寝る 前 お話。 子供が寝る前に聞かせるお話

【美容効果と注意点】ニベアの青缶を毎日寝る前に顔に塗っている話

寝る 前 お話

暗記が苦手すぎて超辛い。 そもそも暗記するならいつが一番いいタイミングなんだろう。 記憶力に自信がなくてもできる暗記方法を知りたい。 この記事ではこのような疑問を持っている方に向けて、暗記をするなら寝る前にするのが効果的、という話を私の体験を踏まえてしていきたいと思います。 暗記が苦手な人は多いと思います。 というか、多分ほとんどの人は暗記に対して苦手意識だったり、面倒くさいみたいなマイナスな考えを持っていると思います。 確かに、暗記作業は基本的に繰り返しだし面白くはないですよね。 まぁでも資格試験や学校のテストや高校・大学受験のためには少なからず暗記することが必須になるので、なんとかしなければなりません。 私も暗記が嫌いだったし苦手だったのですが、大学受験のためには英単語の暗記や社会科目の暗記をしなければなりませんでした。 そこで、なんとかして効率よく暗記をしたいと思い、いろいろ調べて自分なりに試した結果、 一番効果的だったのが「寝る前の暗記を続けること」でした。 というわけで、そんな私の実体験を踏まえつつ 、なぜ寝る前の暗記が効果的なのか、寝る前におすすめな暗記方法などについて書いていきます。 この記事は以下のような内容なります。 睡眠で記憶促進できる• 寝る前に暗記をすると、その後に無駄な情報が頭に入らない• 寝る前の暗記は長期記憶にぴったり 一つずつ説明します。 睡眠で記憶促進できる まず、人間は睡眠中に記憶の整理が脳内で行われていることが科学的に判明していまして、睡眠前に暗記することで記憶の定着率が高くなると言われています。 おそらく、睡眠で記憶が促進される、といったような話を一度は聞いたことがあるかと思いますが、その作用をより効果的に利用するために寝る前の暗記が良いというわけです。 また、当然ですが 睡眠中は他の情報は一切頭に入ってこないため、思考や記憶の整理には必須の時間となります。 さらに記憶するためには少し時間を置くことが必要になるのですが、 暗記の後に睡眠があると当然寝ている時間だけ空白時間が生まれるので、その後の復習の効果が高まるということもあります。 このように、睡眠は記憶にとって非常に重要な働きをしてくれるため、特にその働きを効果的にするために、寝る前の暗記が非常に有益というわけです。 寝る前に暗記をすると、その後に無駄な情報が頭に入らない 寝る前の暗記はその後に無駄な情報が頭に介在しないので、より暗記が効果的になるという理由もあります。 つまり、 暗記したことが直接睡眠によって記憶として定着するというわけです。 例えば、暗記の後にゲームをすると、ゲームの情報が暗記したことをごちゃ混ぜに頭の中に存在することになりますが、そうすると暗記したことがゲームの情報によってかき消されてしまうおそれがあるのです。 もっと具体例を挙げると、スーパーに人参を買いに行くだけなら簡単に覚えておけますが、それに加えて、クリーニング屋さんに服を取りに行って銀行でお金を引き出して友達の家に忘れ物を取りに行って魚屋さんで魚を買う、というように他の情報が増えるとそれだけ「スーパーで人参を買う」という当初の目的を忘れやすくなりますよね。 このように たくさんの情報があればそれだけ記憶力が分散されてしまうので、覚えにくくなってしまうのです。 でも、寝る前に暗記すれば基本的に情報の介在が起きないので、暗記したことをしっかりと記憶できる確率が高まるということです。 寝る前の暗記は長期記憶にぴったり 寝る前の暗記は長期記憶にぴったりという点もあります。 長期記憶とは、一度覚えたことを長期にわたって忘れることなく覚えておけることを言うのですが、寝る前に暗記するとそれが長期記憶になる可能性が高くなるのです。 例えば、一夜漬けで試験の勉強をした場合、その試験で高得点を取れたとしても1週間2週間経つともうその知識は忘れ去られているということが多いです。 つまり、この場合はその知識がただ短期記憶にしかなっていないということを意味します。 でも、例えば昔の友達の名前とか先生の名前とかって、1年2年経っても覚えていたりするわけです。 これは、その情報が長期記憶になったから忘れにくくなっているということです。 このように 長期記憶と短期記憶があるのですが、受験や試験勉強で必要になるのは「長期記憶」です。 そして、 睡眠は長期記憶を助けるということが言われています。 なので、寝る前に記憶したいことを暗記すれば、睡眠の作用で長期記憶として定着しやすくなるのです。 なお、期間を置いて復習するというのも長期記憶に必要なのですが、寝る前に暗記して起きた後に復習をすると、睡眠時間があるのでちょっと期間をおけることになりますので、長期記憶のテクニックとしてはかなり使えます。 ・寝る1時間ほど前から暗記する ・暗記後すぐに寝る(眠たくなったら暗記途中でも寝ていいです) ・起床後に軽く復習する 少し説明していきます。 寝る1時間ほど前から暗記する まず寝る前に暗記するのですが、 基本的には1時間ほど前から始めるくらいがちょうどいいのかなと思います。 この時間は確定的なものではなく、例えば英単語100個を覚えるまでとか教科書30ページ読むまでとかでもいいです。 暗記の内容はなんでもいいです。 英単語を覚えたいなら英単語でいいし、社会科目や生物ならそれでも構いません。 また、新しいことでなくても、例えばその日に勉強したことを復習するとかでもいいと思います。 暗記後はすぐに寝る 暗記が終わったらなるべく他のことをやらずにすぐに寝るようにしましょう。 ポイントは暗記と睡眠の間に別のこと(例えばスマホとかゲームとか)を挟まないことにあります。 なので、もしも暗記途中にすごく眠たくなったりしたら、その時点でもう寝ちゃっても構いません。 起床後に復習する 起床後には短時間でもいいので寝る前に暗記した事項を復習するようにしましょう。 寝る前に暗記したことなので、ほとんどは記憶できていると思います。 とはいっても多分完全には覚えられていないので、そこだけを補充する意味で復習します。 覚えているものは適当に流して読めば大丈夫です。 【実体験】寝る前に英単語100個暗記してました。 その結果、1ヶ月で単語帳が終わりました。 ちょっと私個人の話をしたいと思います。 私は受験期に英語の成績が伸びないことで悩んだ時があったのですが(けっこう初期段階です)、その原因は「英単語を覚えていないこと」にあると感じました。 そこで英単語の暗記に力を注ごうとしたわけなのですが、なかなか覚えられずにいたのでなんとかしないといけないと思い、いろいろと暗記方法を調べて自分なりに実行していました。 その結果、 一番効果的だったのが「寝る前に1時間暗記をする。 朝起きて5〜10分ほど復習をする」という方法でした。 1時間というのはあくまで目安でして、実際は英単語100個暗記するまで頑張るというふうにしていましたので、30分で終わる時もあれば1時間以上かける時もありました。 要は、 寝る前に英単語100個暗記する、朝起きて英単語100個を復習する、という方法を行なっていたわけです。 これで私の場合は 大体3週間〜1ヶ月ほどで単語帳1冊を終わらせてしまいました。 「本当にちゃんと覚えられたの??」と疑問を持たれる方もいるかもしれません。 その点については、 案外忘れることなくほとんどの英単語を覚えることができた、というところですね。 もちろん 完璧に暗記できていたわけではないのですが、それでもほとんどの英単語はしっかり暗記できていました。 実際、 この英単語の暗記を行なった1ヶ月だけで、センター模試の点数が5割程度から7割以上にまで上がったので、私にとってはこの暗記法が効果的だったと思います。 それまでは英語の長文問題を読んでもさっぱり分からなかったのに、とりあえず単語の意味が分かるから文章の意味を推測できるというレベルにまで向上することができたのです。 人によって差はあるかもしれませんが、一度この暗記法を試してみるのもいいかもしれませんよ。 そして、 暗記をする際は必ず寝る前にやるようにすると効果的に記憶できます。 私が行っていた英単語の暗記方法をさらに詳細に解説した記事を用意しています。 興味のある方は下記の記事を読んでください。 寝る前に暗記する際の注意点 最後に、寝る前に暗記するという方法を行う際の注意点を示しておきます。 暗記後にスマホを触らない まず一つ目は 暗記後寝るまでの間にスマホを触らないようにしましょう、ということです。 前述しましたが、 寝る前の暗記が効果的なのは、暗記後寝るまでに無駄な情報が頭に入ってこないから暗記したことが睡眠で整理されるからということにありました。 そうであるなら、暗記後に頭にその他の情報が入ってくるような行動はやるべきではありませんね。 というわけで、スマホを触るとニュースとかゲームとか漫画とか、暗記したこと以外の情報が入ってくるため、記憶の観点からはあまり勧められることではないということです。 スマホに限らず、 暗記後は何もせずにさっさと寝てしまうのが一番です。 睡眠時間をしっかり取る 睡眠時間をしっかりと取ることも非常に大切です。 これも前述の内容から言えることですが、睡眠によって頭の中が整理されるため暗記したことが定着しやすくなるのですから、しっかりと暗記したことを記憶できるように睡眠時間はちゃんと取る必要があります。 睡眠時間が短すぎるとそれだけ頭の整理の時間も少なくなるということなので、暗記の効果が落ちてしまいます。 個人的には少なくとも6時間以上は寝るようにしていましたが、朝起きるのが早い時でもなるべくたくさん睡眠時間を取れるように気をつけましょう。

