中国語 年収。 中国駐在員の給料っていくら?元中国駐在員の下世話な話

中国の平均年収【富裕層・中間層・農村】や有名企業の年収分布

中国語 年収

通訳の給料・年収補足 20代の給料:35万円(推定) 30代の給料:50万円(推定) 40代の給料:63万円(推定) 初任給は、アテンド通訳など初心者レベルの初任給、日給3万円から算出。 上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい 420万円~756万円となると予測されます。 参照: 札幌の求人調査結果:17万円~28万円(月収) 東京の求人調査結果:20万円~50万円(月収) 大阪の求人調査結果:18万円~40万円(月収) 福岡の求人調査結果:16万円~24万円(月収) 通訳の手取り 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 28万円~50万円となりそうです。 通訳の仕事内容 外国人と日本人の間に立ち、言語のサポートをするのが通訳の仕事です。 ビジネスの現場での商談やミーティング、学術的な国際会議やシンポジウムや政府間の交渉、海外のニュースを訳す放送通訳、来日したミュージシャンや俳優、映画監督らの通訳など、通訳が必要とされる現場はたくさんあります。 そのほかにも、日本国内で犯罪に関与した外国人の聴取や裁判の通訳をしたり、医療現場で外国人患者への通訳をしたりなど、活躍の場はたくさんあります。 リスニング能力はもちろんのこと、専門的な内容を理解し、瞬時に外国語から日本語へ、または日本語から外国語へ訳すスキルが必要となります。 通訳の手法には、スピーカーの発言を聞きながら間をおかずに同時進行で訳す「同時通訳」、ある程度まとまった長さの発言を訳し、発言者と通訳者が交互に話す「逐次通訳」、少人数のミーティングなどで通訳者が人の傍らについて耳元で同時通訳する「ウィスパリング」、放送現場などで使われる、ニュース放送を見ながら原稿を作り、本番放送時に映像に合わせて訳を声で被せる「時差通訳」などがあります。 通訳の職種・職場別給料年収(プロ野球選手の通訳など) 通訳の給与は、「通訳者のレベル」をもとに決められます。 明確にランク分けしている会社も多く、金額はある程度固定されています。 ランクによってできる仕事も変わってくるため、外国人の送迎や会場受付などは入門レベル(Eランク)なので給料は安く、大勢の人を前にして訳す国際会議や政府間協議になると、ベテラン(Aランク)が担当するため、給料は高くなります。 料金は半日(4時間以内)か、1日(4時間~8時間)が単価となります。 【通訳者レベル別報酬】 Aランク…6万円~6万5千円(1日当たり) 10年以上のフリーランスとしての経験があり、「会議通訳者」として業界で認知されている。 国際会議での同時通訳、各種シンポジウム、政府間協議での通訳。 Bランク…5万円~5万5千円(1日当たり) フリーランス経験5年以上。 一般通訳で経験を積み、同時通訳と逐次通訳ができる。 VIP付き通訳、記者会見の通訳、投資家への説明時の通訳、インタビューの通訳など。 Cランク…4万円~4万5千円(1日当たり) フリーランス経験2~3年。 一般通訳クラス。 逐次通訳に加え、同時通訳、ウィスパリングでの通訳が増える。 VIP付き通訳、セミナーや研修での通訳、企業内ミーティング、商談通訳など。 プロ野球選手や有名人などの通訳は、このランク以上の通訳が務めることが多い。 Dランク…3万5千円~4万円(1日当たり) 通訳経験2~3年程度。 逐次通訳が安定してできる。 社内通訳(インハウス)や、レセプション、国際会議のランチやディナー、視察などにおける通訳。 Eランク…3万円~3万5千円(1日当たり) 逐次通訳が可能な、入門レベル。 