モーニングショー岡田先生。 コロナ女王・岡田晴恵先生の消息が心配…

岡田晴恵さん、2分で5万円稼いでしまう。またモーニングショーか…

モーニングショー岡田先生

概要 出身。 (現・)修士課程修了、大学院博士課程中退。 (順天堂大学)。 ・医学部ウイルス学研究所() 、ウイルス第三部研究員(〜2009年)、21世紀政策研究所シニア・ アソシエイトなどを経て、教授。 2019年11月に発生が確認されたの説明者として、2020年1月中旬より テレビ番組やラジオ番組に数多く出演している。 7月、傘下の芸能事務所であるとマネジメント提携を結ぶ。 発言・人物 2019新型コロナウイルス• 2020年2月12日放送の系「」で、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「」の感染者について、「感染者数が病床数を上回った場合はどう対応するのか」というの質問に対し、「理論的には厚労省は空気感染はないと言っているため、陰圧の病床でないといけないわけではなく、一般病棟の隔離でもいい」と回答した。 これに対し「医療現場を知らない」などと批判された。 2020年2月27日放送の「モーニングショー」で、「感染研がPCR調査を民間に拡大することに消極的な理由として、データを独占したいOBがいる」と発言した。 この主張に対し、は「事実無根であり、新型コロナウイルス感染症対策への悪影響を及ぼしている」と反論した。 2020年3月16日放送の「モーニングショー」で、「肺炎で亡くなっても、コロナで肺炎という診断がつかなければ死者数に入らない」と発言した。 これに対し「肺炎死亡者の中に新型コロナの患者がいたら院内感染が多発しているはず」などと批判された。 2020年4月28日放送の「モーニングショー」で、テレビ朝日解説委員のは、前日の東京都の新型コロナウイルスの感染者数39人すべてが民間の検査機関によるもので、行政の検査機関は土日に休んでいたと発言し、岡田も「全部、民間だというのは私も聞き及んでいます」と同調した。 しかし、翌日の放送で、玉川は、正しくは39人のなかに行政機関の検査によるものも多数含まれており、土日も休んでいなかったと誤りを訂正し、「このことにより、土日も働いてらっしゃる都庁関係者の皆様、保健所の皆様、そして検査機関の皆様、検体を採取する医療関係者の皆様、全てに多大なるご迷惑をお掛けしてしまいました。 本当にすいませんでした」と謝罪した。 2020年5月1日放送の「モーニングショー」で、新型コロナウイルス軽症者のホテル滞在について、「療養であり医療ではないので、医者がいるわけでもない」と発言した。 これに対し、都民ファーストの会所属の東京都議会議員が「療養ホテルには医師は日中は常駐していて、看護師は24時間体制で常駐している」と指摘し、不正確な情報は視聴者の不安を煽ることになると批判した。 2020年5月14日放送の「モーニングショー」で、前日にが新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死去したことについて、「新型コロナで亡くなったというより、新型コロナの医療体制の不備で亡くなってしまったというイメージがある」「電話が繋がらない、病院はたらい回し」などと発言した。 これに対し「検査を煽る番組があるから、医療機関にも苦情や相談の電話がたくさん来てて繋がりにくいのでは」「医療体制や政府批判に亡くなった方を利用するのは許せない」「亡くなったのは医療体制のせいじゃない」などと批判された。 研究不正疑惑• 国立感染症研究所に在籍していた2001年1月に発表したに罹患すると細胞レベルの免疫力が一時的に低下するという内容の論文で、その実験データがあまりにきれいすぎたため明らかに人為的だと改ざん疑惑が浮上した。 事態を重く見た当時の感染研所長の吉倉廣が岡田の上司のウイルス第三部部長のを通じて元データを出すように岡田に再三要請したが提出がないため、2002年5月17日付の所長名の文書で論文を取り下げるように要求した。 しかし元データの提出も論文の取り下げもされなかったと報道された。 著書 単著• 『鳥インフルエンザの脅威』、2004年5月21日。 『人類VS感染症』〈〉、2004年12月21日。 『感染症は世界史を動かす』〈〉、2006年2月。 『パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック』、2006年10月24日。 』〈〉、2007年11月。 『知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル』、2008年8月27日。 『病気の魔女と薬の魔女』、2008年10月21日。 『[図解]歴史をつくった7大伝染病』、2008年10月23日。 『新型インフルエンザ・恐怖のXデー』PHP研究所〈PHP Paperbacks〉、2008年11月18日。 