ハングル文字 全て。 ハングルを勉強しよう!ハングル文字ができた歴史背景も知っておくと便利

ハングル一覧

ハングル文字 全て

ハングルは全部で何文字?韓国語を全部カタカナで覚えるのは可能?ハングル24文字について徹底特集 ハングルは全部で何文字?韓国語を全部カタカナで覚えるのは可能? 韓国語を知らない人からすると、全く読めないハングル文字。 当然どういう意味なのかも想像すらつかないということで頭を抱えたことのある人は多いのではないでしょうか。 しかし、一念発起してハングルを勉強してみよう!と思い立っても暗号にしか見えないハングル…一見すると何の規則性もなく記号のようなハングルの見た目は知らない人からするとちんぷんかんぷんであるということもよく聞かれる話です。 一体ハングルは全部で何文字あるのでしょうか。 また発音もいきなり基礎となる母音からして日本語にもない発音も数多く登場します。 ハングル文字を覚えることをあきらめてカタカナで韓国語を覚えるということは可能なのでしょうか? ハングル学習の最初の壁となる文字を覚えるところでだれもが思いつく「ハングルは全部で何文字なのか?」という疑問からカタカナを使った学習方法などを検証してみたいと思います。 この記事の目次 ハングルは全部で何文字?全部覚えるなんてありえない? 暗号にしか見えない、全く読めないハングル文字。 縦に並んでみたり、横に並んでみたり…カクカクしているかと思えば、丸い部分もちらほら見える…規則性すらつかめず迷宮入りするばかりです。 同じ読めないとしても英語はアルファベットの種類を知っているので、AからZまでの26文字を知っていれば、とにかく何となくの発音が分からないということはありません。 しかしハングルは文字の形から読み方まで教えられてないと分からないというのが現状です。 日本語のひらがな・カタカナはそれぞれおなじみの五十音表にある通り、約50個。 正確には全部で各46文字です。 中国でも使われている漢字は政策に全部で何文字というのは膨大過ぎて意味が余りませんが…しかしハングルは全部で何文字なのでしょうか。 答えは「24文字」です。 「ハングルが24文字なんて嘘っ!」という声が聞こえてきそうですが、基本は24というのが「ハングルは全部で何文字?」の答えとしては正しいです。 ただし、その24文字は子音と母音に分かれており、そこから2つ、もしくは3つか4つと組み合わせることによりハングル文字として成立します。 組み合わせることにより、文字としての完成形の種類が多いが、ハングル文字の文字数がとても多いように感じる原因です。 しかし、言い換えると基本パーツは日本語や英語よりも少ない24種類しかありませんので、覚えるのは易しいはずなのです。 しかも、そのハングルは発音とセットになっている表音文字なので発音を覚えるのは英語よりもずっと簡単なんです。 同じ文字でも単語によって発音が異なるケースのある英語と違い、ハングルは基本見たまま文字を発音すれば読めるようになります。 もう少し具体的に解説してまいりましょう。 ハングルは24文字ですべての文字が書けるようになる! 韓国語の勉強をしたことがある人ならご存知の反切表。 これは日本語の五十音のようなもので、ハングル文字の基本を一覧できる便利な表です。 全部で24文字であるハングル文字はは14個の子音【ㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅊㅋㅌㅍㅎ】と10個の母音【ㅏㅑㅓㅕㅗㅛㅜㅠㅡㅣ】に分かれています。 その子音が縦に、母音が横に並んで、交わる場所に組み合わせが示されていますね。 ㄱ:가갸거겨고교구규그기 ㄴ:나냐너녀노뇨누뉴느니 : : このように整理されています。 反切表は24文字のハングルの2つが組み合わさるパターンのみの一覧表ですので、残りの3つ、4つの場合の組み合わせはちょっとイレギュラーとなります。 パッチムと呼ばれるおまけがくっつくパターンですね。 しかし、3つ、4つの組み合わせの場合は基本的な2つの組み合わせの下に来るだけ。 パッチムとは直訳すると「敷物」や「下敷き」という意味なのでまさに下に敷いているという具合です。 こちらは全部の文字を覚えるというよりは、書き方だけは頭に入れておいて単語に登場するたびに覚えていくという方法がおすすめです。 どんな韓国語教室でもテキストでも最初はパッチムのない文字、単語から韓国語を学ぶのが定石。 一見ややこしいパッチム(終声)ですが、気負いせずに学習を進めていきましょう。 ハングルは読めないからカタカナで韓国語を覚えたい?! しかし読めないハングル文字。 韓国語はマスターしたいけどハングル文字はあきらめて、いっそのことカタカナやひらがなで覚えてしまうというのはどうだろう?と考えたことはありませんか? 見渡すと「アニョハセヨ」や「カムサハンミダ」「キムチ」に「カルビ」。 すっかり私たちの日常には韓国語がカタカナで浸透しているものも多くあります。 大好きな芸能人に向かって例えば「サランヘヨ!チャングンソクシ~!」というようにちょっとだけ韓国語を話したいというときにはカタカナでも十分でしょう。 英語でも読めない単語を覚えるときにはカタカナやひらがなでテキストに読み仮名を振って覚えたなんて記憶はだれにもあることでしょう。 例えば「ん」はㄴ、ㅁ、ㅇと3種類もありますし、「お」はㅗとㅓで2種類もあります。 英語でも、日本語にない発音には苦労しましたよね。 例えば、NとMの発音の違い、カタカナでアップルと書くけど実際はアとエの中間のような独特の発音であったり、RとLの違いにRの巻き舌を使うような発音であるなど… こういう母国にない発音があるので、外国語の習得には苦労することはよく知られています。 韓国語もそれは同じ。 と言うわけで読み方を覚えるまでカタカナで読み仮名を振ったり、そもそも文字を覚えることを後回しにしてカタカナだけで韓国語を覚えるという案が出てきます。 それが可能かどうかでいうと、「できなくはない」しかし、主観になるかもしれませんが韓国語に関しては「最終的にハングルで勉強した方が習得が楽」であると申し上げたいです。 なぜなら、韓国語にはリエゾンという発音ルールがあり、語彙が増えてくればハングルで単語を覚えていた方が活用が効き、長期的に見れば、最初に苦労してもハングルで勉強を始めた方が効率的であるということ、そしてハングル文字は表音文字なので一度頑張って覚えてしまえば、読み方に苦労することはなく、覚えた後は知らない単語でも読めるようになるからです。 でも、よく使う単語や、たった今覚えたいフレーズなどはカタカナで覚えてしまうのも、活きた韓国語を習得するという意味ではお勧めです!カタカナで韓国語を始めたとしてもどんどん上達すればいずれハングルにもなじみ自然と覚えたいと思うようになると思いますのでまずは、とっつきやすいところからはじめるのが一番だと思います。 ハングルは全部で何文字?韓国語をカタカナで覚えるのは可能か?まとめ 読むのに苦労するハングルは全部で何文字?韓国語をカタカナで覚えるのは可能か?などを検証してみました。 最初の入り口や勉強方法は、十人十色。 自分がやりやすい、続けられる方法が一番です。 ハングルに興味を持つことが出来ればその機会を是非継続させて使ってみるところまで頑張ってみて下さい!.