訪日外国人の送迎などのアテンド通訳、国際会議の会場受付・インフォメーションなどの語学スタッフ。 有名企業の通訳の年収給料 通訳エージェンシーで有名な企業は、「サイマル・インターナショナル」です。 これは、クライアントがエージェンシーに支払う金額です。 ランクによる給料から考えると、通訳者にはこの60%から70%が支払われると思われます。 (正確な額は不明です。 ) 一般クラスで1日3万円もらえるとして、月に10日稼働すれば、年収360万円、クラスSで1日7万円もらえるとして、月に10日稼働すれば、 年収840万円になります。 通訳になるには? 通訳になるには、まずは語学力を磨く必要があります。 独学で英語を勉強するか、大学時代に留学をしたり、海外に滞在して現地で英語の教育を受けるなどして、語学力を身につけます。 その後、通訳スキルを学びます。 一般的には、民間の通訳者養成スクールに通い、通訳の基礎、逐次通訳、同時通訳、と段階を追って学びます。 国内外の大学や大学院によっては通訳コースが設置されていることもありますが、多くは大学のほかに民間のスクールにも通い、訓練を受けているようです。 帰国子女など海外経験が長い人の中には、独学で通訳者になる人もいます。 芸能やスポーツ関連などの特定分野で深い知識があると、有利になるようです。 スキルを身につけたら、通訳エージェント(通訳会社)などに登録し、仕事を請けます。 言語別通訳の相場(フランス語・中国語・英語・韓国語) 言語別というより、通訳者のスキルと実績(ランク)によって料金は変わってきますが、もっともメジャーである英語の通訳は、需要も供給も多い分、単価が低くなる傾向があります。 英語での通訳が年収600万円前後とすると、 フランス語・中国語は年収650万円程度、 韓国語は日本においては話せる人が多いので英語と同じく年収600万円程度のようです。 マイナーな言語になるほど、単価は高くなる傾向がありますが、その分需要も減り稼働日数が少なくなるため、年収が大幅にアップするということはありません。 通訳で年収1000万円以上(高年収)を狙うには?【考察】 収入を増やすには、料金の単価アップが重要となります。 フリーランスとして経験を積み、さまざまなジャンルの通訳をこなし、ランクを上げていくにつれ、単価は上がっていきます。 同時通訳の仕事がプロレベルになると、料金は明確に上がるといわれています。 そうなるまでには3年~6年の通訳経験が必要です。 国際会議などの同時通訳ブースに入るような難易度の高い案件をこなすことができるようになれば、年収1000万円も夢ではありません。 経験20年以上のベテランの中には、 年収2000万円を稼ぐ人もいます。 スキルと実績を十分に満たしていると判断したら、自分で料金交渉をしていくと良いでしょう。 スキルと実績があっても、ただ待っているだけでは仕事はきません。 自ら売り込む営業努力も必要となります。 経歴書、実績表を常にアップデートして、通訳派遣会社に応募したり、仕事用のホームページやブログを作ったり、facebook等のSNSを利用するなど、積極的にアピールしていくことも大切です。 また、同業者とのつながりから仕事がくることも多いので、人脈を広げることも重要です。 そのほか、日本国内だけでなく、海外エージェントと直接取り引きすることで、仕事の幅を広げることもできます。 アメリカ政府や海外エージェンシーが募集している、中東、アフリカの紛争地域などいわゆる危険地域での通訳になると、年収2000万円ということもあるようです。 通訳スキルを上げ、専門分野を身につけて料金の単価を上げ、営業努力をし、稼働日数を増やすことが、高収入への道となります。 通訳の口コミ 給料:40万円 英語の通訳や翻訳やってます。

