鹿沼市 コロナ 誰。 鹿沼市 新型コロナウイルス感染症の発生状況及び検査状況について

【栃木コロナ】鹿沼市の20代女性と上三川町の30代男性が感染!2人ともキャバ「クラブエイト」関係者・・・情報がtwitterで拡散される

鹿沼市 コロナ 誰

ページID1023506 更新日 令和2年7月17日 発生状況(7月17日現在) 市内No. 栃木県 発表番号 陽性判明日 退院(退所)日 年代 性別 行動歴等 1 県内3例目 3月18日 4月1日 40 女 タイ旅行 2 県内13例目 3月31日 5月28日 30 男 3 県内15例目 4月1日 4月29日 20 男 東京都内で飲食 4 県内16例目 4月1日 5月14日 40 男 No. 2の濃厚接触者 5 県内18例目 4月6日、5月22日再燃 5月8日、6月8日 30 男 埼玉県内で飲食 6 県内19例目 4月6日 5月8日 30 男 7 県内21例目 4月7日 5月8日 30 女 東京都内の飲食店に勤務 8 県内22例目 4月7日 5月8日 40 男 神奈川県に出張 9 県内27例目 4月8日 5月2日 60 女 No. 7の濃厚接触者 10 県内28例目 4月8日 5月1日 30 女 No. 7の濃厚接触者 11 県内38例目 4月14日 4月28日 30 男 県外で葬儀出席 12 県内40例目 4月15日 4月29日 40 女 13 県内55例目 5月7日 5月30日 60 女 14 県内56例目 5月8日 5月30日 70 男 No. 13の濃厚接触者 15 県内57例目 5月12日 6月3日 70 女 16 県内58例目 5月14日 6月5日 40 女 17 県内59例目 5月15日 6月5日 70 女 No. 15の友人 18 県内60例目 5月15日 6月4日 10 女 No. 16の濃厚接触者 19 県内61例目 5月18日 6月9日 60 女 No. 16の同僚 20 県内62例目 5月19日 6月4日 40 女 No. 19の同僚 21 県内63例目 5月20日 6月4日 60 女 No. 20の濃厚接触者 22 県内64例目 5月20日 6月6日 50 女 No. 16,19,20の同僚 23 県内65例目 5月25日 6月12日 70 男 No. 20の濃厚接触者 24 県内70例目 6月28日 7月7日 30 男 県内67,68,69例目の同僚 25 県内71例目 6月28日 7月7日 10 女 県内67,68,69例目の同僚 26 県内79例目 6月30日 7月8日 20 男 県内78例目の同僚 27 県内80例目 7月1日 7月9日 30 女 No. 26の濃厚接触者 28 県内81例目 7月1日 7月7日 20 男 No. 24の知人 29 県内82例目 7月1日 7月8日 20 男 県内78,79例目の同僚 30 県内83例目 7月2日 7月9日 30 男 クラスター発生店舗利用 31 県内84例目 7月2日 7月13日 20 女 No. 29の濃厚接触者 32 県内86例目 7月3日 7月13日 60 女 No. 30の同僚 33 県内87例目 7月5日 7月17日 30 女 No. 32の接触者 34 県内88例目 7月7日 7月15日 30 男 県外の陽性者と濃厚接触 35 県内90例目 7月8日 10歳未満 男 No. 34の濃厚接触者 36 県内98例目 7月13日 30 女 No. 24の濃厚接触者 37 県内107例目 7月15日 7月17日 20 男 38 県内110例目 7月16日 20 男 39 県内111例目 7月16日 80 女 40 県内112例目 7月16日 20 女 41 県内118例目 7月17日 30 男• これまでのところ、重症化した方はおりません。 患者・ご家族・関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。 