七五三 お参りいつ。 七五三の前撮り(早撮り)はいつから?事前準備をチェック |一軒家貸切型写真館プレシュスタジオ

七五三のお参り時期はいつ?神社への予約と初穂料について

七五三 お参りいつ

七五三のお参り時期はいつ頃?写真はいつまでに撮影すればいいの? 七五三お役立ちコラム 七五三の年齢やお参りはいつ?数え年? 満年齢? 子供の成長をお祝いする節目の行事となる七五三。 女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に七五三のお祝いをします。 参拝日は一般的には 11月15日と言われていますが、この日がお休みでなかったり、11月15日前後は神社が大変混雑するので、近年は時期をずらして参拝されるご家庭も多いです。 では「いつごろお参りするのがベストなの?」「数え年・満年齢どちらでやるべき?」と悩んでいらっしゃるパパやママ向けに、今回は参拝や撮影のタイミングについて詳しく解説していきたいと思います。 数え年と満年齢、どちらの参拝が正しいの!? 日本では昔から、生まれた日から元旦までを1歳と数え、元旦に年齢が1歳増す数え方の「数え年」を使って年齢が数えられてきました。 しかし現在では、生まれた日を0歳とし、翌年の誕生日で1歳年齢が増す「満年齢」で数えるケースが一般的になってきています。 よって、昔は数え年で七五三を祝うのが殆どでしたが、 現在では数え年はもちろん、満年齢で祝っても良いとされています。 数え年・満年齢でお祝いする時期を選べる? 数え年・満年齢どちらでも七五三のお祝いをしてもOKなので、例えば3歳のお祝いを数え年で行う場合は、満年齢でいうと2歳で七五三のお祝いをすることになります。 この時期のお子さまの成長は早いもので、2歳と3歳では身長や見た目など1年で大きく変わります。 よって、 まだ赤ちゃんの頃のあどけなさが残るうちに七五三のお祝いをして写真に残したい場合は、数え年でのお祝いがおススメです。 一方で、 普段気慣れていない着物を着ての参拝や写真撮影により、お子さまが疲れてぐずってしまうのではないか…と心配されるような場合は、満年齢の3歳になってからのお祝いが良いでしょう。 また、早生まれのお子さま(1月1日~4月1日に誕生日)も数え年でのお祝いか、満年齢でのお祝いかで悩まれる…というお話しをよく耳にします。 もちろんどちらを選んでも問題はありませんが、 早生まれのお子さまの3歳のお祝いは、小さなお子さまの負担を考慮されてか、満年齢で実施されるケースが多いようです。 兄弟姉妹がいる場合は上の子は満年齢、下の子は数え年で一緒にお祝いするなど、現代の七五三はお子さまの年齢に合わせて時期を選ぶことが多くなっています。 お子さまの成長に合わせて、都合の良い方でお祝いの日を選ぶと良いでしょう。 七五三のお参り・撮影おススメ時期は? 七五三は一般的には11月15日ですが、この前後になると神社は大変混雑します。 加えてパパやママのお仕事の都合もあるため、近年は11月15日の前後1、2ヶ月に参拝したり、お写真を撮るという方が多いようです。 この時期は一年の中でも過ごしやすく、また紅葉もちょうど見頃なシーズンとなります。 よって 七五三のお参り撮影は、美しい紅葉を背景にお子様のベストショットが期待できる「9月~12月初旬ぐらい」のご家族の都合の良いタイミングがおススメです。 ただし、早い時期にお参りするときには、気温に注意しましょう。 9月、10月のうちはまだまだ突然暑くなる日があるため、気を付けないと、お子さんが慣れない着物で余計に暑くなってしまい、体調を崩してしまうことがあります。 一方で寒冷地にお住いの場合は、早めにお参りをするのがおススメです。 寒くなってしまいますし、11月も末になると雪が降って足元が悪くなってくるのでご注意下さい。 七五三のお参りは六曜も気にするべき? 「結婚式は大安が良い」「お葬式は友引を避ける」といった言葉をよく耳にします。 大安や友引、先勝などのカレンダーに記されている六曜は、日本の伝統行事の開催日と深く関係しています。 では七五三のお祝いも、六曜にこだわって大安にすべきなのでしょうか!? 結論から言うと、 六曜は中国の思想であり、日本の神道とは無関係なので、気にせず七五三のお参りに行って問題ないようです。 しかし、六曜は現代でも特に冠婚葬祭に大きな影響力を持っており、何かをする時に六曜にこだわる方が大勢いらっしゃいます。 よって神社の混雑具合への影響は少なからずありそうです。 特に休祝日の大安吉日は、神社に参拝客が集中しやすく、かなりの混雑が予想されるので、注意が必要です。 七五三の時期を大きく外しても大丈夫? 七五三はお子さまの成長を報告し、今後の健やかな成長を祈願する気持ちが大切です。 よって、 極端に暑い時期や寒い時期を除けば、大きく時期を外してしまっても問題ないでしょう。 七五三の当日は神社を参拝したり、写真撮影、食事会などパパとママ・お子さま共に多忙な1日となります。 小さなお子さまにとって、着慣れない着物を着て、長時間過ごすというのはかなり負担が大きいものです。 また写真撮影も小さなお子様ですと待ち時間が長いと飽きてしまったり、撮影の際にくずって大変だった…という経験をお持ちのパパやママが少なからずいらっしゃいます。 そういったこともあり、 「七五三のお参りと別の日にゆっくり写真撮影」という人が増えてきています。 近年は、写真スタジオの「七五三 撮影プラン」が充実してきています。 スタジオマリオでも、お得で特典豊富な「七五三撮影メニュー」「七五三キャンペーン」を多数ご用意しております! 但し、神社に関しては時期が外れると、少なくとも予約なしでの祈祷を受け付けていない場合があるので、事前に神社に確認をとった方がいいでしょう。

