シナール 副作用。 シナール(ビタミンC)の美白効果でシミ、紫外線(日焼け)対策

【JIRO備忘録】シナールイクシプレミアムの口コミ・成分・副作用~美白効果はあるのか?

シナール 副作用

1.シナールの特徴 まずはシナールの特徴についてみてみましょう。 シナールの主成分は「アスコルビン酸(ビタミンC)」であり、それに少量の「パントテン酸(ビタミンB5 」も含まれています。 シナールはビタミンCとビタミンB5を配合しているビタミン剤なのです。 配合されている量としては圧倒的にビタミンCが多く、シナール配合錠1錠中(=シナール配合顆粒1g中)に、 ビタミンC(アスコルビン酸) 200mg ビタミンB5(パントテン酸) 3mg が含まれています。 ビタミンCの1日必要量は成人で約100mg、ビタミンB5の1日必要量は成人で約5mgほどですので、シナールを服用することで必要量はおおむねまかなえることが分かります。 ビタミンCは肌の色素沈着を抑える作用がある他、コラーゲンの生成を促進することで全身の臓器・器官を丈夫にしてくれます。 また、抗酸化作用によって免疫力や抵抗力を高めてくれます。 ビタミン不足によってこれらの症状が生じている場合には、シナールが症状を改善してくれる可能性があります。 元々これらのビタミンは食品に含まれているものであるため、副作用はほとんどありません。 また水溶性ビタミンであるビタミンB5,Cは、大量に服薬しても身体に蓄積することなく、尿から過剰分は全て排泄されていきますので安全性の高いお薬となります。 以上から、シナールの特徴として次のようなことが挙げられます。 【シナールの特徴】 ・ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンB5(パントテン酸)からなる ・肌の色素沈着を改善する作用がある ・コラーゲンの生成を促進し、組織を丈夫にする ・抗酸化作用によって細胞を保護し、免疫力・抵抗力を高める ・脂質・糖質の代謝を促進する作用がある ・腸管の動きを良くする作用がある ・副作用はほとんどなく、安全性に優れる スポンサーリンク 2.シナールはどんな疾患に用いるのか シナールはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 シナールの添付文書には次のように記載されています。 【効能又は効果】 本剤に含まれるビタミン類(ビタミンC、B5)の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦等)、炎症後の色素沈着。 なお、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。 かなり難しく書かれていますね。 実際はもっと単純で、「ビタミンC及びB5が足りていない時」に用いられます。 まずビタミンC(アスコルビン酸)やビタミンB5(パントテン酸)は、普通に食事を取っていれば十分に摂取できるビタミンだという前提があります。 そのためシナールは、十分なビタミンを食事から摂取できている方には不要のお薬です。 シナールは水溶性ビタミンからなるため、大量に摂取しても過剰な分は尿からそのまま排泄されてしまいます。 取れば取るほど良いというものではないのです。 シナールを使うのは、「普通に食事を取れていない時」あるいは「普通に食事をとっていてもビタミンC・ビタミンB5が急速に減少するような状態の時」に限られます。 具体的には、ビタミンなどが多く消耗されてしまうような炎症性疾患であったり、必要なエネルギーが増大する妊産婦の方などが挙げられます。 普通に食事をしていて十分量のビタミンC・B5を摂取できている人が、 「肌をきれいにしたい!」 「骨や血管を丈夫にしたい!」 という目的で服薬してもあまり効果は得られません。 あくまでも「ビタミンが足りなくて」諸症状を来たしている方のみが使うべきお薬なのです。 3.シナールの作用機序 シナールにはどのような作用があるのでしょうか。 シナールはビタミンCと少量のビタミンB5から成るお薬です。 ビタミンの作用というのは多岐に渡るため、ここでその全てを紹介すると大変難しい説明になってしまいます。 そのため、ここではシナールの代表的な作用を紹介させていただきます。 そのためシミや黒ずみなどの色素沈着を認める皮膚をキレイにする作用が期待できます。 ちなみに「シナール」という名称は、このお薬を服用することで「肌が白くなる」という言葉が由来となっています。 コラーゲンは、血管・皮膚・腱や骨といった身体の多くの組織・器官に存在する結合組織であり、これらの器官を丈夫にするために役立ちます。 ビタミンCが欠乏して生じる病気に「壊血病」があります。 