猫 飼い たい。 猫を飼いたいと思ったときにゼッタイに知っておくべき7のこと

飼いやすい小さい猫人気ランキングとおすすめ15選・種類と理由は?

猫 飼い たい

動物病院があいている時間帯 保護した猫を家族に迎え入れると決めたのなら、まずは動物病院へ連れて行き健康状態をみてもらいましょう。 一見、健康そうでも猫エイズや猫白血病に感染している場合があります。 これらは人には感染しませんが、 ノミやダニ、クラミジアやトキソプラズマなど、人間に害が及ぶものもあります。 また動物病院でだいたいの年齢もわかるので、キャットフードも選びやすくなりますし、 猫の健康状態がわかれば、お世話もしやすくなります。 まずは動物病院で健康診断をしてもらいましょう。 こうした保護猫の場合、通常より診察料を割引してくれる動物病院もあります。 検索して近くの動物病院を探し、診療時間などを確認しましょう。 自分で飲めないし、ほ乳瓶を売っているお店もあいていない… そんなときは、ストローで代用できます。 子猫の口は小さいので、細めのストローにしましょう。 ももちろんスポイトやシリンジ 注射筒 があれば、それでOKです。 子猫にミルクを飲ませるときは、 必ず猫の顔が下向きになるようにして飲ませてください。 母猫のおっぱいを飲んでいる時の状態と同じうつ伏せです。 そうしなければ、 むせてしまう場合があり危険です。 また歯が生えていない時期は、自分で排泄できません。 本来ならば親猫が舐める刺激で排泄している時期です。 テッシュペーパーやキッチンペーパーをぬるま湯で濡らし、軽くトントンと刺激してあげましょう。 基本的に、起きたらまずは排泄です。 出ない、または先にミルク飲みたいよー!と言う場合は、飲み終わってからでも構いません。 ミルクは、赤ちゃん猫が起きたらあげるようにすればOKです。 離乳食の代替えは、ペースト状やスープタイプのウェットフードか、ドライフードをふやかしたものでOKです。 猫缶やカリカリならコンビニにも売っています。 普通の猫缶しかない場合は、よくほぐしてから少量のぬるま湯で薄めれば大丈夫です。 ドライフードは、ドライフードが隠れる程度の水かぬるま湯を加えます。 時間がない場合は、電子レンジでチンすると早くふやけます。 コンビニは種類が少ないので、子猫用のフーはおいていないかも知れません。 大袋のカリカリしかない場合は、猫缶のほうが少量なので無難です。 翌日にでも、子猫用のキャットフードを購入しましょう。 またこの頃になると、自分で排泄もできるのでトイレを用意するだけで大丈夫です。 トイレ用の砂も、コンピニに置いてあることが多いです。 ない場合は、ダンボール箱と新聞紙でも代用できます。 緊急時のトイレ作り方 用意するもの• ダンボール箱• 新聞紙 ダンボール箱の中に、新聞紙を敷きます。 あとは、新聞紙をちぎって入れるだけ! 猫が小さい場合は、ダンボール箱の高さを低くして、新聞紙をもう少し細かくちぎってあげましょう。 もちろんトイレの砂がある場合は、トイレの砂を使ってください。 猫も使いやすいですし、掃除も楽です。 少し大きくなった子猫や成猫の場合は、キャットフードと水、そしてトイレを用意すれば大丈夫です。 あとは寝床にダンボール箱でも用意してあげましょう。 猫は、ダンボール箱が大好きです。 部屋の隅にでも置いておきましょう。 ペットショップ・ブリーダー・友人や知人などから迎え入れるとき ペットショップなどからの場合は、猫の年齢もわかっていますし、事前に準備もできますね。 ペットショップの場合だと、その場で必要最低限のものを購入することもできます。 2013年9月に動物愛護法が改訂されました。 繁殖業者(ブリーダー)は生後56日(8週間)を超えない犬・猫を販売および展示をしてはならない。 法律施行後3年間は『45日』と読み替えるものとし、その後は別に法律で定める日までの間は『49日』と読み替えるものとする。 その後については、施行後5年後までに検討する。 何だか内容が曖昧な動物愛護法ですが、ペットショップやブリーダーから猫を迎え入れる場合、 現状生後7週間以上に達していることになります。 この頃になると、1人で食べることも排泄することもできます。 ちなみにこれは、生後45日。 先代の猫ちゃんが我が家にやってきた日の写真です。 こちらは、今いる子。 生後62日です。 生後2か月でもまだまだ小さく、そしてチョコチョコとすばしっこく動くので、初めて猫と暮らす人は踏まないように注意してくださいね! 猫との生活に慣れるまでは、足の裏を引きずって歩きましょう 笑 それでも、動く足にじゃれついてきます。 蹴ってしまわないように要注意です。 必要なもの とりあえず、これだけあれば大丈夫!• キャットフード• 食器 フード用と水用• トイレ• 爪とぎ あとから用意しても大丈夫!