エルゴラピード パワー プロ。 エレクトロラックスの掃除機「エルゴラピード」最新5機種を比較!選び方とおすすめを解説

エルゴラピード掃除機の口コミ!5つの機種の比較や故障についても

エルゴラピード パワー プロ

Contents• Electrolux エレクトロラックス)とは 「 エレクトロラックス」という会社名を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか? スウェーデンの家電メーカー Electrolux エレクトロラックス)社は、じつは創業100年の老舗メーカーです。 掃除機以外にも洗濯機・冷蔵庫・調理家電など、幅広い家電を製造販売しており、世界150か国に展開しています。 日本での知名度はまだまだですが、 ヨーロッパでは最大級ともいわれる大手の家電メーカーです。 エレクトロラックスの掃除機「エルゴラピード」 現行5機種 現在、エレクトロラックスの発売する コードレス掃除機「エルゴラピード」は、全部で5機種。 高機能な エルゴラピード・パワープロシリーズ2機種と エルゴラピード・リチウムシリーズ3機種にわけられます。 いずれの機種も、 スティック型の一部だけを取り外してハンディ型としても使える2in1タイプ。 重心が下にあって自立するコードレス掃除機です。 まずはそれぞれの機種ごとの特徴について、簡単にご説明します。 ) 高機能な「エルゴラピード・パワープロ」シリーズ• エルゴラピード・リチウムシリーズは、スタンダードモデルのエレクトロラックス掃除機です。 ブラシのからまりを除去する機能やLEDライトを搭載した使い勝手のいい トライアングル・パワーノズルを採用しています。 エルゴラピード・リチウムシリーズは3機種で、 違いはリチウムイオン電池の性能と付属品の種類です。 長時間稼働の 18V電池「リチウム プラチナ」、 14. 4Vの「リチウム ベーシック」、 10. 8Vの「リチウム カラーポップ」となります。 エレクトロラックスの掃除機を5つの選び方で比較 ここからは、エレクトロラックスのコードレス掃除機 全5機種を、5つのポイントで比較していきます。 コードレス掃除機選びで重視したいポイントに合わせて、どれが自分に合っているか選んでいきましょう。 清掃力を比較 エレクトロラックスのコードレス掃除機は、 高いゴミ除去率と1. 0ミクロンの粒子を99. シリーズによって差が出るのは、 ヘッドの違いです。 どちらもモーター内蔵でブラシの回転によって強力にゴミをかき出しますが、より ゴミ除去率が高いのが、パワープロシリーズの「パワープロノズル」です。 2種類の素材を使用した幅広のブラシが床にぴったりと密着し、 ゴミ除去率が従来品の98%から99%に向上。 さらに、 フローリングの溝のゴミ除去率に関しては6倍にUPしています。 より高い清掃力を求めるなら、エルゴラピード・パワープロシリーズがおすすめです。 0ミクロンの粒子を99. 0ミクロンの粒子を99. バッテリーを比較 エレクトロラックスの掃除機選びでは、 バッテリーの種類も重要になります。 18Vのリチウムイオン電池では最大48分、14. 4Vだと最大35分、10. 8Vでは最大20分までと、 バッテリーの違いで連続稼働時間が変わってきます。 家の掃除を一気にしたい方には、 18Vのターボパワー・リチウムイオン電池搭載モデルがおすすめです。 4V リチウムイオン電池 10. 8V 充電時間 4時間 4時間 3. お手入れ・使い勝手を比較 エルゴラピードは、ゴミと空気をフィルターで分離してダストカップに直接ゴミを溜める カプセル式の掃除機。 