き あい だめ バトンタッチ。 ブラッキー育成論 : 急所連続!バトンタッチブラッキー|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】バトンタッチの入手方法と覚えるポケモン|技レコード29【ソードシールド】|ゲームエイト

き あい だめ バトンタッチ

今回の育成論はポットデスです。 基本データ No. 855 分類 こうちゃ 英語名 Polteageist タイプ ゴースト H60 A65 B65 C134 D114 S70 高さ 0. 2m 重さ 0. ガラル図鑑内 ソード・シールド環境にいる において、「からをやぶる」と「バトンタッチ」を両立できるのはポットデスのみ。 調整意図 C:耐久は襷に頼るため必要ない。 S:準速から「からをやぶる」をすれば、S1段階上昇した最速96族・準速110族抜き。 特性 「くだけるよろい」を採用すると、追加の素早さ上昇により「からをやぶる」の上昇分のみでは抜ききれない相手 スカーフ持ち積み技持ち等 に対して、他の積みバトンよりも安定させられる。 ただし追加の耐久ダウンに注意が必要となる。 「」を採用すると、確率が絡むとはいえ相手を「かなしばり」状態にすることができ、こちらのバトン先後続を有利にすることが出来る。 「からをやぶる」をしても素早さを上昇させたドラパルトを抜けない点に注意が必要となる。 持ち物 確実に前述した「からやぶバトン」を遂行することを目的とした「」で確定とする。 「からをやぶる」の耐久ダウンを消してから後続ポケに繋ぐという目的で「しろいハーブ」を持たせることも出来るが、元々の耐久がそれほど高くないポットデスにおいて、「耐久ダウンを補う」ことよりも「確実に一撃を耐える」ことを重視するべき。 技構成 確定技 バトンタッチ、からをやぶる コンセプトなため確定。 選択技 「からをやぶる」後、タスキ型でないドラパルト等を処理してから「バトンタッチ」に移行できる。 からやぶ前• また、相手の構築にゴースト・パーの通りのいい場合においては、からやぶ後にックスし「アシストパワー」を元としたダイサイコを放つことでサイコフィールドが展開され、後出しの「かげうち」等を防ぎつつ攻撃していくことができる。 ちからをすいとる 相手のA数値分だけ体力を回復できるが、元々HPの高くないポットデスはAに性格逆補正がかかっていない大抵の相手ならこの技でほぼ回復しきることが出来る。 中途半端なダメージを受け、タスキが残っている場合にこの技を用いることで、相手の火力を削ぎつつもう一度タスキを利用し、次のターンの「バトンタッチ」がより確実になる。 おきみやげ 「バトンタッチ」まで至ることがほぼ不可能で、そのまま起点にされてしまうような対面になってしまった場合などで、それを阻止するために用いるのは有効。 ただし、そもそもそんな場面を作らなければ良いので優先順位は低め。 不利な相手 「シャドークロー」と「かげうち」で確実に処理される。 「ちょうはつ」持ち 主役割である「からをやぶる」「バトンタッチ」が共に封じられてしまうため、基本的に対面させられない。 ポットデスよりも遅く、上からワンパンできるような相手であれば話は変わるが、基本的に避けるべき。 ドラパルト 「くだけるよろい」採用の場合。 「ドラゴンアロー」で上からワンパンされてしまうため、基本的に対面は不可。 相手がSが上がっていない状態でックスをしているなど、ワンパンの手段がないシーンではからやぶバトンは可能。 しろいハーブ+からをやぶるで耐久をキープしつつACS2段階上昇• もともと高いDとHB振りで得た耐久で一撃耐える• S上昇の恩恵で先行ちからをすいとるでAダウン起点化 or バトンタッチ 相手の一撃を耐えつつ上を取ることにより、チート技ちからをすいとるによる回復を間に合わせ、物理ポケの起点化を狙う。 調整意図 性格 HBSに降ることを想定しているため、最も恩恵の高いSに性格補正をかける。 H:実数値を16n-1にして定数ダメ最小化 B:陽気鉢巻ドラパルトのドラゴンアロー超高乱数耐え調整 S:準速バンギ抜き、かつS2上昇時に準速スカーフ抜き 特性 ちからをすいとるとの相性が抜群なのでで確定。 技構成 確定技 からをやぶる 超強力な積み技。 コンセプトのため必須。 ちからをすいとる この技だけで弱ポケでも存在価値が生まれるレベルのチート技。 のような+を再現可能。 1発耐えられる相手に対して連打することで、を発動させ、逆転の可能性を作り出せる。 選択技 バトンタッチ からやぶバトンを行う。 単純に強力なコンボ。 通りがかなり良いタイプ一致技。 積んだ後使う。 C無振りでもが134あるため、弱点ならばある程度火力が出る。 H4振り 87. H252 D4振り輝石 46. バトンしない場合はこれ。 被ダメ• ドラパルトハチマキA252振りドラゴンアロー 最大乱数2回以外耐え42. A-1 補正有 A252 71. 補正あり C252 71. 仮にこちらが初手ちからをすいとるしてもダイホロウが飛んでくると厳しい。 その他、やパッチラゴン等の超火力は受けられない。 調整意図 H :ドラパルトのドラゴンアロー耐え A :残り、不意打ち火力を上げるため B :ぶっぱ D :ほんとの残り S :くだけるよろいで最速スカーフ抜き 持ち物 で確定。 先制技のない物理相手には、確実にリフレクターとおきみやげを決めて次に繋げられるため。 技構成 リフレクター 普通に強い、最近対策されはじめた。 おきみやげ 後続の積みポケが安全に積めるように。 相手が中で先に打てたら、ターンを進めつつ、ジェットとかのステータス上げるのも防げる。 ふいうち ポットデスが持てる唯一の先制技、何かと優秀。 サマ A特化ドラパルト対面で1撃入ればふいうちで落とせる。 相性のいい味方 ヨクバリスとマッチする。 はらだいこ型がオススメ。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ロマン砲】きあいだめサザンドラでリスクなしりゅうせいぐん連打!【ポケモン剣盾】