これは近年では滅多に見ることはなくなりましたが、昔の船乗りによく見られる病気として知られていました。 船乗りは長期間船上で過ごすため食生活が不規則になりビタミンC摂取ができなくなるためです。 壊血病はその名の通り、出血しやすくなる疾患です。 ビタミンC不足によって皮膚や血管、血球の構造を丈夫にするために必要なコラーゲンが作れなくなり、これらの組織・器官がもろくなるために生じます。 ビタミンCは活性酸素を除去して細胞を保護してくれるのです。 活性酸素によって血管や身体の諸臓器が傷つくことを防ぎ、動脈硬化や心疾患の予防、老化の予防にもつながります。 ちなみに活性酸素は喫煙やストレスなどによって産生されやすくなります。 また、ビタミンB5も副交感神経からアセチルコリンという物質が分泌させるはたらきがあり(コリン作用)、これによって腸管の動きを活性化するはたらきがあります。 これらのビタミン不足によって腸管の動きが悪くなり、便秘が生じている場合はシナールで便秘の改善が期待できます。 スポンサーリンク 4.シナールの副作用 シナールはビタミン剤になり、ビタミンというのは本来食べ物などに含まれている成分になります。 ビタミンC(アスコルビン酸)は、レモンやグレープフルーツといった柑橘系や野菜に多く含まれているのは有名です。 またビタミンB5(パントテン酸)も多くの食材に含まれているビタミンになります。 そのため、これらを配合されたシナールは安全性が非常に高く、副作用をほとんど認めないお薬になります。 副作用としては、ほとんどが胃腸系の副作用であり、• 胃部不快感• 悪心・嘔吐 などの報告があります。 これはシナールに含まれるビタミンCに下剤としての作用があることと、ビタミンB5が腸管も運動を活発にする作用を持つためだと考えられています。 ビタミンCもビタミンB5も水溶性ビタミンであるため、過剰に服薬しても尿中に排泄されるため過剰服薬によって重篤な副作用を生じることもまずありません。 ちなみに副作用ではないのですが、シナールを服用中の患者さんが注意することとして、「 尿検査において各種検査値が偽陰性になることがある」ことが挙げられます。 これはシナールに含まれるビタミンCの作用によるものです。 偽陰性というのは、本当は「異常あり」なのに、「異常なし」と検査結果が出てしまうことです。 具体的には尿糖を偽陰性にしてしまったり、尿試験紙法において潜血・ビリルビン・亜硝酸塩を偽陰性にしてしまう可能性があります。 また、便潜血検査も偽陰性にしてしまう可能性があります。 そのためシナールを服薬中の方が尿検査や便検査を受ける場合、事前に主治医に相談する必要があります。 5.シナールの用法・用量と剤形 シナールは、 シナール配合錠 シナール配合顆粒 1g の2剤形があります。 シナール配合錠の1錠と、シナール配合顆粒の1gが同等の成分になり、 ・アスコルビン酸(ビタミンC) 200mg ・パントテン酸(ビタミンB5) 3mg を含んでいます。 またシナールの用法・用量は次のようになります。 通常成人には1日1~3錠又は1~3gを1日1~3回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 シナールは食品にも多く含まれるビタミンが主成分であり、その飲み方も厳密に決まってはおらず、ある程度幅を持たせた服薬法となっています。 6.シナールが向いている人は? 以上から考えて、シナールが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 シナールの特徴をおさらいすると、 ・ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンB5(パントテン酸)からなる ・肌の色素沈着を改善する作用がある ・コラーゲンの生成を促進し、組織を丈夫にする ・抗酸化作用によって細胞を保護し、免疫力・抵抗力を高める ・脂質・糖質の代謝を促進する作用がある ・腸管の動きを良くする作用がある ・副作用はほとんどなく、安全性に優れる というものがありました。 誤解してはいけないのが、シナールはそもそも食事から必要なビタミンを十分に摂取できている人には不要なお薬です。 十分なビタミンC・ビタミンB5が食事で補えているのに、「もっと肌をきれいにしたい!」「抗酸化作用で老化を防ぎたい!」と大量にシナールを服薬してもあまり意味はありません。 摂取された余分なビタミンC・B5は尿からそのまま排泄されてしまうだけです。 十分なビタミンC・B5が摂取できていなかったり、ビタミンの消耗が通常より激しいと予測されるような状態において、色素沈着を認めたり、コラーゲンが弱まっている所見があったり、免疫力が低下していたりという時は、シナールを使うことで改善が得られる可能性があります。 カテゴリー• 247•