• 猫じゃらしなどのおもちゃ• 猫の専用スペース• コームやブラシ、爪切りなど これだけあればバッチリです。 猫は上下運動をするので、のぼれる場所があると喜びます。 わざわざ作らなくても勝手にピョンとあがりますが、落とされて困るものや危険な物は片づけましょう。 部屋にスペースがあれば、キャットタワーは良い遊び場になります。 キャットフード キャットフードは、猫の年齢に合ったものを与えます。 特に子猫の場合は、成長時期なのでしっかりと必要な栄養をとれるものを選ばなくてはなりません。 キャットフードは大きく分けると、ドライタイプとウェットタイプ 猫缶 があります。 ドライタイプの方が、栄養バランスも良く管理が楽で費用も抑えられるのでおすすめですが、猫はけっこうフードにうるさいです。 なかにはどうしてもドライフードを食べない猫もいます。 我が家の先代の猫さんは、ペットショップのオーナーをしている方の家で生まれた子を譲ってもらいましたが、3匹生まれたなかで我が家にきた子だけが、離乳食のときから猫缶しか食べなかったそうで、どのドライフードも食べることはありませんでした。 結局、19年間ずっと猫缶オンリーでした。 しかも封を開けたそのときしか食べてくれなかったので、毎回半分以上捨てることになり、月に1万円ほどフード代がかかっていました。 猫缶オンリーになると、プレミアムフードと呼ばれるドライフードよりもずっと割高になります。 水は、猫の数+1用意するのが理想です。 ペット専用の食器でなくても、少しだけ深さのあるものなら何でも大丈夫です。 ただ小さいうちは深すぎると、首がぶつかってしまいオエーっとなってしまいご飯が食べられません。 これは、縁の高さが4. 5cmあるお皿ですが、生後45日の子猫は首がぶつかってしまい使えませんでした。 orz 今いる子は生後62日でやってきましたが、その日から問題なく使えました。 食器選びの参考にしてください。 猫によっては、食べてすぐ吐いてしまうタイプの子もいます。 早食いやフードの形が原因であることが多いです。 時間をおいて少しずつあげたり、フードの容器を床に直接ではなく少し高い位置に置くことで防げる場合があります。 市販のテーブルでなくても、雑誌や電話帳で代用できますし、脚のついたフード入れも売っています。 食べてすぐに吐かないのであれば、若いときは台がなくてもOK。 年を取ると、かがむのが辛くなったりするので、食べやすい高さに調整してあげましょう。 お水はコップでも良いですし、お皿でもOKです。 猫によっては、ガラスのコップで飲みたがる子もいますし、水道から直接飲みたがる子もいます。 可能な限り、好みに合わせてあげましょう。 我が家は、循環式給水器とコップを使っています。 循環式給水器は、先代の猫が年をとって体力がなくなり、かがみづらくなったときに高さがあるので試しに使ってみました。 高さがある分飲みやすかったようです。 今いる子は、循環式給水器が飲みやすいらしく1番のお気に入りです。 こんな感じで、我が家に来た日から無理矢理飲んでました。 ただ循環式給水器は、お手入れがちょっと面倒ですね。 定期的にフィルターの交換が必要ですし、こうした裏の部分が洗いづらいです。 ポンプもバラして洗わないと、水垢がついてしまいます。 ポンプの掃除をしていると、その昔、海水魚を飼っていた頃を思い出します。 このほかにも、いろいろな循環式給水器が販売されています。 とにかく新鮮なお水があれば良いので、猫が飲みやすい容器なら何でもOK! なかには、すぐにひっくり返してしまう子もいるので、トレイの上に置くなど工夫しましょう。 ペットショップでは、ボトル式ものをケージに取り付けて使っています。 それに慣れていて、コップやお皿で上手に飲めない猫ちゃんもいます。 加減がわからず、水に顔をつけてしまいパニクることも! 実は今いる猫さんがこのタイプで、3歳になってやっとコップでも上手に飲めるようになりました 笑 置くタイプの給水ボトルも売っていますので、どうしても上手に飲めないときは使ってみてください。 トイレ トイレには幾つか種類がありますが、 どのタイプのトイレでも静かな落ち着く場所に置いてあげましょう。 部屋のまん中に置く人はいないと思いますが、壁で囲われていると敵に襲われる心配がないので、落ち着いて用を足せるようです。 ただ排泄物や、しているときの様子は健康チェックに欠かせませんので、全く見えない場所には置かない方が良いです。 そして重要なのは、常にキレイにしておくこと。 トイレが汚れていると嫌がり、ほかの場所でしてしまうこともあります。 システムトイレ 専用のマットやシーツを使用する、すのこ式のトイレ。 マット交換は、数日〜1週間に一度程度。 普段は、うんちの掃除のみでOKなのが良い点ですね。 パーツが多いので洗ったりする場合にちょっと面倒なのと、猫砂やマットなどが専用のものなので、どこにでも売っているとは限りませんし、少々割高です。 