幻影 戦争 アイリーン。 FFBE幻影戦争攻略wiki

『FFBE幻影戦争』オートモードの便利な設定&倍速機能の使いかたを解説 [ファミ通App]

幻影 戦争 アイリーン

こんにちはー。 M1まさかのミルクボーイが優勝でしたね。 同じネタを2本続けてだったので正直ミルクボーイだけは優勝ないなと思っていたらこれですよ。 さてさて、この間の記事で FFBE幻影戦争はURとSSR以下のキャラですさまじくステータス差がある、っていう話をしたんですが、「ん?ちょっと待てよ?ホントにそうか?」というのが頭をよぎりちょっと調べてみました。 URのステータスを。 ふっふーん、こりゃ何体かは弱っちいやついるな?てことで ステータスが弱っちいURを書いておこうと思います。 というか各キャラのコストについて一度見てみた方がいいですよ。 育成するキャラ選びにめちゃくちゃ役立つ。 それではいきましょう。 コストを見よう FFBE幻影戦争には各キャラにコストという謎の数値がふられています。 今のとこないですがこのコストの合計値でマッチングを制限したり、〇〇コスト以下の大会とかが開かれる予定なんでしょうかね。 んで!このコスト、大まかにキャラのレアリティで分けられています。 例えばURだとコスト80、SSRだとコスト50みたいにね。 さらにさらっと確認した感じ、URにはコストが3つあって、それぞれ100、80、70。 そう、察しのいい人はもう気づかれたと思いますが URであってもコスト70のキャラはかなりステータスがひかえめ。 コスト70のURはほぼほぼSSRと変わりないステータスとなっているようです。 この流れだとギルガメッシュも100なのかな? コスト70のUR一覧 んじゃFFBE幻影戦争でコスト70のURて誰がいるの? 栄えある(不名誉な)コスト70のURキャラは、• アイリーン• マシュリー• エンゲルベルト 手持ちではこの3体だけでした。 (それにしても、そんなにUR持ってないのに70族の3体をきっちり所持しているってガチャ運ないなー。 しかもマシュリーについてはダブってるし…。 ) 「ん!?あのエンゲルベルトが70族なの?」と思いますよね。 おれもびっくりしました。 この中で エンゲルベルトだけはほかのURと比べても強い…気がするし。 コストってなんだ?エンゲルベルトの持ち味であるっぽい防御や精神はコスト計算に入れてないのかな…? てことでエンゲルベルトは除いて比較してみると、確かに表に現れている数値(防御や精神はブラックボックス化されてて見れない)だけだと URのマシュリーとSSRのカディアはそんなに違いがない。 アイリーンは攻撃の値はURらしく高いけど、URとは思えないほどすばやさが低いし、それに加えムーブ3なのでかなり運用がキツイはず。 (対面でアイリーンに当たったときも遅いわりに防御もなかったし都合のいい的になっている感じだった。 ) この間の記事でURはSSR以下よりも確実に強いので揃えられるならURでそろえた方が絶対に強い、とかえらそーなことのたまわっていましたが、上記2キャラは例外っぽいですね。 育てれば強いけど… URの面汚しともいえる上記2キャラの名誉のためにいっておくと、別に弱いわけじゃないです。 ただ周りのURに比べるとステータスがSSR寄りに設定されているってだけ。 ただね…。 