臭い玉 除去。 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

臭い玉が出来やすい人と出来にくい人の特徴とは?子供もできる?

臭い玉 除去

膿栓ができると喉から独特な硫黄臭や下水臭の口臭がするようになります。 そのため、「膿栓を取りたい」と思うかもしれません。 また、膿栓が取れずに扁桃に溜まったままになると、喉に魚の小骨が刺さったような痛みや違和感が起こります。 そのため、すぐにでも「膿栓を取りたい」と思う人もいます。 しかし、膿栓ができたとしても、普通は知らないうちになくなります。 それは、食事や咳をした時に膿栓が勝手に取れてしまうからです。 ところが、自然に取れない膿栓もあります。 取れない原因として考えられるのは、膿栓が溜まる扁桃のくぼみの形状や、喉の乾燥によって固まった膿栓が粘膜に強く付着している場合です。 また膿栓が多量にたまる(良く出る)とか、膿汁が多量に付着している場合には、口臭も強くなります。 このような場合は、慢性扁桃炎や咽頭炎など耳鼻科疾患が原因になっているケースが多いので、耳鼻咽喉科を受診されたほうがいいでしょう。 膿栓の症状によっては、膿栓の除去や洗浄も行ってくれます。 一度ご相談してみてください。 しかし、色んな理由からすぐに耳鼻咽喉科にも行けない場合には、今からお伝えする方法で膿栓の除去を試みてください。 口に水を含み、ガラガラと「喉うがい」をします。 この時、「あ~、う~」と、膿栓がある部分をめがけて水が当たるようにします。 うがいをしたら、今度は「あっ、うっ」という感じで水と一緒に膿栓を吐き出すようにするのが、コツです。 一日、朝晩うがいを続けると、簡単に取れる場合がありますが、取れないからといって無理に取ろうとすると、喉を傷めるのでご注意ください。 今回の記事は、膿栓の取り方について詳しくご紹介しますので、ご参考にしてください。 この記事の目次• 膿栓には取れるタイミングがある 膿栓ができたとしても、食事の時に飲み込んでしまうことが多いでしょう。 人によっては、咳やくしゃみをして飛び出てきたというケースもありますが、その場合は、すでに膿栓は自然と取れてしまうタイミングにあったのです。 このタイミングを無視して無理に膿栓を除去しようとすると、喉を傷付けてしまうのでお止めになってください。 上手く膿栓を除去するには、扁桃の表面に膿栓が付いているのを目視出来る時を狙うのがベストです。 膿栓の原因を知る 膿栓は扁桃のくぼみにできます。 白色や黄色の膿栓をつぶすと強い悪臭を放つために、臭い玉とも呼ばれます。 喉や鼻から入ってきた細菌やウイルスを捕まえて殺すために、扁桃からは白血球などの免疫物質が分泌されます。 免疫と細菌・ウイルスの戦いの後、扁桃のくぼみ(陰窩)には白血球などの死がいと食べかすなどの汚れがたまり膿栓ができます。 しかし、多少膿栓ができても口臭の原因になることはなく、発熱や喉に腫れなどの症状がなければ放置しても問題ないようですので、できれば無理やり取らないほうがいいでしょう。 適切な膿栓除去法を選択する 膿栓を除去すると違和感もなくなりスッキリするかもしれません。 そのため、自分で膿栓を取ろうとする人が後を絶ちませんが、間違った取り方は大変危険です。 膿栓の取り方には、次のような方法があります。 指で取る• 舌を使って取る• 箸、ピンセット、爪楊枝、綿棒、など器具を使って取る• 丸形洗浄瓶を用い水をかけて取り除く• シャワーの水流で勢いよく洗浄する• ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)で洗浄する• うがい 植木鉢への水やりに使う「丸形洗浄瓶」というのが人気のようですが、大量の水と共に臭い玉や痰が食道に流れてくるので、えづいてしまいます。 嘔吐反射の強い人には不向きです。 引用: これら「膿栓の取り方」について、メリット・デメリット、取る時のコツについて、一つずつご説明します。 膿栓を取るときのポイント 膿栓を取る時には、大切なポイントとコツがあります。 安全に取る方法• 見えない膿栓を取る 自分で膿栓を取ろうとすると、ばい菌に感染したり出血するなどの危険があります。 ですので、たとえ膿栓を取るためでも、安全性を重視することが大事です。 また、膿栓は扁桃のくぼみに隠れていて、喉の中も暗いために見えないことが多いです。 