荒野 行動 自 撮り やり方。 荒野行動実況ができる!あらが使っているYouTubeゲーム実況の必要機材まとめ!ライブも超簡単にできます。

「荒野行動」FPS視点にする意味とは?

荒野 行動 自 撮り やり方

スマホゲーム「荒野行動」は2018年5月9日、驚きの発表を行った。 それは今年8月にあの人気漫画『進撃の巨人』とコラボするというのだ。 さて、そんな荒野行動では プレイヤーが独自のルールを設けて、新しい遊び方を開発しているようだ。 今回はそのいくつかを紹介したいと思う。 すでに、ただのバトルロワイヤルではなくなっている。 ・基本は生き残り 荒野行動は、基本的に100人同時対戦の生き残りをかけたゲームである。 フィールドで武器を集め、遭遇する他のプレイヤーを倒していくこととなる。 1人で挑む「シングル」だけでなく、2人組で臨む「デュオ」。 そして4人チームの「スクワッド」、5人チーム「クインテット」などチームで生き残りをかけて戦うことも可能だ。 ・ルームで独自にルールを設定 これらとは別に「ルーム」がある。 ルームでは、ゲームタイプをシングル~クインテットから選択可能。 マップは新旧どちらかを選ぶことができる。 また武器や車両、補給物資や爆撃の頻度などを好きなように設定して遊ぶことのできる仕組みだ。 またゲームモードは 「標準」「50 vs 50決闘」「50 vs 50守護」の3タイプ用意されている。 ・3種のゲームモード 「標準」モードは、通常のゲームと同じく、生き残りをかけた戦いだ。 自分(もしくは自分のチーム)以外はすべて敵。 最後の1人になるまで戦いは続く。 「50 vs 50決闘」は参加する100人のプレイヤーが半分に分かれて、それぞれ紅組・青組に属することになる。 敵対する組をせん滅すれば勝利となる。 ルームにおいて 狙撃戦や攻防戦などに適している。 「50 vs 50守護」は100人のプレイヤーが攻撃(紅組)と防衛(青組)に分かれる。 決闘との大きな違いは、防衛側に「天選者」と呼ばれる最大5人の選抜メンバーがいることだ。 防衛側は攻撃側をせん滅すれば勝ち。 攻撃側は、この天選者を全員倒せば勝利となる。 防衛戦や籠城戦などで利用されているゲームモードだ。 これを踏まえて、独自の遊び方について紹介しよう。 ・攻防戦、狙撃戦(50 vs 50決闘モード) ルームでもっとも多く遊ばれているのが、紅青に分かれて戦う攻防戦・狙撃戦だ。 わりと見通しの良いフィールドで、南北に分かれて銃撃戦を繰り広げることが多く、旧マップ(激戦野原)のイースト橋で行われるケースが多い。 同じく旧マップのサウスタウン北にある、トンネルを好んで使用するプレイヤーはいる。 武器の選択によって、戦術は大きく変わる。 狙撃銃のみを使用する場合は、プレイヤーはお互い息をひそめ、敵方に気付かれないように射撃を行うことになる。 近接武器のみであれば、敵の不意をついて奇襲をかけることもある。 相手の陣営に車で突っ込む無謀な戦い方をするプレイヤーもめずらしくない。 指定された戦場からプレイヤーが逃亡して、決着がつかなくなることもしばしば。 ・籠城戦(50 vs 50守護モード) フィールドの特性をいかしてプレイされることが多いのが、籠城戦だ。 この戦いは守護モードが適している。 新マップのデパートや古城などに防衛側が立てこもり、攻撃側が攻略に挑む。 基本的には、天選者が指定された建物に入った段階で、戦いを始めるのがマナー。 しかし、天選者が目的の場所に辿り着く前に狙撃したり、防衛側が籠城する場所に攻撃側が潜伏したりしていると、ゲームは台無しになる。 好んでルールをぶち壊すプレイヤーは「荒らし」と呼ばれて、大変嫌がられる。 荒しはダメ、ぜったい! ・デパートでかくれんぼ、鬼ごっこ(50 vs 50決闘モード) 最近ルームで増えつつあるのが、変則ルールで遊ぶ「かくれんぼ」や「鬼ごっこ」。 決闘モードを使用して、人数を不均衡に分ける。 50人で鬼ごっこをする場合を例に紹介すると、青チーム(鬼)は10人程度。 残りの40人は紅チームになる。 武器を持てるのは青チームだけ。 紅チームは武器を持たずにただ逃げ回るのみ。 追いつかれたら青に倒されることになる。 大勢のプレイヤーがそこら中を走り回っている様子を見るのは、なかなか面白い。 ・少人数対多人数(50 vs 50決闘モード) 自意識過剰なプレイヤーがやりたがるハンディキャップ戦。 「俺 vs おまえら」みたいな感じで、自分以外全員を敵方に回るようにして繰り広げる、力自慢の戦い。 私(佐藤)のようにヘタなプレイヤーはただ力量の差を見せつけられるだけ。 あまり面白くない……。 ・素手で大乱闘(標準モード) これについては、特に説明するまでもない。 標準のシングルモードでただ殴り合うだけ。 武器はフィールドに一切ないので、 素手だけで戦うことになる。 私の経験したなかでもっともひどかった戦いは、旧マップパワープラント上での1戦。 円筒形の高い建物のうえに20人くらいのプレイヤーが集結。 建物から落ちたら即死する場所で、血みどろの戦いが行われた。 プレイ後の後味がとても悪かったと記憶している……。 ・サーキットでレース(標準モード) もっとも秀逸な遊び方と感じたのは、 サーキットでレース。 新マップ右側のサーキットに、バイクや車で集結して、不完全ながらもレースを行う。 武器は基本持たないことになっているのだが、拳銃だけを使用可能にして、ルームの主がレース開始の発砲(号砲)を行う。 残念ながらサーキットがとても狭いため、20人くらいプレイヤーが集まると、思うように走ることができないのだが、普段とは違う遊び方が出来るのでかなり楽しい。 同じように バイクで集結して、景色を楽しむ「ツーリング」も可能かもしれない。 ・PUBGモバイルリリースでどうなるか? まもなくPUBGのモバイル版が本当にリリースされるだろう。 そうなれば、やはりプレイヤーは荒野行動から離れていくのか? それとも8月の進撃の巨人コラボに向けて、新規ユーザーが増えていくのか? 荒野行動 vs PUBGの戦いは、さらに激化していきそうだ。