次の

ハングル文字の基礎構成全7パターンを覚えて読めない文字を無くす!

ハングル文字 全て

- 2019年 4月月4日午前12時52分PDT ハングルとは日本語の平仮名やカタカナに当たる韓国語の文字のことをいいます。 韓国語は基本ハングルのみを使うのでハングルさえ覚えれば韓国語を読み書きすることが出来るんです! そして記号のように見えて一見難しそうなハングル文字ですが、実はコツさえ覚えてしまえばとても簡単。 ハングルは全て母音字と子音字が組み合わさって出来ています。 例えばこの「시계」という文字。 それぞれ左側が子音字、右側が母音時となっています。 まず「시」という文字はsの音を持つ子音字「ㅅ」とiの音を持つ母音時「ㅣ」の組み合わせで「シ」という音の文字です。 そして「계」はkの音を持つ子音字「ㄱ」とyeの音を持つ複合母音字「ㅖ」の組み合わせで「ケ」という音の文字になります。 このようにハングルは全て母音字と子音字が組み合わさって出来た文字になっているのです。 ちなみにこの「시계」という言葉は「時計」を意味する言葉で、先程説明したように読み方は「シゲ」となります。 それまでは固有の文字はなく、漢字を使っていたと言われています。 しかしこの漢字、学校などにも通うことの出来なかった一般庶民には理解することが出来ないものでした。 世宗大王は庶民にも覚えやすく分かりやすい独自の文字を作ろうという信念の元、ハングル文字を完成させたのです。 この功績は今現在まで語り継がれていて、光化門広場には世宗大王の像もありますよね。 また、ハングル文字が公布されたと推定されている10月9日は韓国で「ハングルの日」に制定されています。 世宗大王の功績をたたえる他、韓国各地でハングルをテーマにしたイベントが行われる日となっています。

次の

韓国語の基本母音と子音!一覧表でハングル文字と発音を覚えよう!

