール選手)• (所属) 卓球 [ ]• バドミントン [ ]• (バドミントン日本代表) テニス [ ]• (車いすテニス選手、アテネパラリンピック日本代表) プロレス [ ]• 格闘技 [ ]• (シュートボクシング)• (総合格闘技・柔術・ボクシング・キックボクシング) トライアスロン [ ]• (2000年シドニーオリンピックマラソン日本代表13位) マスコミ [ ] リポーター・ レポーター [ ]• アナウンサー [ ] NHK(現在所属の放送局などは各人物の項目を参照すること)• :・旧 ラジオ福島• :会津若松市・旧河東町 福島放送• :会津若松市• :田村市・旧船引町 テレビユー福島• :、大阪府生まれ• - 元契約キャスター:会津若松市• :福島市 県外局• - :• - :福島市• - :福島市• - :福島市、現在の本籍地は• - :• - :• - 青森テレビ:いわき市• - :会津若松市• - ・現在は報道部記者:福島市• - 、現在は報道部記者:いわき市• - :いわき市• - 、元:いわき市• - :いわき市 フリー・退職者・物故者• - 元:郡山市• - 元:• - フリー(所属)、元テレビユー福島:• - フリー(元所属)、現在は講師、元• - フリー(客員所属、元):浅川町が出生地、プロフィール上の出身地は。 - フリー(所属):南相馬市• (旧姓・佐藤) - フリー(所属)、元:福島市• - 契約キャスター・主にBSニュースを担当、元契約キャスター:福島市• - フリー(セント・フォース所属):郡山市• - 元ラジオ福島、退社後も同局の番組に出演したことあり:福島市• - 朝日新聞特別編集委員• - 元読売新聞論説委員• - 元NHK解説委員:会津若松市• :会津美里町 その他 [ ] アダルトタレント [ ]• (AV女優)• (AV女優、ストリッパー)• (AV女優)• (ニューハーフAV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV女優)• (AV監督)• (AV女優) その他の人物 [ ]• (伝説上の僧侶、出身)• (一般人タレント。 本名:吉田十三)• (農業従事者。 テレビ番組『ザ! DASH!! 』において農業指導を行った)• (オウム真理教幹部。 (オウム真理教幹部。 殺人犯)• (幸平一家十三代目総長。 初代加藤連合組長。 住吉会渉外委員長)• () 架空の人物 [ ]• (の野球漫画『』の登場人物。 出身)• エイジ・シンジョウ((現・)の()に登場する人物)• (の野球漫画『ドカベン』の登場人物。 いわき市出身)• (のアニメ作品『』の登場人物 )• ガウェイン・七海(のゴルフ漫画『』の登場人物)• の漫画 『』の登場人物。 (原作、作画の『』の登場人物)• (の漫画『』の登場人物。 出身)• (の『』に登場するアイドル)• トボッケー(のアニメ作品『』に登場する人物。 日立木たま子 の漫画 に登場する人物• 鶴子 の漫画 『』に登場する人物。 野口英作(の 漫画『』の登場人物。 出身)• 福島政美(の漫画『』シリーズの擬人化キャラ)• 府中律子 のアニメ作品『』の登場人物• (バンダイナムコゲームスのソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するアイドル)• (タツノコプロのアニメ作品『』に登場する泥棒。 出身)• 松永正一(羽海野チカの漫画『3月のライオン』の登場人物。 会津地方出身)• の漫画 の登場人物。 御島明日香(の漫画 『』の登場人物。 いわき市出身)• の登場人物(の野球漫画)• 森合愛美(の漫画『』の登場人物。 熊倉トシ の漫画 『』の登場人物。 萌田 薫子( の漫画『』の主人公)• 萌田はる子 『こみっくがーるず』の主人公の母• (提供の『』に登場するアイドル。 『』に所属) 福島県ゆかりの人物 [ ] 公人 [ ]• (、会津藩士の孫)• (政治家、自治・総務官僚。 福島県知事)• (銀行局長、の養子)• (・会津藩士の養子)• (衆議院議員、の養子)• (参議院議員、母は)• (・の養子)• (、会津藩士の家系)• (等、出身)• (、会津藩士の家系)• (民事局長、会津藩士)• ( 、大蔵次官、会津地方出身 )• (、藩医の家系)• (出羽国米沢(現)生まれ)初陣の伊具郡(宮城県丸森町)での相馬氏との戦いで、を伊達軍の拠点としていた。 (戦前の委員長、戦後は活動家・会津藩士の家系)• (、父は)• (皇族、の弟の妃・の孫)• (第18代当主、の曾孫)• (衆議院議員、出身)• (文部省局長、貴族院議員。 