見えない膿栓を無理やり取ろうとすると、嘔吐反射から「おえっ」となるかもしれませんので、喉に優しい取り方が望ましいでしょう。 そのような失敗をしないためにも、これからご紹介する「臭い玉(膿栓)を取るコツ」をご参考にしてください。 関連記事 丸形洗浄瓶で膿栓を取る時のコツ 丸形洗浄瓶の本来の利用は、狭い箇所の洗浄や水やりに使用します。 ところが、アマゾンで丸形洗浄瓶を探すと、ほとんどの方が膿栓を取るために購入されています。 だからといって、安全面からは決しておすすめできませんが、自己責任で使用される場合には、今からご紹介する方法によってトラブルが少しだけ軽減するかもしれません。 水の勢いが弱く取れない 丸形洗浄瓶を使用する時のコツは、水流の勢いです。 水の勢いが弱いと膿栓が取れないことがあります。 そのような時は、丸形洗浄瓶を強く握りしめて強い水流を膿栓に当てるようにするといいでしょう。 しかし、嘔吐反射という新たな問題が出てくるかもしれません。 膿栓が見えない 「臭い玉が見えないけれど、違和感と口臭があるから取りたい。 」と言われる方がいます。 喉は狭く暗いために、膿栓が見えないことの方が多いです。 見えない状態で膿栓を取ろうとするのは大変危険です。 そのような時にはライト付きのデンタルミラー(歯鏡)で覗くと良いでしょう。 ただし、デンタルミラーは、膿栓のある位置を確認するだけで、覗きながら取るのは難しいです。 膿栓のある位置を確認したら、狙いを定めて水を吹きかけるのがコツです。 嘔吐反射する 舌の奥や扁桃腺に触れると、嘔吐反射からおえっとなると思います。 そのため、綿棒など器具を使えない人が多いです。 丸形洗浄瓶の場合でもノズルが当たらないようにしないと嘔吐反射します。 また、喉にたまる水を強く吐き出そうとすると、「おえっ」となるのでご注意ください。 嘔吐反射しないようにするには、舌を出したまま弱く「はあぁー」と息を吹きながら膿栓の部分に水を当てるのがコツです。 喉が痛い 丸形洗浄瓶で膿栓を取る時に、水を使うと喉を傷めることがあります。 喉がデリケートな方の場合には、生理食塩水を作ってから使用すると良いでしょう。 使う前に、喉が腫れているとか咳が出ている場合は、耳鼻科を受診されることをおすすめします。 安全な膿栓の取り方とコツ 膿栓が成長すると、扁桃の表面にポツンと表れます。 この状態になると、食べ物を飲み込んだり、咳をしただけで取れることがあります。 このタイミングに合わすと、うがいでも膿栓は取ることができます。 」といわれます。 うがいのコツは、水が扁桃に当たるように首を傾けてガラガラとうがいをすると良いでしょう。 うがいの後、口から水を吐き出しても膿栓が取れないときは、喉を少し詰まらせて息を吐き出す(痰を吐き出すような感じで膿栓を絞り出す)方法も試してみてください。 扁桃の表面にくっついている臭い玉なら、これだけで除去できることがあります。 ところが、 実際、水でうがいをしても、それほど効果はありません。 うがい薬を使うのがいいのですが、うがい薬を毎日使うのは気が引けるかもしれません。 アルカリイオン水うがい うがいのコツで重要なのは、アルカリイオン水を使用すること。 次の図は、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れるイメージです。 アルカリの作用で膿栓の表面が溶かされるため、取れやすくなります。 膿栓が取れた後もアルカリイオン水でうがいを行うことを続けると、膿栓をできないように予防できます。 詳しくは『』をご参考にしてください。 アルカリイオン水を使うと、膿栓が取れるだけでなくできなくなる。 このことが、おすすめする一番の理由なのです。 アルカリイオン水のうがい 方法は、朝晩の歯磨きのときにガラガラうがいを行います。 そして、日中も小まめにガラガラうがいをするのがコツです。 関連記事 ・ ・ ・ やってはいけない取り方 YouTubeの取り方 臭い玉(膿栓)の取り方がYouTubeにたくさん紹介されています。 YouTubeの調べ方は、Googleで「臭い玉」と検索すると表示されるので、ご興味ある方は一度ご覧になってください。 でも、決してマネはしないようにお願いします。 というのは、動画の中にある臭い玉(膿栓)の除去法は、鏡の前で大きく口を開き、喉に綿棒を突っ込み、「おえっ、おえっ」と苦しんでいる姿です。 そして、最後には決まって、「大きな臭い玉が取れた!」とか、取れた臭い玉を嗅ぎ「臭い!」