埼玉 県 助成 金。 【2020年最新版】埼玉県で活用できる助成金・補助金一覧を解説

埼玉県の新型コロナウイルス感染症対策で使える補助金や助成金を一覧として紹介

埼玉 県 助成 金

埼玉県建築物耐震改修等事業 埼玉県建築物耐震改修等事業は、民間建築物を対象に、耐震改修等に向けての支援を行っている助成事業です。 民間建築物を対象に、耐震改修等にかかる必要となる経費の一部を補助しています。 補助対象建築物 埼玉県建築物耐震改修等事業の補助対象となる建築物は、多数の者が利用する下記の建築物となります。 ・耐震診断 ・耐震改修設計、建替設計 ・耐震改修工事、建替工事、除去工事(緊急輸送道路閉塞建築物のみ対象) 補助金の額 埼玉県建築物耐震改修等事業の補助金額は下記の通りとなります。 出典:埼玉県内の住宅・建築物の耐震診断・耐震改修に関する補助制度のご案内 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業は、次世代を担う子供たちが、幼い頃からみどりと触れ合う環境を整えるために設けられた助成事業です。 幼稚園や保育園等の園庭、小・中学校や高等学校等の校庭の芝生化の推進を目的として設けられました。 幼稚園や保育園等の園庭、小・中学校や高等学校等の校庭の芝生化を行うときにかかる費用を補助しています。 補助対象事業 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業の補助対象となる事業は下記の項目を順守する必要があります。 ・ 県内の園庭・校庭において、50 ㎡以上の芝生化と植樹を組み合わせて実施すること ・将来にわたり緑化が良好に生育しうるよう、日照及び良好な土壌環境を確保する配 慮をすること。 補助対象者 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業の補助対象となるものは下記の通りとなります。 ・補助対象となる施設を設置した団体の代表者又は市町村長 ・当該施設において芝生化事業を実施し、かつ、その後の適正な維持管理活動に努めることができるもの 補助対象経費 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業の補助対象となる経費は、下記にあげる工事などに必要な経費となります。 ・芝生化工事費用(芝の植栽、土壌改良、給排水設備等を含む) ・植樹費用 ・機械器具類等購入費用(芝生の維持管理に必要な芝刈り機等の購入に必要な経費) ・前条第1項第3号に規定する案内板の設置費用 ・イベント費用(環境意識の醸成等を目的として、園児・児童・生徒や保護者等が芝 生化作業を行う際に必要となる物品購入費用) ・ その他費用(障害物移設及び撤去費用、調査・設計費用等) 補助金の額 みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業の補助金額は下記の通りとなります。 埼玉県産業立地促進補助金 埼玉県産業立地促進補助金は、地域経済の活性化と雇用の創出に寄与する企業の立地を促進するために設けられた助成事業です。 埼玉県内に、新たに一定規模の工場や研究所等を建設する企業に対して、補助金を支給しています。 補助対象事業 埼玉県産業立地促進補助金の補助対象となる事業は下記の通りとなります。 補助対象者 埼玉県産業立地促進補助金の補助対象者となる交付条件は下記の通りとなります。 ただし、中小企業基本法に規定する中小企業で土地売買契約(借地契約)届出書提出時の総従業員数が100人以下の場合は1人以上であること。 補助金の額 埼玉県産業立地促進補助金の補助金額は下記の通りとなります。 ・納期限内に納付した不動産取得税相当額(限度額1億円)を補助します。 再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金 再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金は、省エネルギー対策及び地球温暖化対策推進のため、市内の住宅に再生可能エネルギー・省エネルギー設備を設置した方を支援している助成事業です。 市内の住宅に再生可能エネルギー・省エネルギー設備を設置した人には、補助金を「まち元気」熊谷市商品券が交付されます。 なお、「太陽光発電システム」のみならず、その発電した電気を自家消費するために有効な「家庭用蓄電システム(蓄電池)」に対しても補助を行っています。 補助対象設備 再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金の補助対象設備は下記の通りとなります。 ・太陽光発電システム (電力会社と余剰電力の買取契約を締結しているもの) ・太陽熱利用システム【自然循環型】 ・太陽熱利用システム【強制循環型】 ・家庭用燃料電池システム(エネファーム) ・家庭用蓄電システム ・補助対象経費の5パーセント 補助対象者 再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金の補助対象となるものは下記の要件を満たす必要があります。 ・市内の住宅(住民基本台帳の登録地であること)に未使用の補助対象設備を設置したものであること。 ただし、申請者が設置する住宅の所有者でない場合は、当該住宅の所有者の同意を得ていること。 ・設置した補助対象設備の保証書に記載されている購入年月日(太陽光発電システムについては、電気事業者への余剰電力の売電を開始した日)が平成31年4月1日から令和2年3月31日までであること。 ・補助対象設備を設置する建築物および建築物の敷地等に建築基準法、都市計画法等の違反がないこと。 ・補助金の交付申請時において、市税の滞納がないこと。 ・補助対象設備を法定耐用年数以上使用すること(お知らせを参照してください)。 補助金の額 再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金の補助対象金額は下記の通りとなります。 補助対象設備 補助金額 上限額 耐用年数 太陽光発電システム 1kwあたり20,000円 100,000円 17年 太陽熱利用システム(自然循環型) 10,000円 一律 15年 耐用熱利用システム(強制循環型) 30,000円 一律 15年 家庭用燃料電池システム(エネファーム) 補助対象経費の5% 50,000円 6年 家庭用燃料電池システム 補助対象経費の5% 50,000円 6年 住宅用エネルギーマネジメントシステム(HEMS 20,000円 一律 5年 さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金 さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金は、企業等が研究開発機能、本社機能、製造機能又は東日本の活動拠点機能のための事業所等を、市内に新たに賃借し開設する方に向けて行われている助成事業です。 事業所等をさいたま市内に新たに賃借して開設する場合に、対象となる経費の一部を補助しています。 補助対象事業 さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金の補助対象となる事業者は下記の要件をすべて満たす必要があります。 ・1年以上の事業実績を有する企業等であること。 ・当該事業所等において、本社機能、製造機能及び東日本の活動拠点機能に係る常時雇用者が10人以上又は研究開発機能に係る常時雇用者が5人以上であること(当該事業所等が中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する中小企業者である場合にあっては、研究開発機能、本社機能、製造機能及び東日本の活動拠点機能に係る常時雇用者が5人以上であること。 ・当該事業所等が他の制度による賃借料の補助を受けないこと。 ・事業に必要な届出又は許認可等を取得していること。 ・市税を滞納していないこと。 補助対象経費 さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金の対象となる経費は下記の通りとなります。 ・賃借料 補助金の額 さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金の補助金額は下記の通りとなります。 ・進出した月から起算して3月分の補助対象経費の額 (その額に1,000円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てた額) ・1企業等につき総額で300万円を限度とする。 ・大型特例 補助対象事業者のうち、下記に該当する者については、前条の規定にかかわらず、補助金の額は1企業等につき総額で600万円が限度額となります。 まとめ 2020年の埼玉県で活用できる5つの助成金と補助金となる「埼玉県建築物耐震改修等事業」「みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業」「埼玉県産業立地促進補助金」「再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金」「さいたま市産業進出促進事業所等賃借料補助金」を一覧として解説してみました。 埼玉県では、企業の立地や産業進出に向けて支援しており、また省エネルギ~設備やみどりいっぱいの園庭など、県民の暮らしを豊かにする助成事業も設けられています。 埼玉県民や県内で事業をしている方、これから始めようとしている方は、これらの助成金や補助金を有効的に活用して、ゆとりある暮らしや企業の発展にお役立ててください。