男女別人数 男性 女性 計 19人 22人 41人 年代別人数 10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 計 1人 2人 8人 13人 6人 1人 5人 4人 1人 41人 本市のPCR検査件数(7月17日現在) 感染疑い検査人数(累計) 市 市委託 合計 陽性者数(累計) 陽性率 1640人 608人 2248人 46人 注1 2. 0% 注1 うち5人は、栃木県及び他県の事例として計上されているため、「本市の発生状況」とは一致しない。 【参考】国内の検査状況(7月16日0時現在)厚生労働省ホームページより 国内事例検査人数(累計) 注3 陽性者数(累計) 陽性率 499,787件 22,450件 4. 5% 注3 検査実施人数は、一部自治体について件数を計上しているため、実際の人数より過大である。 また、人数を公表していない自治体の数は計上していない。 また、更新がなかった自治体については、前日の数値を使用。 これまでの感染動向と感染予防対策 本市の陽性患者は、4月までは海外渡航歴のある方(No. 1)や首都圏との交流のある方(No. 3、5、7、8)が多く、また、特に若い世代(30代、40代)の発生が多い状況でしたが、5月以降は他の陽性者との濃厚接触(注意)により感染した方も多く、幅広い世代(10代~70代)で発生しています。 本市では、陽性患者との濃厚接触者について、患者の行動歴の調査(積極的疫学調査)により特定し、まん延防止に努めています。 (注意)濃厚接触とは 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、(1)距離の近さと(2)時間の長さです。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触があった者、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった場合等に濃厚接触者と考えられます。 緊急事態宣言が解かれたところではありますが、市民の皆様には、引き続き一人一人の感染対策の徹底をお願いいたします。 感染症のまん延防止に万全を期しつつ、市民の生活や地域経済の一日も早い回復のため、以下のことにご注意ください。 市内の発生状況の詳細について 県内118例目(市内No. 41)• 県内112例目(市内No. 40)• 県内111例目(市内No. 39)• 県内110例目(市内No. 38)• 県内107例目(市内No. 37)• 県内98例目(市内No. 36)• 県内90例目(市内No. 35)• 県内88例目(市内No. 34)• 県内87例目(市内No. 33)• 県内86例目(市内No. 32)• 県内84例目(市内No. 31)• 県内83例目(市内No. 30)• 県内82例目(市内No. 29)• 県内81例目(市内No. 28)• 県内80例目(市内No. 27)• 県内79例目(市内No. 26)• 県内71例目(市内No. 25)• 県内70例目(市内No. 24)• 県内67,68,69例目• 県内65例目(市内No. 23)• 県内18例目(市内No. 県内64例目(市内No. 22)• 県内63例目(市内No. 21)• 県内62例目(市内No. 20)• 県内61例目(市内No. 19)• 県内60例目(市内No. 18)• 県内59例目(市内No. 17)• 県内58例目(市内No. 16)• 県内57例目(市内No. 15)• 県内56例目(市内No. 14)• 県内55例目(市内No. 13)• 県内40例目(市内No. 12)• 県内38例目(市内No. 11)• 県内28例目(市内No. 10)• 県内27例目(市内No. 県内21、22例目(市内No. 7、8)• 県内18,19例目(市内No. 5,6)• 県内15,16例目(市内No. 3,4)• 県内13例目(市内No. 県内3例目(市内No.