次の

七五三はいつするの?〜正しいお参りの時期やお祝いの仕方〜

七五三 お参りいつ

発端は、徳川綱吉が息子・徳松の健康を祈るために良き日がないかを調べさせたことに始まります。 旧暦の11月は神様にその年の収穫を感謝する月で、15日は二十八宿(古代中国の星座の区分)の考え方で鬼が出歩かない「鬼宿日」という日でした。 その二つをかけ合わせて、「子どもの成長と収穫を感謝する行事」を11月15日に行ったのが元になりました。 現在のような七五三の形になったのは明治時代になってからです。 こうしてみてみると七五三のお参りは、神社やお寺の正式な行事として江戸時代から「 11月15日」と決まっているようです。 しかし最近では… しかし最近ではそれぞれの家庭の都合などを考慮して、必ずしも 11月15日ではなくてもいいという風潮になってきています。 ですので、その時期をずらしてお参りする家庭もあります。 お参りする時間はいつがいい? お参り当日の時間は、 午前中がいいといわれています。 特に神社は 早朝が一番よい気で満たされており、その気にあやかるために午前中にお参りした方がいいようです。 せっかくのハレの日ですから、お参りする時間のことも考えてみてはいかがでしょうか? 七五三のお参りの時期をさらにずらすのはOK? 11月15日当日にお参りに行けなくても、10月中旬から11月中旬の辺りで七五三のお参りができればいい、というのは上記でお伝えしました。 ですが場合によってはその頃に出産を控えているなど、「 さらに時期をずらさざるを得ない」ということもあると思います。 そのような場合、 9月または 12月などに七五三のお参りをしてもいいのでしょうか? 結論からいいますと、これは 時期をずらしてお参りやお祝いをしても大丈夫です。 ご祈祷も(あくまでも神社によりますが)お願いすれば1年中受けることができるようです。 ただ、七五三の受付時期でないときは、 千歳あめが用意されていない場合もありますので、事前に問い合わせるようにしましょう。 なければ自分で用意することをおすすめします。 さらにもっと思い切って… 数え年でのお参りにこだわらないのであれば、思い切って1年後の 満年齢に七五三をお祝いしてもいいと思います。 仕事の都合や子どもの体調などもありますので、どうやってもタイミングが合わない場合は、次の年にお参りするというのも一つの手です。 初めに数え年でお参りをした時は次回も 数え年で• 満年齢でお祝いをした時には次回も 満年齢で お祝いするということです。 年齢がずれてしまうと、 縁起が悪いとされています。 昔からの慣習で今でもおこなわれる七五三のお参りですが、時代とともに柔軟になってきているようですね! 写真スタジオでの記念写真も 誕生日と合わせて撮影するなど、前倒しで行われることが増えてきました。 衣装のレンタルも時期がずれていると安く設定される、など七五三に関わることがらも多様化してきているようです。 ですが、あまり早過ぎたり遅すぎたりすると、参拝の人も少なく寂しい七五三になってしまいそうですので、その辺りはご注意を! また、お祝いの食事会を予定している場合などは、招待する方の都合もあるでしょうから、各家庭でちょうどよい時期に調整してくださいね。 ぜひ参考にしてよい七五三にしてください!• 小さい子どもがいるママです。 主婦目線で気になったことを いろいろまとめていきます!• カテゴリー• 259• 135• 1 最新の記事.