次の

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

シナール 副作用

シナール配合錠は塩野義製薬株式会社から1995年に製造販売され始めたビタミン剤です。 薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科で処方してもらい使用することができます。 主に皮膚科では、 シミや色素沈着、皮膚の炎症そしてニキビ跡に対して処方されます。 顆粒状のタイプと錠剤タイプの2種類がありますが、錠剤タイプの方がよく処方されます。 錠剤タイプのシナールの薬価は 1錠あたり6.20円となっています。 ここではシナール配合錠のニキビ、ニキビ跡への効果と副作用、飲み方についてお伝えしたいと思います。 またここだけの話ですがシナール配合錠と同じ効果を持つ市販薬があるのでそちらもご紹介したいと思います。 シナール配合錠のニキビへの効果について シナール配合錠がニキビに効果的とされるのは パントテン酸(ビタミンB5)、アスコルビン酸(ビタミンC)のふたつの有効成分が配合されているからとされます。 パントテン酸の効果 パントテン酸はビタミンB5の一種であり、体に摂取されることによって、皮膚の代謝を正常にする働きを持っています。 特に皮脂分泌が不足して乾燥している場合には皮脂の分泌を促し、皮脂が過剰に分泌されていれば、それを押さえおでこのニキビや鼻ニキビなどを予防する効果があるとされます。 またパントテン酸が不足してしまうと疲れやすくなり、そのサインとして肌荒れや口周り、顎周りのニキビができてしまうので、シナール配合錠を服用することで、それらのニキビを改善させる効果が得られます。 そしてシナール配合錠には1錠あたり、 パントテン酸が3mg含まれているとされます。 パントテン酸は1日男性は6mg、女性であれば5mgとされています。 またパントテン酸を含んだ食品として挙げられるのは レバー、卵黄、たらこ、納豆などに含まれます。 そしてこれらの食品をひとつでも200g食べれば6mgを摂取することは可能です。 ただし以上のように食品から毎日しっかりとパントテン酸を摂取するのは難しいとされるので補助的にシナール配合錠を服用することで1日の摂取目安量を下回ることはなくなります。 アスコルビン酸の効果 アスコルビン酸はビタミンCの一種で、肌に対しては3つの作用を持っています。 ひとつはメラニン色素の形成を阻害する作用を持っています。 この作用によりニキビ跡が色素沈着化するのを防ぐことができます。 また色素沈着だけでなく シミやそばかす、くすみに対しても効果があるとされます。 そしてふたつ目は高い抗酸化作用を持っています。 特に血中の活性酸素を取り除く働きを持っています。 水素水が活性酸素を除去すると大々的に取り上げられましたが、水素水でなくともアスコルビン酸で除去できてしまいます。 活性酸素は毛細血管を通して、皮膚の炎症を引き起こしてしまうため、シナール配合錠によって ニキビ跡の赤みを鎮静させる働きを持っています。 また活性酸素を除去することによって血流が促進されるようになり、肌のターンオーバーが活性化されるためニキビ跡を改善させる効果も持っています。 そして3つ目が腸内環境の改善です。 アスコルビン酸を摂取することによって血中の 善玉菌コレステロールを増やす働きがあり、老廃物の排出機能が向上します。 また大腸内の善玉菌のエサにもなるため腸内環境を整えることができます。 またパントテン酸を摂取することで副交感神経から アセチルコリンという物質の分泌を促すことで腸が活発になり、便秘解消にも効果的とされます。 