次の

栃木県 新型コロナ関連情報

鹿沼市 コロナ 誰

任期満了に伴う鹿沼市長選は17日告示、24日投開票で行われる。 いずれも無所属で、4選を狙う現職の佐藤信(さとうしん)氏(73)と新人で元国会議員政策秘書の石下友彦(いしげともひこ)氏(47)=自民、公明推薦=の一騎打ちになるとみられる。 新型コロナウイルスで選挙戦に影響も出ている短期決戦。 市長選の構図と市の課題などを探った。 自民党鹿沼支部は、3月下旬に石下氏が候補者に決まるとすぐさま市内に「おでん」と呼ばれるポスターを立てることに力を入れた。 出遅れを取り戻し、名前、顔を覚えてもらうためで、キャッチコピーや支持市議らの写真も入れた。 同支部にとって、4年前の市長選の雪辱、失地回復の戦いとなる。 3月27日の同支部総会で石下氏は「多くの市議からも要請された。 わずかの期間しかないが、誰かがやらなくてはいけない。 鹿沼の方向を変えたい」と言い切った。 前回市長選後、当時県議だった神谷幸伸(かみやゆきのぶ)氏から支部長を引き受けた小林幹夫(こばやしみきお)県議は、昨年9月の市議選で自民系候補10人全員を公認した。 2011年、15年市議選はいずれも3人。 市長選をにらみ、足並みをそろえるための「公認」と見る向きも多かった。 誤算もあった。 一定の距離を置く神谷氏系の複数市議は「昨年の台風19号の災害復旧、新型コロナ対策のため選挙をやる時期ではない」と話す。 現職市長と政策協定を結び、「実」を取る考えも持っていた。 候補者選びは難航し、石下氏への要請は「市議有志」でとなった。 一枚岩となって選挙戦を戦えるかが焦点の一つともなっている。 腰を上げたのが1月25日。 自身の後援会会合で出席者から「佐藤市政の集大成を」と出馬を促され「態度を示す時期。 皆さんの期待に応えたい」と決意を述べた。 3月30日の政策発表を含めた出馬会見は「まず新型コロナ対策。 そして将来にツケを残さない政策を展開したい」と自身の政治スタンスを改めて示した。 これまでの選挙と違い、若い40代の候補者が相手。 高齢、多選批判が出ることは承知している。 しかし口にこそ出さないが、自分以外に適任者がいないのではという自負もにじむ。 市長に近い市議をはじめ、後援会のメンバーも「ほかに市長にふさわしい人はいない。 総仕上げをしてほしい」と話す。 財政健全化をモットーとしてきただけに、市民からの「夢のある事業、施策がほしい」との声をどう反映するかが問われる。 この4年間、新庁舎整備で建設場所の是非、総事業費60億円という枠で自民系市議と論争を重ねた。 起工式も済み、23年3月の完成を見届けたいという佐藤氏の思いは強い。

次の

失地回復か 総仕上げか 鹿沼市長選 明日への選択<上>|地域の話題,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|とちぎの選挙|下野新聞 SOON(スーン)