とか言って終わります。 これらの動画の多くは、ユーチューバーという人たちがビジネスでアクセス数を稼ぐために、面白おかしく作成したものです。 しかし、問題なのは、手を消毒していないし、また綿棒や箸などで扁桃(へんとう)を突っつくと傷つけ化膿するかもしれません。 現に動画の臭い玉除去法をマネして出血した方もおられます。 あなたは、そのような危険なことをしないかもしれませんが、ご注意ください。 舌で臭い玉(膿栓)を取る この方法は、あまりにもグロテスクなので動画を見ることははおすすめできません。 でも、舌で臭い玉(膿栓)を取る方法はアリかもしれません。 これは、使っている道具が舌なので、柔らかく喉を傷つけたり感染する心配がありません。 それどころか、舌を動かすことで舌筋が鍛えられるため、唾液線も活発になるかもしれません。 でも、舌筋が衰えている人が、無理に喉の奥まで舌を動かすと、舌が引きつってしまうかもしれないのでご注意ください。 動画では、舌を器用に動かして扁桃の穴から出ている臭い玉(膿栓)を取る様子が写っていました。 舌を扁桃に押さえつけると、臭い玉(膿栓)が穴から少しずつ出てきて、最後には米粒のような臭い玉(膿栓)が舌の裏に落ちていました。 その後、落ちた臭い玉(膿栓)を、また舌を使って口に出すという動画でした。 動画では簡単に見えるかもしれませんが、舌で臭い玉を取るのはかなりコツがいると思います。 だからでしょうか、youtubeでも綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている動画が多くありましたね。 舌で臭い玉(膿栓)を取るよりも、綿棒のほうが合理的です。 しかし、綿棒は柔らかそうですが、喉の粘膜を強く押さえると痛いのが分かります。 また、綿棒の棒は短かく扱いにくいために、あちらこちらと粘膜を突っつくことになります。 それに、汚い指が喉の粘膜に触れます。 このことで、喉に炎症を起こす可能性が高いです。 でも、喉に炎症が起きることで臭い玉(膿栓)ができることを知ると、綿棒で取ろうとはしないはずです。 臭い玉(膿栓)は、アルカリイオン水の「うがい」でも取ることができるので、安全のためにも「うがい」で取る方法をおすすめします。 つまようじやピンセットで取る 動画の中で多かったのが、つまようじやピンセット。 意外にもつまようじのような先のとがった物を使って臭い玉(膿栓)を取っている人が多いので驚きました。 動画の中では、つまようじやピンセットで器用に、扁桃に付いている臭い玉(膿栓)を取っていましたが、一つ間違えると喉の粘膜を刺してしまい出血するかもしれません。 このような怖いことをやっていることにも驚きましたが、動画にアップロードしていることで勘違いするのではと心配しました。 手で臭い玉を取る しかし、自分で取ろうと喉をいじると粘膜を傷つけ炎症を起こしかねません。 傷がつくとよけいに臭い玉(膿栓)ができる原因になるので、喉をいじるのはおすすめできません。 たとえ膿栓が取がれたとしても、穴が大きくなるためよけいに膿栓ができる原因になります。 阿川佐和子さんの取り方 次にご紹介するのは、阿川佐和子さんの膿栓の取り方です。 決してマネをしてはいけません。 あるとき、いつものように口腔観察に熱中していると、喉の奥にプツンと白いかたまりが付着しているのを発見した。 小さなかたまりは一つだけでなく、よく見ると二つ、三つと見つかった。 口内炎の一種だろうか。 しかし、それにしては痛くない。 痛みを感じないデキモノとは、もしかしてガンかもしれない。 そう思うと、急に心配になった。 ・・・・ そこで今度は直接、かたまりに触れてみようと決心し、人差し指を突っ込んだ。 当然、「オエッ」となるのだけれど、我慢しなければ。 なにしろ生死にかかわっているかもしれないのである。 ようやく指先が問題の地点に到達したかと思われたとき、ふいに、プルンとかたまりが飛び出した。 引用: 膿栓が取れない時には 膿栓が取れない時は、耳鼻科を受診するのが賢い方法です。 耳鼻科で、膿栓(違和感や口臭)について相談すると、案外簡単に解決するかもしれません。 膿栓の専門家のお医者さんに質問するのが一番のコツです。 耳鼻科で治療 臭い玉(膿栓)ができても害がなければ特に問題ありません。 しかし、口臭が強くなるので困るわけですよね。 におい玉があるのは扁桃に炎症があるためですが、特に症状がなければ治療の必要はありません。 