何卒ご査収のほど。 「ご一読」の意味と類義語「ご査収」「ご高覧」ビジネスで使える例文集

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

何卒ご査収のほど

このライフレシピのもくじ 【】• よく、メールなどで「よろしくご査収ください」という言葉が入っていることがあります。 ご査収の読み方は「ごさしゅう」となりますが、基本的にはメールでの締めの文章でよく見る表現です。 しかし、ご査収、というのは一般的には聞き慣れない言葉ですよね。 そこで、ここでは「ご査収」の意味と基本的な使い方、例文や間違った使い方について紹介していきます。 「査収」の意味 そもそも「査収」とはいったい何でしょうか?国語辞典で調べてみると、 金品・書類などを調べて受け取ること とあります。 「査」は検査の「査」であり、「収」は回収の「収」だと思うとよさそうですね。 そして、「ご査収」とは、それに尊敬語の接頭語の「御(お・ご)」をつけている言葉になります。 「査収」メールでの使い方&例文 メールで使う場合 多くの人が迷っているのが、「ご査収」をメールで使う時です。 ご査収、という時点で丁寧な言い方なので、基本的には よろしくご査収ください。 くらいで十分です。 ちなみに、ご査収という名詞によろしくがつくのは違和感があるという人もいると思いますが、これはよく使われる言い回しなので、このまま使って問題ありません。 よろしく、を使いたくない場合は ご査収くださいませ。 などがよく使われます。 これらをやや古めかしい、と思う方は ご査収のほど、よろしくお願いします。 などの言い方でもいいでしょう。 例文 ・添付ファイルにて、今回のプロジェクトの前提情報をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ・契約書をお送りいたしました。 専門的な内容も多く、やや複雑ではございますが、ご査収のほど、よろしくお願いたします。 添付ファイルの確認に使うのはNG!間違った使い方 「ご査収」を知ってしまうと、つい色んな場面で使いがちです。 そこで、間違いがちな使われ方も紹介します。 調べるものがないもの たとえば、添付ファイルなどがない場合に「よろしくご査収ください」などと言われても「えっ、何をよく調べればいいの?」となってしまいます。 日程などを送っている場合は「ご確認ください」くらいで十分です。 よく調べなくてもいい時 ご査収とは、よく調べて受け取る、という意味があるので、すでにちゃんと見てもらっているようなものには使われません。 たとえば、すでに送ってある契約書の最終版などを送る場合にも「ご確認ください」で十分です。 丁寧すぎる ご査収という表現がやや古い印象を受けるせいか、丁寧すぎる言い方になってしまう場合もあります。 ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 特にメールでは、ここまで丁寧な言い回しにすると、逆に違和感を与えてしまうかもしれません。 使ったほうがいいか? しかし、そもそもご査収という言葉は、メールなどで使ったほうがいいのでしょうか? この点については色々な意見があると思いますが、個人的には、そんなに使う必要がない言葉だと考えています。 というのも、「ご査収」という言葉自体、よく理解していない人が多いからです。 相手に伝わらない可能性がある言葉をメールで使うのは、リスクがあります。 添付ファイルをよくチェックしてほしかったら「ファイルを添付いたしましたので、内容をよくご確認の上、お返事いただけると幸いです」くらいで意味は伝わります。 また、昨今では、メールでの言い回しはどんどんとシンプルになっています。 昔の手紙のマナーとは違い、大量のやり取りをするわけですので、すぐに用件を確認できるほうが大事です。 使ってはいけないというわけではありませんが、積極的に使うほどではない単語だと思っておいてよいでしょう。 特にビジネスメールに慣れていない方などにとっては、難しい表現かもしれませんが、いまだに使われる表現ですので、覚えておいて損はないでしょう。 image by.

次の

「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

何卒ご査収のほど

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 「ご査収」の正しい意味と正しい使い方について解説してきました。 「ご査収」はメールに資料やデータを添付して送付する場合に添える言葉です。 郵便に資料を同封しているときにも添えます。 資料やデータを添付していないときには使いません。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 直接会って話すときに使用するのは不自然ですので気をつけましょう。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 国公立の美術大学を卒業後、広告代理店やデザイン事務所のクリエイターを務める。 現在はライターとして活動中。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。