次の

子供が寝る前のお話を楽しみにしてくれる!お話とツールの紹介

寝る 前 お話

私もだいたいは読み聞かせでした。 図書館で借りた世界の昔話集(トルコ、韓国、北欧など)。 東京都の図書館なら「おはなしのろうそく」というお話用の小冊子があります。 これは語りを目的として編集されていますので使いやすいです。 あと常識として知っていて欲しい本は何日にも分けて読みました。 日本神話、ギリシャ神話、聖書物語、偉人伝などです。 特に聖書物語は子供用とはいえ旧約新約を合わせた分厚いものを購入してしまったので、どれくらいかかったか分からないくらいの長丁場でした。 中断して他のお話をしたりしたので一年以上かかったと思うのですが。 時々でたらめ話も入れました。 むちゃくちゃな作り話ですが、いまでも子どもが覚えているほどの「迷作」もあるのですよ。 子どもにタイトルを付けてもらって、それに私がでたらめ話を付けることもしました。 タイトルに触発されてこれまたとんでもない話が出来上がります。 これをやるととても5分では終わらないのですが。 子どもがいる生活って良いですね。 みんなすっかり大きくなってしまいましたので懐かしいです。 寝る前のひと時を楽しんでくださいね。 すばらしい取り組みですね。 お子さんがうらやましいです。 ただ、もうずいぶんと長く続けていらっしゃるとのこと、そろそろ長いお話に切り替えてもいいかもしれないと思いました。 いまは即決、速攻の時代で、欲しいものもちょっと探せばすぐに手に入ってしまいます。 テレビのトークも芸人さんの芸も、瞬間芸や一発芸が多いように感じます。 ですから、なにか子供さんが心惹かれる物語を選んで、それを一章ずつなり、数ページずつなり読んであげるというのはいかがでしょう?四年生にもなるとかなりの本が読めるようになっていると思います。 毎日何ページと決めて読んであげるのもいいですし、その続きがとても気になるようであれば、本を渡してあげれば、自分から努力して読み始めるかもしれません。 ここまでは読んだのなら、今日はここからね?のようにコミュニケーションを深めるのにもいいかと思います。 ちょっと怖いシーンもなきししもあらずですが、ハリーポッターはおもしろかったですよ。 あと子供は意外にも落語が好きです。 単純な笑いのなかに深い意味が隠されているからでしょうか。 落語家の話すようにはいかないと思いますが、寿限無寿限無や目白のさんまなどは物語としてもおもしろいです。