鹿沼市 コロナ 誰

ページID1023506 更新日 令和2年7月17日 発生状況(7月17日現在) 市内No. 栃木県 発表番号 陽性判明日 退院(退所)日 年代 性別 行動歴等 1 県内3例目 3月18日 4月1日 40 女 タイ旅行 2 県内13例目 3月31日 5月28日 30 男 3 県内15例目 4月1日 4月29日 20 男 東京都内で飲食 4 県内16例目 4月1日 5月14日 40 男 No. 2の濃厚接触者 5 県内18例目 4月6日、5月22日再燃 5月8日、6月8日 30 男 埼玉県内で飲食 6 県内19例目 4月6日 5月8日 30 男 7 県内21例目 4月7日 5月8日 30 女 東京都内の飲食店に勤務 8 県内22例目 4月7日 5月8日 40 男 神奈川県に出張 9 県内27例目 4月8日 5月2日 60 女 No. 7の濃厚接触者 10 県内28例目 4月8日 5月1日 30 女 No. 7の濃厚接触者 11 県内38例目 4月14日 4月28日 30 男 県外で葬儀出席 12 県内40例目 4月15日 4月29日 40 女 13 県内55例目 5月7日 5月30日 60 女 14 県内56例目 5月8日 5月30日 70 男 No. 13の濃厚接触者 15 県内57例目 5月12日 6月3日 70 女 16 県内58例目 5月14日 6月5日 40 女 17 県内59例目 5月15日 6月5日 70 女 No. 15の友人 18 県内60例目 5月15日 6月4日 10 女 No. 16の濃厚接触者 19 県内61例目 5月18日 6月9日 60 女 No. 16の同僚 20 県内62例目 5月19日 6月4日 40 女 No. 19の同僚 21 県内63例目 5月20日 6月4日 60 女 No. 20の濃厚接触者 22 県内64例目 5月20日 6月6日 50 女 No. 16,19,20の同僚 23 県内65例目 5月25日 6月12日 70 男 No. 20の濃厚接触者 24 県内70例目 6月28日 7月7日 30 男 県内67,68,69例目の同僚 25 県内71例目 6月28日 7月7日 10 女 県内67,68,69例目の同僚 26 県内79例目 6月30日 7月8日 20 男 県内78例目の同僚 27 県内80例目 7月1日 7月9日 30 女 No. 26の濃厚接触者 28 県内81例目 7月1日 7月7日 20 男 No. 24の知人 29 県内82例目 7月1日 7月8日 20 男 県内78,79例目の同僚 30 県内83例目 7月2日 7月9日 30 男 クラスター発生店舗利用 31 県内84例目 7月2日 7月13日 20 女 No. 29の濃厚接触者 32 県内86例目 7月3日 7月13日 60 女 No. 30の同僚 33 県内87例目 7月5日 7月17日 30 女 No. 32の接触者 34 県内88例目 7月7日 7月15日 30 男 県外の陽性者と濃厚接触 35 県内90例目 7月8日 10歳未満 男 No. 34の濃厚接触者 36 県内98例目 7月13日 30 女 No. 24の濃厚接触者 37 県内107例目 7月15日 7月17日 20 男 38 県内110例目 7月16日 20 男 39 県内111例目 7月16日 80 女 40 県内112例目 7月16日 20 女 41 県内118例目 7月17日 30 男• これまでのところ、重症化した方はおりません。 患者・ご家族・関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。 男女別人数 男性 女性 計 19人 22人 41人 年代別人数 10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 計 1人 2人 8人 13人 6人 1人 5人 4人 1人 41人 本市のPCR検査件数(7月17日現在) 感染疑い検査人数(累計) 市 市委託 合計 陽性者数(累計) 陽性率 1640人 608人 2248人 46人 注1 2. 0% 注1 うち5人は、栃木県及び他県の事例として計上されているため、「本市の発生状況」とは一致しない。 【参考】国内の検査状況(7月16日0時現在)厚生労働省ホームページより 国内事例検査人数(累計) 注3 陽性者数(累計) 陽性率 499,787件 22,450件 4. 5% 注3 検査実施人数は、一部自治体について件数を計上しているため、実際の人数より過大である。 また、人数を公表していない自治体の数は計上していない。 また、更新がなかった自治体については、前日の数値を使用。 これまでの感染動向と感染予防対策 本市の陽性患者は、4月までは海外渡航歴のある方(No. 1)や首都圏との交流のある方(No. 3、5、7、8)が多く、また、特に若い世代(30代、40代)の発生が多い状況でしたが、5月以降は他の陽性者との濃厚接触(注意)により感染した方も多く、幅広い世代(10代~70代)で発生しています。 本市では、陽性患者との濃厚接触者について、患者の行動歴の調査(積極的疫学調査)により特定し、まん延防止に努めています。 (注意)濃厚接触とは 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、(1)距離の近さと(2)時間の長さです。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触があった者、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった場合等に濃厚接触者と考えられます。 緊急事態宣言が解かれたところではありますが、市民の皆様には、引き続き一人一人の感染対策の徹底をお願いいたします。 感染症のまん延防止に万全を期しつつ、市民の生活や地域経済の一日も早い回復のため、以下のことにご注意ください。 市内の発生状況の詳細について 県内118例目(市内No. 41)• 県内112例目(市内No. 40)• 県内111例目(市内No. 39)• 県内110例目(市内No. 38)• 県内107例目(市内No. 37)• 県内98例目(市内No. 36)• 県内90例目(市内No. 35)• 県内88例目(市内No. 34)• 県内87例目(市内No. 33)• 県内86例目(市内No. 32)• 県内84例目(市内No. 31)• 県内83例目(市内No. 30)• 県内82例目(市内No. 29)• 県内81例目(市内No. 28)• 県内80例目(市内No. 27)• 県内79例目(市内No. 26)• 県内71例目(市内No. 25)• 県内70例目(市内No. 24)• 県内67,68,69例目• 県内65例目(市内No. 23)• 県内18例目(市内No. 県内64例目(市内No. 22)• 県内63例目(市内No. 21)• 県内62例目(市内No. 20)• 県内61例目(市内No. 19)• 県内60例目(市内No. 18)• 県内59例目(市内No. 17)• 県内58例目(市内No. 16)• 県内57例目(市内No. 15)• 県内56例目(市内No. 14)• 県内55例目(市内No. 13)• 県内40例目(市内No. 12)• 県内38例目(市内No. 11)• 県内28例目(市内No. 10)• 県内27例目(市内No. 県内21、22例目(市内No. 7、8)• 県内18,19例目(市内No. 5,6)• 県内15,16例目(市内No. 3,4)• 県内13例目(市内No. 県内3例目(市内No.

次の