URはURにしかない育成のむずかしさがあるんですよね、FFBE幻影戦争って。 虹玉っていうアイテムがUR育成ではとても不足するし、今回のアップデートで覚醒魂や欠片などの属性ごとの素材もURは据え置きで相対的に育成難易度が上がっているし…。 そういったURならではのいばらの道を乗り越えてまで、ほぼほぼSSRのアイリーンとマシュリーを育てるかっていうと…、おれはムリかな…。 それならSSR育てたくなる。 カディアかわいいし…。 アイリーンとマシュリー育成は必要な労力とリターンがぜんぜんマッチしてないように思うので、あふれでるキャラ愛で育成していくキャラという位置づけっぽいですね。 コストを見る!それが大事 FFBE幻影戦争にはキャラのソートでコスト順が選択できる。 おおー、今まで意識してなかったけどコスト順でキャラを見るのもけっこうおもしろい。 さっきURにはコストが3つあるって書いたんですが、SSRにもコストが2つあってモントが属している50族と、SSRの中でも強キャラのシャドウリンクスやライリュウが属している60族ってのがあります。 こうやってみると モントやエンゲルベルトなどの盾キャラはコストが低く設定されているっぽい。 んでSRは一律40、Rは30、Nは20と10刻みで20~80まで一通りそろっているんですね。 そしてURの中でも別格扱いっぽい100族がぽつんと君臨してる、と。 いつもはレアリティでキャラを判断しているけど実はコストの方がキャラの強さをわかりやすく表現できてるのかもしれない。 SRとSSRキャラを比較!っていっても60族のシャドウリンクスやライリュウと比較するのか50族のクーリやヤシュトラと比較するのかではぜんぜん違ってますもんね。 そうか、同じSSRでもライリュウとクーリで勝負にならないほどステータス差があるのはコストが違ったからなのね。 めちゃくちゃ腑に落ちたわ。 体感だけと コスト50族から下のキャラ(20~50)はほとんどステータスに違いがない。 誤差の範囲内というか。 装備でどうとでもなりそうな感じ。 コスト50族のヤシュトラとコスト40族のナイアではそこまでステータス差がない。 対面で脅威なのはだいたいコスト60オーバーのキャラたち。 やっぱりコスト60族のライリュウとコスト30族のリアートを比べるとそのままでは勝てない壁を感じます。 ちなみに60族キャラ一覧• シャドウリンクス• ライリュウ• フィーナ• メリルーク• ラマダ• マルグリット (SSRでリリシュだけまだ持ってないのでリリシュももしかしたら60族かもしらん。 ) んじゃ60族のメリルークやラマダて実は強いのか…?とくにラマダは強いイメージがないけど、どうなんだろう…? とりあえずいえることは、少しでもカシコクこのゲーム、FFBE幻影戦争を進めていきたいのであれば現状だと コスト70族はやめておき、コスト60族、いわゆる「ほぼUR」なSSRである上記7キャラから1体くらいは育成しておくとPVPやギルドバトルをスムーズに進められそうですね。 追記: 調べてみたらリリシュも60族でした。 てことは60族は8体いるってコトですね。 ていうかリリシュ素の攻撃200までいくんか。 めちゃくちゃいい感じだけどすばやさ低いのとムーブ3しかないのが気になる。 ジョブとしてもソルジャーの捨て身を活かしたいけどこの機動力だと都合のいいマトになる気がする…。