次の

企業の皆さまへ

埼玉 県 助成 金

埼玉県が実施しているこども食堂への対応 埼玉県では「埼玉県子ども食堂ネットワーク」を発足させ、県全体で子ども食堂やプレーパークといった「子供の居場所」作りを支援しています。 平成30年8月におこなったこどもの居場所実態調査では164箇所でしたが平成31年2月には230箇所が確認されています。 埼玉県でも子ども食堂への関心が高くなってきていることがわかります。 また、県からはこれから子ども食堂を開設して支援したいという方の相談に乗る「こどもの居場所づくりアドバイザー」も派遣しています。 「子ども食堂を開設する」という方に助成金を交付するだけではなく、 「子どもを支援したいがどうしたらいいのか分からない」という方のバックアップも行っています。 助成金の交付で開設の支援をするだけではなく、 子ども食堂が実際に正しく運営されているか、利用者がどのくらいいるのか、どれだけ支援が広がっているかといった実態調査も定期的に行っています。 実態調査を行うことで、施設の形骸化を防ぎ、より正しい実態に沿った利用や支援ができるようにしています。 引用: 埼玉県の市町村単位で行われている子ども食堂・支援の事例 県だけではなく、市町村単位でも取り組みが行われています。 実際にさいたま市と入間市で行われている取り組みのケースを見てみましょう。 子ども食堂|さいたま市のケース さいたま市は子どもたちが様々な世代との交流を通じて、健全に成長できる環境づくりの推進を掲げており、県内でも特にこども食堂に対し熱心に取り組んでいる市の一つです。 さいたま市では子ども食堂に取り組む団体等に対し経費の一部を補助しています。 さいたま市の助成金の内容 (1)食材費 ・参加した子どもとボランティア1人につき1日400円を限度 (2)運営費 ・備品や消耗品、印刷製本費、保険料等の経費について、2分の1の金額(上限100,000円) さいたま市の助成金交付条件• 食材費及び運営費の交付額は1年度合計でおおよそ240,000円が上限。 (応募状況により減額する場合あり)• 補助金の交付対象は1か月につき2日実施分のみとなります。 子ども食堂|入間市のケース 入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されていて、食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもあります。 また、さいたま市同様、「子ども食堂ネットワークいるま」でも助成金を交付しています。 入間市の助成金交付条件 子ども食堂1回の開催につき居場所事業の運営に必要な経費として5,000円交付 (食材費・会場費・消耗品費等)• 入間市内で、食を通した居場所事業を実施する運営者又は運営団体であること• こども食堂ネットワークいるまの会員であること• 事業の対象者に、子どもを含むこと• 営利を目的とした活動・政治活動・宗教を布教する活動を行わないこと• 申請時に開催日時、場所の確保が出来ていること (開催日の天候によって中止になる可能性がある場合は、振替日があること)• 参加者を一般募集していること• 参加費は無料もしくは材料費徴収程度の安価であること• 申請書に予算書、報告書に決算書を添付すること• 同じ運営者・運営団体の申請は、原則年間6回まで 引用: 埼玉県の子ども食堂補助金まとめ 埼玉県では県や市町村全体で子供を守る子ども食堂の推進に取り組んでいます。 県はもちろん、多くの市町村では助成金の交付も行われており、これからますます子どもの居場所が増え、子どもにとって優しい地域になることが予想されます。

