教師 いじめ。 福岡市「教師によるいじめ」事件

常盤平小学校いじめ女教師、阿具根美絵子の顔画像が特定される!転校を強要した小林武彦教頭の現在は?-shuly

教師 いじめ

「早朝や夕方に、ときどき荷物を取りに戻っていますが、すぐにどこかへ消えてしまいます」 いじめ事件の加害教員の近隣を取材すると、彼らが今も逃げていることがわかる。 昨年10月に神戸市立東須磨小学校で発覚した、教員間いじめ暴力事件。 30〜40代の先輩教員4人が、20代の後輩教員に激辛カレーを無理やり食べさせたり、熱湯入りのやかんを顔面に押しつけたことなどが次々に判明し、市民の怒りを買った。 処分は決まっておらず、事件は今も終息していない。 そんなさなかに起きた不幸な事件。 2月9日、市教育委員会総務課の男性係長が、兵庫県芦屋市の東灘芦屋大橋から飛び降り、命を絶った。 市の防災に携わる市長部局から昨年4月、同課に出向してきたばかりだった。 「教育委員会の会議を運営する業務で、教育委員との連絡調整や準備、ほかにも防災に携わる業務を担当していました。 いじめ事件は、会議で報告する案件のひとつでしたが、(いじめ事件や加害教員との接点は)まったくありません」 と、神戸市教委の担当者は明かす。 彼は非常にまじめで責任感が強かった。 時間外の超過勤務も昨年の10月~11月ごろは特に多かったのは事実です。 確かにしんどそうな面はありましたが同僚とも仲よくやっていたし、そこまで落ち込んでいたようには見えませんでした」 と直近の様子を伝える。

次の

神戸教師いじめ、校長「人格を侵害する言動あった」→教員免許を剥奪にしないのもおかしい。

教師 いじめ

聞き取りの結果を情報交換、再検証 15分の聞き取り調査の後、部屋に加害生徒を残し 聞き取りの結果を情報交換、再検証、聞き取りをした教師が再度集合し情報交換、矛盾点の分析を行います。 傍観者からの聞き取りもできた場合はそれも加味します。 そして、その情報交換・分析をもとに、再度、15分ずつ「聞き取り」を繰り返します。 そして、事実を確定していくのです。 いじめの全体像がつかめたところで、加害者に「いじめ」を認めさせます。 ここまでは大変重要ですが、ここで終わらせますと、報復や感情的なしこりが残りますので、ここから先の詰めが非常に重要です。 小学校の中学年まででしたら、「いじめはいけないことだ」ということを伝えるだけで反省をしてくれることもありますが、高学年、中学生以上になりますと、叱ったり、脅すだけでは反省まではいきません。 それには、教師が本当に生徒の立場に立ち、その子のことを真剣に良い方向に導きたいという熱意が必要なのです。 加害者がこれまでがんばってきたこと、つまり、部活動や体育祭、文化祭などを思い出させて、評価をし、明るい未来を示し、教師も期待、信頼していたということをまず伝えます。 その上で、「それなのに、何をやっているのか。 そこに反省の心が生まれます。 加害生徒がなくところまで行くと、報復や再発ということはありません。 被害者への謝罪 いじめの事実を認め、泣くまで反省したのち、加害者に考える時間を与えます。 この考える時間を与えることで、より深い反省に導き、一週間ほどを置いてから「被害者に謝罪すること」を許可します。 すぐに謝らせると浅い反省になってしまうのです。 そして、この心からの謝罪は被害者にとっても、加害者にとっても重要なのです。 加害者は、深く自分を見つめることにより、再発を防ぐことができますし、被害者にとっても、傷ついた心を癒す大切な機会となるのです。 いじめ被害がトラウマとなって、大人になっても人間関係でつまずいてしまう人もいますが、加害者からきちんと謝罪をしてもらうことはこうした事態をも防ぐことができます。 【関連記事】•

次の

常盤平第一小学校でいじめに加担した教師は誰?名前公開と懲戒免職へ?

教師 いじめ

「12月に入り通院の頻度も減り、薬には頼っていますが夜も眠れるようになってきました。 早ければ来年度には教壇に戻れるように調整をしているようです」(X教員の代理人弁護士) 30〜40代の先輩教員4人が20代のX教員に対し、いじめの限りを尽くした兵庫県神戸市の東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件。 X教員を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせ、大笑いしている教員たちの動画が報道されると、加害教員たちへの怒りは列島を駆け巡った。 ネットで晒し者、外出できず 暴力、暴言、教師とは思えない非道な行為は50項目以上。 追い詰められたX教員は2019年の夏休み明けから登校できなくなり、事件が明るみになった。 市教委は同年10月に外部調査委員会を設置。 12月20日に報告書を公表、'19年内にも加害教員らを処分する予定だったが、 「X先生が被害内容を訴えたメモなどの資料10点ほどを調査委員会に提出し忘れていました。 隠蔽ではないです」 と前出・市教委の担当者は謝罪。 公表時期は年度内とはされるが未定だ。 X教員は被害届も提出。 兵庫県警は4人から任意で事情も聞き、慎重に調べを進める。 加害教員たちは自分たちの行為を省みているのだろうか。 「加害教員たちは精神的に憔悴していました。 するとD教員は「不当だ」と訴え、市の人事委員会に審査請求。 D教員は関与を認めているものの、「激辛カレー強要など悪質性の高い行為には関わっていない」と主張、納得できないとしている。 「加害者からは弁護士経由で定型的な謝罪文など文書が届いていますが、示談の申し入れはない。 本人たちはすっかりどこかに雲隠れしている様子だった。 しかし、学生時代を知る同級生らの間では女帝の昔話がひそかな話題になっているとか。 同じ学校に通っていた同級生の親は、 「彼女はわがままというか、当時から性格がきつくて友達も少なかったみたい。 高校で不登校になったこともあったそうですが、そのときはお兄さんが世話をしたそうです」 今回もまた教育関係者の兄たちが骨を折るのだろうか。 外部サイト.

次の