次の

30代男性が荒野行動でオフパコを3回した体験談とやり方

荒野 行動 自 撮り やり方

費用:約10万円 私は、このブログをやるためにMacbook Airを買ったのですが、YouTubeもやろうと思った時に少し心配でした。 しかし、普通に高画質の動画も撮れますし、ライブ(生放送)も問題なくすることができます。 今では、iPhoneでもそのまま生放送することができるようになっているみたいですが、チャンネル登録数30・端末の消費電力が大きくなる・画質問題・コメントを読む端末が必要になってくると思うので、PCは必要なのかなと思います。 PCを買うとなると、WindowsやMacbook pro・Airどれがいいのか。 みたいな話になってきますよね。 私は、とりあえず安いAirでいいと思います。 Airでも簡単な編集もできますし、動画投稿は普通にできます。 ゲームキャプチャーはElgato Game Capture HD S 費用:約2万円 マイクはパソコンに付いてる内蔵マイクでも良いみたいなのですが、 マイクを買ったほうが高クオリティな動画に仕上がります。 マイクを買う上で注意なのですが、USB端子のマイクを買わないとPCに挿しても意味ないので、イヤホンジャックのような端子は買っちゃダメです。 私が使っているのは、 Blue MicrophonesのSnowballです。 Snowballのマイクは、めちゃくちゃ音が良い!吐息とかも聞こえて、いろんな音域の音を拾えるので音割れが全然ありません。 Macの内蔵マイクだと、音割れもひどかったですし、こもった声になってしまうので、Snowballはおすすめです。 Snowballの低スペックモデルのICEというのもありますが、数千円で妥協して後悔するのが嫌なので、迷わず高スペックのを買いました。 AVアダブタ HDMI変換ケーブル 費用:約3000円 編集するときにマウスは絶対必要! なんせ、いろんなところクリックしたり、押しながらスクロールするので、指がつりそうになります。 そこで、 この ロジクール M590 サイレント マウスを買ったのですが、編集作業も楽々です。 サイレントマウスなので、夜中に作業しても親などにも迷惑がかからないので、めちゃくちゃおすすめです。 あと、お使いのUSBを挿す箇所が2つしかない場合は、絶対BLUETOOTH機能のマウスを買ってください。 なぜなら、USB接続だと、キャプチャーボードとマイクでUSBを使ってしまうので、生放送中にマウスが使えなくなってしまうからです。 ゲーム音を聞くためのイヤホン iPhoneの画面とゲーム音は、全てパソコンの方に映していますので、iPhoneからゲーム音は聞けません。 なので、パソコンから出ているゲーム音でプレイするのですが、イヤホンをしないとゲーム音をマイクが拾ってしまい、ハウリングを起こしてしまいます。 なので、イアホンをしないと無音でやることになります。 ですので、iPhone6sのイヤホンのような接続部分が丸いやつを買ってください。 平ぺったいやつではなく。 私は、iPhone6sを買った時に付属していたイヤホンを使っていますが、これはなんでも良いです。 最後に 以上紹介した7つでYouTubeで動画投稿、生放送(ライブ)が簡単にできます。 そのうち、1つ1つ詳しい記事も出していこうかなと思います。 何かわからない点があれば、私のやで質問してもらえれば答えますよ! チャンネル登録もよろしくお願いします!.