マットの代用品でペットシーツを使っている人もいます。 ただペットシーツの場合は、もう少しマメに交換が必要です。 猫用トイレの砂 トイレの砂、俗に言う猫砂ですね。 こちらもいろいろな種類があります。 猫は『砂の上で用を足す』と遺伝子に刻まれているようで、ネコ専門医で有名な服部幸先生の著書によると、 自然の砂に近い鉱物系の砂を好む猫が多いそうです。 アマゾンなどにも売っているので、興味のある方は読んでみてください。 その他 簡易的ですが、pHチェックできる猫砂もあります。 猫に多い尿路下部疾患で代表的なストルバイト尿結石は、尿がアルカリ性になるとできはじめます。 逆に酸性になると、シュウ酸カルシウム尿結石ができます。 そうなる前にチェックできるのが、この砂です。 ちなみに、木と再生バルブがメイン素材です。 ほかのメーカーからは、紙タイプのpHチェック猫砂が出ています。 猫砂のメリットとデメリットをまとめてみました。 鉱物系の砂• 良く固まる• 猫が好む• 重たい• 粉が出る 紙の砂• トイレに流せるものが多い• 固まり方が甘い• 飛び散りやすい 木の砂• トイレに流せるタイプがある• 木の香りが良い• 固まり方が甘い• 飛び散りやすい おからの砂• トイレに流せるタイプが多い• 固まり方が甘い• おからの香りがする シリカゲルの砂• 掃除が楽• 割高 子猫のときは、固まりやすい鉱物系の砂でも、おしっこの量が少ないので固まりにくいです! よくトイレに付属されているスコップだと、子猫のうちは隙間から汚れた砂も落ちてしまいます。 穴の開いていないスコップもあると便利です。 100円ショップなどにある、子ども用の砂場セットとか、氷スコップなんかでも代用できます。 我が家は、ダイソーの氷スコップを使っています。 トイレ掃除などで砂場を総入れ替えする場合にも穴なしスコップがあると便利ですよ! キッチングッズや、ガーデニングスコップを使っている人もいます。 すくえれば良いので、好みのものを用意しておきましょう。 爪とぎ ダンボールタイプと麻縄タイプが主流です。 それぞれ床に置くもの、壁に立てかけたり固定するもの、置型があります。 できれば、床に置くタイプと高さのあるタイプの両方を置いてください。 猫は縄張りを示すために、より高いところで爪とぎをしようとします。 立ち上がって爪とぎをすることが多いです。 我が家の猫さんの場合、床置きのものは遊んでいる途中で興奮しているときに使うことが多いですね。 獲物を仕留める前の準備なんでしょうか。 麻縄タイプ 麻縄タイプのものは、ダンボール製と比べるとちょっと高めです。 そのぶん長持ちします。 うちの猫の場合は、ダンボールより麻縄タイプが好きなようで、麻縄タイプのものを使うことがほとんどです。 我が家には、床から天井まである長い角材に麻縄を巻いた自作の爪とぎ柱があります。 以前いた子がやんちゃだったので、作ってみたのですが、かれこれ22年使っています。 引越しのときに重たくて運ぶのが大変でした 笑 今いる猫さんは、やってきたその日に教えもしないのに、そこで爪を研いだり、登って遊んだりしていました。 きっと以前いた猫ちゃんのにおいがついてたんでしょうね。 お気に入りのようで、毎日使ってます。 キャットタワーの脚の部分にも麻縄が巻いてあり、そこでもよく爪とぎしてますね。 爪とぎは、自作している人もけっこう多いです。 猫ちゃんと、部屋に合ったものを作るのも良いですね。 猫が爪をとぐのは、こんな理由。 新しい爪を出すため• 縄張りを示すため• 遊んでいて興奮したとき 猫の爪は、内側から新しい爪が生えてきて、外側の爪がパカンと割れて取れます。 1日に何度も爪とぎをしますから、好き勝手な場所でさせていると、あっという間に部屋はボロボロになります。 爪をとぎやすい物を幾つか用意することで防げますから、猫の好む物を用意しましょう。 最低でも、床に置くタイプと壁にたてかけて使うタイプの2種類は用意しましょう。 高さのあるものは、縄張り用です。 猫は立ち上がって手を伸ばして使います。 ここには大きい猫がいるんだぞー!という意思表示ですね。 床に置くタイプは、遊びの途中で使うことが多いです。 おもちゃ 子猫は何でもおもちゃになります。 特におもちゃがなくても、その辺りにあるもので目に付いたもので遊び始めます。 誤飲事故が起こらないように、そしてケガをしないような安全ななおもちゃを選ぶ必要があります。 メジャーなのは、猫じゃらしですね。 100円ショップなんかでも売っていますが、おすすめは国産! すぐにかじったりするので、中国製とかは心配です…。 猫じゃらし産業のものが丈夫で長持ちですね。 子猫は、持ち手の棒の部分をかじることもあります。 しかも縦に…。 のどに刺さると危険なので、超過保護ですが持ち手にはカバーをつけています。 これは、ソファーカバーを固定するための付属品です。 