次の

中国の平均年収【富裕層・中間層・農村】や有名企業の年収分布

中国語 年収

google. Terryさんによると、以下の制約事項があるそうです。 IPチェックによる重複チェックはされているが、同一人物多投票の可能性がある。 不特定多数が投票出来る為、投票者が本当にフリーランス翻訳者かどうかは分からない。 投票者が嘘の情報を投票している可能性がある。 Terryさんがコメントしている通り、色々なノイズが乗ったデータであるという事を前提としても、ある程度の傾向は把握できると思います。 年収2,000万円以上の在宅翻訳者が5名ということに驚く人も多いと思いますが、年収2,000万円以上と回答した方の一部はTerryさんの知り合いの翻訳者さんだそうで、ある程度の信憑性はあるとのことです。 google. 次に多いのは、400万~600万で24. この結果から推定すると、 専業の在宅翻訳者の平均年収は約400万前後ではないかと思われます。 ただし、在宅翻訳者といっても、分野も多岐にわたり、専業で1日8時間稼働できる人、専業だけど介護や育児などで1日4~5時間程度しか稼働できない人、兼業で土日しか仕事ができない人など、さまざまな状況の人がいるため、かなりバラつきはあると思います。 在宅翻訳者の平均年収は、翻訳の分野によっても、かなり異なると思います。 出版や文芸分野の翻訳で高収入を得ているのは、高いスキルを持つ上位一握りの翻訳者のみではないでしょうか? 一般的には、出版や文芸分野の翻訳よりも、産業翻訳の方が安定した収入を得られると言われています。 産業翻訳の中でも専門性の高い医療翻訳、特許翻訳は単価が高く、高収入を得られる分野です。 「翻訳家の仕事の本音」というサイトの中では、特許翻訳者の中に高収入者が目立ちました。 例えば、機械・自動車関係の特許翻訳(日英)を専門としている37歳の女性で、年収 1000万円以上1200万円未満という方もいました。 このサイトについては、こちらの記事でもご紹介しています。 参考記事: 特許翻訳は医療翻訳と同様、需要が多いのに、対応できる翻訳者が少ないため、高額収入者が多い分野です。 医学や製薬業界に関する知識ゼロから始めると、年単位の勉強が必要と言われている医療翻訳と比べると、短期間で高収入を得やすい分野かもしれません。 「語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ」の著者で、短大卒、英検3級の「ずぶの素人」から、2年後に月収100万を達成した水野麻子さんも特許翻訳者です。 在宅翻訳者として安定した収入を得るためには日英翻訳がおすすめ 在宅翻訳者(フリーランス)で安定した収入を得るには、出版や文芸分野よりも産業翻訳分野の翻訳者になることをおすすめします。 産業翻訳分野でも、特に需要が多く、安定して高収入が得られる分野は、医薬翻訳と特許翻訳と言われています。 医薬翻訳と特許翻訳の中でも、特に不足しているのは日英の翻訳者です。 日英の翻訳者は、ネイティブじゃないと難しいのでは?と思われるかもしれませんが、実際に、日本語の原文を完璧に理解できる英語ネイティブの数は少ないため、日英翻訳者は常に不足しています。 これから、翻訳の勉強を始めるという方、安定した収入を得たいという方は、ぜひ、日英翻訳者を目指してください。 在宅翻訳者(フリーランス)の収入・平均年収、稼げる分野まとめ 在宅翻訳者の平均年収、安定して稼げる分野、在宅翻訳者として安定した収入を得るためにはどうすればいいかなどについて、まとめてみました。 翻訳は難しい分、奥が深くてやりがいのある仕事です。 分野や働き方にもよりますが、安定した収入を得ることも可能です。 これから翻訳家を目指す人 、安定して稼ぎたい人には、特許や医療分野で日英翻訳者を目指すことをおすすめします。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 このブログは翻訳ブログランキングに参加しています。 ブログ更新の励みになりますので、応援していただけると嬉しいです。 スポンサード・リンク.

