貴景勝 母。 貴景勝の「美しすぎる母親」 正体は芦屋生まれのお受験ママ|NEWSポストセブン

大関昇進「もういい」 心配した母のLINEに貴景勝は:朝日新聞デジタル

貴景勝 母

もくじ• 貴景勝の父親の職業 仕事 は保育園経営で年収がすごい? 貴景勝の父親は佐藤一哉 かずや さん、現在 2018年 の年齢は57歳です。 貴景勝が22歳なので35歳のときのお子さんというわけですね。 職業を調査したところ、なんと 「一族で芦屋で保育園経営」をしているとのこと。 詳しい保育園の名前や所在地・年収などの規模までは分かりませんでしたが、おそらく土地柄からしても由緒正しき地元では名の知れた保育園なのだと思います。 また、父・佐藤一哉さんは 「元空手の選手で空手指導者」という肩書もお持ちです。 精神的にも肉体的にもタフで強い方は、経済的に成功している可能性も高いですよね。 父・佐藤一哉さんはテレビでも堂々と取材に答えていて、「デキる人オーラ」がすごかったですし、ある意味大物っぽい雰囲気がありました。 貴景勝のしこ名の由来 貴景勝の場合は、本名がすでに貴乃花ファンだった父の影響で「貴信」でしたが、 貴乃花部屋の力士は皆、親方から一文字もらい 「貴」の字が入ります。 もちろん貴景勝もその一人。 「景勝」 の由来は、貴乃花親方が戦国武将の上杉謙信を尊敬していて、その上杉謙信の後継者である「上杉景勝」からもらってきた名前なんですって! (筆者はてっきり元妻で女将さんの河野景子さんの 「景」から来たのかと思ったらそうではありませんでした 笑 ) 歴史上の人物からもらった名前かっこいいですね。 食費は毎月30万円等を聞くと、やはり相当お金がかかりますし、財力がある裕福なご家庭ということが伺えます。 母が美魔女すぎた 今までは 「小さい頃から二人三脚で相撲に取り組んできたお父さんとの美談」 が話題だった貴景勝。 これで51歳 2018年時点 、あり得ない。 絵にかいたような 「お金持ち芦屋マダム」そのままの雰囲気です。 この美人母・佐藤純子さんも父親の一哉さん同様に息子の貴景勝を一生懸命支えてきました。 特に極真空手から相撲に転向したばかりの小学3年時の貴景勝は、相撲をするには体の線が細く「力士になんかなれっこない」と周りからも馬鹿にされたことも。 相撲をやるからには増量も必要ということで、母親純子さんは毎日毎日お肉料理を用意。 母純子さんの食事面でのサポートや、お父さんの厳しい指導と監視もあり、貴景勝は30㎏しかなかった体重が、小学校卒業時には70㎏以上にまで増量。 教育熱心だった母純子さんは、当初息子が角界入りすることは反対で、有名大学に進学してほしいと切望していましたが、 角界入りすると決まってからは母純子さんも腹を決めて、今では貴景勝を全力で応援しているとのこと。 全国大会で準優勝をするほどの腕前だったのですが、その全国大会の決勝で納得できない判定負けをしたことがきっかけで、 「判定がある競技はやりたくない、相撲なら(人の判定に頼らず)勝ち負けが明確にわかる」 と思い、相撲に転身したとのこと。 なにがきっかけになるか分かりませんね。 そして小学校4年生からは本格手に相撲に向けての体づくりを開始していきました。 小学校時代 貴景勝が通った小学校は兵庫県西宮にある、名門私立の 「仁川 にがわ 学院小学校」。 小学校時代いきなり頭角をあらわし、好成績を残しています。 小学校4年生から実家の兵庫~東京の貴乃花部屋の子供向けの相撲クラブに通う日々だったとか。 父親はもともと貴ノ花親方の大ファンでしたから、お父さん、ますます息子の指導に気合が入ったでしょうね。 貴景勝は、小学校の卒業文集にはすでに 「勝っておごらず、負けて腐らず」 「負けて悔しいのは当たり前、それを表に出すな」 との教訓があり、表情をかえることはなかったそう。 若干22歳での優勝ですから、普通だったら嬉しくて舞い上がってしまいそうですが、そうした心の教えみたいなものも貴景勝にしっかり残っているのですね。 貴景勝・千賀ノ浦部屋での生活は? ご存知の通り、貴乃花親方の引退により、貴乃花部屋が消滅し、部屋の弟子たちは千賀ノ浦部屋への移籍を余儀なくされてしまいました。 今、貴景勝は千賀ノ浦部屋でどんな生活をしているのでしょうか? 千賀ノ浦部屋の千賀ノ浦親方は、とても良い人柄と評判で、生活も稽古も比較的スムーズに慣れることができたのだそう。 千賀ノ浦部屋にとっては弟子を一気に受け入れたことで、一時期は運営資金などが心配されていましたが、今回の貴景勝の優勝で当面の資金問題は解消されたようです。 もしかしたら、今まで肩身の狭い思いをして練習してたかもしれない貴景勝にとっても、部屋に貢献できたということで、嬉しかったでしょうね。 いろんな複雑な事情はありますが、環境の変化のせいで、有望な力士の将来を台無しにしてはほしくないですから、千賀ノ浦部屋でも快適に過ごしてほしいですね。 貴景勝の父親の職業 仕事 は保育園経営で年収は?しこ名の由来や経歴まとめ.