猫じゃらしアダプタアというものが売っています。 本来は、持ち手を長くするためのものなのですが、これだと太めなので持ち手をかじっても安心です。 ドギーマンのも国産です。 こちらは猫のお遊び草という名前です。 うちの猫さんは、ドギーマンのススキ草が好き。 そのほかは、アルミホイールを丸めただけのものも喜んで遊びます。 飲み込めないサイズに丸めるのがポイント。 ゴミ箱も要注意です。 ゴミを出して遊んだりする子もいます。 子猫の誤飲は意外と起こりやすい事故です。 開腹手術が必要な場合もあります。 発見が遅れれば命に関わることも! とにかく危険なものは片づけるのが基本です。 壊されて困る物も出さないのが1番ですが、そうもいかない…という場合は、思いきって床に置いてしまいましょう。 いつも床にあって自由に観察できると、猫も見慣れて気にしなくなります。 高い所に置いてあると、気になって見に行って落とす!なんてことも…。 そのほか、紙袋やダンボール箱も遊び道具になりますよ。 袋の持ち手で首つり状態にならないよう、一緒に遊ぶor目を離さないのが基本です。 それが難しい場合は、持ち手をとってしまいましょう。 猫は慌てたりパニックになると、思わぬ行動をとる場合があります。 普段はこんなことしないのに…ということもあります。 特に子猫のうちは危険なものは排除するのがポイント。 何かあってからでは遅いです。 猫の専用スペース 猫は、寒ければ日なた、暑ければ涼しい場所で、その時々に1番過ごしやすい場所でくつろぎます。 なので、何もなくてもいいのでは?と思うかも知れませんが、自分用の決まった場所があると落ち着くようです。 猫用ベッドもいろいろと売っていますね。 ですが…このようになることは多々あります。 う〜ん。 気紛れ 笑 ただ、一度使うと、とことん使い続けます。 ダンボール箱が気に入っているのであれば、それでも良し! とにかく落ち着ける場所を最低ひとつは作りましょう。 その場所にいるときには、触らないようにすると猫も安心します。 ここにいれば絶対に安全!と覚えてくれます。 1か所で良いので、危険なことが起こらない限り触らない場所を作りましょう。 お手入れ用品 コームやブラシがひとつあると便利です。 長毛種でなくても、内側の毛はからまります。 お腹に毛玉もたまりにくくなるので、ブラッシングに慣れてもらいましょう。 初めは嫌がりますが、嫌がっても毎日少しずつやっていると、そのうち慣れてきます。 トイレのしつけ 初めて猫を飼う場合、1番心配なのがトイレではないでしょうか? ほとんどの猫は「ここがトイレだよ」と一度連れて行くと、それで覚えてくれます。 そわそわして床をクンクン嗅いだりしつつ、部屋の隅へ行ったりしたときは、トイレに行きたいサインです。 そんなそぶりを見せたときに連れて行くのが1番です。 私はいつも、そんなそぶりが見えなくても、最初にトイレへ連れて行きます。 ほとんどの猫は、その後したくなったら、勝手にトイレへ行ってくれます。 ペットショップや友人などから譲り受ける場合は、おしっこの臭いのついた砂を少量もらってきましょう。 それをトイレに置いて「ここだよ」と教えておけば、勝手にそこでしてくれるようになります。 ただし、捨て猫を保護した場合、トイレでしない子もいることを覚悟しておきましょう。 根っからの野良猫はなかなか人につかまりませんが、元飼い猫だった猫は人なつっこい子が多いです。 そんな人なつっこい猫が捨てられる理由のひとつに、トイレを覚えられないことが挙げられます。 キレイなトイレが用意されていても、布団の上や服の上、カーペットの上などでしてしまいまう猫もいるんですね。 叱っても怖がるだけで意味がありません。 こうなったら、もう根気よく教えるしかありません。 したそうなそぶりをみせたら、即トイレに連れて行く。 この繰り返しです。 ちゃんとトイレが使えるようになるまで、出かけるときはケージに入れるのもひとつの方法です。 ちなみに猫は、寝起きや食べた後なんかにトイレへ行くことが多いです。 1日に3回前後おしっこをします。 だいたい毎日決まった時間帯にトイレへ行くので、メモしておくと目安になります。 あとはトイレ以外でした場合、おしっこの臭いをなくすように掃除をする必要があります。 よくカーペットなどは、ティッシュなどでおしっこを拭き取り、住居用洗剤で…などと言いますが、 ハッキリ言って住居用洗剤では猫のおしっこの臭いは取れません。 何で臭いが取れるかというと、トイレ用洗剤です。 塩酸系や塩素系ではなく、中性タイプのものにしてください。 掃除する場所にもよりますが、そのままだと泡がなかなか取れないので、薄めて使いましょう。 必ずゴム手袋を使ってくださいね。 猫がトイレに行く前に鳴く理由 猫は、トイレの前やトイレの中で鳴くことがあります。 鳴く理由は、主にこの3つ!