次の

『FFBE幻影戦争』オートモードの便利な設定&倍速機能の使いかたを解説 [ファミ通App]

幻影 戦争 アイリーン

こんにちはー。 M1まさかのミルクボーイが優勝でしたね。 同じネタを2本続けてだったので正直ミルクボーイだけは優勝ないなと思っていたらこれですよ。 さてさて、この間の記事で FFBE幻影戦争はURとSSR以下のキャラですさまじくステータス差がある、っていう話をしたんですが、「ん?ちょっと待てよ?ホントにそうか?」というのが頭をよぎりちょっと調べてみました。 URのステータスを。 ふっふーん、こりゃ何体かは弱っちいやついるな?てことで ステータスが弱っちいURを書いておこうと思います。 というか各キャラのコストについて一度見てみた方がいいですよ。 育成するキャラ選びにめちゃくちゃ役立つ。 それではいきましょう。 コストを見よう FFBE幻影戦争には各キャラにコストという謎の数値がふられています。 今のとこないですがこのコストの合計値でマッチングを制限したり、〇〇コスト以下の大会とかが開かれる予定なんでしょうかね。 んで!このコスト、大まかにキャラのレアリティで分けられています。 例えばURだとコスト80、SSRだとコスト50みたいにね。 さらにさらっと確認した感じ、URにはコストが3つあって、それぞれ100、80、70。 そう、察しのいい人はもう気づかれたと思いますが URであってもコスト70のキャラはかなりステータスがひかえめ。 コスト70のURはほぼほぼSSRと変わりないステータスとなっているようです。 この流れだとギルガメッシュも100なのかな? コスト70のUR一覧 んじゃFFBE幻影戦争でコスト70のURて誰がいるの? 栄えある(不名誉な)コスト70のURキャラは、• アイリーン• マシュリー• エンゲルベルト 手持ちではこの3体だけでした。 (それにしても、そんなにUR持ってないのに70族の3体をきっちり所持しているってガチャ運ないなー。 しかもマシュリーについてはダブってるし…。 ) 「ん!?あのエンゲルベルトが70族なの?」と思いますよね。 おれもびっくりしました。 この中で エンゲルベルトだけはほかのURと比べても強い…気がするし。 コストってなんだ?エンゲルベルトの持ち味であるっぽい防御や精神はコスト計算に入れてないのかな…? てことでエンゲルベルトは除いて比較してみると、確かに表に現れている数値(防御や精神はブラックボックス化されてて見れない)だけだと URのマシュリーとSSRのカディアはそんなに違いがない。 アイリーンは攻撃の値はURらしく高いけど、URとは思えないほどすばやさが低いし、それに加えムーブ3なのでかなり運用がキツイはず。 (対面でアイリーンに当たったときも遅いわりに防御もなかったし都合のいい的になっている感じだった。 ) この間の記事でURはSSR以下よりも確実に強いので揃えられるならURでそろえた方が絶対に強い、とかえらそーなことのたまわっていましたが、上記2キャラは例外っぽいですね。 育てれば強いけど… URの面汚しともいえる上記2キャラの名誉のためにいっておくと、別に弱いわけじゃないです。 ただ周りのURに比べるとステータスがSSR寄りに設定されているってだけ。 ただね…。 URはURにしかない育成のむずかしさがあるんですよね、FFBE幻影戦争って。 虹玉っていうアイテムがUR育成ではとても不足するし、今回のアップデートで覚醒魂や欠片などの属性ごとの素材もURは据え置きで相対的に育成難易度が上がっているし…。 そういったURならではのいばらの道を乗り越えてまで、ほぼほぼSSRのアイリーンとマシュリーを育てるかっていうと…、おれはムリかな…。 それならSSR育てたくなる。 カディアかわいいし…。 アイリーンとマシュリー育成は必要な労力とリターンがぜんぜんマッチしてないように思うので、あふれでるキャラ愛で育成していくキャラという位置づけっぽいですね。 コストを見る!それが大事 FFBE幻影戦争にはキャラのソートでコスト順が選択できる。 おおー、今まで意識してなかったけどコスト順でキャラを見るのもけっこうおもしろい。 さっきURにはコストが3つあるって書いたんですが、SSRにもコストが2つあってモントが属している50族と、SSRの中でも強キャラのシャドウリンクスやライリュウが属している60族ってのがあります。 こうやってみると モントやエンゲルベルトなどの盾キャラはコストが低く設定されているっぽい。 んでSRは一律40、Rは30、Nは20と10刻みで20~80まで一通りそろっているんですね。 そしてURの中でも別格扱いっぽい100族がぽつんと君臨してる、と。 いつもはレアリティでキャラを判断しているけど実はコストの方がキャラの強さをわかりやすく表現できてるのかもしれない。 SRとSSRキャラを比較!っていっても60族のシャドウリンクスやライリュウと比較するのか50族のクーリやヤシュトラと比較するのかではぜんぜん違ってますもんね。 そうか、同じSSRでもライリュウとクーリで勝負にならないほどステータス差があるのはコストが違ったからなのね。 めちゃくちゃ腑に落ちたわ。 体感だけと コスト50族から下のキャラ(20~50)はほとんどステータスに違いがない。 誤差の範囲内というか。 装備でどうとでもなりそうな感じ。 コスト50族のヤシュトラとコスト40族のナイアではそこまでステータス差がない。 対面で脅威なのはだいたいコスト60オーバーのキャラたち。 やっぱりコスト60族のライリュウとコスト30族のリアートを比べるとそのままでは勝てない壁を感じます。 ちなみに60族キャラ一覧• シャドウリンクス• ライリュウ• フィーナ• メリルーク• ラマダ• マルグリット (SSRでリリシュだけまだ持ってないのでリリシュももしかしたら60族かもしらん。 ) んじゃ60族のメリルークやラマダて実は強いのか…?とくにラマダは強いイメージがないけど、どうなんだろう…? とりあえずいえることは、少しでもカシコクこのゲーム、FFBE幻影戦争を進めていきたいのであれば現状だと コスト70族はやめておき、コスト60族、いわゆる「ほぼUR」なSSRである上記7キャラから1体くらいは育成しておくとPVPやギルドバトルをスムーズに進められそうですね。 追記: 調べてみたらリリシュも60族でした。 てことは60族は8体いるってコトですね。 ていうかリリシュ素の攻撃200までいくんか。 めちゃくちゃいい感じだけどすばやさ低いのとムーブ3しかないのが気になる。 ジョブとしてもソルジャーの捨て身を活かしたいけどこの機動力だと都合のいいマトになる気がする…。

