山田 純 大。 山田錦大吟醸“匠”(京姫酒造)を飲んでみた

純米大吟醸

山田 純 大

山田純大(やまだ・じゅんだい) 1973年生まれ。 東京都出身。 ハワイの中学・高校を経て、米ペパーダイン大学国際関係学部卒業。 97年、NHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。 その後「水戸黄門」「鬼平犯科帳」「剣客商売」「男たちの大和」「相棒」「半沢直樹」などテレビ、映画で活躍中。 父は俳優・歌手の杉良太郎氏。 本書は、日本では無名だったものの、海外では今でも「この日本人あり」と崇められている一人の「義人」の発掘物語である。 「義人」の名を小辻節三(1899~1973年)という。 昭和15(1940)年夏、欧州のリトアニアで6000人のユダヤ難民に「命のビザ」を発行した杉原千畝(ちうね)はよく知られている。 小辻は、杉原と接点はなかったが、シベリア鉄道でウラジオストクに着いた彼ら難民を義の心で日本に誘導し、無事に希望国へ送り出した人物であった。 この小辻節三の存在を米国で発掘したのが俳優の山田純大さんである。 山田さんは、中学・高校をハワイで過ごし、米国の大学に進んだ。 学生時代に映画「シンドラーのリスト」を見て、衝撃を受けた。 戦火のもと、知恵と勇気で人道主義を貫いた一民間人の姿に、感動したのだ。 いつか、自分もこのような作品を制作してみたいと思った。 後に「命のビザ」の事実を知ったが、素朴な疑問が湧いた。 「ビザがあったとはいえ6000人の難民が誰の力も借りずに無事出国することが可能だろうか。 日本にもシンドラーのような人物が存在したのではないか」 彼は米国の友人の協力でユダヤ難民に関する文献を読み漁った。 コツジという日本人の名が時折出てくるが、詳細は不明。 コツジとは一体何者か。 興味本位で始めた調査だったが、偶然にも「予測」は正しかったようだ。 身が震えた。 「何とかして実像に迫りたい」 執念にも似た調査で、コツジが意外にも米国で自叙伝を出版していることがわかった。 書名は『フロム・トウキョウ・トゥ・エルサレム』。 日本のシンドラーは実在したのである。 「この人だ。 読むうちに、緊迫感で身が引き締まりました」 小辻節三は京都生まれ。 米国でヘブライ語を究め、満鉄顧問として渡満。 2万人のユダヤ難民と満鉄とのパイプ役を務めた。 この原体験が、後の難民救出へと繋がっていくのである。

次の

◇澤屋まつもと 災害支援酒 山田穂 純米大吟醸 720ml

山田 純 大

山田錦には「東条」「吉川(よかわ)」という 二大特A産地あり。 吉川地域は村米制度(兵庫県の山田錦において 古くから行われていた契約栽培制度)の中で、 最も販売価格が高く、特級産地として名高い。 まさにグランクリュの中のグランクリュ。 最高級の酒米で醸した一本は、 柔らかく上品な味わい、 繊細かつ、滑らかな余韻がたゆたう。 山田錦を語るなら、「グランクリュ」を飲むべし。 グランクリュを知らずして、山田錦を語るなかれ! 吉川の「貴」、お楽しみ下さい。 商品について 商品コード タイプ 純米大吟醸 製造元 発売期間 限定 保存方法 冷暗所 配送 普通便(夏場はクール便推奨) 実店舗でのポイント付与 対象 製造元 永山本家酒造場 酒蔵は山口県宇部市に位置し、酒造りに欠かせない良質の水は、秋吉台・秋芳洞カルスト大地を源流とする厚東川の地下からくみ上げたカルシウムなどのミネラルを含む「中硬水」。 この水が、造り出してきた辛口を特徴づけている。 一般的な日本酒づくりにおいて水は、軟水でミネラル分の少ないフラットなものが良いとされているが、一方で同じ醸造酒であるワインの世界では、葡萄を栽培する土壌の石灰質がワインにミネラル感を与える重要な要素。 世界に通用する醸造酒「SAKE」として普遍の価値をまとえるよう、酒蔵の土壌や風土を反映させた此処でしかできない個性を磨く。 混載も可) 化粧箱入りの商品につきましてはこの限りではありません。 クール便代(600円税別)は、個口単位で料金が発生します。 ご購入手続き中は、複数個口にまたがる商品数をご注文いただいても、1個口分の送料しか加算されません。 【受注確定メール】 2通目 を必ずご確認ください。 送料は、地域によって異なります。 料金は以下の表の通りです。