• トイレが汚い• うんちが出る• おしっこが出ないなどの体調不良 成長とともに変化する目の色 猫は、目が開いてもしばらくの間はキトンブルーと呼ばれる青っぽい目の色をしています。 生後4週間くらいが1番青い色をしています。 生後6週間くらいになると、本来の色が少し出てきます。 ちょっとグレーっぽくも見えますが、猫の世界ではなぜかグレーっぽいカラーをブルーと呼びます。 ロシアンブルーの毛色は、グレーですがブルーと呼びますよね。 2か月になると色がもう少しハッキリしてきます。 4か月になるとかなりハッキリしますね。 ちなみに生後半年で完成した色になります。 猫の目の色は、遺伝子によってメラニン色素の量が異なります。 大きく分けると、青色・緑色・薄茶色・銅色の4種類。 正確には、このような名前がついています。 メラニンの少ない順です。 サファイアブルー• ブルー• アクア• グリーン• イエロー• ゴールド• オレンジ• 猫も歯が生えかわる 生後2か月頃に乳歯が生えそろい、3カ月〜7カ月ぐらいで永久歯に生えかわります。 前歯はとても小さいので、抜けた乳歯を見つけたことがありません。 前臼歯や犬歯は少し大きいので、生後半年前後に抜け落ちているのを見つけることがあります。 米粒と並べて写してみましたが、小さいですよね。 人と同じで永久歯は、これ以上生えかわることはありません。 猫の歯の治療は、基本的に全身麻酔です。 負担がかかりますから、歯の治療をせずに済むようにしたいものです。 ちなみにヒゲも生えかわります。 ヒゲは、わりとよく落ちていますね。 根元の部分はかなり硬く、針のように手に刺さります。 小さい子がいる場合は、注意してくださいね。 最近は、猫のヒゲケースや乳歯ケース、毛玉ケースなんていう物も売っています。 薬の空き瓶に入れていた私は、ちょっとビックリ! 商魂たくましいなぁ〜と思ってしまいました。 最後に 人と同じように猫にもいろいろな性格の子がいます。 人見知りで臆病な子もいれば、誰にでもフレンドリーで接待部長のような子も…。 傾向としては、オスは甘えん坊でメスはツンデレタイプが多いですね。 オスは、去勢すると甘えん坊に拍車がかかる場合が多いです。 2015年にペットフード協会が行った調査で、猫の平均寿命は15. 75歳でした。 10年前の調査と比べて約1歳寿命が延びています。 完全室内飼いと、出入り自由な猫を比べると、 完全室内飼いの方がケガや病気になるリスクが減るぶん長生きします。 ただ、命がつきるそのときまで、元気に動き回っているとは限りません。 もしかしたら、動けなくなり介護が必要になるかも知れません。 猫もいずれ年をとるということをよく考えてから、猫を迎え入れるようにしてください。 いつか大変な時がくるかも知れませんが、 それ以上に一緒に過ごす時間は楽しいものになることは間違いありません。

次の

猫を飼いたいと思ったときにゼッタイに知っておくべき7のこと

猫 飼い たい

わたしの友達に一人暮らしの女性がいますが、普通に仕事していても猫との生活には問題ないようです。 そんな彼女の体験談を参考に、一人暮らしで猫を飼う最適な方法をご紹介します。 スポンサーリンク 一人暮らしで猫を飼う場合の費用について 一人暮らしだと世帯収入が一人ぶんなわけですから、猫1匹飼うのにもなかなか勇気がいりますよね。 実際猫1匹にかかる費用は、月にして5000円~8000円前後。 ご飯やトイレの砂などを何にするかで費用は変わりますが、だいたい贅沢しなければ餌代、トイレ代しかかからないのでこのくらいになります。 月々の費用を抑えるコツは、トイレにペットシーツを使わずに猫砂を使用することです。 ペットシーツは割高になるので、下の動画のようにトイレの中に猫砂を入れて、下に新聞紙を敷いておけば汚れません。 3日に1度はトイレを丸ごと洗うようにしましょう。 気になるのが病院代ですが、若いうちは元気でも猫も8歳を過ぎたあたりでは人間でいうと48歳になり、体の老いが目立ってきます。 それでも健康な猫は落ち着くだけで病気などしないのですが、やはり病院代もこつこつと積み立てておくと安心です。 ペット保険も今は充実しており安いものでは1000円台から加入できる保険もあります。 しかしうちはまだ今のところペット保険まではかけていません。 健康体の猫なので、あまり風邪などもひかない場合は、老猫になるまでは具合が悪くなったら病院へ通うくらいでOKです。 一人暮らしで初めて猫を飼う場合 家族が猫アレルギーで猫を飼えなかった。 一人暮らしになったら猫を飼う!という人も多いと思います。 そんなときは猫と暮らした経験がないので、何をしていいかわかりませんよね。 まず初めて猫を飼う場合にすることを12個のルールとしてまとめました。 猫の寝床はクッションや布団でじゅうぶん 猫初心者として、あれこれ猫グッズを飼いすぎるところがあります。 猫専用のベッドを買ったりおもちゃを買ったり・・・あのですね、猫って人が買ったものってあまり使わないんですよ!