次の

貴景勝 実家は芦屋のどこ?美人すぎる母親,一家は一体ナニモノ?|テラスハウス大好き!ネタバレ・感想ブログ

貴景勝 母

年齢は、2018年11月現在で51歳と言うから、29歳で貴景勝を産んだ計算になる。 当時の画像がこちら。 う~ん、若い頃の田中裕子さん(おしん)に似てるかな。 新聞紙面などに登場した、現在の純子さんの画像はこちら。 ファー付きの白いニットを着用した、ロングヘアの上品な婦人だ。 この画像は、松雪泰子さんに似ているかもしれない。 体作りを支えるため、毎日、肉を1キロ買い、料理に明け暮れた。 これは父親も絡んでいるけど、少年時代の貴景勝に課されたノルマが驚きだ。 牛乳は1日2リットル• 吉野家では特盛り牛丼3杯• マクドナルドならLサイズポテト4個とメガマック4個• びっくりドンキーに行けば、450グラムのハンバーグを3枚 外食は決して高い店ではないけど、食費は月30万円に達したという。 小学校3年の時に30キロだった 貴景勝の 体重は、6年の時には90キロまで増量。 体重の増加もすごいけど、月に30万円の食費を負担できる経済力にも注目が集まっている。 ちなみに貴景勝の実家は兵庫・芦屋で、中でも高級住宅街にあるらしい。 一人息子には大学に行って欲しかったし、「頭からぶつかる競技は心配でならなかった」というのが、母親のホンネだ。 今では角界に進んだ貴景勝の、一番の応援団になっている。 その一方で、本音を受け入れてくれる優しくて美人の母・純子さんの存在。 貴景勝が九州場所で優勝できたのは、両親の歯車が絶妙に噛み合い、大きな大きな花が咲いた瞬間だった。 《こちらの記事も読まれています》•

次の

貴景勝母は韓国人で父親の職業は空手?実家が保育園経営で金持ちの噂も気になる

貴景勝 母

「美人すぎる母」佐藤純子さん 「どんどん自分の手元から離れていく、そんな寂しさがありますね。 結婚式での母親の気持ちはこんな感じなのかな。 息子をお嫁さんに取られちゃうような……(笑い)」 約2000人が祝福に駆けつけた貴景勝(22)の大関昇進披露宴(6月16日)で、会場の片隅より壇上の息子を見つめながら、母・佐藤純子さん(52)が語った。 「最初は正直、大相撲でどこまで通用するのだろうという思いがありました。 体の小さい子ですからね。 十両の昇進パーティで初めて、関取になれたんだと安堵したのを覚えています。 それがこうして大関の地位、それも22歳の若さで昇進できるなんて夢のようです」 純子さん自身の相撲との出会いは幼い頃にまで遡る。 父親(貴景勝の祖父)の会社に相撲部があり、子供の頃は父親の膝の上に座って相撲中継を見ていた。 そのため、 「相撲に関しての抵抗感はありませんでした。 でもまさか自分の子供が力士になるなんて、想像もしていなくて(笑い)」 貴景勝を相撲の道へ導いたのは父の一哉さん(57)の影響だ。 スポーツ重視の教育で、小学生の頃には相撲、空手、水泳、サッカー、体操、柔道と6つのスポーツクラブに所属させていた。 だが純子さんは反対に、子供が生まれる前から幼児教育プログラムを準備していたほど、勉強重視の教育ママ。 結果、貴景勝は小学1~2年生の頃に6つのスポーツクラブと、3つの学習塾に通う生活を送った。

次の