次の

「ご一読」の意味と類義語「ご査収」「ご高覧」ビジネスで使える例文集

何卒ご査収のほど

「ご査収」という言葉はビジネス文書やメールでよく目にする言葉ですよね。 でも、意味を理解せずに何気なく使っている方も多いのでは?ビジネスシーンで使われる「ご査収」の意味や正しい使い方について解説します。 「ご査収」の読み方と意味、類語 ビジネス文書やメールでよく使われる「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。 「ご」は尊敬語、「査」は「よくみて調べる、検査する」、「収」は「おさめる、取り入れる」といった言葉の意味があります。 つまり 「ご査収」とは、「内容をよく確認してお受け取り下さい」といった表現になります。 また、「ご査収」の類語として「ご検収」という言葉があります。 「検」にも「よく確認する、調べる」といった意味があります。 ただし、 「ご検収」は「納品されたものが、注文した通り間違いなくあるかをよく確かめた上で受け取る」ことなので、相手が受け取るものが異なってきます。 使い分けをする場合は下記を参考にしてください。 「確認」は「確かにそうであると認めること」という意味であり「受け取る」という内容は含まれていません。 相手が受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使いません。 「ご査収」の正しい使い方 「ご査収」の言葉の意味について説明してきましたが、ビジネスシーンではどのように使うべきなのでしょうか。 正しい使い方について解説します。 「ご査収」はどのような時に使うか 「ご査収」は、ビジネスシーンで下記のような場合に使用します。 ・内容をよく確認して欲しい 添付ファイルをつけたメールを送信する時 ・内容をよく確認して欲しい 書類や資料を郵送する時 前述している通り、あくまでも 「内容をよく確認して受け取るもの」がある時にしか使えません。 確認するものがないのに「ご査収」を使ってしまうと受け取った相手は何を確認すればいいのか分からず困惑してしまいますので注意しましょう。 入れ替えた後の表現に違和感がある場合は、「ご査収」の使い方に問題があると判断しましょう。 例として、「どうぞご査収ください」が正しい使い方なのかをチェックしてみます。 「査収」を「指導」に置き換えると、「どうぞご指導ください」と少し違和感がある表現になります。 そのため、この場合は正しい使い方ができていないと判断することができます。 目上の人や取引先にも使えるのか 「ご査収ください」は「よく確認してお受け取りください」という意味なので、 目上の人や取引先にも使用することができます。 ただし、使い方が合っているかどうかは事前にしっかり確認することが必要です。 「ご査収ください」だけでは目上の人や取引先に少しくだけた印象を与え、失礼にあたるのでは?と心配な場合は、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」などといった、より丁寧な言い回しをするとよいでしょう。 「ご査収」の例文 ここでは「ご査収」を使った例文を紹介していきます。 実際に仕事をしている時に使いやすいものをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてください。 ・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。 【郵送の場合】 ・領収書を同封致しますのでご査収ください。 ・先日の会議議事録を添付致しましたのでご査収願います。 【郵送の場合】 ・提出書類一式を同封致しましたのでご査収願います。 ・下記の書類を送付しましたのでご査収くださいますようお願い致します。 【郵送の場合】 ・請求書を同封致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。 目上の人や取引先に失礼にあたらないか心配な場合は、この使い方をするとよいでしょう。 【メールの場合】 ・ご依頼いただいたデータをまとめた資料を添付しております。 ご査収の程宜しくお願い致します。 ・訂正しました書類一式をお送りしますのでご査収の程宜しくお願い致します。 【郵送の場合】 ・契約書を同封しておりますのでご査収の程宜しくお願い致します。 (添付の請求書をご査収ください。 ) ・I am sending you the reference that you requested. Please check the contents. (ご依頼いただきました資料を送付致しますのでご査収ください。 ) 「ご査収ください」の返事のしかた 「ご査収ください」と記載されたメールや文書を受け取った場合、相手が自分に対し「よく確認してから受け取って欲しい」と依頼してきているものなので、 返事をする際にはしっかり確認した旨を伝えるようにしましょう。 具体的な返事のしかたをいくつか紹介します。 ・書類を確認いたしましたが、特に問題はございませんでした。 お忙しいところご対応いただきありがとうございました。 ・書類を確認いたしましたが、修正していただきたい箇所がございましたので、ご対応をお願い致します。 修正箇所につきましては下記の通りとなります。 いかがでしたか。 「ご査収ください」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、このような日常生活ではあまり使わない言葉がたくさんあります。 社会人として言葉の意味をしっかり理解し、正しい使い方をしていきましょう。

次の