そのため、こまめなゴミ捨てとフィルター掃除が必要となります。 全機種で ワンタッチでのゴミ捨てはできないので少し手間がかかりますが、 フィルター・ダストボックスはすべて水洗い可能でランニングコストはかかりません。 また、ヘッドのお手入れは、ブラシにからまった毛やホコリを自動で取り除く「 ブラシロールクリーン機能」を搭載しているエルゴラピード・リチウムシリーズが便利。 LEDライトもついていて暗い場所の掃除がしやすくなっています。 サイズ・重量を比較 とくに女性や高齢者にとっては、 重くて大きい掃除機は使いづらいもの。 重い掃除機では掃除がより面倒に感じてしまいますよね。 エルゴラピード・パワープロシリーズは3. 3㎏、エルゴラピード・リチウムシリーズは約2. 5㎏と、実は 他社のコードレス掃除機と比べて軽いほうではありません。 ですが、ダストボックスやバッテリーなど重心が下部に来ているため実際よりも 体感重量が軽く、力に自信のない方でも楽に操作しやすい設計になっています。 より軽さを求める方は、エルゴラピード・リチウムシリーズを選ぶといいでしょう。 サイズ・重量比較一覧表 シリーズ エルゴラピード・パワープロ エルゴラピード・リチウム 機種名 パワープロ プラス パワープロ リチウム プラチナ リチウム ベーシック リチウム カラーポップ 重さ 3. 3kg 2. 5kg 2. 4kg 2. 付属品を比較 エレクトロラックスの掃除機は、スティック型の 一部を取り外してハンディ型にすることができます。 ハンディ型ではノズルを付け替えることで、家中の様々な場所をまるごと1台で掃除が可能になります。 ・ ベッド・プロ・パワーUVノズル…アレルゲン除去率99. ・ ミニパワーノズル…ハンディ型で使えるモーター付きノズル。 ・ スーパーロングノズル&アングルブラシ…エアコンや棚の上など手の届かない場所に。 ・ 布団ノズル…布団・ベッドに最適なノズル。 ・ 布用ノズル…ソファ・クッションなどの布製品に。 ・ ホース…掃除機本体が入り込めない狭い場所や高い場所に。 ・ ロング隙間ノズル…家具の間や下など狭い隙間に届く長いノズル。 ・ 隙間ノズル/ブラシノズル…棚の上やサッシのすき間などの掃除に。 隙間ノズル/ブラシノズルは全機種に付属していますが、それ以外のノズルは機種によって異なります。 使いたいノズルがある場合は、付属品で機種を選ぶのもいいかもしれませんね。 目的や欲しい機能に合わせて、あなたに合ったエルゴラピードを選んでみてくださいね。 清掃力重視なら「エルゴラピード・パワープロ プラス」がおすすめ• エレクトロラックスの掃除機をなるべく安く手に入れたい!という方には、 「エルゴラピード・リチウム カラーポップ」がおすすめです。 連続稼働時間が最大20分と短めで、 付属品も最低限ですが、そのぶん 1万円台というコスパの高さを実現しています。 床掃除が中心で、こまめに掃除をするタイプの方におすすめです。 エレクトロラックスのコードレス掃除機比較一覧表 総まとめ 2019年最新の エレクトロラックスのコードレス掃除機全5機種を比較しました。 最後に、 全モデルをまとめたエレクトロラックスコードレス掃除機比較一覧表をまとめました。 0ミクロンの粒子を99. 0ミクロンの粒子を99. 4V リチウムイオン電池 10. 3kg 2. 5kg 2. 4kg 2. ) なお、エレクトロラックスと同じく人気の高い コードレス掃除機「ダイソン」については、こちらの記事でご紹介しています。 手元に重心があるので重さを感じやすいのですが、 抜群の吸引力がセールスポイントのダイソン。 ぜひこちらもコードレス掃除機選びの参考にしてみてください。