命を守る、篭城生活の実践マニュアル』角川・エス・エス・コミュニケーションズ、2008年11月。 『新型インフルエンザ完全予防ハンドブック』〈〉、2009年5月22日。 『隠されたパンデミック』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2009年10月1日。 『病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の薬』学研プラス、2009年11月25日。 『子どもといっしょに読む 新型インフルエンザハンドブック』、2009年12月24日。 『病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の地図』、2010年10月20日。 『強毒型インフルエンザ』PHP研究所〈〉、2011年5月18日。 『知識のワクチン 危機管理としての新型インフルエンザ対策 2版 』現代けんこう出版、2012年2月20日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 全5巻 』、2012年3月1日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 1 インフルエンザウイルスのフルくん』ポプラ社、2012年3月1日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 2 はしかウイルスのはっしー』ポプラ社、2012年3月1日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 3 ノロウイルスのノウちゃん』ポプラ社、2012年3月1日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 4 みずぼうそうウイルスのみず丸』ポプラ社、2012年3月1日。 『うつる病気のひみつがわかる絵本 5 腸管出血性大腸菌O157のベロ』ポプラ社、2012年3月1日。 『なぜ感染症が人類最大の敵なのか? 』〈ベスト新書〉、2013年8月9日。 『感染症とたたかった科学者たち』岩崎書店、2013年10月29日。 『おしえて! インフルエンザのひみつ』〈ポプラサイエンスランド〉、2014年1月24日。 『エボラvs人類 終わりなき戦い』PHP研究所〈PHP新書〉、2014年12月16日。 『学校の感染症対策』東山書房、2015年2月25日。 『病いと癒しの人間史 ペストからエボラウイルスまで』、2015年10月22日。 『気になるあの病気から自分を守る! 感染症キャラクター図鑑』、2016年1月19日。 『知っておきたい感染症: 21世紀型パンデミックに備える』筑摩書房〈ちくま新書〉、2016年2月8日。 『正しく怖がる感染症』筑摩書房〈〉、2017年3月6日。 『怖くて眠れなくなる感染症』PHP研究所、2017年3月15日。 『病気をふせぐしくみがよくわかる! からだの免疫キャラクター図鑑』日本図書センター、2017年3月17日。 『なかよくつき合って元気になる! からだの細菌キャラクター図鑑』日本図書センター、2019年5月22日。 『学校の感染症対策 改訂版』東山書房、2019年8月1日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第1期全5巻 』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第1巻 インフルエンザ』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第2巻 腸管出血性大腸菌O157』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第3巻 おたふくかぜ』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第4巻 ノロウイルス感染症』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第5巻 アタマジラミ』日本図書センター、2019年10月4日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第2期全5巻 』日本図書センター、2020年4月7日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第6巻 水ぼうそう』日本図書センター、2020年4月7日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第7巻 サルモネラ感染症』日本図書センター、2020年4月7日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第8巻 手足口病』日本図書センター、2020年4月7日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第9巻 プール熱』日本図書センター、2020年4月7日。 