(どーん) 猫は自分でそのとき最適な寝床を見つけるし、サランラップを丸めただけのボールが一番喜んだりします。 だからまずはご飯と水、トイレだけ用意すれば準備はOKです。 夏暑い地域は暑さ対策を わたしは熊本に住んでいるのですが、もう夏は信じられないほどの熱さです。 今は全国的に夏は暑くなっているので、日本に住む多くの猫飼いさんたちには夏は注意しなければなりません。 じゃあ一人暮らしで部屋に誰もいないのに猫のためにクーラーをつけるの?と言ったらそうではありません。 実はけっこうな猫がクーラー嫌いで、クーラーをつけるとそそくさとその部屋から逃げ出す傾向にあります。 しかし窓を閉めて真夏の中猫を放り出すと、死ぬことはめったにありませんが確実にダメージを受けて寿命は縮まります。 最悪とても高温になれば、車の中に子供を放置して熱中症で死んでしまったなんてケースもあるので、やはり暑さ対策は必須です。 そこで、ペット用冷却シーツを準備します。 こういうのですね。 猫用の布団などではなく、自分が使っている布団でOKです。 こたつのコードがショートして家事というのはたまにあるようですから、冬は安全を取ってお布団で寝ていてもらいましょう。 あと注意なのが、帰ってきて疲れた~と布団にダイブしないでくださいね。 暖を取っている猫ちゃんがつぶれしまいます。 餌は朝晩に1回ずつあげる 一人暮らしならたいていは朝仕事に出かけて、夜帰ってくるという生活パターンになると思います。 そんなときは朝適量の餌をあげて、夜帰ってきてから晩御飯をあげる形にしましょう。 詳しい餌の量はこちらを参考にして下さい。 爪とぎを用意しよう 爪とぎは猫にとってとっても重要!まず壁をがりがりされたら絶対に嫌だ!という人は猫を飼ってはいけません。 どんなに質の良い爪とぎを用意したところで、猫は最適な爪を研ぐ場所を見つけたら壁だろうがなんだろうががりがりします。 それで猫を嫌いになるようなタイプだったら、猫を飼うことは諦めましょう。 爪とぎは色々種類がありますが、ぶっちゃけ壁が一番の爪とぎです。 しかし一人暮らしの場合、つるつるしたタイプの部屋が多いですよね。 これだと猫が爪とぎできないので、ちゃんと爪とぎを買いましょう。 スポンサーリンク 猫が高く登れる場所を作る 猫には最適な環境づくりが一番ストレスをためない条件になります。 ストレスがあるとマーキングとしておしっこしたり、凶暴になったり病気したりと手がかかるので、やはり予防のためにもストレスのない環境づくりに一番気をかけましょう。 ご飯、トイレ、寝床、室温、爪とぎ、次に大切なのが高い場所です。 あまり必要ないように思われるかもしれませんが、猫は高い場所に登るとそれだけで王様のような気分になります。 高いところに登った猫って凄く機嫌がよくなるんですよ。 なかなか一人暮らしのスペースではキャットタワーなどは設置することが難しいので、高いタンスの上などがあれば十分です。 一人暮らしだとオシャレなインテリアで家具をローにしたりしますが、猫のために一つだけでも高い登れるものを置いておきましょう。 猫と暮らす一人暮らしの間取り 最適な間取りは2部屋あることです。 猫専用のスペースを確保するという意味ではなく、猫のトイレの場所を確保するためです。 家に帰ったらかまってあげよう 犬は家に誰もいないとストレスがたまる動物ですが、猫は一人が好きな動物です。 だからお留守番させておくには最適な動物なんですね。 家に帰ってきたらかまってあげるくらいで、猫はストレスなく生活できます。 猫は人につくというより、最適な過ごしやすい環境を整えてあげることが一番大切です。 外に出すのは禁止 これは絶対に守って欲しいことです。 近年猫飼いの間では猫を外に出すことはやめようという意識が高まっています。 外に出したら事故や病気の可能性が格段に高まるので、猫の安全を考えた上では最も大切なことです。 とくに一人暮らしの場合は窓を開けておけないので、猫が家に帰ってきたいときに自由に帰ってこれませんよね。 そうするともう野良猫みたいなものです。 猫はお家が快適でさえあれば、外に出さなくてもストレスはたまりません。 お家の中を快適にしてあげて、しっかりお家の中で猫と暮らしましょう。 危ないものを置かない 猫はジャンプして人間より高い場所でも狭い場所でも入り込みます。 とがったものや、首がはまったらまずい輪っか状のものなどは取り払いましょう。 人を呼ぶのは猫の性格次第 一人暮らしだと友達を家に呼ぶことも多くなると思います。 でも猫は基本的に社交的な猫以外は飼い主以外は苦手。 とくに声の大きい男性は苦手なので、わいわい騒ごうものなら隅に隠れてしまい、ストレスをため込みます。 何度もそんなことがあると猫が一番安心できるはずであるお家が、怖いものになってしまうんですね。 