次の

【Wi

荒野 行動 自 撮り やり方

その中の一例は「荒野行動」(英語では「Knives Out」)という中国のゲーム会社網易に開発されたスマホゲームです。 PUBGと同じ、有名映画『バトル・ロワイアル』でお馴染みのルールで、孤島で他のプレイヤーと殺し合い、最後まで生き残れば勝ちとなります。 毎回のゲームが常に異なり、その面白さ故に、現在日本でもブレイク中です。 それで、荒野行動での素晴らしいパーフォーマンスを録画して、皆に見せたいと思うユーザーも多くいます。 Apowersoft Android録画アプリ Androidデバイスで荒野行動をプレイしている場合、Apowersoft Android録画アプリを使ってゲームプレイを録画できます。 このアプリは無料でスマホ画面をキャプチャーできます。 そのインターフェースが直感的で、オーバーレイアイコンでの録画操作も便利で簡単です。 録画の解像度、ビットレート、フレームレートなども調整できます。 その上、録画中、マイクの音声やフロントカメラの映像も加えます。 なので、自分のコメントや顔を録画に挿入することが可能で、チュートリアル動画の作成には最高に便利です。 下記のガイドに従って、Android荒野行動録画方法を試しましょう。 録画前• Googleプレイストアから「Apowersoft Android録画アプリ」を検索して、「インストール」ボタンをタップします。 お使いのデバイスにインストールされたら、アプリを起動してアプリ画面左上の「三」のようなアイコンをタップしてメニューパネルを開きます。 そこで、「設定」を選択します。 設定画面で動画や他の必要設定を調整します。 録画ボタンをワンクリックだけでアクセスできるように、オーバーレイアイコンをオンに切り替えます。 録画開始• Androidデバイスで荒野行動を起動して、プレイを始めます。 録画を開始するには、オーバーレイアイコンをタップして、表示されるボタンからビデオカメラボタンをタップすればいいです。 録画にこのアイコンを避けるにはオーバーレイアイコンをタップして、目のようなアイコンをタップすれば可能です。 録画終了 録画を終了したい場合、オーバーレイをタップして、停止ボタンをタップすれば、録画が終わり、保存されます。 録画確認 録画したファイルはスマホのデフォルトのビデオフォルダーに自動保存されます。 それを即座で確認したり、友達に共有したりすることができます。 このサードパーティのアプリケーションを使用すれば、iOSデバイスをWindowsやMac PCにミラーリングすることが可能です。 更に、このソフトには素晴らしい録画ツールも搭載されて、ミラーリングされたiPhone画面を音声付きでキャプチャーできます。 MP4、WMV、MOVなど様々な出力フォーマットが選択可能です。 最初に紹介したアプリと似ていて、このソフトもマイクを使って、ゲームに対する自分の解説や感想を録画に追加できます。 では、下記の説明を参考に、一緒に荒野行動を録画しましょう。 録画前• プログラムを立ち上げて、画面右上の「三」のようなアイコンをクリックします。 「オプション」を選択して、動画形式、画質などを設定します。 iPhoneの画面を下から上にスワイプして、コントロールセンターを開きます。 iOS 11のデバイスでは「画面ミラーリング」を、iOS 10とそれ以下のデバイスは「AirPlayミラーリング」をタップします。 表示されるデバイスリストから「Apowersoft」の付いたPC名を見つかりタップして、お使いのiPhoneをPCにミラーリングします。 録画開始• お使いのiPhone・iPadで荒野行動を起動して、ゲームプレイを開始します。 ソフト画面の左上の赤い録画ボタンをクリックすれば、iOSデバイス画面がキャプチャーされます。 録画終了 録画が終われば、赤い録画ボタンをクリックして録画を完成してください。 上記のアプリは荒野行動の録画にかなり実用的で、ゲームプレイを効率的にキャプチャーできます。 この二つのツールを使えば、簡単に荒野行動録画が可能で、より明確に自分の活躍ぶりと戦略を他の人にシェアできます。

次の