におい玉のために喉に異物感や異常感がある場合は、取り除くことがあります。 引用:高知大学医学部付属病院 におい玉 耳鼻咽喉科に行っても、痛みや熱が無い限り 「病気ではないので特に問題ありません。 誰にでもできるものですからご安心ください。 」 と、何もしないで帰されることが多いようです。 しかし、臭い玉(膿栓)ができるのは、蓄膿症や扁桃炎が原因になっていることがあります。 その時は治療することが大事です。 詳しくは、『』をご参考にしてください。 アレルギー性鼻炎や蓄膿症は慢性的になるので、お医者さんでもそれほど問題にしないかもしれません。 しかし、臭い玉(膿栓)ができると口臭も強くなるので、そういうわけにはいきませんよね。 だから、臭い玉(膿栓)を自分で取ろうとするのかもしれません。 臭い玉がよくできる人には特徴がありますので、「」をご参考にしてください。 扁桃除去手術 膿栓ができるほとんどのケースが慢性扁桃炎によるものです。 ですから、扁桃腺の摘出手術を行えば膿栓ができなくなります。 ただし、口蓋扁桃は喉の左右に2つあり、舌の根本にも舌扁桃があるので、扁桃を一つ取っても根本的な対策にはなりません。 口蓋扁桃炎(扁桃炎)による高熱・咽頭痛を繰り返していてお困りの方に、口蓋扁桃 摘出術を行っています。 一般的には1年に4回以上繰り返している場合は手術の適応とされています。 手術は全身麻酔で、約1週間の入院が必要です。 引用:京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 水を飲む 膿栓の予防で効果をあげるためには、日中、小まめに水を飲むのがコツです。 水を飲む理由は、臭い玉(膿栓)が出来やすい人の場合、唾液の分泌が少ないとか、口呼吸になっていて咽喉が乾燥しやすい体質のことが多いからです。 咽喉が乾燥すると、細菌も繁殖しやすくなりますので、粘液(免役物質)が多量に出て臭い玉(膿栓)が出来ます。 ですから、水を飲んで細菌を洗い流すことが大切なのですね。 外出から帰宅すると手を洗うのは、手についているばい菌を洗い流すため。 水流だけで、ほとんどのばい菌は除菌できるといわれています。 うがいも手洗いと同じです。 水でうがいをおこなうことで喉を清潔にできます。 そして、臭い玉(膿栓)ができないように予防できます。 ところが、重要なことなので再度申し上げます。 よく「うがいをしても臭い玉が取れない」という方がおられます。 これは、たとえうがいで臭い玉が取れたとしても、また出来るということがあります。 臭い玉は何度でもできるものです。 臭い玉がよく出来る人の特徴は、喉が乾燥しやすい。 睡眠中にいびきをかいていたり、鼻炎で鼻づまりになり口呼吸になっていることが多いのです。 そのため、喉が乾燥し臭い玉(膿栓)ができるのです。 この場合の対策は、喉を乾燥させないことです。 そのためには、小まめに水を飲むことが大切です。 水を飲むと唾液の分泌も促されます。 反対に水分不足になると唾液が減ってしまいます。 臭い玉(膿栓)予防のコツは、睡眠前に歯磨きをし、仕上げに喉のガラガラうがいをする。 そして、コップ一杯の水を飲む(半分でも良い)ことです。 これだけでも効果がありますが、起床すぐにも、ブクブクうがいとガラガラうがいを行い、寝ている間に増えた細菌を洗い流すと良いです。 そして、喉を潤すためにコップ一杯(半分でも良い)の水を飲むことをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ ・ まとめ 膿栓の取り方のコツをまとめましたがご参考になったでしょうか。 一番大事なことは、膿栓は自分で取ってはいけないことです。 2番目のコツは、膿栓は無理に取らなくてもタイミングがくれば自然に取れてしまうので、それまで待つか、待てない場合にはうがいを行うと早く取れます。 美息美人のアルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓がより簡単に取れるだけでなく、膿栓ができにくくなりますので、お勧めします。 【参照リンク・参考文献】 ・ ・ ・ ・日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014 ・ ・順天堂大学医学部附属天堂医院 口臭 ・京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科.

