イン トゥーザ ブルー 2。 スマートフォンケース 《イン・ザ・ループ》 トゥー・ゴー GM ヴェルソ

イントゥ・ザ・ワイルド〜アラスカの荒野に消えた青年が孤独な旅で綴り続けた心の言葉|TAP the SCENE|TAP the POP

イン トゥーザ ブルー 2

1992年、夏。 アメリカの最北部アラスカ州の荒野。 捨てられた古いバスの中で一人の若者の遺体がヘラジカのハンターによって発見された。 名前はクリストファー・マッカンドレス 以下クリス 、年齢24歳。 クリスは東海岸の裕福な家庭で育ち、南部のエモリー大学を優秀な成績で卒業。 その直後、2万4千ドルの貯金を全額慈善団体に寄付し、1990年のある日突然旅に出た。 名前を変えて2年間の放浪の末に遺体が発見されるまで、両親や妹は彼が何処にいるのかもまったく知らされることはなかった。 クリスがなぜ旅に出たのか? なぜ死んだのか?という謎は全米の二ュースになり、ノンフィクション作家のジョン・クラカワーが追跡取材を重ねて1995年に発表した『荒野へ』は大きな反響を呼んだ。 印税の20%はクリス名義の奨学資金に寄付された。 俳優であり監督でもあるショーン・ペンは、LAの書店で『荒野へ』をたまたま見かけて、雪で埋まるバスの表紙写真を見て心を捉えられたという。 ショーンはその夜、むさぼるようにこの本を読んだ。 そして映画化の権利獲得に情熱を傾け、心の傷が残ったままの遺族の了承を得ることができた。 脚本の原案を書くためにテーブルに向かった時、初めて本を読んだときから10年の歳月が経っていたけど、再び読み返すことはしなかったよ。 自分の中に宿っていることをただ書き下ろすだけでよかった。 彼は品位を崩すことなく、厳しい試練と孤独に耐え続けるクリスの姿と心を描き切った。 発見された実際のバスは両親とクリスに敬意を表して撮影には使わず、再現したものを使用した。 主演したエミール・ハーシュは、アラスカで飢餓に苦しんだクリスの役作りのために、18キロも減量した。 最終的には52キロまで落ちたという。 クリスはたくさんの困難を経験し、これらの冒険を通じて様々な感情に正面から立ち向かおうとしたんだと思う。 彼は果てしなく興味深い人物だ。 だからこの役にのめり込みたいと思った。 それはとても名誉なことだった。 撮影は『』のエリック・ゴーティエで、クリスが辿った大自然の映像がうっとりするほど美しい。 音楽はパール・ジャムのエディ・ヴェダーが担当。 アコースティック音楽はクリスの心象風景そのものだった。 名優ウィリアム・ハートやハル・ホルブルックの演技も光る。 この映画『イントゥ・ザ・ワイルド』は間違いなく、2000年代に撮られた映画の中で最も素晴らしい作品の一つだ。 観る者はクリスと一緒に旅をしているような感覚になる。 クリスは決して死ぬために旅に出たのではない。 社会のシステムに疑問を抱き、生きる歓びとは何か? 真の自由とは何か?を感じたかっただけなのだ。 我々の心には、きっとクリスのような生き方がどこかに宿っている。 自由気ままな旅は気分を高揚させる。 どこか逃避を思わせるからだ。 過去、抑圧、法律、面倒な義務からの絶対的な自由。 1990年、夏。 大学を卒業した22歳のクリス・マッカンドレスは中古車を路上に走らせた。 アリゾナ州で鉄砲水に見舞われて車を破棄。 「アレグザンダー・スーパートランプ」という別名でヒッチハイクの旅を続ける。 北カリフォルニアでは親世代のヒッピー夫婦と出逢って語り合う。 北へ行くんだ。 ひたすら北へ向かう。 僕一人だけの力で。 時計も地図も斧もなし。 何にも頼りたくない。 真っただ中で生きるんだ。 そびえる山、川、空、猟獣。 荒野のど真ん中で。 1990年、秋。 サウスダコタ州の小麦畑でクリスは働く。 経営者のウェインはおおらかな男で、クリスは兄のように慕う。 しかし、違法行為によってウェインは逮捕。 クリスは再び放浪に出る。 コロラド州で初めて乗ったカヤックで激流下りをしたクリスは、メキシコへ入った後、再びカリフォルニアへ向かう。 都会を歩いてみるが、夜の街に「エリートコースを進んでいた自分」を見たような気がしてたまらない気持ちになり、すぐに貨物列車に飛び乗る。 人生において必要なことは、 実際の強さよりも強いと感じる心だ。 一度は自分を試すこと。 一度は太古の人間のような環境に身をおくこと。 自分の頭と手しか頼れない、 過酷な状況に一人で立ち向かうこと。 1991年、冬。 カリフォルニアのアウトサイダーたちが集まるコミュニティで、ヒッピー夫婦と再会するクリス。 そこで新たに出逢うトレイシーという少女。 16歳のトレイシーはクリスに恋をするが、クリスにはもっと大事な目的があった。 幸福が現実となるのは、 それを誰かと分かち合った時だ。 1992年、1月。 カリフォルニアのソルトン・シティのヒッチハイクで、ロン・フランツという老人と出逢うクリス。 ロンは若いクリスの言動を心配するが、お互いの身の上話をしているうちに友情が芽生える。 クリスが発とうとすることを知ったロンは、妻子を亡くした自分の養子にならないかと持ちかけるが、クリスの心は北へ向かっていた。 100日だ! やったぞ! しかし、体調は最悪だ。 死が重大な脅威となって不気味に迫って来ている。 衰弱が激しくて出歩くことも出来ない。 文字通り、荒野の罠に捕らえられてしまった。 獲物はない。 1992年、4月。 遂にクリスは旅の最終目的地であるアラスカの山岳地帯に到達。 僅かな食糧と荷物を頼りに、雪景色の大地を進んで行く。 放置されたバスを発見してからは、そこがクリスの家となった。 目の前に広がる静寂と限りのない自然は、クリスが夢見ていた世界だった。 しかし、やがて食糧不足で痩せこけていくだけのクリス。 猟の失敗、雪解けした大自然の驚異を経て、植物採集で空腹を乗り越えようとする。 僕の一生は幸せだった。 ありがとう。 さようなら。 皆さんに神のご加護がありますように! Christopher McCandless 1968. 12-1992. 18 予告編.

