スパイダーマン 俳優。 初代スパイダーマン俳優も45歳に!トビー・マグワイアの現在(シネマトゥデイ)

スパイダーマンの俳優はなぜ変わった?歴代の役者やスーツもチェック!

スパイダーマン 俳優

サム・ライミ監督版『スパイダーマン』シリーズ(2002~2007)で主人公ピーター・パーカーを演じた俳優トビー・マグワイアが、本日6月27日に45歳の誕生日を迎えた。 ここでは、初代実写スパイダーマンとして人気を博したトビーの現在に迫る。 遺伝子を組み換えられたクモに噛まれ、スーパーヒーローとしての道を歩み始める等身大の高校生を体当たりで演じており、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たした。 その後も『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』と成長していくピーターを熱演したトビーは、現在まで続くアメコミブームの再燃に大きく貢献した。 ライミ版『スパイダーマン』シリーズ終了後も、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『華麗なるギャツビー』といった人気作に出演したトビー。 しかし近年は、プロデューサーとしての活動が目立っており、声優を務めたアニメーション映画『ボス・ベイビー』(2017)を除くと、『完全なるチェックメイト』(2015)以降、俳優としての出演作品がない。 トビーは俳優業を引退してしまったのか? 本人は、2019年に実施された The Hollywood Reporter のインタビューで、俳優業を引退したわけではないと明言しており、「自分のやりたいことをするのが天命だよ。 声をかけて貰えばいつでもやるし、きっとワクワクすると思うね」とオファーがあれば前向きに検討する姿勢を見せている。 プライベートでは、2016年に宝飾デザイナーのジェニファー・メイヤーさんと離婚。 二人の間には、13歳の娘ルビーちゃんと10歳の息子オーティスくんがいる。 独身生活を続けていたトビーだが、2018年に親友であるレオナルド・ディカプリオ主催のパーティーで18歳年下の美人モデル、タティアナ・ディエテマン(27)と知り合い交際に発展。 先月もアメリカ・ロサンゼルスで仲良く歩く姿が目撃されており、交際は順調とみられる。 監督は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルで、エマ・ストーン、ブラッド・ピットといった大物俳優が出演交渉に入っている。 正しくは18歳年下です。 お詫びして訂正致します。

次の

スパイダーマン映画に登場する歴代ヒロイン(MJ&グウェン)女優紹介!最も美しいのは?

スパイダーマン 俳優

4人兄弟の長男で、双子のサムとハリー、パディの2人の弟がいます。 また、愛犬はスタッフォードシャーブルテリアのテッサです。 幼い頃からダンスで才能を発揮、2008年にはミュージカル版「リトル・ダンサー」 『Billy Eliot the Musical 原題 』 への出演でイギリス国内で名を知られるようになりました。 その後、俳優としてキャリアをスタート。 『借りぐらしのアリエッティ』翔役の英国版吹き替えが映画での初仕事でした。 スパイダーマン役には、最終候補として彼のほかにはエイサ・バターフィールド 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』 、ジュダ・ルイス 『X-ミッション』 、マシュー・リンツ ドラマ『ウォーキング・デッド』 、チャーリー・プラマー 『ゲティ家の身代金』 、チャーリー・ロウ 『わたしを離さないで』 の名前が挙がっていました。 最終的にホランドが抜擢された理由として、ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループのトム・ロスマン会長は「スパイダーマン役についても、数多くの若く素晴らしい俳優がいたが、トムのスクリーン・テストだけは特別だった。 つまり、私たちは最高のスタートを切ったんだ」と語っています。 今となってはホランド以外のスパイダーマンは考えられないほどのハマり役ですね。 今回、スパイダーマンことピーター・パーカーは学校の友人たちとともにヨーロッパ旅行へ出発。 しかしその旅先にニック・フューリーが現れ、ヨーロッパ各地で発生している自然災害の原因を調べるよう言われてしまいます。 クエンティン・ベックことミステリオと呼ばれるヒーローと協力することになったスパイダーマンですが、一連の出来事の裏にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。 ミステリオ役でジェイク・ギレンホールが出演することでも話題を集めています。 2018年6月、シアトルで開催されたエース・コミコンに参加したトム・ホランド。 当時「スパイダーマン2 仮題 」とされていた単独2作目についてほかのキャストとともにパネルインタビューに登場しましたが、詳細は明かされませんでした。 その後、ホランドは自身のInstagramに動画を投稿しました。 そこで彼はこんなコメントをしています。 「コミコンで話すことがなくてごめんね。 『スパイダーマン2』については僕もなにも知らないんだ。 ちょっと困惑しているんだよね。 だって僕死んじゃったし。 でも次回作の台本をもらったよ!読むのが超たのしみ!」 この投稿でホランドが言った「僕死んじゃったし」というのは、「インフィニティ・ウォー」のネタバレ。 しかも台本をもらったとして彼が取り出したタブレットの画面には、次回作のタイトル『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の文字がはっきりと映っていました。 『スパイダーマン:ホームカミング』でピーターのクラスメートのひとり、ミッシェルを演じたゼンデイヤ。 ディズニー・チャンネルやニコロデオンのテレビシリーズに数多く出演し、ティーンから絶大な人気を誇る彼女とトム・ホランドは、交際しているのではないかと噂されています。 「ホームカミング」で共演した2人は、その後一緒に外出しているところを何度もパパラッチされています。 しかし双方ともに交際を否定し、「大親友なだけ」と説明しています。 もし、2人が付き合っているとしたらサム・ライミ版「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイアとキルスティン・ダンスト、「アメージング・スパイダーマン」シリーズのアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンに続いて、スパイダーマンとヒロインを演じた俳優同士が交際していることになりますね。