次の

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

臭い玉 除去

「扁桃腺(へんとうせん)の手術をすると、膿栓(のうせん)が出ないようになり口臭がしなくなった。 」 ちょっと驚きですが、このような記事をヤフーの知恵袋で発見しました。 ちなみに、 この人が行った扁桃腺手術とは、ラジオ波凝固手術といってレーザーで焼く手術だそうです。 この方は原因の分からない口臭に10年以上も悩んでいたのが、扁桃腺除去手術で嘘のように口臭がなくなったとのことですが。 この記事を読まれて、あなたは、どう感じますか? じゃあ、私もすぐに扁桃腺除去手術をしようと思いますか?今回の記事は、「はたして扁桃腺切除手術で膿栓が治るのか?」という疑問にお答えさせていただきます。 ぜひご参考にしてください。 この記事の目次• 膿栓と扁桃腺の関係 膿栓は臭い玉とも呼ばれ、喉から口臭がする場合の原因の代表格だと思われています。 実際の口臭原因は、膿栓ではなく、膿栓になる前の段階の粘液(膿汁)なのですが、膿栓が口臭原因だと思っている人が多いようです。 膿栓や膿汁は、扁桃腺にある「いんか」という小さな穴の中に出来ます。 扁桃腺は細菌やウイルスから身体を守るためにある器官で、「いんか」から免疫が分泌されます。 白血球などの免疫と細菌が戦って死がいができると、いんかの中に、柔らかい耳垢(または固まる前の鼻くそ)のようにたまります。 これが膿栓(臭い玉)ですが、良くできる人には特徴があるようです。 この膿汁ができると、喉がイガイガする、口臭が強くなる、原因となるのですね。 膿栓ができても、食事の時や咳・くしゃみ等で自然に取れてしまうのでご安心ください。 ところが、膿栓が長期にわたり扁桃腺にたまると、口臭の原因になることがあります。 だからといって、無理に膿栓を取るのは危険です。 引用: 膿栓や膿汁を作り出す扁桃腺は、免疫力の低い子どもの健康を守るためにあり、成人すると必要のないものです。 ですから、喉の違和感や口臭で困ると、扁桃腺を手術で切除したいと思っても不思議ではありません。 扁桃腺の手術が必要なケース 扁桃腺の摘出手術を考えている方のために、扁桃腺摘出手術が必要な場合についてご説明します。 耳鼻科のお医者さんが、患者さんに扁桃腺の手術をすすめるのは、「繰り返し扁桃腺が腫れる人」です。 扁桃は、細菌やウイルスを食い止めてくれる免疫の役目をはたしています。 健康な時には、免疫力が高く細菌をやっつけるために炎症が起こりません。 ところが、抵抗力が落ちて細菌の感染力が勝つと扁桃に炎症が起きます。 これが扁桃炎です。 扁桃炎になると、扁桃が赤く腫れたり喉が痛くなったり発熱します。 この扁桃炎になる回数が一年に3~4回ある人の場合には、日常生活に支障がでないように扁桃摘出手術をすすめられるようです。 引用: ですから、口臭がするからとか臭い玉(膿栓)ができるという理由だけでは、扁桃摘出手術はしてもらえないかもしれません。 しかし、喉からひどい口臭がするとか、多量の臭い玉(膿栓)ができる場合は、扁桃炎のサインかもしれません。 臭い玉(膿栓)ができていなくても、喉に痰のような膿がへばりついている場合は、扁桃腺炎になっているかもしれません。 詳しくは、『』をご参考にしてください。 急性扁桃炎を放置していると、扁桃の周囲にまで炎症が及び扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)を引き起こすかもしれないので、喉に異常を感じたら早目に耳鼻科を受診されることをおすすめします。 扁桃腺摘出手術で臭い玉(膿栓)ができなくなる? 膿栓を取っても取ってもすぐ溜まるのであれば、それはもう扁桃腺を取ってしまうのがいいと思います。 