次の

新ノズルでフローリングに強いコードレススティック掃除機「エルゴラピード・パワープロ」

エルゴラピード パワー プロ

北欧・スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスから5月24日、コードレス掃除機の新製品「ERGORAPIDO POWERPRO(エルゴラピード・パワープロ)」(以下、パワープロ)が発売されました。 「フローリング掃除、クラス最高レベルのパフォーマンスを実現した」という自信作だそうですが、果たしてその実力は? 新製品発表会で実物を触ってきましたので、さっそくご紹介しましょう。 日本では特に、コードレス掃除機「エルゴラピード」シリーズが人気で、北欧ならではのオシャレなデザインは「掃除機を出しっぱなしにする」という概念を日本に定着させました。 さらに、サッと手にしてサッと掃除できる利便性は、共働き家庭が増えて家事時間が減った現代のニーズに見事にマッチ。 コードレス掃除機ブームを巻き起こす一因となりました。 従来モデルに比べ、ゴミ除去率がなんと約6倍になったといいます。 それを実現したのは、床掃除用のノズルに搭載した「シールド・ノズルシステム」。 密閉性を高めて空気の漏れを抑えることで高速のエアフローが生まれ、フローリングの溝のゴミまで吸い上げるゴミ除去力を実現しました。 確かに吸い残しがほとんどありません。 同社によると、ワンストロークで小さなゴミから大きなゴミまで99%除去するそう! なお、ノズルは空気がある程度漏れる構造のほうが床面の張り付きにくくなり、ブラシが回転する力も手伝ってスイスイ動かしやすくなる傾向にあります。 その一方でゴミを吸い込む力も落ちてしまうデメリットも。 そこを「パワープロ」はあえて密閉構造にすることで、少々滑りは悪くなるものの、高い掃除能力を優先しました。 ちなみに「パワープロ」も密閉構造を解除するとスイスイ動きますが、掃除能力はダウンします。 得意とする床材はフローリングで、カーペットで使うと少々手こずります。 それでもフローリングの掃除能力にこだわったのは、近年は床材にフローリングを取り入れている家庭が多く、「掃除にかける時間の66%はフローリングである」ということが分かったため。 「どんな床材もそこそこ」ではなく、「フローリングでクラス最高レベル」を目指したというわけですね。 ローラーでこびりついた汚れを拭き取ってくれる また、「パワープロ」は、ノズル部分に2種類の異なる素材を使用した新開発「パワープロ・ローラー」を採用。 マイクロファイバー素材が床面にぴったり接触し、集じんしながら床にこびりついた汚れを拭き取ってくれます。 またブラシロールの長さも従来モデルより15%長くなり、一度に広範囲を掃除できるようになりました。 黒い部分の毛の密度が高く、汚れをよりしっかりかき取る効果も ホワイトボード用のペンで書いた線の上を滑らせてみると…… ローラーがしっかり床に当たり、線がムラなくきれいに消せました。 掃除機をかけながら拭き掃除ができて一石二鳥ですね。 目詰まりしにくいフィルターを搭載し、PM2. 5より小さい1. 0ミクロンレベルの微粒子を99. 99%除去。 ハウスダストや花粉、カビ粒子など、気になる物質をフィルター内に閉じ込め、部屋に漏らさないので安心です。 「エルゴラピード」シリーズは、ハンドユニットが簡単に取り外せるので、ハンディクリーナーとして活用できるのも特徴。