猫の性格をみて、人が来たらさっと隠れてしまう性格の猫なら自分が友達の家に行ったり、お店で遊ぶようにしましょう。 数日家を開けるときは? 旅行や出張などで一人暮らしの家を留守にすることもありますよね。 そんなとき猫をどうするかというと、3日までならOKです。 3日なら倍の6日分の餌と水を、トイレの砂もいっぱいにして、できればトイレは2つ設置していくのが理想です。 猫はご主人様が帰るのが3日後になるなんて知らないので、あるぶんご飯を食べてしまいます。 そこで3日目にご飯が空っぽになり、空腹!なんてことが起きないように目安として倍のご飯を置いていきます。 4日以上家を空ける場合は、人の手が必要になります。 家族や友達などに猫のお世話を頼んで、ご飯の追加とトイレの掃除をお願いしましょう。 そのとき慣れてない人が入ってくると猫はびっくりしてしまうので、姿だけ確認したら無理にかまう必要はありません。 猫もご主人が長い時間帰ってこないという異常事態はわかっているので、知らない人がかまうと余計にストレスがたまってしまいます。 しかしご飯の追加はできてもトイレをどうすればいいか分からない人の場合、業者さんにお願いするのが無難です。 お家に来てご飯の交換とトイレの掃除、猫ちゃんの様子を見てくれるサービスがあります。 だいたい1回につき3000円ほどの相場です。 または、ペットホテルに預けることも可能ですが、猫には大きな負担がかかるので、なるべく避けましょう。

次の

一人暮らしで猫を飼いたい!後悔したことは?リアルな声をご紹介

猫 飼い たい

猫を飼いたい人の心理は? 猫派や犬派など、好きな動物は人によって違いますね。 そして猫好きでも、見ているだけがいい人と家で飼いたい人とに分かれます。 人によって考え方も違えば性格も異なりますが、猫を飼いたい人に共通しているのは 自由でマイペースな性格ということではないでしょうか。 ここでは、 猫を飼いたい人の心理についてご紹介します。 子猫から飼いたい 子猫から飼いたい人の心理は、 見守りたい、 最初から育てたい、という 母性本能が垣間見られます。 子猫を飼うということは、 子供を育てるように手がかかります。 しかし、大変な一方で猫が成長していく姿を近くで見ることができますね。 子猫の時期には、 ミルクから離乳食、 子猫用フードの切り替えや、子猫が自分で排泄が出来ない時期では 排泄を促してあげる必要もあります。 飼い主を母猫と思って甘えてくるため、 家を留守にしがちではお世話は難しいでしょう。 成猫を飼いたい 成猫を飼いたい人の心理は、 癒されたいという気持ちが強いようです。 もちろん成猫ということは、 里親になったり誰かから 譲り受けて飼うことになるため、ボランティア精神のある 心の優しい人が多いです。 また、成猫であれば 体も性格も出来上がっているため、 留守がちな家でも飼いやすいといったメリットもあります。 しかし、猫は犬のように常に飼い主に忠誠を尽くしているわけではないため、猫の気まぐれに 付き合ってあげる必要があります。 Sponsored Link 猫を迎え入れる場所 まずは猫を どこから迎え入れるかによって、最初の費用は違います。 ペットショップやブリーダーからでは血統書付きの猫がほとんどなため、 5万円~30万円と 猫の種類によって値段が違います。 高い猫の種類では50万円や60万円といった値段が付けられていることもあります。 保健所からの引き取りは 基本的に無料ですが、自分の身分を証明する 必要書類を揃える必要があります。 動物愛護センターや動物保護団体、里親サイトなどでは、 避妊や去勢手術代などが必要となるため、 2万円~3万円程度となります。 最初に動物病院でワクチン接種が待っている 猫を飼いだしたからもうお金がかからない、というわけではありません。 猫を迎え入れたら、 動物病院で健康診断やワクチン接種が待っています。 健康診断は動物病院によって値段が異なりますが、 5000円~1万円程度となり、ワクチン接種も何種類のワクチンを打つかで値段が異なり、だいたい 3000円~7500円程度が必要となります。 最初に揃えておく猫のグッズも忘れないで 猫が生活するために最初に揃えるものには、 5万円前後かかります。 もちろんどれを選ぶかによって安くすることも可能ですし、もっと高くなることもあります。 猫の生活で 最低限必要なもの• 猫の食器2つ(餌用と水用)• キャットフード(猫の成長時期に合わせたもの)• 猫用トイレ• トイレシートや猫砂• ケージやキャリーバッグ• 猫用ベッド• ブラシ• 猫用おもちゃやおやつ• 爪とぎ• キャットタワー 猫を飼うとリスクもある 猫は気ままで可愛い動物で、癒しを与えてくれる存在ですが、 猫を飼うと様々なリスクもあります。 猫を飼いたいけど…と思いとどまっている人は、どんな理由で悩んでいますか? お金の問題、家族の反対、何となくの不安。 