臭い玉(膿栓)ができるのは、一般でいわれている扁桃腺「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」です。 ですから、この口蓋扁桃を摘出してしまうことで臭い玉(膿栓)はできなくなります。 舌扁桃にできる臭い玉(膿栓)の場合は、粘膜の表面にあるので自然と取れます。 だから、口蓋扁桃を手術で摘出すれば臭い玉(膿栓)の問題は解決するようです。 引用: しかし、摘出手術をしたからといって喉が腫れないことはありません。 摘出手術によって口蓋扁桃はなくなるので、扁桃が腫れることはありませんが、術後に喉が腫れ完治するまで長い期間がかかったり、その後も喉が腫れたり発熱することは起こるのでご注意ください。 手術は10日弱入院にはなりますが、一回扁桃腺をとってしまえば今までの高い熱やすごくのどが痛くなることはなくなります。 ただし、扁桃腺が腫れることはなくなりますが、のどの粘膜が腫れて熱が出たりのどが痛くなることはおこります。 手術でのどの粘膜を全部とる訳ではないので、「全くのどが痛くなることがなくなったり、全く熱が出なくなる」のではありません。 引用: 手術するのは怖いものです。 その場合は「」をご参考にしてください 扁桃腺切除手術の方法 扁桃腺切除手術 扁桃腺切除手術といっても、最近ではメスは使わず、扁桃をレーザーメスで焼き切るのが主流のようです。 また、全身麻酔で行うので手術中の恐怖や痛みはありません。 レーザーを用いた手術はメスを入れる手術に比べると体にかかる負担は少ないのですが、後咽頭から上気道部にかけての広範囲を切除するため術後麻酔から覚めてからの痛みは強くなる傾向があります。 オペは全身麻酔で行なわれます。 手術当日の処置 手術当日は朝から絶食で水も飲めません。 手術着に着替えてストレッチャーに載せられ手術室で麻酔を受け、意識がなくなったら手術開始となります。 手術日前までの過ごし方 耳鼻科で診察をしてもらい、手術の説明を受けます。 手術日まではレントゲンを撮ったり、全身状態に変更がないかどうかを検査するために一般的な血液検査が行なわれる場合もありますが、前日までは日常生活を送る事が出来ます。 前日の夜からは絶食とし、水も基本的には飲めなくなります。 通常は手術当日までは外来でのフォローとなりますが、発熱を起こし点滴による抗生剤投与が必要な場合などは手術の数日前から入院する場合もあります。 扁桃腺手術の入院期間と費用 扁桃腺手術にかかる期間は、患者さんの術後の経過や病院の方針によって異なってきます。 入院期間は、平均すると7日から10日が多いようです。 ケースによっては、手術前日から入院する場合もあります。 手術と入院にかかる費用については、入院期間によって違ってきます。 入院期間が長くなれば、その分費用が高くなります。 手術と入院にかかる費用の平均は、7日~9日入院した場合、8万円~10万円です。 それ以上高い場合でも、高額医療費(高額療養費)が使えると合計から約8万円安くなるようです。 高額医療費について詳しくは、『』をご参考ください。 引用: 扁桃腺はいくつもある 扁桃腺というと、一般的には喉ちんこの奥、喉の左右にある口蓋扁桃をいいます。 しかし、扁桃はこの他にもあり、鼻腔と気道のつなぎ目にあるアデノイドと舌根にある舌扁桃があります。 だから、口蓋扁桃だけ(またはアデノイドだけ)を切除しても膿栓(のうせん)はなくなりません。 しかし、口蓋扁桃の穴にできるような膿栓ではなく粘膜に付いているだけなので、食事や唾を飲みこんだだけで取れていきます。 扁桃腺を取るリスク 扁桃腺(へんとうせん)は、細菌をやっつける大切な組織なので、口臭があっても、取ってしまうのはどうかな~? と不安に思いませんか? じつは、私の考えも、たとえ膿栓(のうせん)があっても、 扁桃腺(へんとうせん)は取らない派です。 切るのが怖いというのもあります。 