こむら返り 対処。 高齢者がこむら返りを起こす原因について

すぐできる!こむら返りの対処法。病院での治療が必要な場合とは?

こむら返り 対処

太ももでこむら返りが起きる原因とは? 足がつる・こむら返りはふくらはぎや土踏まずで起こることが多いのでそのイメージが強いと思いますが、太ももでも起こることがあります。 太ももでこむら返りが起きる原因は様々あるので、特定することが難しいのですが一般的には 「運動不足」「ミネラル不足」「筋肉疲労」「水分不足」「冷え」「高齢化」などが原因だと言われています。 太ももに負担がかかりすぎてるかも? 私たちの体の中で一番大きい筋肉は、常に体を支えてくれている太ももの筋肉 大腿四頭筋 です。 なので、必然的に太ももにかかる負担は大きいものになります。 走ったり飛んだりしたらその負荷はもっと大きくなります。 なので、太ももでこむら返りが起こる可能性はそもそも高いのですが、よく起きる場合は 体の歪みが原因で太ももに強い負荷がかかっている可能性があります。 具体的には、骨盤が歪んで大腿骨が外側にずれてしまうことが原因です。 大腿骨は股から膝にかけての骨なので、外側にずれてしまうとそれ以上ずれないようにかばうような姿勢を自然ととってしまいます。 そして、 片方の太ももばかりに体重が乗ってしまい、常に筋肉が緊張している状態になります。 その結果、 太ももに疲れが溜まりやすくなりこむら返りが起きてしまうんです。 太ももでこむら返りが起きた時の対処法 太ももは体の中で一番大きい筋肉ですので、こむら返りが起きた時はふくらはぎのこむら返りよりも激痛が走ります。 筋肉が大きい分、痛みも激しくなってしまうんです。 こむら返りは筋肉が収縮し続けている状態ですので、伸ばしてあげることで痛みは治まっていきます。 なので、太ももでこむら返りが起きた時の正しい対処法は 「ストレッチ」をすることです。 これからその具体的な方法について解説させていただきますのでぜひチェックしてください! 太ももの前側 大腿四頭筋 でこむら返りが起きた場合 手順1:まず上の写真のように手すりや手をかけられるところよりかかります。 そして、こむら返りが起きた方の足の足首を持って太ももの裏につけるように引き上げてください。 手順2:太ももの前がストレッチを感じるところまで引き上げたら、こむら返りが治るまでキープしましょう! 太ももの裏側 ハムストリング でこむら返りが起きた場合 手順1:上の写真のように手すりのような足をかけられるところに足をかけます。 そして、つま先を触るように体を前に倒してください。 手順2:太ももの裏にストレッチを感じるところまで体を前に倒したらこむら返りが治るまでキープしましょう! 手順1:上の写真のように手を床につけるイメージでその場で体を前に倒してください。 この時にできるだけ膝は伸ばしておきます。 手順2:太ももの裏にストレッチを感じたらそのままこむら返りが治るまでキープしましょう! こむら返りはできるだけ早く対処した方が良い こむら返りはストレッチなどをしなくても一般的に短時間で痛みが治るものです。 しかし、痛みを長引かせてしまうと筋肉痛が残ったり、最悪の場合は肉離れを起こしてしまうことがあります。 なので、ストレッチをして早めに対処するようにしましょう! 太もものこむら返りを予防する方法 こむら返りをできるだけ起こさないように、普段からできる簡単なこむら返り予防法をご紹介します! ストレッチ・マッサージをしよう! ストレッチはこむら返りの痛みを抑えてくれますが、予防法にもなります。 なぜなら、筋肉が硬くなっている状態だとこむら返りが起きやすいからです。 ストレッチをして筋肉をほぐしてあげるとこむら返りの予防になります。 また、そういう意味では マッサージも効果的です。 マッサージにも筋肉をほぐす効果がありますし、血流も良くなって筋肉の疲労がとれやすくなります。 ストレッチやマッサージを寝る前やテレビを見ながら行うようにしましょう! 湯船にゆっくり浸かる 湯船にゆっくり浸かると 血流が良くなるので代謝が促進されます。 筋肉に溜まった乳酸や老廃物などの疲労物質を取ることができ、筋肉をほぐすことができるのでこむら返りの予防に効果的です。 筋トレをする 太ももでこむら返りが起きる原因として 運動不足があります。 太ももの筋肉をあまり使わないせいで弱っていき、ちょっとした負荷に耐えられなくなったり柔軟性を失ってしまうことでこむら返りが起きやすくなってしまうんです。 なので、1日10回でもいいのでスクワットをして太ももを鍛えるとこむら返りの予防に効果的です。 また、スクワットだけじゃなく ウォーキングや ジョギングなどの運動も効果的ですので、ぜひ実践してみてください! 太もも以外でもこむら返りは起きる 今回は太もものこむら返りについて解説させていただきましたが、太もも以外でもふくらはぎ、足裏、土踏まず、足の指、腕、腹筋などでもこむら返りが起こることがあります。 太もも以外で起こった場合でも、ストレッチをすれば痛みを治めることができますので慌てずに対処するようにしましょう。 また、こむら返りの原因は様々ですので、あなたのこむら返りの原因に沿った予防法をとることが大事になってきます。 このサイトでは様々な原因の詳細や予防法、対処法をご紹介していますので、ぜひチェックしてください!まずはあなたのこむら返りの原因を突き止めて、その原因に沿った正しい予防策をとるようにしましょう!.