猫を飼いたいけど飼わない人は、それぞれに様々な事情があるでしょう。 ここでは、 猫を不幸な思いをさせないためにも猫を飼うリスクを知って、もう一度自分が猫を飼うことができるか考えてみてください。 猫中心の生活になる 猫は比較的お留守番は得意で、仕事で家を空ける時間が多くても飼いやすいですが、猫を ほったらかしにしていいと言うわけではありません。 毎日きちんとスキンシップをはかり、休みの日にはたくさん遊んであげなければ猫も ストレスがたまって病気になります。 旅行に行くならば 一緒に連れていくか、ペットホテルなどに 預ける必要もあり、猫の ご飯のお世話やトイレの掃除もあるため、夜遊びなどは出来なくなります。 家で待っている猫のことを考え、 猫中心の生活になることは覚悟しておかなければいけません。 物を壊されることも 猫を 1日中ケージに入れて飼う、なんてことは 絶対にしてはいけません。 自由に動き回らせてあげることが猫のストレス発散にもなるため、家の中では基本的に放し飼いです。 好奇心旺盛な猫が走り回って棚に飾っているものやタンスの上に置いていたものを落として 壊されてしまうことがあります。 壊されたくないものはしまっておく必要がありますが、 壁や家具で爪とぎしてしまったり、カーテンに登って カーテンをボロボロにしてしまうことも覚悟しなければいけません。 猫が かじったりひっかくといった行為は、 当たり前のことなのです。 金銭的なことも覚悟が必要 猫が生きていく上で、 餌代も必要ですし病気になれば 病院代も必要です。 猫の病院代は とても高額になるため、 ペット保険に加入することも考えておかなければいけません。 しかし、ペット保険にも 窓口清算ができるものと 後から請求するタイプがあるだけでなく、 限度額を超えれば全額自費であったりするため、ある程度 お金を用意する必要があります。 お金がないから病院へ連れていかない、なんてことは 猫にとって不幸でしかないため、いつお金がかかることがあるか分からない、と 金銭的な覚悟が必要になります。 高齢になれば介護も 猫も いつまでも若く元気なわけではありません。 高齢になれば場合によっては 介護が必要になることもあります。 それまで以上に猫中心の生活となり、 食事や排泄のお世話が必要であれば、 長時間家を空けることは出来なくなります。 仕事を休むことも増えたり、 仕事の時間を短縮することも考えなければいけません。 猫の平均寿命は15年~20年です。 しっかり 最期の時までお世話をする覚悟がなければ、猫を飼ってはいけません。 猫を飼いたいけど反対されている…そんな時の説得方法 ここまで様々なリスクやお金について述べてきましたが、それでも猫を飼いたいと 強い意志があるのであれば、反対している人を説得することも可能かもしれません。 猫を飼いたいけど反対されている、という場合の説得方法についてご紹介します。 まずは相手の意見をよく聞くこと 猫を飼いたいけど…と悩んでいる方に多いのは 家族の反対によるものです。 いくら猫を飼いたいと猫について熱く語っても、 相手の意見を聞いてあげなければなぜ反対しているのか分かりませんね。 こちらの一方通行ではなく、まず 相手の思っていることをすべて聞き出してから説得に入りましょう。 最期まで面倒を見ることを約束する 猫を飼いたいけど家族に反対される、その 一番多い理由は「 猫のお世話をしなくなって家族に押し付けるのでは?」というものです。 猫は可愛い、癒される、飼いたい、ということだけでは、説得することはできません。 猫を飼うリスクでも述べましたが、 15年~20年という年月をきちんとお世話ができるのか、ということを、 お金の面や生活の変化、 高齢になった場合のことも含めて、自分はこうしていくと伝えましょう。 猫の飼いやすさを伝える 猫を飼いたいけど、 家が汚れるからダメ!と反対されている場合では、猫のお世話を最期まで見ることだけでなく、 猫はきれい好きな動物であることを伝えましょう。 壁や家具の爪とぎをさせないために、きちんと 爪とぎ器で行うようにしつけることや、 壁や家具をガードするなどの対策方法も提案するといいでしょう。 猫は 汚れたトイレでは排泄を我慢してしまうほど綺麗好きなので、ちゃんと掃除すれば ニオイの心配もないと胸を張って言えますね。 殺処分になってしまう猫の現状を伝える 猫を飼いたいけどどんなことを言っても家族に反対されてしまう…となれば、 猫の命についても話してみるといいかもしれません。 反対される理由に、 何を言われても信用できない、 猫のお世話ができない、と思われている場合が多々あります。 殺処分は年々減ってきていますが、それでもまだまだ人間の勝手な都合で 殺処分されてしまう猫は1年に約4万頭います。 命の大切さを伝えて、 最期までお世話をすることを約束し、少しでも 悲しい思いをする猫が減るようにしたいことを伝えてみましょう。

次の