でも本当の理由は… 1、扁桃腺には、口や鼻から入ってくるウイルスや細菌と戦ってくれる大切な役割があるから、取らない方が良い。 手術後の入院が7日~10日。 手術の恐怖に加えて抱えるリスクが多すぎる。 3、過去に扁桃腺を取ったが、膿栓(のうせん)ができると悩んでいる人がいる。 (詳しい原因は分からない。 ) 以上が、私だったら手術までしない理由です。 それに、そこまでしなくても、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使えば、膿栓(のうせん)も口臭も予防できるからです。 美息美人(びいきびじん)は、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」という名前なので、よく勘違いされてしまうのですが、 美息美人で歯磨きだけしても、膿栓(のうせん)は予防できません。 ご存じのように、膿栓(のうせん)が出来る場所は咽喉(のど)です。 ですから、 膿栓(のうせん)による口臭を予防するには歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で作ったアルカリイオン水を使って、咽喉(のど)をきれいにするための、ガラガラうがいを行なわないといけません。 ブクブクうがいだけでは、アルカリイオン水は膿栓(のうせん)に届きません! 膿栓(のうせん)を予防するには、ガラガラうがいが必要です。 間違えないようにしてくださいね。 詳しくは『』をご参考にしてください。 ところが、美息美人(びいきびじん)を使っているのに、膿栓(のうせん)が中々改善されない方がおられます。 よくよく伺ってみると、やっぱり! 咽喉(のど)のガラガラうがいしていないことがあります。 早速、小まめにガラガラうがいをしてもらうと、 「膿栓(のうせん)が出ました!」とか、 「口臭がしなくなったみたいで嬉しいです!」と。 もし、歯医者さんにかかっても、口臭が治らない、耳鼻咽喉科でも治らない。 もうこうなったら、扁桃腺除去手術をするしかない! と早合点して行動に移される前に、 一度、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しされてはいかがでしょうか? 膿栓(のうせん)を取ると一時的に口臭もなくなります。 ですから、自分で膿栓(のうせん)を取ろうとするのかもしれません。 でも、膿栓(のうせん)を取るために喉をいじると粘膜に傷をつけ炎症を起こすかもしれません。 そのようなことのないように、民間で流行っている方法で膿栓を取るリスクと耳鼻咽喉科では具体的にどのようにして膿栓(のうせん)を取ってくれるのかなど詳しく解説しました。 間違いを犯す前に次の記事をご参考にしてください。

次の

口臭のもと?「臭い玉(膿栓)」の原因と自宅で簡単にできる除去方法

臭い玉 除去

観覧数: 90573 Views• 更新日: 2016年01月13日 膿栓治療は何をする?病院で行う臭い玉の除去方法とかかる費用 膿栓(臭い玉、臭玉)の除去方法は、ネットで検索するといろいろ出てくると思います。 綿棒を使った方法に、シャワーを直接当てる方法、水鉄砲を使用した方法などさまざまです。 しかし、自分で除去することは喉の粘膜にダメージを与える可能性があり、安全とは言えません。 膿栓は繰り返しできるものですから、危険な方法を継続して行うのは良くないでしょう。 また、専門家のもとで適切な治療を行った方が、根本の原因解決につながる場合もあります。 膿栓はできやすい人もいれば、膿栓ができたことにも気付かない人もいます。 繰り返し膿栓ができて困っている人は、一度専門家に相談してみると良いでしょう。 膿栓治療は何科? 膿栓の治療は耳鼻咽喉科で行います。 歯医者で相談しても、それは専門外となります。 「口臭が気になる」という人に膿栓の存在を疑う人が多いのですが、口臭の原因が他にある可能性も高いです。 