次の

スパイダーマンの俳優はなぜ変わった?歴代の役者やスーツもチェック!

スパイダーマン 俳優

C 2017 CTMG. All Rights Reserved. 15年で6本、しかし2回もスタッフ、キャストを刷新しての展開です。 なぜこんなに頻繁に変えるのか? 例えばが『』シリーズのウルヴァリン役を17年、が『アベンジャーズ』シリーズのアイアンマンを10年演じ続けていることを考えると変えすぎですよね。 [PR] 2. スパイダーマンは高校生だから… これはスパイダーマンというキャラの特性によるものなのです。 というのも10代の若者が主役という作品はほとんどなかったのです。 例えばバットマンの相棒ロビンとかスーパーマンのいとこスーパーガールとかはいたけれど、ティーンのヒーローというのはだいたい大人のヒーローの助手的な位置づけだったのです。 従ってスパイダーマンの物語というのは必然的に青春ドラマテイストになるわけですね。 スパイダーマンは普段は高校生! - C Marvel Studios 2017. C 2017 CTMG. All Rights Reserved. なので若者に演じさせた方がいいのです。 最初の『スパイダーマン』(2002)のトビー・マグワイアはさん、またアンドリューはさんと同い年です。 伊藤さん、二宮さんに10代の若者を演じさせるには無理がありますよね(笑)。 そして若者の悩みというのも時代とともに変化します。 例えばトビー版ピーターは典型的ないじめられっ子で、ジャイアンみたいなクラスメイトであるフラッシュ()のかっこうの餌食ですが、トムホ版ピーターは、どちらかというとスネオみたいなジャイアンにネチネチ、いじられています。 アンドリュー版ピーターはおそらく3人の中では一番美男子ですが、顔がいいからって悩みがないわけではない。 アンドリューがFacebook創設者マーク・ザッカーバーグらを描いた『』(2010)に出ていたのが象徴的で、勝ち組っぽい若者たちにも悩みがあるのです。 [PR] 3. 時代に合った若者像 恋人との関係も三者三様で、トビー版はヒロインに対しずっと片思い状態で昔ながらのすれ違いラブストーリーです。 一方、アンドリュー版はヒロインが主人公をサポート。 対等な男女関係を見せてくれます。 そしてトムホ版ではダイバーシティー(多様性)を意識してか、ピーターの恋する相手は黒人の女の子です。 ピーターの恋人は時代と共に変化する!? - C Marvel Studios 2017. C 2017 CTMG. All Rights Reserved. この定義は変えず、時代時代に合った若者像を反映させていく必要があるので役者や設定を頻繁に変えているのです。 なおトムホ版とトビー版、アンドリュー版の一番大きな違いは、スパイダーマン以外にもヒーローがいる世界かどうか? ということです。 トムホ版は、大人のヒーローたちがいる世界の中で早く認められたい、一人前になりたいとあがいています。 逆に言えば、他のヒーローにはない若者目線をスパイダーマンは持っているのです。 アベンジャーズを核とするマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)がなぜトムホ版スパイダーマンを必要としたのか? それは10代の観客を獲得していくための水先案内人としての役割を期待しているのでしょう。 では、この先、トムホ版スパイダーマンはどうなっていくのか? 次回はそのあたりを考察してみましょう。 [PR] 杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)プロフィール アメキャラ系ライターの肩書でアメコミ映画についての情報をさまざまなメディア、劇場パンフレット、東京コミコン等のイベントで発信。 現在「スクリーン」「ヤングアニマル嵐」でアメコミ映画の連載あり。 サンディエゴ・コミコンも毎年参加している。 来日したエマ・ストーンに「あなた(日本の)スパイダーマンね」と言われたことが自慢。

次の