次の

エルゴラピード・パワープロ プラス

エルゴラピード パワー プロ

Contents• Electrolux エレクトロラックス)とは 「 エレクトロラックス」という会社名を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか? スウェーデンの家電メーカー Electrolux エレクトロラックス)社は、じつは創業100年の老舗メーカーです。 掃除機以外にも洗濯機・冷蔵庫・調理家電など、幅広い家電を製造販売しており、世界150か国に展開しています。 日本での知名度はまだまだですが、 ヨーロッパでは最大級ともいわれる大手の家電メーカーです。 エレクトロラックスの掃除機「エルゴラピード」 現行5機種 現在、エレクトロラックスの発売する コードレス掃除機「エルゴラピード」は、全部で5機種。 高機能な エルゴラピード・パワープロシリーズ2機種と エルゴラピード・リチウムシリーズ3機種にわけられます。 いずれの機種も、 スティック型の一部だけを取り外してハンディ型としても使える2in1タイプ。 重心が下にあって自立するコードレス掃除機です。 まずはそれぞれの機種ごとの特徴について、簡単にご説明します。 ) 高機能な「エルゴラピード・パワープロ」シリーズ• エルゴラピード・リチウムシリーズは、スタンダードモデルのエレクトロラックス掃除機です。 ブラシのからまりを除去する機能やLEDライトを搭載した使い勝手のいい トライアングル・パワーノズルを採用しています。 エルゴラピード・リチウムシリーズは3機種で、 違いはリチウムイオン電池の性能と付属品の種類です。 長時間稼働の 18V電池「リチウム プラチナ」、 14. 4Vの「リチウム ベーシック」、 10. 8Vの「リチウム カラーポップ」となります。 エレクトロラックスの掃除機を5つの選び方で比較 ここからは、エレクトロラックスのコードレス掃除機 全5機種を、5つのポイントで比較していきます。 コードレス掃除機選びで重視したいポイントに合わせて、どれが自分に合っているか選んでいきましょう。 清掃力を比較 エレクトロラックスのコードレス掃除機は、 高いゴミ除去率と1. 0ミクロンの粒子を99. シリーズによって差が出るのは、 ヘッドの違いです。 どちらもモーター内蔵でブラシの回転によって強力にゴミをかき出しますが、より ゴミ除去率が高いのが、パワープロシリーズの「パワープロノズル」です。 2種類の素材を使用した幅広のブラシが床にぴったりと密着し、 ゴミ除去率が従来品の98%から99%に向上。 さらに、 フローリングの溝のゴミ除去率に関しては6倍にUPしています。 より高い清掃力を求めるなら、エルゴラピード・パワープロシリーズがおすすめです。 0ミクロンの粒子を99. 0ミクロンの粒子を99. バッテリーを比較 エレクトロラックスの掃除機選びでは、 バッテリーの種類も重要になります。 18Vのリチウムイオン電池では最大48分、14. 4Vだと最大35分、10. 8Vでは最大20分までと、 バッテリーの違いで連続稼働時間が変わってきます。 家の掃除を一気にしたい方には、 18Vのターボパワー・リチウムイオン電池搭載モデルがおすすめです。 4V リチウムイオン電池 10. 8V 充電時間 4時間 4時間 3. お手入れ・使い勝手を比較 エルゴラピードは、ゴミと空気をフィルターで分離してダストカップに直接ゴミを溜める カプセル式の掃除機。 そのため、こまめなゴミ捨てとフィルター掃除が必要となります。 全機種で ワンタッチでのゴミ捨てはできないので少し手間がかかりますが、 フィルター・ダストボックスはすべて水洗い可能でランニングコストはかかりません。 また、ヘッドのお手入れは、ブラシにからまった毛やホコリを自動で取り除く「 ブラシロールクリーン機能」を搭載しているエルゴラピード・リチウムシリーズが便利。 LEDライトもついていて暗い場所の掃除がしやすくなっています。 サイズ・重量を比較 とくに女性や高齢者にとっては、 重くて大きい掃除機は使いづらいもの。 重い掃除機では掃除がより面倒に感じてしまいますよね。 エルゴラピード・パワープロシリーズは3. 3㎏、エルゴラピード・リチウムシリーズは約2. 5㎏と、実は 他社のコードレス掃除機と比べて軽いほうではありません。 ですが、ダストボックスやバッテリーなど重心が下部に来ているため実際よりも 体感重量が軽く、力に自信のない方でも楽に操作しやすい設計になっています。 より軽さを求める方は、エルゴラピード・リチウムシリーズを選ぶといいでしょう。 サイズ・重量比較一覧表 シリーズ エルゴラピード・パワープロ エルゴラピード・リチウム 機種名 パワープロ プラス パワープロ リチウム プラチナ リチウム ベーシック リチウム カラーポップ 重さ 3. 3kg 2. 5kg 2. 4kg 2. 付属品を比較 エレクトロラックスの掃除機は、スティック型の 一部を取り外してハンディ型にすることができます。 ハンディ型ではノズルを付け替えることで、家中の様々な場所をまるごと1台で掃除が可能になります。 ・ ベッド・プロ・パワーUVノズル…アレルゲン除去率99. ・ ミニパワーノズル…ハンディ型で使えるモーター付きノズル。 ・ スーパーロングノズル&アングルブラシ…エアコンや棚の上など手の届かない場所に。 ・ 布団ノズル…布団・ベッドに最適なノズル。 ・ 布用ノズル…ソファ・クッションなどの布製品に。 ・ ホース…掃除機本体が入り込めない狭い場所や高い場所に。 ・ ロング隙間ノズル…家具の間や下など狭い隙間に届く長いノズル。 ・ 隙間ノズル/ブラシノズル…棚の上やサッシのすき間などの掃除に。 隙間ノズル/ブラシノズルは全機種に付属していますが、それ以外のノズルは機種によって異なります。 使いたいノズルがある場合は、付属品で機種を選ぶのもいいかもしれませんね。 目的や欲しい機能に合わせて、あなたに合ったエルゴラピードを選んでみてくださいね。 清掃力重視なら「エルゴラピード・パワープロ プラス」がおすすめ• エレクトロラックスの掃除機をなるべく安く手に入れたい!という方には、 「エルゴラピード・リチウム カラーポップ」がおすすめです。 連続稼働時間が最大20分と短めで、 付属品も最低限ですが、そのぶん 1万円台というコスパの高さを実現しています。 床掃除が中心で、こまめに掃除をするタイプの方におすすめです。 エレクトロラックスのコードレス掃除機比較一覧表 総まとめ 2019年最新の エレクトロラックスのコードレス掃除機全5機種を比較しました。 最後に、 全モデルをまとめたエレクトロラックスコードレス掃除機比較一覧表をまとめました。 0ミクロンの粒子を99. 0ミクロンの粒子を99. 4V リチウムイオン電池 10. 3kg 2. 5kg 2. 4kg 2. ) なお、エレクトロラックスと同じく人気の高い コードレス掃除機「ダイソン」については、こちらの記事でご紹介しています。 手元に重心があるので重さを感じやすいのですが、 抜群の吸引力がセールスポイントのダイソン。 ぜひこちらもコードレス掃除機選びの参考にしてみてください。

次の