『みんなでからだを守ろう! 感染症キャラクターえほん 第10巻 マイコプラズマ肺炎』日本図書センター、2020年4月7日。 『どうする!? 新型コロナ』岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2020年5月8日。 共著『新型インフルエンザH5N1』岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、2007年12月20日。 、、田代眞人 共著『 強毒性新型インフルエンザの脅威』、2009年3月27日。 田代眞人 共著『新型インフルエンザの企業対策』、2009年4月10日。 キム・ソンファ、クォン・スジン 著、猪川なと 訳『細菌ホテル』、2020年6月23日。 監修のみ 教材• 監修・著者 出演 テレビ の番組を中心に、、、など出演多数。 (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (TBSテレビ)• (TBSテレビ)• (TBSテレビ)• (TBSテレビ)• (TBSテレビ)• (TBSテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) ラジオ• (「豪雨災害の被災地の感染症対策」2018年7月11日、)• Nらじ(「新型ウイルス対策特別措置法成立 今すべきことは」(2020年03月13日18時台、NHKラジオ第一放送)• (「CASE FILE」2018年5月21-24日、12月17-20日、2019年8月19-22日、10月15-17日、2020年2月3-6日、)• CHEERS FOR ALL! 2020年5月05日、19:00時頃~)• Nらじ(ニュースアップ「今後のウイルスとの向き合い方は」(2020年05月21日18時台、NHKラジオ第一放送)• (2020年6月13日、) 出典• 2020年3月10日閲覧。 『人類VS感染症』(, 2004年)著者略歴より。 『パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック』(, 2016年)著者略歴より。 白鴎大学. 2020年5月5日閲覧。 デイリー新潮 2020年2月17日. 2020年3月10日閲覧。 ニホンモニター. 2020年7月3日閲覧。 ワタナベエンターテインメント. 2020年7月8日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月14日閲覧。 デイリー新潮. 2020年5月14日閲覧。 J-CAST テレビウオッチ 2020年2月28日. 2020年5月14日閲覧。 www. niid. 2020年5月14日閲覧。 アゴラ 言論プラットフォーム. 2020年5月14日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月14日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月14日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年5月14日閲覧。 スポニチアネックス. 2020年5月14日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2020年4月29日. 2020年5月14日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月14日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月14日閲覧。 文春オンライン 2020年3月25日. 2020年5月16日閲覧。 奥野かるた店 2017年10月24日. 2020年6月7日閲覧。 SmartFLASH. 2020年6月7日. 2020年6月7日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 おとなの 教養講座 NHK ラジオ深夜便. NHK. 2020年6月10日閲覧。 Jam the WORLD. J-WAVE. 2020年3月10日閲覧。 J-WAVE HOLIDAY SPECIAL. J-WAVE. 2020年5月17日閲覧。 おとなの 教養講座 NHK ラジオ深夜便. NHK. 2020年6月10日閲覧。 関連項目• 外部リンク•

次の

【モーニングショー】感染症専門家・岡田晴恵教授の出身大学や経歴!結婚や旦那は?

モーニングショー岡田先生