次の

イントゥ・ザ・ブルー2 | 無料映画倶楽部

イン トゥーザ ブルー 2

(こちらは新品の内容詳細となります。 参考として下さいませ。 ) アカデミー賞6 部門を受賞した「シカゴ」の巨匠ロブ・マーシャル監督が、「ウエスト・サイド物語」などで知られるブロードウェイの生ける伝説スティーヴン・ソンドハイムのロングラン・ミュージカルを映画化した劇場大ヒット作。 物語をより美しく神秘的に後押しするのは、アカデミー賞常連の名女優メリル・ストリープをはじめ、ジョニー・デップ、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、エミリー・ブラントなど超豪華、実力派俳優陣。 演技だけでなく見事な歌声をも披露しながら、夢の競演を果たしています。 誰もが知っているおとぎ話の数々。 39:1) <DVD> 片面2層/MPEG-2/ 16x9(2. 39:1) 音声 <ブルーレイ>1. 英語:DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)7. 1ch 2. 音声, ドルビーデジタル, 2. 0ch <DVD> 1. 英語,ドルビーデジタル5. 1ch 字幕 <ブルーレイ>1. 日本語字幕2. 英語字幕 3. ソング・セレクション字幕 <DVD>1. 日本語字幕 2. ロブ・マーシャル,p. マーク・プラット,p. それを狙うオオカミ。