口臭の原因に応じて、専門とする診療科は異なるのです。 口臭治療は耳鼻科?歯科? 口臭の原因は、ほとんどが口の中のトラブル・病気です。 そのため、口臭が気になる場合には、まず歯科医院で相談すると良いでしょう。 喉に違和感があるなど、膿栓の存在が疑われる場合には、耳鼻科で相談すると良いでしょう。 病院で行う膿栓治療 ネットなどで検索すると、自分で膿栓を除去する方法がたくさん出てくると思います。 通院しなくても自分で膿栓対策ができるならば、その方が良いと考える人もいるかもしれません。 しかし、膿栓を自分で除去することは、安全とは言えないので注意が必要です。 膿栓が気になってどうしようもなくて、自分で取ってしまう人もいるかもしれませんが、より安全な方法・再発防止につながる方法を選択することをお勧めします。 膿栓の除去・陰窩洗浄 気になる膿栓を吸引し、膿栓ができる陰窩という穴を洗浄します。 陰窩の洗浄は、専用の器具を使用し、陰窩の中を水圧で徹底的に洗浄します。 一度除去を行っても、膿栓は繰り返しできてしまいますから、 膿栓ができてしまったら、再度同様の処置を行うことになるでしょう。 膿栓治療は保険がきく?費用は? 先に紹介した、膿栓の除去・陰窩の吸引については、保険が適用となります。 初診の場合は初診料がかかりますが、膿栓の除去・陰窩の吸引だけならば安く治療を受けられます。 3割負担で百数十円程です。 膿栓治療を行わない病院もある!? 膿栓は誰にでもあるものです。 決して病気ではありません。 そのため、 膿栓の除去を行わない病院もあると言われています。 心配な場合には受診する前に、膿栓を除去してもらうことは可能かどうか、電話などで確認しておくと安心でしょう。 膿栓治療は痛い? 膿栓の除去や陰窩の洗浄は、通常それほど痛みは生じないと言えるでしょう。 しかし、 嘔吐反射が強い方は特に、気持ちが悪くなってしまう可能性があります。 「オエッ」となるのを防ぐために、治療前は食事を控えておくと安心です。 陰窩の形状・位置などは個人差がありますし、吸引の際に痛みが生じる場合もあるかもしれませんが、「膿栓を取ってもらってスッキリした」という患者さんが多いようです。 膿栓を防ぐための手術 膿栓が原因の口臭が気になるなど、膿栓ができることが深刻な悩みとなっているケースも少なくありません。 中には、「扁桃を除去して膿栓ができないようにしたい」という人もいます。 扁桃摘出術によって扁桃を除去することで、膿栓を予防につながる可能性はありますが、膿栓のために行う治療としては負担が大きいと考えられるでしょう。 また、口臭の原因が膿栓だけでない可能性も否定できません。 口臭が気になりすぎて、 「膿栓で口が臭い」と思い込んでしまっているという可能性もあるでしょう。 医師と十分に相談するのはもちろん、膿栓以外の口臭原因の有無も明確にすることが大切でしょう。 治療効果を維持するための膿栓予防 膿栓は繰り返しできますから、一度治療すれば膿栓ができなくなるというものではありません。 耳鼻科で治療を受けた後も、 膿栓の再発を防ぐように心がけることも大切でしょう。 医院によっては、膿栓を防ぐためにうがい薬を処方してくれる場合もあります。 普段からうがいをするようにしたり、膿栓予防を取り入れることも大切でしょう。 といっても、健康な人でも膿栓はありますし、神経質になりすぎるのは良くありません。 膿栓を除去しても口臭が改善されない場合は? 「膿栓を取っても、口臭が改善されない」という場合もあります。 口臭の原因は、膿栓だけではありませんから、他に原因があれば、膿栓を除去しても口臭は改善されません。 膿栓を除去しても口臭が改善されないならば、歯科医院や口臭外来で相談してみるという方法もあるでしょう。 膿栓以外に考えられる口臭の原因 口臭の主な原因には次のようなものもあります。

次の