テレビ番組「モーニングショー」の岡田教授の告発の経緯 テレビ番組「モーニングショー」の岡田教授の告発の経緯から説明します。 「モーニングショー」のスタジオでの岡田教授を交えてのトークです。 羽鳥慎一アナが「現場の医師はPCR検査が必要と判断しても受けられない例がかなりある」と、東京都の医師会が指摘していることと、 その理由として「保健所が『現状では重症の肺炎患者を優先』という理由から断られたケースが多い」と、医師会は説明したと紹介します。 今も感染の拡大が懸念されている。 日本医師会は「医師の判断で検査を確実に実施できるよう態勢強化を」と訴え、加藤勝信厚労相は「来週にも 公的医療保険の適用対象にする考え」を示しす。 現在PCR検査を行うためには、医療機関は 保健所に申し込む必要がある。 そして 保健所が必要だと判断した場合に限って、地方衛生研究所が検査を実施している。 PCR検査が保険適用になると、もちろん検査費用の個人負担分が少なくなる。 それだけでなく、医師が検査を希望しても保健所に相談する必要がなくなるという。 将来的には民間の調査会社への発注も期待されている。 もし民間への依頼が可能になれば、検査が可能な件数を大幅に増やすことができる。 番組内では、このように保険適用のメリットを報じていった。 必然的にPCR検査数は増えると誰もが考えます。 ところが岡田教授は「たとえ保険適用になったとしても、一般の病院が民間に検査を発注できるとは、新聞記事のどこにも書いていない」といった主旨の指摘をしました。 これに玉川氏は「それは国会で問いただすことになるんじゃないですか。 そうじゃないと意味がない」と返し、 羽鳥アナは「多分、現状はそうじゃないんですよね」と説明。 玉川氏は「今までと桁が違うくらい検査件数を増やす」ために政府は保険の適用を決めたと、改めて解説し、 保険で検査費用が安くなり、医師が保健所に相談する必要がなくなる。 そうすれば需用が飛躍的に伸びる可能性は高い。 需用が伸びれば、言葉は悪いがビジネスチャンスだ。 PCR検査を引き受ける民間会社も増加することが見込まれ、そうなれば検査が可能な件数が増える。 さらに玉川氏は「検査件数を増やすことが、どれだけメリットがあるか」、「偽陽性の問題があるとしても、検査をしない現状より、検査をしたほうが圧倒的に国民の健康を守ることにつながる」などと説明。 体温計 岡田先生(教授)の告発の内容 そして羽鳥アナが「なんで岡田先生、こんな(検査の)数少ないのかなって、とこなんですけど」と岡田教授に質問。 そしたら岡田教授は声を震わせながら「あの……」と話し出します。 岡田教授が突然に驚愕の暴露を開始したのです。 岡田先生(教授)の告発の内容は以下の通りです。 「プライベートなことは言いたくないんですけども、中枢にある政治家の方からも、「こういう説明を受けたんだけど、これは解釈、本当にこれでいい?」とか、よく電話がかかってくるんです。 公的負担に関しては「できたよ」という風な電話があったんですけども、正直言いまして複数の先生から、クリニックから直接、民間に検査できるかということについては「ちょっと待ってくれ」と言われている。 「だから、それはまだ分からないんだ」「じゃあ先生、待ってくれというのはどういうことなんですか」ということをお聞きしました。 私は穿った見方をしていました。 経済の方とかご同席すると、「オリンピックってのは巨額なんだよ」と。 「そういうために汚染国のイメージはつけたくないんだよ」と、そういう大きな力なのかって思っていたんです。 それは抗いがたいくらいの大きな巨額な力なのかなと思っていたんです。 先生方にぶつけました。 そうしたら「はははは」と笑われて、「そんなね、肝が据わったような、数をごまかしてまで、そんな肝が据わった官僚は、今どきはいません」と。 「これはテリトリー争いなんだ」と。 このデータはすごく貴重なんだ。 衛生研(註:地方衛生研究所)から上がってきたデータを全部、感染研(註:国立感染症研究所)が掌握すると。 このデータを「感染研が自分で持っていたい」ということを言っている専門家の感染研OBがいると。 「そこら辺がネックだったんだ」ということを仰っておられて、私がその時に思ったのは、ぜひ、そういうことは止めていただきたいと。 大谷先生のところで人工呼吸器につながれて確定診断できない人がいる。 そしてこれ、広がれば数万人の命ですよね。 こういう方がいっぱいいましたら、数万人なのか、数万人でも済まないのか分かんないと。 そもそも、こういう数値だったから、医師のPCR検査要求を保健所が断るのが原因で、行政が遅れてきたわけじゃないですか。 今、ようやくここから保険適用でクリニックから、行くかもしれませんけど、初動が遅れたという、感染症の一番のポイントは、初動だってところは、PCR検査が少なかったからだと思っています。 そういう意味では、論文がどうだとか業績がどうだとかということよりも、人命を、本当のところの人命を取っていただきたいという、元々の感染研の方針に帰っていただきたい」 最後に岡田教授は「一部にそういうOBがいるってことで、人命に関わってくるというのは凄く怖いなと思っています」と告発の言葉。 