次の

鍋島 − 田島屋酒店

山田 純 大

厳選した酒米、南アルプスからの名水(軟水)、そして蔵人たちのハーモニーが生み出す磯自慢は、酒造りの原点となる原料処理(限定吸水洗米)に始まり、蒸し米を大切にする事により得た香り良い米を独自の麹作り、伝統酵母(静岡酵母・酢酸イソアミル系)の利用と複雑な酒造りの工程を経て、入魂の一滴となります。 私どもが醸す磯自慢は、白桃、マスクメロン、ラ・フランス、完熟バナナ、パッションフルーツの様な自然な香りが穏やかに溶け込み、酸が少ない中に奥深い味わいがあり、その味わいはお料理を包み込み、また洗い流して淡雪のように消えていきます。 それは、日本料理はもとより、フレンチ、イタリアン、また単体のチーズ各種や、トマト、デザートなどとのマリアージュがお楽しみいただけます。 商品毎に吟醸香、味わいの違いはございますが、いずれも「磯自慢」の基本を持ち備えていると自負しております。 なお、マリアージュの観点からいえば、お酒毎に合うお料理、食材にも若干の違いがあると思います。 磯自慢酒造のある静岡県の食材は、穏やかな気候と恵まれた自然環境により、山・陸・海と全てにおいて高い食文化を持っております。 伝統と最先端の技術の融合、そして革新から本質へ。 皆様に安心してお召し上がりいただけますよう、いつも『ここでもう一手間かけてあげよう』という愛情を持って醸し、そして、皆様にお飲みいただけるまで磯自慢品質を保てるよう、流通段階を含め低温貯蔵管理しております。 磯自慢酒造 蔵元敬白 ビンテージ VINTAGE• そのすべてが特別仕立て 清澄清楚にして凛とした存在感。 磯自慢の精髄を聚めた至高の1本。 洞爺湖サミットでの乾杯酒として知られる「磯自慢中取り純米大吟醸35」は、収量を度外視して造った磯自慢酒造最高峰の酒。 神秘的ともいえる吟醸香と、複雑で豊かな味わいを最高のバランスでお楽しみいただきます。 磯自慢唯一の熟成酒 adagio その名のごとくゆっくりと時をかけ、 最高のタイミングを見極める。 毎年の「磯自慢中取り純米大吟醸35」から少量を取り分け、冷蔵貯蔵でゆっくりと熟成させる。 ただ、蔵元がアダージョに相応しい熟成ではないと判断した場合は、その年の出荷を見合わせるという、蔵元のプライドともいえる酒。 「最高の大吟醸酒造りに挑戦」 Adagio、中取り純米大吟醸35に続く Premium大吟醸 兵庫県の特A地区、東条秋津の山田錦を手間暇を掛けて28%まで精白、この米を麹米・掛米ともに100%贅沢に使用しました。 約50日という時間をかけ丁寧に育てた醪を綺麗な酒袋に詰めて上槽、余分な圧をかけることなくゆっくりと搾ります。 この上槽作業の1時間前、白米1トンに対し65リットルの純アルコールを添加。 麹に潜む香気成分を引き出すことにより、フルーティさと透明感の増した仕上がりとしました。 まさにNobilmente(高貴な、上品な、気品のある)の名にふさわしい、磯自慢の新しい大吟醸、Sublime Transparency(崇高なる透明感)の誕生であります。 【大吟醸28ノビルメンテ】 酒米:特A地区東条秋津特上AAA山田錦100% 精米歩合:ALL28% 2016 G7サミット シェルパ会議乾杯酒 大吟醸 DAIGINJO• 東条秋津の「古家」「常田」「西戸」 最上のテロワールから生まれる酒を 新しい3種のブルーボトルへ。 仏ワインの格付けでいえば、グランクリュにあたる米の産地を特A地区と呼びます。 その特A地区内の田んぼまで指定し、その名を冠しました。 日本酒テロワールを語る時代に。 