次の

【接骨ネット】こむらがえり(原因/症状/対処法)

こむら返り 対処

こむら返りといえば、急にふくはらぎの部分をつったりする症状となっていて、幅広い年齢層の間でこの症状は起きるため日頃から気をつけていく必要があります。 こむら返りを起こす原因については体力が低下していたり運動不足である場合は症状が出やすくなっている特徴を持っています。 病気が原因でこむら返りを引き起こしたりする事もあるため、病院でしっかりとした診療を受ける必要があります。 他にも立ち仕事が多い人や定期的に運動をしている人にも出たりする事があるため、日頃のケアが大切となってきます。 また、高齢者の方もこむら返りの症状出やすくなっているので警戒する必要があります。 高齢者の方がこむら返りを起こす原因については病気の症状によって起こる場合もありますが、やはり運動不足が関係していると言われています。 高齢者の方は若者と比べて運動量が低下してしまうため、筋力や体力が低下してしまっているためこむら返りが出やすくなっています。 そのため、原因を改善・解消するためには適度な運動を心がけながら、生活習慣の見直しとかをしていく必要があります。 高齢者の方は食事の栄養バランスが偏る事もあったりするため、栄養バランスがしっかりとしている食事を心がけるようにお願いします。 こむら返りは高齢者の人にとってはかなり辛い症状でもあるため、避けたい症状の一つであります。 スポンサーリンク 高齢者がこむら返りの症状が出る割合は比較的に高いため、睡眠中は特に気をつけるようにお願いします。 若者にもこむら返りは起きたりするため、運動中や睡眠中の際は警戒する必要があります。 頻繁してこの症状が起きている場合は病院に行って診療を受けるようにお願いします。 病院に行った際は何科を頼りにすれば良いのかと言うと、内科・神経内科・整形外科の3つが無難となっています。 高齢者の方は内科や神経内科を最初受診して、精密検査等を受けるようにお願いします。 病気が原因でこの症状が出ている場合もあるため、細かな検査が必要となります。 運動をしていてこの症状が出ていた場合は整形外科に行って、専門医から対応を受けるようにお願いします。 身体に不調を感じこの症状が出ている時は最初は内科を受診すればしっかりとした対応を受けれます。 この症状は脳梗塞や心筋梗塞の前兆症状の可能性もあるため、病院での診療が必要不可欠となります。 原因を突き止める事によって適切な診療を受ける事ができ、早期に原因を改善・解消する事ができるからであります。

次の

すぐできる!こむら返りの対処法。病院での治療が必要な場合とは?