次の

七五三のお参りの時期は?参拝の準備と初穂料の相場 [ママリ]

七五三 お参りいつ

2020年お日柄の全体状況と大安・土日祝日の具合 七五三お参りシーズンの2020年の10月・11月お日柄状況全体の様子を見ると、 土日祝日と大安が重なる日が例年並みの数である というのが特徴です。 昨年2019年が例年以上に土日祝日に大安が重なる日が多かったのに比べると、少し見劣りがしますが、それでも2020年も何日かはあるので、これらの日に七五三の人出が集中しそうです。 また写真館やレンタル衣装展など七五三関連のお店なども混み合いますので、事前に十分な準備も必要になります。 これらの日が2020年の七五三お参りシーズンで最も混み合いが激しい日となり、神社・お寺の境内は七五三とそのご家族で賑わい、混み合い、祈祷の申し込みや待合所でかなりの時間がかかるでしょう。 また、これらの日に着物の衣装レンタルや、着付けヘアメイクの美容室、記念撮影の写真館や七五三の食事コースなどを提供のホテルやレストランなども予約は早くから埋まってしまい、予約困難状態になると予想されます。 仏滅のお日柄ですが、昨今は大安以外の六曜はあまり気にされないので、仏滅でも七五三の日と日曜日にお祝いするというご家族は多いでしょう。 (現在でも「七五三は七五三の日である11月15日に」というご家族は多くいらっしゃいます) またその他の10-11月それぞれの土日祝日も上記ほどではないですが、それでも混み合うことは間違いないでしょう。 また先述のように最近は「仏滅のお日柄よりも土日祝日が優先」される傾向があるため、仏滅だからといって混み合わないということはありませんので、ご注意ください。 また平日大安日も複数ありますが、他のお日柄よりは混み合う程度で、上記日程ほどの混み合いや予約の取れなさは起きないと予想されます。 2020年七五三を迎えるご家族の方は、ぜひ同ページの上記や下記カレンダーなどを活用して、お日柄・スケジュールなどを組んで見てください。 また11月の七五三ピークの周辺では神社、写真館、ホテルなども大変込み合いますし、ギリギリになると予約も取りにくくなる(もしくは全く取れなくなる)ので、早め早め(早くは夏休み前、遅くとも3、4ヶ月前くらいから)準備周到にスケジュール調整をしていきましょう。 七五三のお子さんも風邪をひきやすいシーズンですので、前の週くらいから体調管理に気をつけて、気持ちよくご家族みなさんで七五三当日を過ごせるように早い段階からスケジュールを立てておきましょう。

次の