日本酒はその温度ごとに 「雪」「華」「涼」と美しい名を持つ。 それぞれが織りなす香りを楽しむ。 ぜひ、開封後の香味の変化をお楽しみいただきたいお酒。 開封したてのフレッシュな印象はもちろん、グラスに注いだ時間の経過とともに変化していく香味や、舌に感じる丸みの変化もお楽しみいただけるはずです。 磯自慢酒蔵が選び抜いた酒造好適米 播州特A地区吉川産の「愛山」。 希少な特A地区産の愛山を使用したグラッパボトルシリーズの最高峰・中取りグラッパブルーボトル。 重厚な味わいと香りでありながら、中取りならではの洗練されたキレと、爽やかなフレーバーをご堪能いただけるはず。 磯自慢酒蔵が選んだもう一つの品種 播州特A地区吉川産の「愛山」 米の持つ力を引き出した豊穣たる酒。 希少な特A地区産の愛山を使用したグラッパボトルシリーズは、重厚な味わいでありながら、キレの良さも併せ持つ愛山の特徴を最大限に引き出しました。 スマートなボトルデザインが、和・洋を問わずテーブルに映えます。 軽やかで優しい風にふと春を想う スマートで爽やかな季節を装う スプリング・ブリーズ 42 酒米産地の特A地区・東条秋津に隣接する少分谷の田圃。 その特上山田錦を42%まで磨き、自家保存の新酵母を使用。 グラスに注いでほんの暫く時間をおいてからお飲みいただくと、香りも味わいも華やかに開いて行きます。 私たちは常に不自然さを厭います。 それ以上でも、それ以下でもない、 自然由来の香味を素直に引き出す。 最も多くのお客様から御支持いただいている、磯自慢ラインナップの中核を担うお酒です。 魚介のお料理とのマリアージュ、あるいは食中酒として、磯自慢のスタイルや考え方を最も端的にお伝えできるお酒と思っています。 透明な水面に広がる美しい波紋が 幾重にも響きあうように。 そんな、 上品な華やかさを感じさせる酒。 その名の通り、軽快な飲み口の綺麗なお酒です。 味も香りも主張し過ぎず、酸も控えめな造り。 その清冽な水を思わせるのど越しの後に、磯自慢らしい華やかさを抑えた上品な果実香が薫ります。 食中酒としても最適です。 料理の邪魔をせず飲み飽きない。 ブレのないピンと筋の通った酒。 くどさのない爽やかな吟醸香に柔らかな甘み、そして、後口の良い酸味のキレ。 食中酒として必要な資質をすべて兼ね備えています。 爽やかでフレッシュな香りと酸味。 料理の和洋を問わない定番食中酒。 上品なフルーティな香りに、透明感のある甘さ、そして、優しい酸味という静岡型吟醸酒の特性をすべて兼ね備えたお酒です。 くどさのない自然な酒質ですので、飲み飽きせずにスイスイと杯が進んでしまいます。 いつもの気の置けない一本も、 磯自慢を選んでいただきたい。 お求めやすい普段飲みの酒、本醸造であっても、磯自慢品質をゆるがせにはいたしません。 普段飲みの酒だからこそ、手抜きのない入魂の酒を。 蔵人一同の思いです。 1回火入れのフレッシュな別撰。 新酒の時期限定の人気商品です。 磯自慢酒造では本醸造であっても、その酒造りの手間や手順は吟醸造りと同じです。 原料となる酒米も、兵庫特A米産地・東条産の特等山田錦を100%使用、麹米・掛米とも60%まで磨き上げています。 低温でゆっくり丁寧に仕込んだ、優しくフレッシュな香味。 地元で愛されるいつもの磯自慢。 主に静岡県内出荷の人気商品。 厳選した酒米を65%まで精白し麹米と三段仕込みの初添(1段目)・仲添(2段目)としながら、留添(3段目)には兵庫県産の山田錦を使用し、さらに酒質を高めています。 丁寧な低温醸造に由来する吟醸香が香る、爽やかな仕上がりをお楽しみください。

次の