これにより腸内環境の乱れによって起きやすい顎ニキビ、口周りのニキビを治すことが可能となります。 その他にもアスコルビン酸はコラーゲンの生成を促す働きを持っているため、皮膚の再生を促すことによってクレーターニキビも改善させることができます。 ちなみにシナール配合錠の1錠あたりに含まれるアスコルビン酸は200mgとされ、1日に必要とされる量が100mgなのでしっかりとシナール配合錠だけで補うことができます。 以上のようにシナール配合錠はニキビに対して効果が得られるとされます。 シナール配合錠のニキビへの効き目 シナール配合錠はニキビに対してどれくらいで効いてくるのかというと ・口周り、顎周りのぽつぽつニキビであれば 1~2週間ほどで効いていきます。 オイリー肌など肌質じたいも同時期に改善されていきます。 ・赤ニキビやニキビ跡の炎症の場合には 2~3週間ほどで改善されていきます。 ・そしてニキビ跡の場合には肌のターンオーバーが促される 約28日前後となります。 ・クレーターニキビの場合にはコラーゲンが生成されるのに 1~2ヶ月ほどかかります。 以上のようにシナール配合錠はニキビに対して効いていきます。 ただ白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビには効果がないので、市販の薬を塗って対応するようにしましょう。 シナール配合錠の副作用について シナール配合錠は医薬品なのですが、基本的に安全性が高い錠剤となっています。 基本的に食べ物に含まれる栄養素を摂取しているということになります。 またパントテン酸とアスコルビン酸はどちらも水溶性ビタミンなので過剰に摂取したとしても尿と一緒に排出されるため体に蓄積されることがないからなのです。 ただし全く副作用が起きないというわけではなく、稀にですが 下痢、軟便、胃部不快感、吐き気・嘔吐などの症状が起こる場合があるので注意してください。 もしこれらの症状が出た場合には数日は服用し続けてみて、それでも副作用が起こる場合には服用を控えるようにしましょう。 ただし副作用の報告例は非常に少なく、妊婦さんでも服用できるので心配はいらないでしょう。 シナール配合錠でニキビを治すための飲み方 ニキビ治療のためにシナール配合錠を服用する場合の飲み方についてです。 それでも何も効果がなければ服用は控えるようにしましょう。 以上がシナール配合錠のニキビへの飲み方となります。 症状によって飲み方は変わりますが1日1回1錠が基本的な飲み方となります。 シナール配合錠と同じ効き目の市販薬 シナール配合錠は市販されていないのですが同じ効き目のある市販薬があり、そちらを飲むことによって、シナール配合錠と同じ効果が得られます。 その市販薬というのは ハイチオールBです。 会社:小林製薬 値段:10日分で802円 成分:パントテン酸カルシウム(1日分で8mg)、アスコルビン酸(1日分で100mg)、ビタミンB2、B6 用法用量:1日2回朝と夜に2錠ずつ服用する ハイチオールBは元々、ニキビ、肌荒れ用の市販の飲み薬であり、シナール配合錠と同じ成分が配合されています。 またそれに加えてハイチオールBはビタミンB2、ビタミンB6も含まれています。 皮膚科を受診せずともハイチオールBを摂取することでシナール配合錠と同じ効果が得られます。 ニキビ以外にも 肌荒れやシミ、美白効果もあるので女性に大変人気があるので是非ためしみてください。 ただし原因がビタミン不足でない場合には効果がないとされます。 そのためまだ皮膚科を受診していないのであれば一度皮膚科を受診するのがよいでしょう。 ということでシナール配合錠のニキビへの効果と副作用、飲み方についてでした。