き あい だめ バトンタッチ

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】バトンタッチの入手方法と覚えるポケモン|技レコード29【ソードシールド】|ゲームエイト

き あい だめ バトンタッチ

こおりのいぶき やまあらし すいりゅうれんだ あんこくきょうだ 急所ランクを上げる技 きあいだめ 自分の急所ランクが2段階アップします。 とぎすます 次のターンのみ、自分の技が必ず急所に当たるようになります。 キョダイシンゲキ キョダイマックスした カイリキーの専用技です。 自分と味方全体の急所ランクが1段階アップし、使用するたびに急所ランクが上がります。 なげつける サンのみ サンのみを持った状態でなげつけるを使うと、 攻撃を受けた相手は、急所ランクが 2段階アップします。 自力でサンのみを発動させるのは難しいですが、 ダブルバトルで味方に対して使えば、簡単に急所ランクを上げることができます。 サンのみは、バトルタワーで通算100勝すると、もらうことができます。 ピントレンズ、するどいツメ ポケモンに持たせると、急所ランクが1段階上がります。 ピントレンズは9番道路 スパイクタウンはずれ に落ちています。 するどいツメは、ナックルシティの中央ポケモンセンターで、10BPと交換できます。 ながねぎ カモネギ、ネギガナイトに持たせると、急所ランクが 2段階上がります。 ながねぎは、野生のカモネギが高確率で持っています。 急所に関する特性 きょううん 常に急所ランクが1段階アップした状態になり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなります。 この特性のポケモン:トゲキッス、ケンホロウ スナイパー 自分の攻撃が急所に当たると、ダメージが1. 5倍ではなく2. 25倍になります。 この特性のポケモン:オクタン、ドラピオン、ガメノデス、インテレオン ひとでなし 相手がどく・もうどく状態のとき、自分の攻撃が必ず急所に当たります。 この特性のポケモン:ドヒドイデ シェルアーマー 自分へ攻撃が急所に当たりません。 この特性のポケモン:ラプラス、コータス、バクガメスなど カブトアーマー 自分へ攻撃が急所に当たりません。 この特性のポケモン:ドラピオン、タイプ・ヌル、タイレーツなど 急所を利用する戦術 きょううん+ピントレンズ 特性きょううんと持ち物ピントレンズにより、急所ランクが+2になります。 ダイマックスした相手に対して、 ひるみは無効ですが 急所には当たるため、 トゲキッスがこの戦い方をすることが多いです。 きあいだめ+バトンタッチ きあいだめによる急所アップ状態は、バトンタッチで引き継ぐことができます。 きあいだめとバトンタッチを覚え、耐久の高い ブラッキーや フワライドが有力な候補です。

次の