こむら返り 対処

足がつる代表的な病気に糖尿病があります。 ここでは糖尿病と脚のつり(こむらがえり)との関連について説明していきます。 足のつり「こむらがえり」について 運動中や就寝中に脚がつったという経験のある方は多いかと思います。 脚がつると痛みと痺れがあります。 ふくらはぎの筋肉が痙攣して自分の意思ではどうにもならず歩くことも出来ない状態になります。 ふくらはぎの筋肉は随意で動かせる筋肉です。 つまり自分の意思で動かせる筋肉です。 こむらがえりをおこす筋肉は「腓腹筋」です。 この「腓腹筋」が異常な収縮を起こすのがこむらがえりなのです。 その理由としては大量の下痢、発汗などによる脱水症状や、冷え性からくるような血行障害です。 また、「こむらがえり」とはこの「腓腹筋」の異常な痙攣のことをあらわします。 腓腹筋の「腓」は「こむら」とよむこともできます。 ではなぜ糖尿病に罹患すると脚がつりやすくなるのでしょうか。 一般的には、通常の日常生活を送り、1週間に一度以上の頻度で脚がつ流状態が続いた場合には、何らかの疾患が原因となり脚がつると考えられています。 その原因の疾患の一つに糖尿病があげられるのです。 糖尿病について 「糖尿病」という病名を聞くことは多いかと思います。 健康診断の結果など、血糖値が高かったから食事に気をつけるようにしよう、と思ったことのある方は多いのではないでしょうか。 大きな括りであらわすと、糖尿病とは糖代謝の異常です。 糖質は食餌から摂取するもので、二糖類のショ糖(砂糖の主成分)、多糖類のデンプン、グリコーゲン(米類、パン類、麺類、芋類)があります。 詳細は割愛しますが、これらの糖質が体内に摂取されると様々な消化液によって分解されます。 分解された糖質はグルコースという形になり、膵臓から分泌される「インスリン」よって血糖値の調整をされることになります。 人間が生きていくためにはエネルギーが必要です。 人間のもつそれぞれの臓器は主としてグルコースをエネルギー源として活用して機能しています。 そのため、血液中にはある程度のグルコースの濃度が必要になります。 その濃度の調整に大きな役割をはたしているのが「インスリン」なのです。 「インスリン」はグルコースの血中濃度を「下げる」役割を果たしています。 その逆にグルコースの血中濃度を「上げる」のは「グルカゴン」といいます。 糖尿病と診断するには基準がいくつかあります。 良く耳にするのは「空腹時血糖値」ではないでしょうか。 空腹時血糖値は朝食を取らずに採取した血液で検査をします。 その値が「110mg/dl」であることが正常域とされます。 またもう一つ「75g糖負荷試験2時間値」があります。 この正常域は「140mg/dl」となります。 「空腹時血糖値」と「糖負荷試験2時間値」の両者を満たすものが正常型となります。 これらの正常域を超えた数値がでていると糖尿病型と診断されますが、大抵はこれだけですと「糖尿病の疑い」とされます。 その後他の検査をして、継続して経過を長い場合では半年ほどみて、数値の上昇や他の身体症状(口渇、多尿、多飲、急激な体重減少など)が現れることはあるかどうかを観察したのち、糖尿病かどうかの診断されます。 糖尿病とはグルコース(糖)の血中濃度が高い状態にあることです。 この状態が続くと合併症を引き起こし命に関わる状態となります。 その合併症は「網膜症」「腎症」「神経障害」「動脈硬化性病変」があります。 そのうち「腎症」「神経症」「網膜症」は三大合併症とも言われています。 しかしながら生命の予後に大きく関わるものは動脈硬化性疾患ですので、予防という観点からも動脈硬化性に関する検査をすることは重要視されています。 なぜ糖尿病になるとこむらがえりをしやすくなるのか? 糖尿病とはグルコースの血中濃度を調整できずに、血中の糖の濃度が高い状態が継続していることです。 この状態が続いて合併症があらわれるのですが、「神経障害」とは手足のしびれや痛み、感覚の麻痺、下痢や便秘を繰り返す、立ちくらみ、味覚が鈍くなる、発汗障害などその症状は様々です。 ではなぜ神経障害がおこるのでしょうか。 その原因はまだはっきりわかっていない部分もあるそうですが、考えられているのは血糖値が高い状態が続くと「ソルビトール」という物質が抹消(心臓から離れた部位、つまり手や足を示します)の神経細胞に蓄積することにより、抹消感覚が鈍くなったり麻痺が起こるとのことです。 また同時に高血糖状態が続くと、抹消の毛細血管の血流が悪くなり、神経細胞に必要な酸素や栄養が足りないために神経障害が起こる、という説もありました。 これらの話を考察しますと、こむらがえりと関連しているのは合併症の「神経障害」と考えられます。 糖尿病の患者さんの三人に一人はこむらがえりがあるとされています。 糖尿病の場合には就寝中に起こることが多いようです。 とくに、就寝中のこむらがえりが頻繁でしっかり睡眠が取れなくなり、何かおかしいと感じて病院に受診をして初めて糖尿病に気がついた、というケースも多いそうです。 糖尿病とこむらがえりには繋がりがあります。 特に、糖尿病に全く気がつかないときに頻回にこむらがえりがあることで、糖尿病との診断となる方々も多いわけですから、気になる場合には早めの内科受診をお勧めいたします。 運動中ではなく、就寝中にこむらがえりが1週間に一度以上継続して現れている場合には特に早めの受診をなさっていただきたいと思います。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,180ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,794ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,375ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,955ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,754ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,868ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,920ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,533ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,764ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,238ビュー.

次の