次の

埼玉県中小企業・個人事業主支援金、埼玉県業種別組合等応援補助金

埼玉 県 助成 金

埼玉県が実施しているこども食堂への対応 埼玉県では「埼玉県子ども食堂ネットワーク」を発足させ、県全体で子ども食堂やプレーパークといった「子供の居場所」作りを支援しています。 平成30年8月におこなったこどもの居場所実態調査では164箇所でしたが平成31年2月には230箇所が確認されています。 埼玉県でも子ども食堂への関心が高くなってきていることがわかります。 また、県からはこれから子ども食堂を開設して支援したいという方の相談に乗る「こどもの居場所づくりアドバイザー」も派遣しています。 「子ども食堂を開設する」という方に助成金を交付するだけではなく、 「子どもを支援したいがどうしたらいいのか分からない」という方のバックアップも行っています。 助成金の交付で開設の支援をするだけではなく、 子ども食堂が実際に正しく運営されているか、利用者がどのくらいいるのか、どれだけ支援が広がっているかといった実態調査も定期的に行っています。 実態調査を行うことで、施設の形骸化を防ぎ、より正しい実態に沿った利用や支援ができるようにしています。 引用: 埼玉県の市町村単位で行われている子ども食堂・支援の事例 県だけではなく、市町村単位でも取り組みが行われています。 実際にさいたま市と入間市で行われている取り組みのケースを見てみましょう。 子ども食堂|さいたま市のケース さいたま市は子どもたちが様々な世代との交流を通じて、健全に成長できる環境づくりの推進を掲げており、県内でも特にこども食堂に対し熱心に取り組んでいる市の一つです。 さいたま市では子ども食堂に取り組む団体等に対し経費の一部を補助しています。 さいたま市の助成金の内容 (1)食材費 ・参加した子どもとボランティア1人につき1日400円を限度 (2)運営費 ・備品や消耗品、印刷製本費、保険料等の経費について、2分の1の金額(上限100,000円) さいたま市の助成金交付条件• 食材費及び運営費の交付額は1年度合計でおおよそ240,000円が上限。 (応募状況により減額する場合あり)• 補助金の交付対象は1か月につき2日実施分のみとなります。 子ども食堂|入間市のケース 入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されていて、食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもあります。 また、さいたま市同様、「子ども食堂ネットワークいるま」でも助成金を交付しています。 入間市の助成金交付条件 子ども食堂1回の開催につき居場所事業の運営に必要な経費として5,000円交付 (食材費・会場費・消耗品費等)• 入間市内で、食を通した居場所事業を実施する運営者又は運営団体であること• こども食堂ネットワークいるまの会員であること• 事業の対象者に、子どもを含むこと• 営利を目的とした活動・政治活動・宗教を布教する活動を行わないこと• 申請時に開催日時、場所の確保が出来ていること (開催日の天候によって中止になる可能性がある場合は、振替日があること)• 参加者を一般募集していること• 参加費は無料もしくは材料費徴収程度の安価であること• 申請書に予算書、報告書に決算書を添付すること• 同じ運営者・運営団体の申請は、原則年間6回まで 引用: 埼玉県の子ども食堂補助金まとめ 埼玉県では県や市町村全体で子供を守る子ども食堂の推進に取り組んでいます。 県はもちろん、多くの市町村では助成金の交付も行われており、これからますます子どもの居場所が増え、子どもにとって優しい地域になることが予想されます。

次の