次の

【FFBE幻影戦争】面白過ぎ!クオリティ高過ぎ!出来栄え良し! 感想・評価・レビュー|Fumy Blog

幻影 戦争 アイリーン

探検チョコボを行う• 鉱石の間クエストをする• デイリーミッションを行う アダマンタイトを集める方法は大体この3つです。 さらにこの方法を使って効率よく集める方法をこれから紹介します。 探検チョコボのアイテム回収 探検チョコボのアイテム回収でアダマンタイトを入手することができます。 高速探検も併用できるので、これが一番お手軽にアダマンタイトを入手できる方法です。 ただし注意点として、 探検場所を「鍛鉄の鉱山」に設定するのを忘れないようにしましょう。 他の場所ではアダマンタイトが入手できません。 探検枠や回収枠の拡張をすると効率UP 「鍛鉄の鉱山」で確実にアダマンタイトを入手することができるので、RoyalRankが上げて探検枠や回収枠の拡張しておくとなお効率が上がります。 RoyalRankは課金によって上がる機能なので、財力がある人は課金しましょう。 鉱石の間クエスト 曜日・育成クエストの鉱山の間でもアダマンタイトを入手することができます。 平日は1日3回しかプレイできないので、忘れずに3回やっておきましょう。 土日は制限なくプレイすることができます。 初級・中級・上級とあり、上級が一番良いアイテムがもらえます。 このクエストには同行者を連れていけるので、推奨レベルよりも低くてもクリアは可能です。 他のプレイヤーの強力なキャラを借りて上級をやっておくのがおすすめです。 デイリーミッションをこなす デイリーミッションでもアダマンタイトを入手することができます。 アダマンタイトを入手できるミッションは以下の通りです。 アダマンタイトの種類 アダマンタイト(小)~(大)まで種類があります。 これを武具に使用すれば一定量の経験値が入ります。 それぞれのアダマンタイトの獲得できる経験値は以下の通りです。 アダマンタイト(小) 60 アダマンタイト(中) 300 アダマンタイト(大) 1500 アダマンタイトを効率よく集める方法まとめ 探検場所を「鍛鉄の鉱山」に設定して探検チョコボのアイテム回収するのが一番効率が良いです。 探検チョコボを使わない場合は、鉱石の間は毎日確実にやっておきましょう。 以上、アダマンタイトを効率よく集める方法についてまとめでした。

次の