ハングル文字 全て

ハングルの「ハン」はチイギスハンのハンと同じく「王」という意味。 グルは「文字」でハングルだけで「王の文字」という意味があります。 ハングルが出来たのが15世紀。 実際にこれが庶民にまで利用されるようになるのは、日本が朝鮮半島を併合して教育をしてからなのですが、それは置いておいて。 ハングルは日本で言うところの「ひらがな・カタカナ」にあたります。 つまり「表音文字」です。 英語のアルファベットも本来は表音文字でしたが、長い時間の中で「表音」の機能が薄れてきたので、現在は「発音記号」で補足するようになりました。 表音文字に対して表意文字というのがあります。 表意文字は「意味」を表す文字の事で、日本人にとって代表的な表意文字が「漢字」です。 さて、現在の韓国はほぼ漢字が使用されていません。 これは「ハングルが最高」で「純粋な韓国の言葉以外は追放しよう」という考えから使用されなくなったとされます。 ところが韓国・朝鮮は歴史の経緯から中国と日本の影響をゴリゴリに受けている国で、国内から中国語と日本語を追放し、それまで漢字で表記していたものをすべてハングルで表記すると同音異義語が多すぎてサッパリ分からない状態になりました。 そんな問題点もありますが、 ハングル文字にはあるとんでもない「優秀なポイント」があります。 ハングル文字の優秀さ それは ハングル文字はほぼ無限とも言うべき音節を表現出来ることです。 なのでハングル文字は中国語も日本語も「ハングル文字」でほぼ表現することができるのです。 これは凄いことです。 韓国はこのハングル文字の素晴らしい点を生かして、まだ文字を持たない民族にハングル文字を進めているくらいです。 しかし、なぜハングルにはそんな「大量の音節を表現する機能」があるのでしょうか? 一国の文字がこれほど多くの音節を持っている必要はありません。 余計な機能はむしろ邪魔。 日本などは過去にはもう少し多かったですが、現在は50音しかありません。 それで事が足りるし便利です。 また、英語には何万という音節があると言われますが、そうはいっても限られた発音記号で表現出来る程度のことです。 なのにわざわざハングル文字が大量の音節を用意したのは何故でしょうか? パスパ文字について ハングルはモンゴルのパスパ文字を原型にしているとされます。 これはパスパ文字とハングル文字の構造を調べた結果の判断で、文献にそうあるわけではありません。 パスパ文字はモンゴル帝国が自国の文字を元にして、中国の言葉も表現出来るように作らせた文字です。 パスパ文字には中国全土を支配すると言う目的がありました。 だから中国の言葉も表現出来るような構造に作ったのです。 ではハングル文字はどうでしょうか? 中国を支配するために文字でしょうか? ハングル=「王の文字」は、当初、蔑まれていた ところで、今でこそハングル(王の文字)と呼ばれていますが、制定したときは「愚民文字」と呼ばれ蔑まれ、ほぼ使われることはありませんでした。 なぜ愚民文字と呼ばれていたのでしょうか? それは世宗王が「愚民でも読み書き出来るように」と書いたからと言われます。 ですが、王が専門機関を立てて作った文字です。 「愚民文字」と蔑むのはおかしいのです。 なにより李氏朝鮮は「儒教」の国です。 儒教では王の命令は絶対です。 封建制度をガチガチにするために儒教を広めたくらいです。 徳川幕府も封建制度を確立するために武士に儒教を広めました。 儒教では王の命令には絶対服従。 王は正しい。 正しいから王なのです()。 王が作った文字を蔑むなんてことはあり得ません。 では なぜ王が作った文字を蔑んだのか??? ハングル文字は世宗王が作った文字ではなかったからです。 そうでないと儒教の教えに反します。 王が作ったものではないから「愚民文字」とバカに出来たのです。 そのことを誰もが知っていた。 バカにしても問題がなかった。 では このハングル文字は何処から来たのでしょう? 「対馬」です。 世宗王がハングルを研究し作成した機関(集賢殿)ができる直前。 李氏朝鮮は倭寇鎮圧を目的として対馬に侵攻しています。 そして対馬から倭寇である中国人と朝鮮人を連れ帰っています。 倭寇は日本人の海賊と思いがちですが、実際にはほとんど中国人と朝鮮人でした。 この事実は中国・朝鮮の史書に書かれていることです。 つまり日本人の勝手な主張ではありません。 そのとき世宗王は中国人と朝鮮人から倭寇の文字を手に入れたのでしょう。 