父は)• (、福島県士族の養子) 軍人 [ ]• (機関長、会津藩士の家系)• (、会津藩士の家系)• (参謀長、会津藩士の家系)• (司令官、会津藩士の家系)• (、会津藩士の家系)• (駐支武官、会津藩士の家系)• (司令官、会津藩士の家系)• (、)• (海軍報道部長、会津藩士の家系)• (、会津藩士の家系)• (、会津藩士の家系)• (当主、陸軍大尉、貴族院議員)• (会津松平家当主、海軍少将、貴族院議員)• (の婿養子、海軍少佐、空将)• (で戦死した海軍少佐、会津藩士の家系) 学者・教育者 [ ]• (教授、日本人初の宇宙飛行者。 までに在住)• (、学長、出身)• (、校長、会津藩士の家系)• (東京大学教授、父は)• (イタリア文学者、出身)• (総長、会津藩士の養子)• (、父は)• (理事長、の孫)• (東京大学教授、本籍が福島県)• (理事長、出身)• (教授、父は)• (東京帝大教授、学長、父は)• (教授、の一族)• (教授、会津会会員)• (教授、父は)• (島根大学学長、会津中学出身 )• (教授、父は)• (校長、会津会会員) 実業家 [ ]• (創業者・会津藩士の家系)• (会長・会津松平家分家当主)• (常務、父は松平一郎)• (取締役会長、両親が福島市出身、3歳から小学校3年生の時まで県内で過ごした) 医療関係 [ ]• (・会津藩士の家系、井深大とは遠縁) 芸能文化人 [ ]• (元、タレント、女優、歌手・母親が福島県(旧)出身)• (小学校から高校時代(6歳から18歳)までで過ごす)• ・兄弟(、・母親が福島県の旅館の娘)• (、郡山市在住)• (・父親は出身の画家)• (、母が出身)• (初代総裁・父親が福島県出身。 自身も会津若松歩兵第29連隊に現役兵として入隊)• (俳優、梅宮家のルーツが)• (辰夫の長女)• (俳優、夫人が福島県出身。 で経営)• (元男役・祖父が出身の。 本人は出身)• (・小学校から高校時代まで父の出身地ので過ごす)• (作家・作詞家・いわき市在住時に第1回福島県文学賞を受賞)• (シンガーソングライター、5歳から18歳までとで育つ)• (・祖母が田村市(旧田村郡)出身)• (社長、会津藩士の家系)• (声優・妻で声優の斉藤佑圭が福島県出身)• (作家・出身)• (ミュージシャン・全員福島県の大学に在籍、卒業している。 在住)• (作家・の養孫)• (・山形県出身。 いわき市在住。 同市の(サンシャイン大使)に任命されている)• (シンガーソングライター、プロデューサー・親が福島県出身)• (作家・受賞者・曾祖父が会津藩士)• (女優、タレント・祖父が福島県出身)• (俳優、父が)• (作家・士の家系)• (タレント、母が福島県郡山市出身)• (作家・両親が(現在の)出身)• (橋梁設計者、会津藩士の家系)• (・二本松藩士の家系)• (俳優・父親が会津出身)• (のボケ、父方のルーツが会津)• (俳優・母方のルーツが会津、上記の梅宮家と親戚にあたる)• (・安積中学出身)• (・出身)• (社長・同社員である父、田尻義雄が出身)• (、父が福島県出身)• (、、、90年代後半に移住)• (・両親は一時四倉で寿司店経営)• (漫画家・塙町に疎開。 中学2年まで過ごす)• (タレント・夫人が出身)• (モデル、俳優、映画監督・福島県生まれ、母親が福島県出身)• (芸人、外曾祖父が)• ・兄弟(アニメーション監督・曾祖父が相馬市出身。 幼少時を過ごす)• (タレント・母親が浪江町出身)• (演歌歌手・母方の祖母が出身)• (・TV番組のコーナーで、福島県浪江町にて地元の人の協力を得ながら、家の再生や農作物の栽培、動物の飼育などに励んだ)• (コメディアン、司会者、シンガーソングライター・夫人が福島出身)• (漫画家・母が静川出身、自身も幼少時に田島町で過ごす)• (女優・父親が郡山市出身)• (作曲家・会津藩士の家系)• ・兄弟(作曲家・父は中田章)• (俳優・在学)• (双子の女優、女性アイドルグループのメンバー・父親が郡山市出身)• (男性アイドルグループ、のメンバー・父親が郡山市出身)• (・父は外交官の)• (タレント・母親が郡山市出身)• (声優・妻で声優の橋本まいが白河市出身)• (作家・父方の祖父が相馬中村藩士、本人は生まれ)• (女優・母が福島県出身)• (俳優・父親が福島県出身)• (お笑いタレント・2015年4月より福島へ移住)• (絵本作家・育ち)• (歌手・白虎隊士の孫)• (お笑いコンビ・吉本興業「」で、福島に住みながら活動を行っている。 (作家・父親がいわき市出身の実業家)• (タレント・父親が福島県出身で墓もあるという)• ・姉妹(女優・母親が福島県出身)• (小説家・5歳から高校卒業までいわき市で過ごす・受賞者・出身)• (小説家・祖父は第17代福島県知事であった)• (福島県を中心に活動しているお笑いタレント集団)• (女優・母親の光子が福島県出身)• (作家、祖父が開鑿関係者で本籍は郡山にあった)• (元メンバー、現選手・一時居住)• (漫画家・在住)• (女優・福島県生まれ、一時期福島県に在んでいた)• (タレント、司会者・小学生時代をいわき市で過ごす)• (漫画家・在住)• (父は、母の礼子は会津藩士の娘)• (小説家・南相馬市在住・芥川賞受賞者)• (NHKディレクター・父親は浅川村(現・)出身の理学博士)• (切り絵画家、福島市で画廊を経営)• (お笑い芸人、コンビ名・福島県生まれ、母親が福島県出身) スポーツ選手 [ ] 「」も参照• (1988年ソウルオリンピック飛込・高跳込・飛板飛込日本代表、元福島県高校教員)(出身)• (の投手・東日本国際大卒)(出身)• (の、に在籍。 )(出身)• (福島大卒・北京オリンピック走り幅跳日本代表)(出身)• (リステルからフリースタイルスキー・モーグルトリノ五輪代表に選ばれた)(出身)• (2010年バンクーバーオリンピックフリースタイルスキー・モーグル日本代表) 猪苗代町・猪苗代高卒)(千葉県出身)• (夫が福島県大熊町出身の秋本真吾[元プロ陸上競技選手]。 (のプロサッカー選手、に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (、の。 からに春夏甲子園出場。 出身)• (のプロサッカー選手、に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (日本の陸上競技指導者。 福島大学教授。 福島大学陸上競技部監督。 )(出身)• (の投手・2015年12月から軟式野球の相双リテック(いわき市)でプレー。 )(出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(石川県出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (福島大卒・北京オリンピック陸上競技400MH日本代表)(出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (当県を登録地とする。 元選手)(出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(神奈川県出身)• (の投手・から、夏の甲子園に出場。 出身)• (旧姓・杉森、北京オリンピック陸上競技800M日本代表、夫{}が出身。 本人は出身)• (金メダリスト・両親が出身。 本人もで出生)• (の、ワールドカップ日本代表、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (のプロサッカー選手、サッカー日本代表、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (・父{初代栃東知頼}が出身)• (・母親が(旧)出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(東京都出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (のプロサッカー選手、在籍時にに出場、出身)• (銀メダリスト・両親が福島県出身)• (銅メダリスト)(幼稚園から小学4年時まで郡山市在住、神奈川県出身)• (の内野手・聖光学院出身。 )(出身)• (所属フリースタイルスキー・モーグル五輪代表)(出身)• (の外野手・いわきリトルシニア出身。 )(出身)• (リステル猪苗代から1998年フリースタイルスキー・モーグル長野五輪代表に選ばれた)(北海道出身)• (住友海上火災福島から1996年アトランタ五輪柔道61kg級に出場し金メダルを獲得)(北海道出身)• (のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(大分県出身)• (女子サッカー、の選手、北京オリンピック代表)• (クリナップ(株)から2000年シドニー五輪レスリング63kg級に出場)(茨城県出身)• (の、に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(千葉県出身)• ()(福島市在住、出身)• (富岡第一中、富岡高等学校卒の選手。。 2014年(団体世界選手権)金メダリスト)(出身)• (1988年ソウルオリンピック三段跳12位入賞・1992年バルセロナオリンピック三段跳12位入賞、現福島県高校教員)(三重県出身)• (ジェフユナイテッド市原・千葉レディースのプロサッカー選手、ワールドカップ日本代表、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(出身)• (の投手・聖光学院出身。 )(出身)• (ノジマステラ神奈川相模原のプロサッカー選手、福島県立富岡高等学校に入学、JFAアカデミー福島に在籍。 )(東京都出身) 脚注 [ ] []• 、公式サイト、• 『柏村毅の追想』佐藤一郎「なまりの深さと」• 『回想録』9頁• デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2020-03-18. 2020年3月19日閲覧。

次の