ザシアンv デッキ。 【ポケカ】ザシアンVの買取価格を10社徹底比較

【ポケカ】三神ザシアン優勝デッキレシピまとめ

ザシアンv デッキ

スピードザシアン、コンボザシアンデッキの特徴 名前の通り、エネルギー加速を用いて《ザシアンV》で230ダメージで相手に負荷をあたえてサイドをとりきるデッキです。 名前は、人によっては、コンボザシアンもスピードザシアンと呼んでいたりと統一はされてないという認識です。 エネルギー加速手段 スピードザシアン、コンボザシアンのデッキには主に下記のエネルギー加速手段を使用し《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」をより早く起動できるようにしています。 ・《メタルソーサー》 メインのエネルギー加速カード、このカードがあるおかげで何もエネルギーがついてない《ザシアンV》がそのターンで3エネ準備できる性能があります。 ・《ザシアンV》 特性「ふとうのつるぎ」で3枚ドロー、ドローしたカードに《基本鋼エネルギー》があればそのままエネルギー加速できます。 事前に《ヤレユータン》の「さるぢえ」で《基本鋼エネルギー》を山札の1番に仕込んでいると確実に1枚はエネルギー加速できます。 この効果を1番有効に使えるタイミングは、先行1ターン目(特性を使用するとターンが強制終了してしまうため)なので先行・後攻の選択は明確な理由がない限りは 先行を選択しましょう。 さらに上振れすると強力すぎますね。 ・《ターボパッチ》 メインのエネルギー加速手段である《メタルソーサー》の仕様上、トラッシュに《基本鋼エネルギー》を落とすことも多いためこの《ターボパッチ》も相性がよいです。 現状、採用しているデッキは多くはありませんがバトル場のポケモンに対してもエネルギー加速できる点が非常に強くコイン判定とはいえスピードザシアン、コンボザシアンと相性がよいカードと思います。 コンボの仕組み 以前、当ブログで《ヤレユータン》の「さるぢえ」の特集記事でも紹介しているコンボとなります。 連続ブレイブキャリバー 「ブレイブキャリバー」は前の番にワザを使っていると次のターン使用できないデメリットが発生します。 ポケモンカードゲームはベンチ、手札にカードが戻れば前の番、「ブレイブキャリバー」を使ったという情報もクリアされるため連続で「ブレイブキャリバーを使うことができます。 ザシアンVと相性のよいポケモンのどうぐ 《ザシアンV》につけるとより効果が期待できるポケモンの道具 ・《鋼鉄のフライパン》 《ザシアンV》に1番つけられることが多いどうぐ。 -30ダメージ軽減に加え、 弱点をカバーしてくれるところがかなり強力。 炎デッキが環境に入る限り1番優先度が高いカードと思います。 その他対応方法としては、《ウィークガードエネルギー》が存在しますが《ザシアンV》は無色でよいエネルギーがないため《ザシアンV》の動きが弱くなると思います。 ・《タフネスマント》 サイド2枚しかとられないHP270の《ザシアンV》が爆誕する。 単純に強いです。 ・《メタルコアバリア》 1ターンしか使用できないですが《ザシアンV》の行動回数を増やしてくれます。 同じように1ターンしか使用できない点で《ジャイアントボム》もありますがこちらはより攻撃的なカードと考えます。 ・《メタルゴーグル》 相手のワザや特性の効果によるダメカンをのせるを受け付けないどうぐです。 ムゲンダイナVMAXデッキが環境に現れたため一気に数を減らした《ドラパルトVMAX》このカードが増えてくると《鋼鉄のフライパン》との選択となると思います。 現にPTCGO(ムゲンダイナVMAX実装なし)環境ですと《メタルゴーグル》を使用しているケースが多いです。 スピード(コンボ)ザシアンV:ムゲンゾーン環境 優勝:コンボザシアンデッキ.

次の

ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》+《ザマゼンタV》】

ザシアンv デッキ

ドワータです。 今回はムゲンゾーン環境のザシアンVデッキをご紹介します。 誰かの何かの参考になれば幸いです。 デッキレシピ・コンセプト kFFVFk-55aKG1-wkbFF1 ザシアンVメインのデッキです。 「エール団のしたっぱ」を入れることでムゲンダイナVmax、三神ザシアンなどの行動を少しでも遅くして戦うことをイメージしています。 戦い方・プレイング 先行からの 「ふとうのつるぎ」が理想です。 先行1ターン目で運良くエネを2枚つけることができれば、先行2ターン目で進化前のVポケモンを倒すチャンスもあります。 後攻時の場合、後1から攻撃することは基本困難のため、 「エール団のしたっぱ」を使って相手の先2で思うように攻撃させないようにします。 採用・不採用カード 特徴あるカード及び枚数を説明します。 「エール団のしたっぱ」と組み合わせることで1ターンに2枚剥がすことも可能。 ただし、Vmaxに進化させないことや、ジュナイパーの登場により、攻撃できる非V・GXのポケモンを入れているデッキも多いことから絶対的な強みはなく採用枚数は1枚。 1エネで30出せるところも地味に重要。 ヤレユータン、ミュウツー、回収ネットを組み合わせることで連打も可能。 ムゲンゾーン環境前はメタルコアバリアを2枚入れていましたが、メタルコアバリアでもムゲンダイナVmaxの一撃に耐えられないことがあるのと、イベルタルGXのデスカウントGXでザマゼンタVが倒されないようにするために採用。 以降は不採用カードです。 終わりに 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ザシアンVが初めて出た時は1枚二千円近い相場で財布の中身が寂しくなりました。 いまは値段も大分下がってお手頃価格が購入できます。 また次回の記事でお会いしましょう。 ドワータ.

次の

【ポケカ】ザシアンVデッキの紹介(ムゲンゾーン環境)|ドワータ|note

ザシアンv デッキ

追加効果を水エネルギーと鋼エネルギーの合計2エネで使えるため手張り+エネルギー加速1回でワザを使うことができます。 効果は、常時ワザのダメージ+30されつつワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合は、 追加でサイドを1枚多くとることができます。 特に後ろのサイド1枚追加が非常に強く、最速で2回の攻撃で試合が終了してしまいます。 (《ボスの司令》などをあわせて強引に最速のサイドプランをおしつけていくスタイルです。 後攻も同様で後攻1ターン目から「オルタージェネシスGX」を狙っていくのが主流となります。 エネルギー加速手段 「オルタージェネシスGX」の追加効果を先攻2ターン目、後攻1ターン目の最速で使用できるようにエネルギーサーチ、エネルギー加速手段を採用しています。 エネルギースピナー+メタルソーサー+エネルギーつけかえ 《レックウザGX》の「しっぷどとう」でトラッシュにある基本エネルギーを《レックウザGX》につけます。 こちらも《エネルギーつけかえ》は必要ですがこのコンボは、《基本水エネルギー》も供給可能という点です。 最近は、後攻1ターン目での「オルタージェネシスGX」起動が勝敗を分けるシーンも多く採用率があがってきたカードとなります。 Bレギュ落ち後も強い Bマークのレギュレーション落ちが囁かれてますが三神ザシアンの主要パーツはほとんど影響がなく当面は勢力を維持して戦うことが可能なので今から始める方もながくデッキとつきあっていくことが可能です。 三神ザシアンデッキ:爆炎ウォーカー環境 優勝:三神ザシアンV(ジラーチ)デッキ.

次の