次の

スタンフォード式睡眠法で寝る前の暇時間にすることおすすめ5選

寝る 前 お話

この記事の目次• 寝る前の読書は難しい本であればあるほど眠りやすくなる? まず、寝る前にする読書で一番おすすめな本の種類は「難しい本」です。 例えば、哲学書や専門的な科学書などです。 何故こういった難しい本を読むと眠くなるかと言うと、難しい本の内容を理解する時に脳は苦痛を避けるために、ベータエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます(ベータエンドルフィンは脳内麻薬とも言われます)。 このベータエンドルフィンが分泌されることで眠たくなりやすくなるといわれています また寝る前の体は自然と安静状態に入るのですが、この安静状態の時に脳で消費されるカロリーは体全体の2割程度あるため、難しい本の内容を考えれば考えるほど脳が疲れていき眠たくなるということも関係しています。 こういった効果は、学校の授業で眠たくなる原理と一緒で、興味のない授業だと眠たくなるという経験は誰もがしていると思います。 ただ、こういった難しい本は全く逆効果でかえって目が冴えてしまう人もいます。 内容を理解しようとついつい頭を働かせてしまうのです。 テスト前の受験生や学生にも寝る前の読書はおすすめ? ちなみに寝る前に目に入った情報は直前であればあるほど、睡眠中にその情報は記憶に定着しやすいと言われます。 これを脳内のリプレイ作用といって、「」でも触れていますが、睡眠中に寝る直前に入った情報を何度も何度もリプレイして情報を定着させようとします。 なので、受験生や学生であれば英単語の暗記・歴史上の人物の暗記など、また仕事をしている方でも新しい仕事のマニュアルなど覚えるにはちょうどいいわけです。 寝る前の読書は漫画本やコミックや雑誌でも構わない? また、漫画本やコミックなどでも実は寝る前の読書本としてはおすすめです。 ですが、あくまでも読みなれた漫画本やコミックに限ります。 というのも、既にストーリーが分かっている漫画本やコミックの場合は展開が分かっているので、リラックスしやすく副交感神経が作用しやすくなります。 この副交感神経が優位に働くことで眠りやすい体になるのです。 反対に買ったばかりの漫画本やコミックはストーリーの展開が分からずドキドキ・ワクワクしてしまうため、逆にドーパミンが分泌され交感神経が優位に働いてしまうので興奮してしまい眠れなくなってしまいます。 ですので、漫画本やコミック本と言っても何度も目を通しているモノが良いわけです。 そして何度も目を通しているモノであれば、雑誌等でも構いません。 ついつい何度読んでも泣いてしまう漫画ならさらに睡眠には良い? また、読みなれた漫画本やコミックでも涙が出るほど感動するような本であればさらに睡眠には良い影響があります。 涙を流すことで副交感神経が作用しているので、泣いた後は自然と眠たくなります。 関連記事: なので、こういった涙を流せるモノであれば、読んだことのない新しい漫画本やコミックでも実は構いません。 漫画の詳しい友人に聞いたり、ネットで感動できる漫画など検索するといいかもしれません(ただ長編で感動できるというよりも1巻2間程度で感動できる漫画のほうがいいですね)。 推理小説は犯人を予測して色々考えを巡らし興奮してしまうため眠れなくなりますし、ホラー小説などは恐怖でドキドキしてしまうため眠れなくなります。 基本的にはどちらも興奮したりドキドキしてしまうので、交感神経が優位に働いて脳が活動的になってしまうので眠れなくなるわけです。 電子書籍の本ならジャンルはどんなものでもNG? また少し電子書籍について触れておくと、電子読書での寝る前の読書はどういったジャンルでも睡眠にとってはNGです。 スマートフォンやタブレット等で見る電子書籍のブルーライトは脳を覚醒させる作用があるからです。 ただどうしても電子書籍で寝る前に読書する場合は、以下のことには気を付けたいです。 画面の明るさを下げる• スマートフォンやタブレット専用のブルーライトカットフィルムや、ブルーライトカット眼鏡を装着する• 部屋を暗くしすぎない 画面の明るさやブルーライトをカットすることに関してはある程度分かると思うので割愛しますが、部屋を暗くしすぎるとスマートフォンのブルーライトが余計に目に入りやすくなることを防ぎます。 まとめ• 寝る前の読書は「難しい本」「読みなれた漫画・コミック本」が眠りやすい• 寝る前の読書はテスト前や受験生にも効果的• 推理小説や初めて目を通す本はなるべく寝る前には読まない そして、本を読む時は寝床(ベッドや布団)で寝ころびながら読むのではなく、なるべく座椅子などに座り、読むことをおすすめします。 「」でも書いているのですが、本に限らずスマートフォン等を寝床に持ち込んでいると、脳は「ベッドや布団は本やスマートフォンを見る場所」として記憶してしまいます。 なので、眠ろとしても脳の視覚野や言語野などが活発に働いたりしてなかなか眠れなかったり、眠れたけど頭がすっきりしないといったことも起こってしまいます。

次の