次の

イントゥ・ザ・ワイルド〜アラスカの荒野に消えた青年が孤独な旅で綴り続けた心の言葉|TAP the SCENE|TAP the POP

イン トゥーザ ブルー 2

「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」は、2004年のイラク人質事件の時、有名になったジャーナリストの安田純平氏が、自らイラクに基地内の食堂調理員として潜入取材した手記である。 安田氏の本は、イラクで武装勢力に拘束された時のイラク訪問記「」を読んだのだが、その時は、帰国後、他の人質になった人々と同様に激しいバッシングの標的になったが、そんなことにもめげず、再度のイラク入りをして、それも潜入取材をしたというのが凄すぎる。 さてさて、もう一つ映画の「イン・トゥー・ザ・ブルー2」であるが、いわゆるハリウッドが得意とするリゾート娯楽ものと思いきや、内容は意外に重い。 テロリストがハワイ沖で落とした核弾頭の捜索を彼らに脅され手伝う羽目になったダイバー達。 彼らの悪巧みから逃れようとするが、アメリカに復讐心を持つ彼ら相手に歯がゆい戦いを強いられる。 本と映画には思わぬ共通点があったのだ。 どちらも、イラク戦争というアメリカの蛮行に傷つけられた人々が出てくることだ。 安田氏には、是非とも映画を観ていただきたい。 安田氏の本では、一緒に働いていたイラク人が、基地内の外国人労働者や英軍や米軍の人々に信用されていないと述べられていた。 それもそのはず、金目的の上、米軍を恨んでいるから、彼ら自身がテロをするために潜入したのではと疑われてもやも得ないのだ。 そして、実際に基地は攻撃対象となり安田氏の寝るところのすぐ近くで迫撃砲が着地することがしばしばあったという。 自分たちに敵対する人々を勝手に「テロリスト」呼ばわりして平気で殺戮する。 それが「米軍」というものになってしまった。 日中戦争時に日本軍が、中国の民間人を「便衣兵」と決めつけ殺したのと同じである。 そんな状況が続く今、さすがにアメリカでさえ、自軍の行為を戒めざる得ない動きがみられる。 その意味で映画「イン・トゥー・ザ・ブルー2」は好例である。 密輸団の一味に、恋人を殺された主人公の友人が「彼女は何にも悪いことをしていないのに」と泣き叫ぶ場面は、自分たちがイラクやアフガニスタンの人々に対してしてきたことが跳ね返った場合の心情を表しているような感じがする。 映画といえばスパイク・リー監督の「セントアナの奇跡」でも、自軍への戒め場面と思われる場面がみられた。 イタリアを舞台にナチスと対戦する黒人部隊の活動を描いたものだが、その中でナチスの将校が黒人部隊と共に抵抗闘争をするイタリア反政府勢力のパルチザンを「テロリストだから国際法の保護の対象にならない」と虐殺を命ずる場面は、まさに現在の米軍のポリシーと符合する。 だが、もう限界にきていることは確かだ。 アメリカの世論もそうだが、軍隊内にも厭世ムードが広がり、最近ではアフガニスタンの戦闘に関する機密文書がネットのサイトにリークされるという事態が起こった。 リークされたことも問題だが、その内容の中には、味方のはずのパキスタンがタリバンを支援していたという情報局の見解も含まれていた。 実に、ぞっとする話しである。 このままでは、イラクに続き、アメリカは敗北である。 もう、アメリカと関わりを持つのはやめるべきだと思わされる。 最近、あの国は呪われていないか。 イラク戦争の石油利権に絡む原油流出事故も、ある種の跳ね返りの呪いではないかと思われる。 でもって、今の現政権は対米自立を実行しようとしたものの、米国はもとより、国内の傀儡勢力により、自民党と変わらない対米追従に引き込まれている。 全く情けない。 そんな国の国民であることにますます閉塞感を感じる今日この頃。 何かできないか、何かすることで、この閉塞感を打破したいと思っているのだが。

次の