この岡田教授の告発に対し、玉川氏は「ものすごい告発ですよ」と答える。 羽鳥アナは「民間に検査を委託すると、感染研がデータ集められないってことですね」と確認。 不足するマスク PCR検査の体制が十分ではないのは、感染研OBの利権か? 岡田先生(教授)の告発の内容にあるように、PCR検査の体制が十分ではないのは、感染研OBの利権であるなら、この問題は生命にもかかわることで大問題です。 ですが、おそらく、国会で追及してもいつものように逃げられてしまうのが現実でしょうが ことの本質は今回の岡田先生の暴露にあるでしょう。 もし、岡田先生の告発が事実無根であれば、国立感染症研究所のOBは名誉棄損で裁判に訴えるでしょうがおそらくしません。 私自身も、この番組を見るまでは、アメリカ、韓国と違って日本だけがPCR検査数が少ないのは、オリンピック利権が働いていると思っていました。 人の命よりは儲けが大事という考えです。 あの春節のとき、中国人の入国禁止に踏み出せなかったのも、この考えが背景にあると思っています。 マスクをした女子 岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」を受けネットでの声 岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」を受けネットでの声を紹介します。 「本当ならかなり頭おかしい国だよね。 役人視野狭過ぎ。 」 「コロナのデータを有力者だけが手に入れられたら、それを元に莫大に儲けられる。 国民の命より自分の懐を増やすことを考える輩がやりたい放題な国、日本。 OBだったとしても繋がりはあるのだろう、こうゆうことするのは。 twipple. html 「緑十字の時と同じようなことをする輩が沢山いるんですね。 岡田先生の発言は本当だと思う。 世間が変えていかなければならない問題です」 「もう こういうの薄々やっぱりなと思ってしまう。 そんな国。 国もそうだし会社もそう。 残念ながらお金が手に入る人たち、権力ある方達はこんなもんです。 」 「真実かどうかはこれから解明すべきだが(結局解明されないかもしれないが)、今までのPCR検査における不可解な疑問は解消する。 人の命より優先されるものがあるとはね。 この政府、本当に腐っていると思う。 」 「この日のモーニングショーをオンタイムで見ていました。 岡田先生のお話を聞いて、本当に腐っていると感じ怒りをおぼえました。 マスコミはこういう事を伝えて下さい。 」 「岡田先生の勇気ある告発、これまでの疑問が解消されました。 大々的に国会に取り上げて追求してほしい。 そして、岡田先生を守って欲しいです。 今回の騒動で、選挙の投票がいかに大事か痛感した、政治家の皆さんは、コロナ対策でどのような行動をおこしたのか、次回選挙の時にぜひ提示してほしいです。 」 「ずっと疑問でしたが、これで検査してもらえない辻褄が合いましたね。 今症状が出て苦しんでいる方や亡くなられた方の為にも、OBを実名で告発してほしいです」 「結局、政府と癒着してる国立感染研がガンでPCR検査の導入が遅れて、取り返しが付かない位感染が広がり、世論が政府批判を強めたので慌てて、安部首相が後追いで日々方針を変更し続けている最悪の状態。 」 「四国で初感染者出たのは大阪のイベント帰り者。 北海道も大阪イベント帰り者の陽性が発表されたが、本当に不思議なのは一番中国観光客が多かった大阪の感染者がクルーズ船帰還者を含めて3人だけ。 こんなに検査をしない大阪には何処でも隠れ感染者がいると言うことだろう。 検査数も大阪はわからない。 これでは大阪京都に観光など行けるわけない。 行政は何をしたいのか、拡大したいのかと疑うだけだ。 」 「こんな話、今に限った話では無いんじゃない? そもそも公務員の行動特性って昔から利権の確保だし。 年金制度だってそうだし、車庫証明だって警察庁利権、重量税は国交省、自動車税は総務省、ガソリン税と消費税の2重取りも治らないし。 明治以前からずーっとこの国の仕組みは官僚の利権保護維持を最優先に組み立てられるのさ、料亭で。 yahoo. ネットでは、怒りの声がかなり起こっています。 この問題は徹底的に追及してもらいたいものです。 新型コロナウィルスの感染で亡くなられた方もこれでは浮かばれません。 まとめ 今回は、「【驚愕】岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」でPCR検査難民が出ている?」というテーマでお送りしました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 なお、新型コロナウィルスの関連記事もご覧ください。 「 」 「」 「 の予測」 「」 「」 「」.

次の

【画像】岡田晴恵の服装メーカーは?フェリシモ7000円意外にプチプラ!

