ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論。 【ポケモン剣盾】ブルンゲル物理受け・耐久潰し育成論!

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

ポケモンソード・シールド(剣盾)にて ピカチュウの出現する場所(生息地)や 厳選した育成論について紹介していきます。 進化前のピチュー、進化後のライチュウに夢特性(隠れ特性)、色違いやダイマックスついても記載していきます。 前作ピカブイではメインとして未だ衰えることのないピカチュウ人気は今作の初公開映像でも1番に登場したポケモンです。 ピカチュウを遊んでいれば「ワイルドエリア駅」でもらうことができます。 ピチュー・ピカチュウ・ライチュウ進化条件 ピチューからピカチュウ:ピチューの「なつき度」を一定以上になりレベルが上がると進化します(前作情報) ピカチュウからライチュウ:「かみなりの石」を使うと進化します(前作情報) アローラライチュウは、ガラル地方ではなくサンムーン限定でしょう。 電気玉を持たせると 攻撃・特攻が2倍になるので絶対持たせましょう。 さらに技の範囲が広く、強力なのでパーティ入りするほどの強さがあります。 タイプ相性 倍率 タイプ 4倍 - 2倍 地面 0. 5倍 鋼・飛行・電気 0. 25倍 - 無効 - 色違いピカチュウ 色違いはおこげのような色合いをしていました。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】ブースターの育成論

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドにて日々ランクバトルに勤しんでいるため、できるだけ強いポケモンを育成して勝てる構築を考えているのですが、今日はちょっと箸休め的にネタポケを育成してみました。 それがツボツボ。 ポケモン金銀で登場した異常に防御と特防が高い子です。 現環境ではほぼ誰も使っていないマイナー中のマイナーポケモン。 そんなツボツボをどうにか救えないかと考え本記事の執筆を決意した次第であります。 ではどうぞご覧ください。 ツボツボの基本スペック(種族値やとくせいなど) それではツボツボの基本スペックをみていきましょう。 ツボツボの種族値 HP 20 攻撃 10 防御 230 特攻 10 特防 230 素早さ 5 ・タイプ 虫、岩 ・とくせい がんじょう、くいしんぼう ・夢とくせい あまのじゃく 合計種族値は505。 種族値の数字を見てわかる通り、凄まじく極端なスペックです。 防御と特殊防御は脅威の230ですが、その他が20、10、5という、極端な低さ。 HPの種族値がわずか20しかないため、仮にHP無振りの場合、実数値は95です。 全振りでも127。 そのため、いくら防御と特防の種族値が高いとはいえ、弱点を突かれると結構ペラペラだったりします。 ツボツボの弱点は水、岩、鋼なのですが、現環境には水タイプがとても多く、鋼に関してもドリュウズがいるので、現環境的にかなり出しづらいポケモンなのかもしれません。 そんなツボツボを何とか活かせないかと考えたのが以下の型です。 そして肝心のやることですが、 このツボツボの仕事は初手出ししてステロとねばねばネットを巻くことです。 相手を少しでも削るためにどくどくを採用してありますが、基本はステロとねばねばネットを撒けば仕事完了です。 つまり、ステロで相手を削り、ねばねばネットで相手の素早さを下げ、後続のエースアタッカーを通すことがこのツボツボのやることなのです。 なので、完全補助型。 やることはシンプルなので使いやすいと思います。 後続のエースアタッカーは、自分の場合ギャラドスかトゲキッスを使っていました。 ギャラドスの場合、スキがあれば一回りゅうのまいで舞って大マックスして、大ジェットで相手を倒しSと自信過剰でAを上げて全抜きを狙う戦法。 トゲキッスの場合はギャラドスと同じくスキがあれば一回悪巧みをしてCを2段階上昇させ大マックスを切り、ひたすら大ジェットを積んでいくという戦法です。 この型のツボツボの弱点【実際に使ってみての感想】 ツボツボを初手に投げてステロとねばねばネットを撒きつつどくどくで相手を削っていき後続のエースアタッカーにつなげていく・・・ なんていう理想展開は実際にバトルをしていてほぼなかったです。 まず現環境に水タイプが多いせいで、何も仕事ができずボコられることも多い上に、相手が初手ツボツボを読んで挑発をされて詰むというパターンも多々ありました・・・。 そして一番の問題点が、 そもそもツボツボを選出できる相手が少ないという点。 大抵相手のパーティには水タイプがいるし(主にギャラドス、水ロトムなど)、相手のパーティにこっちのツボツボが全く刺さっていないケースが多いこと多いこと。 何とかツボツボを出せる相手に当たっても、実際ツボツボが活躍できるかと言えばそんなこともなく、仮にステロとねばねばネットが決まっても、なんだかんだ押し負けてしまう試合も結構ありました。 理論上は、ステロで相手を削りねばねばネットで相手の素早さを下げれるわけだから強いはずなのですが、やっぱり理論と実践は違うので、よっぽどポケモンがうまい人じゃないとこのツボツボを使うのは難しいという感想です。 もしかしてどくどくを軸にした使い方の方が強い? この型のツボツボを使っててマジで弱かったので、「 もしかしたら補助型ではなくどくどくで削っていく型の方が強いのでは?」と思い始めました。 というのも、実際に試合をしていて相手がツボツボに対して打点がなく、こっちのどくどくが結構刺さっていい感じに1:1交換をしてくれたこともあったんですよね。 どくどくが軸の場合、努力値は同じくHとBに全ぶっぱ、持ち物はカゴのみ、技は、 ・どくどく ・眠る ・守る ・てっぺき とかでしょうかね。 でもこの型だったらドヒドイデの劣化版のような気がしなくもないです・・・。 まとめ ブログネタにもなるかなと思って作ったツボツボですが、思いの外弱かった型でした。 やっぱ起点作りはカバが最強な気がします。 参考記事: まあ僕のプレイングが下手なだけかもしれないので、使いたいと思う方はぜひとも作ってみてください。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】お前に何ができる?ツボツボの育成論【ソードシールド】... でした。

次の

【ポケモン剣盾】お前に何ができる?ツボツボの育成論【ソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

ブースターの覚える技一覧 レベル技 Lv. 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 基本 - - 20 基本 60 100 25 基本 40 100 25 基本 - - 40 基本 - 100 40 基本 90 85 20 基本 - - 20 基本 40 100 35 基本 60 - 20 基本 120 100 15 基本 - 100 30 基本 - 100 20 5 - 100 15 10 40 100 30 15 - 100 30 20 30 70 20 25 60 100 25 30 65 95 15 35 35 85 15 40 80 100 15 45 - 100 10 50 120 100 15 55 140 100 5 教え技 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 70 100 5 70 100 10 過去作でのみ覚えられる技 覚える技 タイプ 威力 命中 PP - 85 15 - - 5 40 100 15 40 100 15 おんがえし - 100 20 80 100 15 - - 15 きりふだ - - 5 しぜんのめぐみ - 100 15 シンクロノイズ 120 100 15 70 100 15 - 90 10 - - 20 50 100 20 ひみつのちから 70 100 20 - - 20 めざめるパワー 60 100 15 - - 10 60 100 15 やつあたり - 100 20 ゆうわく - 100 20 リフレッシュ - 100 20• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の