次の

【シナール配合錠・顆粒】って?効果効能・副作用を紹介!

シナール 副作用

肝斑などのシミ治療ではトラネキサム酸(トランサミン)とのセット処方がよく見られます。 トラネキサム酸にメラニン生成抑制作用があるため、シナールとセットで服用することで、美白相乗効果が期待されます。 トラネキサム酸についてはこちらの記事で解説しています。 合わせてご覧ください。 抗酸化作用 抗酸化作用を持つことにより、酸化ストレス(酸素によって細胞が傷つけられること)を軽減します。 酸化よって体の細胞が傷つけられるのを防ぎ、 細胞の老化を防ぐ働きがあります。 コラーゲンの生成 コラーゲンはタンパク質の一種です。 コラーゲンは細胞同士を結びつけたり支えたりする働きを持ち、特に肌に多く含まれており、肌の健康を保つのに必須のタンパク質です。 コラーゲンが不足すると、肌のバリア能力が失われ、 ニキビや肌荒れの原因になります。 ビタミンCはコラーゲンを合成するために必須のビタミンです。 その他の効果 他にも…• 皮脂の分泌を抑制してニキビになりにくい肌に• 免疫力を上げる• アレルギー反応を起こしにくくする など、様々な効果があります。 パントテン酸(ビタミンB5)のはたらき パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれます。 パントテン酸にはビタミンCと一緒に体に入ることで、ビタミンCのはたらきを助ける効果があります。 そのため、 シナールにはビタミンCが効率的に働くことができるように、パントテン酸が配合されています。 ビタミンCのはたらきを補助 美肌ビタミンであるビタミンCの働きを助けることで相乗効果が期待できます。 肌のターンオーバーを促進 肌細胞の生まれ変わりを助けることでターンオーバーを促します。 また、肌のバリア能力も強化するため、外的刺激や乾燥に強くなります。 バリア能により肌の潤いを保ちます。 代謝を活性化 肌をはじめ、体の様々な組織が正常に働けるようにします。 代謝は体の細胞にとって重要な働きです。 他にも様々の効果があります。 シナールの飲み方 用法用量 1回1〜3錠または1〜3gを1日1〜3回服用します。 ビタミンCは水溶性ビタミン(体に止まりにくい性質のビタミン)であるため、体内に長時間留まりません。 そのため、できるだけ服用タイミングを分散させて 一日の中でまんべんなく服用するのが理想的です。 一気にたくさん飲むといいわけではありません。 皮膚の状態や年齢などによって用法用量は変わる場合があります。 必ず医師や薬剤師の指示に従って服用して下さい。 飲み忘れたときは もし飲み忘れに気がついたときは、その時点で1回分を服用して下さい。 シナールはビタミンCのお薬であるため過剰に摂取しても尿として体から排泄されます。 そのため、服用タイミングが多少接近していても大丈夫です。 次の服用時間がかなり近い場合は服用せずに1回分をスキップすることもできます。 飲むタイミングに迷った時はかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。 飲み合わせ シナールは飲み合わせに注意するお薬は特にはありません。 しかし、ほかのビタミンCなどのサプリメントを摂取すると、過剰摂取になる可能性もあります。 シナールと一緒にサプリメントを併用する場合は、薬剤師に相談されることをおすすめします。 飲み合わせを確認してもらうことができます。 お薬手帳のお得な活用法やメリットについて解説しています。 合わせてご覧ください。 服用できない方 ビタミンCもパントテン酸も体に必要なビタミン類であるため、基本的に服用できない方はいません。 妊婦さんや授乳婦さんも栄養補給として服用することがあります。 副作用 ビタミンCには腸の蠕動運動(食べ物などを運ぶための運動を)を活性化させる働きがあります(便秘を解消してくれるイメージです)。 しかし、その蠕動運動も活発になりすぎると下痢の症状などが出ます。 そのため、シナールを過剰摂取すると、副作用として、消化器系の症状が出ることがあります。 ごく稀にですが、副作用として以下のような症状が出ることがあります。 スキンケアでは 保湿が最も重要といっても過言ではありません。 保湿剤は薬局やドラッグストアでも購入できます 薬局などで買える保湿剤にHPクリームなどがあります。 HPクリームは有効成分としてヘパリン類似物質を含みます。 ヘパリン類似物質を0. 3%含むため、有効成分の濃度はヒルドイドと同じ量含まれています。 よって、HPクリームはヒルドイドやビーソフテンとして知られている医療用の保湿剤の一般用医薬品版という位置付けと言えます。 一般用医薬品は医師の処方箋が必要なく、保険も使用しないので、薬局やドラッグストアで必要な時に、必要な分だけ、自由な量を購入することができるのが特徴です。 現在、保湿剤の適正使用が問題となっています。 病院からの大量の保湿剤の処方が問題視されており、今後、場合によっては保湿剤の処方が制限されたりする可能性も考えられます。

次の