モーニングショー岡田先生

テレビ番組「モーニングショー」の岡田教授の告発の経緯 テレビ番組「モーニングショー」の岡田教授の告発の経緯から説明します。 「モーニングショー」のスタジオでの岡田教授を交えてのトークです。 羽鳥慎一アナが「現場の医師はPCR検査が必要と判断しても受けられない例がかなりある」と、東京都の医師会が指摘していることと、 その理由として「保健所が『現状では重症の肺炎患者を優先』という理由から断られたケースが多い」と、医師会は説明したと紹介します。 今も感染の拡大が懸念されている。 日本医師会は「医師の判断で検査を確実に実施できるよう態勢強化を」と訴え、加藤勝信厚労相は「来週にも 公的医療保険の適用対象にする考え」を示しす。 現在PCR検査を行うためには、医療機関は 保健所に申し込む必要がある。 そして 保健所が必要だと判断した場合に限って、地方衛生研究所が検査を実施している。 PCR検査が保険適用になると、もちろん検査費用の個人負担分が少なくなる。 それだけでなく、医師が検査を希望しても保健所に相談する必要がなくなるという。 将来的には民間の調査会社への発注も期待されている。 もし民間への依頼が可能になれば、検査が可能な件数を大幅に増やすことができる。 番組内では、このように保険適用のメリットを報じていった。 必然的にPCR検査数は増えると誰もが考えます。 ところが岡田教授は「たとえ保険適用になったとしても、一般の病院が民間に検査を発注できるとは、新聞記事のどこにも書いていない」といった主旨の指摘をしました。 これに玉川氏は「それは国会で問いただすことになるんじゃないですか。 そうじゃないと意味がない」と返し、 羽鳥アナは「多分、現状はそうじゃないんですよね」と説明。 玉川氏は「今までと桁が違うくらい検査件数を増やす」ために政府は保険の適用を決めたと、改めて解説し、 保険で検査費用が安くなり、医師が保健所に相談する必要がなくなる。 そうすれば需用が飛躍的に伸びる可能性は高い。 需用が伸びれば、言葉は悪いがビジネスチャンスだ。 PCR検査を引き受ける民間会社も増加することが見込まれ、そうなれば検査が可能な件数が増える。 さらに玉川氏は「検査件数を増やすことが、どれだけメリットがあるか」、「偽陽性の問題があるとしても、検査をしない現状より、検査をしたほうが圧倒的に国民の健康を守ることにつながる」などと説明。 体温計 岡田先生(教授)の告発の内容 そして羽鳥アナが「なんで岡田先生、こんな(検査の)数少ないのかなって、とこなんですけど」と岡田教授に質問。 そしたら岡田教授は声を震わせながら「あの……」と話し出します。 岡田教授が突然に驚愕の暴露を開始したのです。 岡田先生(教授)の告発の内容は以下の通りです。 「プライベートなことは言いたくないんですけども、中枢にある政治家の方からも、「こういう説明を受けたんだけど、これは解釈、本当にこれでいい?」とか、よく電話がかかってくるんです。 公的負担に関しては「できたよ」という風な電話があったんですけども、正直言いまして複数の先生から、クリニックから直接、民間に検査できるかということについては「ちょっと待ってくれ」と言われている。 「だから、それはまだ分からないんだ」「じゃあ先生、待ってくれというのはどういうことなんですか」ということをお聞きしました。 私は穿った見方をしていました。 経済の方とかご同席すると、「オリンピックってのは巨額なんだよ」と。 「そういうために汚染国のイメージはつけたくないんだよ」と、そういう大きな力なのかって思っていたんです。 それは抗いがたいくらいの大きな巨額な力なのかなと思っていたんです。 先生方にぶつけました。 そうしたら「はははは」と笑われて、「そんなね、肝が据わったような、数をごまかしてまで、そんな肝が据わった官僚は、今どきはいません」と。 「これはテリトリー争いなんだ」と。 このデータはすごく貴重なんだ。 衛生研(註:地方衛生研究所)から上がってきたデータを全部、感染研(註:国立感染症研究所)が掌握すると。 このデータを「感染研が自分で持っていたい」ということを言っている専門家の感染研OBがいると。 「そこら辺がネックだったんだ」ということを仰っておられて、私がその時に思ったのは、ぜひ、そういうことは止めていただきたいと。 大谷先生のところで人工呼吸器につながれて確定診断できない人がいる。 そしてこれ、広がれば数万人の命ですよね。 こういう方がいっぱいいましたら、数万人なのか、数万人でも済まないのか分かんないと。 そもそも、こういう数値だったから、医師のPCR検査要求を保健所が断るのが原因で、行政が遅れてきたわけじゃないですか。 今、ようやくここから保険適用でクリニックから、行くかもしれませんけど、初動が遅れたという、感染症の一番のポイントは、初動だってところは、PCR検査が少なかったからだと思っています。 