次の

通訳【英語・中国語・韓国語・フランス語】の年収や年齢別・フリーランス翻訳家・都道府県別年収推移|平均年収.jp

中国語 年収

中国の富裕層・中間層・農村部の年収比較 中国の階級別年収を比較してみました。 【富裕層】 富裕層の年収は約2900万円以上。 世界でもランクに入るほどの富裕層密度です。 北京市・浙江省・広東省・青海省だけが全国平均水準を大きく上回っています 日本を訪れ爆買いをする中国人のことがニュースになっていますが、日本人の多くは日本の平均年収のほうが中国の平均年収よりも多いのに、なぜ爆買いできるのか疑問に感じている方も多いと思います。 国税庁が公表している民間給与実態統計で見ると、2014年度の日本人の平均年収は414万円でした。 ただここ10年はわずかながらですが日本人の平均年収は減少傾向にあり、それに対して2014年度の中国人の平均年収はだいたい100万円 5万元 ぐらいだと言われています。 ただ中国人の平均年収と日本の平均年収を、たんに比べても意味が無いとも思われます。 それは中国の場合は都市部と地方都市との格差が、私たち日本人には想像できないほどあるからです。 例えば中国の国営や公営企業の平均年収と民間企業の平均年収とでは、2014年度の北京市内の国営や公営企業の平均年収が203万円(約102元)に対して、民間企業の平均年収は105万円(約52元)と倍近い格差があるからです。 さらに同じ都市部の国営や公営企業の平均年収でも20省市のなかでは北京市・浙江省・広東省・青海省だけが全国平均水準を大きく上回っています。 それに比べて国際都市の上海では国営や公営企業の平均年収はそれほど高くありませんが。 逆に日本人の平均年収を上回っている民間企業がたくさんあります。 その一方で地方都市や農村部には、貧困にあえぐ中国人もまだまだたくさんいます。 では一体どんな中国人が日本を訪れて、爆買いをしているのでしょうか? 中国では自由経済の政策を取り入ってから、事業で成功して大金持ちになった中国人や、村全体で民間企業を立ち上げて裕福になった例がたくさんあります。 それと権力や地位を利用して、賄賂で年収以上の収入がある役人が今でも存在します。 このような中国人は日本人の平均年収よりも何倍も所得があり、日本で爆買いをすることなどわけがありません。 中国の人気企業の年収ランキング 中国で平均年収が高い業種というと、上から 1位:華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ) 2位:聯想集団(レノボ) 3位:百度(バイドゥ) 4位:阿里巴巴集団(アリババ) 5位:騰訊控股有限公司(テンセント) 6位:中国移動(チャイナ・モバイル) 7位:中国電信(チャイナテレコム) 8位:小米科技(シャオミ) となります。 世界企業でも有名になりつつあるアリババやテンセント、シャオミが軒並みランクインしていました。 中国の職業別年収 中国の職業別年収を海外サイトを参考に調べてみたところ 金融業:4万8000ドル(約480万円) 広告ディレクター:11万0000ドル(約1100万円) 銀行:19万0000ドル(約1900万円) 教育:2万8000ドル(約280万円) 人事:8万0000ドル (約800万円) プログラマー・開発:9万5000ドル(約950万円) 弁護士:20万5000ドル(約2050万円) コンサルタント:11万0000ドル(約1100万円) 大手企業の営業部長:31万5000ドル(約3150万円) となりました。 関連コンテンツ 中国の地方と都市の格差は実態はどうなってるの? 日本国内でも地方と都市の格差はありますが、中国の場合は地方と都市の格差は日本以上です。 ただ中国政府は長年、地方と都市の所得格差を示すジニ係数を、明らかにしていませんでした。 ジニ係数とは所得の格差を測る指標のことで、この値が大きいほど格差が大きいことがわかります。 ジニ係数は0から1までの数値があり1に近づくほど所得の格差があることを表し、一般的にその値が 0. 4以上になると警戒状態で、0. 5以上であれば社会が不安になると言われています。 所得格差の指標として知られているジニ係数ですが、これまでジニ係数を公表してこなかった理由を中国政府は統計と申告制度に問題があったため、全国の国民を対象にした調査ができなかったとしています。 2013年1月18日に2003年にまでさかのぼ中国国家統計局が公表したジニ係数では、2008年を境にジニ係数が減少傾向していることがわかります。 下記が中国政府が公表ししたジニ係数ですが、実際の中国の地方と都市の格差はこの数値の何倍もあり、その格差が拡大していると考えた方が無難なようです。 【ジニ係数】 2003年0. 479 2004年0. 473 2005年0. 485 2006年0. 487 2007年0. 484 2008年0. 491 2009年0. 490 2010年0. 481 2011年0. 477 2012年0. 474 2013年0. 473 上記からも常に0. 4を超えているためかなり格差があると考えていいでしょう。 各国(国別)の平均年収一覧 世界には約300もの国があります。 その中でも最近話題の各国(国別)の平均年収一覧をまとめてみました。

次の