財布 年収。 財布の値段で年収がわかる!200倍の法則に乗ってみる話!

お金持ちは長財布を使わない、財布と年収の関係性

財布 年収

亀田潤一郎先生 お財布を意識し始めたのは、いまを遡ること9年前、私がまだ税理士事務所で見習いをしている頃だった。 当時、私には敬愛する、ある中小企業の社長がいた。 年収約5000万円。 もちろんお金持ちだったが、経営は手堅く、収入の大半を貯蓄に回しておられた。 ある日、社長の目の前で自分のお財布を出して、お金を払う場面があった。 すると社長の顔色が、突然曇った。 「君は税理士を目指しているんだよね。 僕は君みたいな人に、大切なお金の管理を任せたいとは思わないな」 社長が苦々しい顔つきで見詰めていたのは、私のお財布だった。 「君は、お金に対してきれいなイメージを持っていませんね。 だから、そんなボロボロのお財布にお金を入れて、平気なんです。 そんな意識の人は、税理士には向いていないんじゃないかな」 当時、私が使っていたのは、よく高校生が持っている2つ折りのマジックテープ式のお財布だった。 値段は500円。 常にお尻のポケットに入れていたので、ヒップラインに即して湾曲していた。

次の

年収が1.5倍になった「私のお財布の法則」 実践した3つのこと ~主婦の金バナ(20)~ | マネーの達人

財布 年収

財布と年収の関係 今使っている財布の値段の150倍~200倍がその人の年収と言われています。 2万円の財布を買ったら年収300万から400万。 5万円なら1000万ということになります。 これはお金の「家」である財布にどれだけ掛けているかという目安になります。 あなたはどうでしたか?僕はけっこう当たっていましたよ。 ちょっと待ってくださいね。 確かにそうなのですが、一つ注意点があります。 例え5万円の財布を買っても中身がスッカラカンではなんの意味もありません!! 最低でも財布の値段以上の現金をいつも入れておかなければ、返って金運を下げかねません。 (よく、高価な財布を買ったのに収入が上がらない!と嘆いている人は財布に現金があまり入っていないことが多いようです。 お金はお金を呼びます。 財布に現金を入れておくことが何よりの金運アップに繋がるのです。 ) 人が住む家と同じですよね。 せっかく高い家を購入しても、人が住まなかったり、家の中に入っても家具が少なかったり、安物ばっかりだったら、がっかりしてしまいますよね。 それと同じことです。 理想的なサイクル 財布は一気に高価な物を買うのではなく、少しずつグレードアップしていくことが理想です。 無理は禁物です。 無理な金額な財布を持っても、肝心のお金の方がついてこないので、財布は自分の身の丈より少し上の金額を買うようにしましよう。 財布はお金の家 財布はお金の家です。 財布にお金を掛けるということは家にお金を掛けるということ。 お金を人に、財布を家に見立てて見ると、よくお分かり頂けると思います。 ボロボロの家に住みたいと思いますか?すっからかんの家に帰りたいと思いますか? どうすれば、居心地が良くなるか。 どうすれば帰りたくなるか。 一度、考えてみてくださいね。 まとめ 財布と年収の関係性、ご理解頂けましたか? 財布を良い物にして、大事にする。 その行為が回り回って金運を高めてくれ、結果的に年収を上げてくれます。 ぜひ、年収を上げたい方は財布を見直してみてくださいね。 人気記事ランキング• 5,232ビュー• 4,714ビュー• 3,473ビュー• 3,278ビュー• 2,576ビュー• 2,135ビュー• 1,455ビュー• 1,393ビュー• 1,195ビュー• 1,189ビュー• 1,179ビュー• 994ビュー• 952ビュー• 899ビュー• 890ビュー 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

財布の値段で年収がわかる!200倍の法則に乗ってみる話!

財布 年収

それは、ベストセラー『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 』の著者である税理士の亀田潤一郎さんに取材に行った日のことだ。 事務所は表参道にあり、亀田さんは、さながら「ザ・成功者」という雰囲気だったが、実はとても苦労人だ。 学生時代に中小企業の経営者だったお父さまの会社が倒産。 一時はホームレスでうつ病になるも、苦節10年を経て税理士となったそうだ。 結論から言えば、私の「金回り」が良くなった理由は、亀田さんから取材で教えて頂いたことを実践した、ただ、それだけの話なのだ。 何を実践したのか? を、具体的に書いてみる。 実践したこと1 財布を買い変えた 亀田さんが提唱していることとして、 「年収200倍の法則」というのがある。 税理士という仕事柄、数多くの社長と会ってきた中で「長年、稼ぎ続けている社長は、美しい長財布を使っている」ということに気づいた。 そして導き出したのが、「年収200倍の法則」だ。 たとえば、2万円の財布を使っている人ならば、その人の年収は400万円。 3万円の財布を使っている人ならば、600万円。 週の始めに、5千円札4枚でスタートする。 「お財布に、あと何枚の5千円が残っているか?」で、1週間の中でお金を遣うペース配分もイメージしやすくなる。 亀田さんによれば、「今、自分が何枚の紙幣を持っているか?」を把握することは、「お金の使い方をコントロールする力」にも繋がるそう。 以上、3項目が、年収が1. 5倍になった私のお財布の法則だ。 最後に 「頑張って、続けている」という感じではなく、「そっちの方が心地良いから続いている」といったテンションで、ここ3~4年続いている習慣だ。 でも、 やっぱり「お金回り」が良くなると、心に余裕が生まれるのは事実。 ゆえに、きっと、今後も上記の習慣は続けていくのだろうと思っている。 (執筆者:楢戸 ひかる).

次の