そういう意味では、論文がどうだとか業績がどうだとかということよりも、人命を、本当のところの人命を取っていただきたいという、元々の感染研の方針に帰っていただきたい」 最後に岡田教授は「一部にそういうOBがいるってことで、人命に関わってくるというのは凄く怖いなと思っています」と告発の言葉。 この岡田教授の告発に対し、玉川氏は「ものすごい告発ですよ」と答える。 羽鳥アナは「民間に検査を委託すると、感染研がデータ集められないってことですね」と確認。 不足するマスク PCR検査の体制が十分ではないのは、感染研OBの利権か? 岡田先生(教授)の告発の内容にあるように、PCR検査の体制が十分ではないのは、感染研OBの利権であるなら、この問題は生命にもかかわることで大問題です。 ですが、おそらく、国会で追及してもいつものように逃げられてしまうのが現実でしょうが ことの本質は今回の岡田先生の暴露にあるでしょう。 もし、岡田先生の告発が事実無根であれば、国立感染症研究所のOBは名誉棄損で裁判に訴えるでしょうがおそらくしません。 私自身も、この番組を見るまでは、アメリカ、韓国と違って日本だけがPCR検査数が少ないのは、オリンピック利権が働いていると思っていました。 人の命よりは儲けが大事という考えです。 あの春節のとき、中国人の入国禁止に踏み出せなかったのも、この考えが背景にあると思っています。 マスクをした女子 岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」を受けネットでの声 岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」を受けネットでの声を紹介します。 「本当ならかなり頭おかしい国だよね。 役人視野狭過ぎ。 」 「コロナのデータを有力者だけが手に入れられたら、それを元に莫大に儲けられる。 国民の命より自分の懐を増やすことを考える輩がやりたい放題な国、日本。 OBだったとしても繋がりはあるのだろう、こうゆうことするのは。 twipple. html 「緑十字の時と同じようなことをする輩が沢山いるんですね。 岡田先生の発言は本当だと思う。 世間が変えていかなければならない問題です」 「もう こういうの薄々やっぱりなと思ってしまう。 そんな国。 国もそうだし会社もそう。 残念ながらお金が手に入る人たち、権力ある方達はこんなもんです。 」 「真実かどうかはこれから解明すべきだが(結局解明されないかもしれないが)、今までのPCR検査における不可解な疑問は解消する。 人の命より優先されるものがあるとはね。 この政府、本当に腐っていると思う。 」 「この日のモーニングショーをオンタイムで見ていました。 岡田先生のお話を聞いて、本当に腐っていると感じ怒りをおぼえました。 マスコミはこういう事を伝えて下さい。 」 「岡田先生の勇気ある告発、これまでの疑問が解消されました。 大々的に国会に取り上げて追求してほしい。 そして、岡田先生を守って欲しいです。 今回の騒動で、選挙の投票がいかに大事か痛感した、政治家の皆さんは、コロナ対策でどのような行動をおこしたのか、次回選挙の時にぜひ提示してほしいです。 」 「ずっと疑問でしたが、これで検査してもらえない辻褄が合いましたね。 今症状が出て苦しんでいる方や亡くなられた方の為にも、OBを実名で告発してほしいです」 「結局、政府と癒着してる国立感染研がガンでPCR検査の導入が遅れて、取り返しが付かない位感染が広がり、世論が政府批判を強めたので慌てて、安部首相が後追いで日々方針を変更し続けている最悪の状態。 」 「四国で初感染者出たのは大阪のイベント帰り者。 北海道も大阪イベント帰り者の陽性が発表されたが、本当に不思議なのは一番中国観光客が多かった大阪の感染者がクルーズ船帰還者を含めて3人だけ。 こんなに検査をしない大阪には何処でも隠れ感染者がいると言うことだろう。 検査数も大阪はわからない。 これでは大阪京都に観光など行けるわけない。 行政は何をしたいのか、拡大したいのかと疑うだけだ。 」 「こんな話、今に限った話では無いんじゃない? そもそも公務員の行動特性って昔から利権の確保だし。 年金制度だってそうだし、車庫証明だって警察庁利権、重量税は国交省、自動車税は総務省、ガソリン税と消費税の2重取りも治らないし。 明治以前からずーっとこの国の仕組みは官僚の利権保護維持を最優先に組み立てられるのさ、料亭で。 yahoo. ネットでは、怒りの声がかなり起こっています。 この問題は徹底的に追及してもらいたいものです。 新型コロナウィルスの感染で亡くなられた方もこれでは浮かばれません。 まとめ 今回は、「【驚愕】岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」でPCR検査難民が出ている?」というテーマでお送りしました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 なお、新型コロナウィルスの関連記事もご覧ください。 「 」 「」 「 の予測」 「」 「」 「」.

次の