つら たん。 「つらたん」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

「つらたん」とは?意味・使い方・例文を紹介

つら たん

「つらたん」には「辛い」よく同時に使用される顔文字があります。 「(」パーレン、左丸括弧が輪郭の左側• 「・」左側の中黒、中点は左の目• 「・」右側の中黒、中点は右の目• この顔は眉毛が下がっていて落ち込んでいてしょんぼりしたような顔に見えることから「つらたん」など、辛い時や落ち込んでいる時に一緒に使われることが多いとされています。 「つらたん」は「辛い」では少し表現が固い、ストレートすぎると思った時によく使われ、主にTwitterやブログ、掲示板など堅苦しい場ではないところ、表現の自由が許されている場面で使用されます。 使い方は「辛い」を「つらたん」にするだけです。 「食べ過ぎでつらたん」• 「寝不足でつらたん」• また、本当に耐え難い程辛い時に「つらたん」と表現する事は少ないといわれています。 他にも、30代や40代の方が「つらたん」と表現すると顰蹙(ひんしゅく)を買う事があるといわれていますので注意しましょう。

次の

10代女性が言う「つらたん」の意味と正しい使い方とは?

つら たん

「顔」の別名を「つら」と言います。 「つら」は「面」という漢字の読み方のひとつです。 また、「面」を「めん」と読む場合、「顔」を意味する言葉として用いられることがあります。 少しややこしい表現になってしまいましたが、お祭りの夜店で売られている「お面」、少し怪しげな「仮面舞踏会」などで、「面」は「顔」の代役を果たします。 その「面」は「つら」とも読めるので、「つら」という言葉は「顔」を表すようになりました。 【使い方】• いつまでも、そうやって「ふくれっ つら」をしていてもしょうがないでしょ。 朝寝坊して、遅れた電車に乗ったら事故だって。 「泣きっ つらに蜂」だよね。 この意味での「つら」は、その語感が影響してか、あまり上品な印象を与えるものではありません。 かたよった場所や場面で使われることが多く、使いどころを間違えないよう注意が必要です。 建築や土木の業界では、平面・表面・曲面などの「面」のことを指して「つら」と言います。 部材・材料のみならず、業界独特の呼び方として、壁面(かべづら)、柱面(はしらづら)、仕上げ面(しあげづら)、躯体面(くたいづら)などがあり、それぞれが建築物の部位表面を指しています。 【使い方】• 躯体面(くたいづら)から 壁面(かべづら)までの寸法を30でみる。 (躯体表面から壁表面までの寸法を30㎜とって施工してください)• 踏み面(ふみづら)の石とモルタルは、揃(ぞろ)で 面一(つらいち)にする。 (階段に貼った石材の表面と塗り固めたコンクリの表面は均一に揃えてください) さまざまな人たちが入り組んで仕事をする工事現場では、「つら」の意味を共通認識として理解していないと大変なことになりそうです。

次の

「つらたん」とは?意味・使い方・例文を紹介

つら たん

3308• 244• 307• 158• 320• 196• 107• 118• 115• 102• 165•

次の