ハングル文字が愚民文字と蔑まれていたのはこのためです。 倭寇の文字だからです。 何度も言うようですが、ハングルが(仮にパスパ文字から創作されたとしても)王が作ったものならば、愚民文字とは蔑まれなかったハズです。 蔑まれるだけの理由があったハズなのです。 では何故、世宗王は「倭寇の文字」を採用したのでしょうか?? 当時の朝鮮には独自の文字がありませんでした。 だから独自の文字が欲しい……ではありません。 中国やモンゴルに気遣いし、独自の文字を持つことは躊躇していたくらいです。 そもそも単なる文字なら漢字で十分なのです。 日本なんて今でも漢字と漢字から派生した「ひらがなカタカナ」で済ませていました。 世宗王が新たな文字を制定するのには、何かしらのメリットが必要です。 そのメリットとはなんでしょうか? そのメリットが「多くの音節を表現出来る」ということです。 単に多いだけではありません。 中国語と朝鮮語をカバーする表音文字であること、です。 つまり倭冦が使っていた文字は中国語・朝鮮語と日本語を表現出来る表音文字だったのです。 さて、どうして倭冦の文字にはそんな機能があったのでしょうか? 倭寇は中国人と朝鮮人と日本人の混成集団でした。 混成です。 混成ということは、例えばリーダーが日本人で部下が中国人というパターンです。 逆でもいいのですが、ともかく言葉の違うわけですから、意思疎通は大変です。 通訳という手もありますが、彼らは意思疎通をスムーズにするために「表音文字」を作り出しました。 中国語で「行け」とか「撃て」とか、そんな簡単な言葉でもいいから知っておいた方が得です。 中国語・朝鮮語には日本語には無い発音も沢山あります。 そこで、中国・朝鮮・日本で共通となる発音記号が便利だと考えました。 そうして 作られたのが阿比留文字です。 阿比留文字は対馬の神社に残る文字で、江戸時代には漢字が伝わる前からある「文字」と言われてきましたが、現在はハングル文字から創作した文字とされます。 なぜ創作だと言われるのかというと、日本語には無い発音が表記されているからです。 しかし、倭寇が意思疎通のために作った表音文字とするならば、文字ではなく、成立は13世紀か14世紀となり、日本語には無い発音があったとしてもなんら不思議ではありません。 また、ハングル文字に似ていて当然です。 阿比留文字の原型はパスパ文字でしょう。 13世紀に元寇があり、高麗にはモンゴル人がやって来ています。 対馬にはモンゴルのパスパ文字が伝わっていたとするのが当然。 いや倭寇にはモンゴル人がいたのだと思います。 もしくは取引相手にモンゴル人が居たのでしょう(済州島など)。 このパスパ文字を元にして、誰にでも分かる、簡単な仕組みで、中国語と朝鮮語と日本語をカバーする表音文字を作り出しました。 つまり 阿比留文字・ハングル文字は中世の異文化交流の産物ということになります。 その後対馬に侵攻した世宗王は阿比留文字を得ます。 彼はこれを朝鮮の文字にしようと考えました。 なぜか?? 倭寇は朝鮮や中国の「賎民」です。 少なくともほとんどの朝鮮人はそう思っていました。 賎民は卑しく、そして愚かな存在です。 ところが、その彼らが文字を使って意思疎通をしていたのです。 しかも朝鮮語だけでなく中国語もカバー出来る文字です。 この文字は優れていると世宗王は考えたハズです。 李氏朝鮮は儒教の国で、「正しい」「徳のある」人物が国を治めるとうまくいく、という考えです。 よって優秀な人物を科挙というテストで選抜して官僚にします。 この科挙は「漢文」で出題されます。 文字が読めることが科挙受験の大前提です。 文字が読める階級はこれによって子々孫々と公務員で有り続けるのです。 そこで庶民も漢字・漢文が読めるようにしたい、と世宗王は考えました。 単に朝鮮語をカバーしただけの文字なら、意味はありません。 漢字も表音出来る阿比留文字は世宗王にとって魅力的だったのです。 阿比留文字を広めれば、科挙を受ける人材が増える。 広く人材を集めることができる。 優秀な人材が集まれば、国は発展する。 ところが漢字が読める階級は反発します。 自分たちの特権が失われるからです。 世宗王が持ってきたこの阿比留文字を「愚民文字」と蔑み、バカにし広めまいとしました。 そのうち、科挙そのものが形骸化します。 世宗王の目的は果たせないまま、この世を去り、 数世紀後、ハングル文字を庶民にまで広げたのは何と「倭冦」と蔑んだ日本人でした。 皮肉ですね。

次の