リベル・レギス。 リベル・レギス

斬魔大聖デモンベイン軍神強襲に出た巨大な宇宙の大きさは宇宙が分子...

リベル・レギス

3 VSクエスト「地上の星々が紡ぐ叫びと祈り」特効Lv. 3 攻撃 HP アビリティ習得ユニットクエスト LAST NIGHT【SSR】 VSバトル用必殺スキル・精神スキル・アビリティ 必殺スキルと精神スキル、アビリティのアリーナでの効果。 そして、高い装甲と回避率に加え、状態異常と吹き飛ばしを無効化しつつ、通常攻撃にHP回復効果を持つ。 ダメージの稼げる壁役として非常に優秀だ。 その上で、HP満タン時に必中効果を得ることができ、Pアビリティで 「鬼械神」を習得すれば、毎ターンHPを全回復するので、ターンが回ってきたらどんな相手にも高火力の攻撃を当てることができる。 回避率もそこそこになるので、命中率の低い相手には途中からタフネスも削られなくなるのが強みだ。 欠点としては、初期状態は鈍足なので、行動力が高く、多段の必殺スキルを持つ敵には押し切られる可能性があること。 そして、数は少ないがタフネス無効効果のある必殺スキルには一方的にやられてしまう。 その他のPアビリティは、 「疾駆」は習得したい。 あとは、回避のための 「見切り」か行動力アップの 「マークスマン」に 「急速復帰」や 「反撃」を加えていこう。 機体&パイロット紹介 機体とパイロットのプロフィール。

次の

デモンベインの詠唱文

リベル・レギス

軍神強襲で最大の宇宙である巨大な宇宙の大きさは、宇宙を崩壊させるほどの(体積ではなく)「質量とエネルギー」を持っていたはずの二体の鬼械神(軍神デモンベインと軍神リベル・レギス)が分子以下の扱いになる大きさです。 我々の宇宙(普通の宇宙)よりも現実の拘束力が弱い特殊な宇宙の内部(特殊な環境)にて、軍神デモンベインは軍神リベル・レギスと競い合って巨大化しましたが、巨大化した回数は5回だけです。 6回目の巨大化をした記述はありません。 「際限なく巨大化しまくった」というのは一部のデモンベイン信者の妄想です。 軍神デモンベインの基本サイズは普通のデモンベイン(55. 5 m)の10倍=555mです。 1回目の巨大化(倍率1万倍)で5550kmになりました。 2回目~5回目の巨大化は倍率不明なので、5回目の巨大化でどの程度の大きさになったのか不明です。 5回目の巨大化をした二体の鬼械神が宇宙以上の大きさになった記述はありません。 それどころか恒星以上の大きさになった記述すらありません。 巨大化した二体の鬼械神の大きさは、大宇宙サイズどころか、恒星サイズ未満という事にしかなりません。 軍神強襲に出た巨大な宇宙の大きさは、恒星より小さい二体の鬼械神が分子以下の扱いになる大きさという事にしかなりません。 「おそらく~~と思います。 」という主観に基づいた勝手な憶測や妄想が通用する場は、同好の信者同士が仲良く語り合っている場だけです。 「軍神強襲に出た巨大な宇宙の大きさは宇宙が分子以下の扱いになる大きさ」とか「軍神デモンベインは大宇宙サイズ」というのは、一部のデモンベイン信者の妄想であり、捏造です。 強さ議論などで自分の推しているデモンベインを勝たせる(最強にする)為に、地の文に書かれていない事を勝手に妄想(脳内で勝手に加筆)して、それを地の文に書かれている事であるかのように捏造して謳うなど論外です。

次の

リベルレギス(小説)

リベル・レギス

シリーズ 18禁PCゲーム。 2003年4月25日発売。 上記作の内容を全年齢版に改め、演出の強化やシナリオの追加などを行った2004年7月1日に用ソフトとして発売したもの。 および、2006年に放送されたアニメ版のタイトル。 ゲーム付属のOVAも同タイトルとなっている。 2019年にはWindowsOS対応版が販売される。 (事実上の復刻版) 2013年には『』に参戦。 アダルトゲームを原作とするメディアからの参戦は話題となった。 ただし、がOVA版、漫画版など非アダルト作品名義での参戦になったのと同様に、アニメ版名義による参戦のため 厳密にはアダルト作品の参戦ではないことになっている。 しかしながらその実原作ゲーム版の内容も込みで扱われており(アニメで存在をカットされたキャラについての言及があるなど)、実質ゲーム版からの参戦といっても過言ではない。 更に後日譚である機神飛翔、古橋版の小説の内容も含まれている ちなみに「デモンベイン」の名はそもそも が『』プレイ時にに付けた名前だそうであり、ある意味約束された参戦だったのかもしれない。 後日譚となる作品。 2006年5月26日発売。 全年齢向け 15歳以上推奨 PC作品となっており、ノベルパートに加えて機械神 等を操作して戦う3Dアクションパートのある構成となっている。 DX版には風シミュレーションゲーム「都心復興デモンベイン」が付属している。 小説版 本編の小説版である『無垢なる刃』、『魔を断つ剣』、『明日への翼』は、 外伝小説である『機神胎動』、『軍神強襲』、『ド・マリニーの時計 ド・マリニーの時計、遺跡破壊者、破壊の序曲のカップリング 』はが著者となっている。 登場人物 主人公• 覇道財閥• ブラックロッジ• アンチクロス• ミスカトニック大学• その他• デモンベイン.

次の