ドコモテレビターミナル 接続方法。 ドコモテレビターミナル

ドコモ・dtvターミナルの設定・利用方法まとめ

ドコモテレビターミナル 接続方法

ひかりTV for ドコモ• ドコモ光テレビオプション• ドコモ光 スカパー いずれもテレビの視聴サービスではありますが、料金や視聴可能台数、チャンネルなどが異なります。 月額料金は 3,500円ですが、ドコモの携帯回線を持っている方が対象の「2ねん割」を適用すれば、 2,500円で利用できます。 また、通常のひかりTVとは異なり、dTVチャンネルも追加料金なしで利用できるのも特長です。 地デジだけでなくBS・CSも見たい方は、ドコモ光テレビオプションとスカパーの両方を契約するよりもお得に利用できます。 家でも外でもテレビが見たい方• 自宅のテレビが1台 or DLNA対応テレビの方• 月額料金は750円と、ドコモ光のテレビ視聴サービスのなかではもっとも安く利用できます。 地デジ・BSだけで十分な方という方であれば、ひかりTV for docomoやケーブルテレビよりお得です。 アンテナを設置する必要がないため、台風などの悪天候にも強いのもメリットでしょう。 また、 最大で4台まで接続できるため、ご自宅に複数台テレビがあるご家庭にもおすすめです。 ただし、ドコモ光テレビオプションを利用するためには、ドコモ光の開通工事とは別に、 ドコモ光テレビオプションの接続工事を行う必要があります。 接続工事を行うと、当然工事費も発生するため、初期費用が高額になってしまうため、申し込む際には工事費も確認したうえで申し込みましょう。 ドコモ光テレビオプションの工事に関しては、後述するをご覧ください。 地デジ・BSが見られれば十分な方• テレビの設置台数が多い方• 引っ越し等で新たにテレビ環境を構築したい方 ドコモ光テレビオプションは利用できるエリアに限りがある 料金の安さが魅力のドコモ光テレビオプションですが、 利用できるエリアに限りがあるのがデメリットでしょう。 提供エリアは、NTT東日本・西日本で提供されている「フレッツ・テレビ」の提供エリアと同じです。 提供エリアについて詳しく確認したい方は、NTTの公式サイトにて確認してみてください。 通常のスカパー!とは異なり、ドコモ光の光ケーブルを利用して視聴するため、基本的にアンテナや専用チューナーは必要ありません。 ただし、「光パックHD」を申し込む場合や、スカパー!プレミアムサービスの視聴を希望する場合は、 専用チューナーが必要です。 料金プランは、視聴できるチャンネル数によって4つに分かれており、それぞれ月額料金が異なります。 ただし、光パックHDを契約する場合、上記の金額に加えて 専用チューナーのレンタル料金900円が必要です。 また、基本的に1契約につき1台しか視聴できませんが、「スカパー!基本パック」に限り、1契約で3台までCS放送を楽しめます。 もし複数のテレビでスカパー!を利用したい方は、スカパー基本パックを選びましょう。 地デジ・BS・CSをたっぷり楽しみたい方• 今までのレコーダー等の機器をそのまま使いたい方• 複数のテレビでCS放送を視聴したい方 ドコモ光のテレビ視聴サービスは工事が必要? ドコモ光のテレビ視聴サービスは、契約するサービスによって必要な設備やツールが変わります。 また、サービスによっては接続工事も必要です。 この項では、テレビ視聴に必要な手順を、各サービスごとに解説します。 ひかりTV for docomoは工事不要! ひかりTV for docomoは、開通工事の必要なくサービスを利用できます。 テレビを見る際、通常であれば家にアンテナを立てたり、回線の引き込みが必要です。 それに対し、ひかりTV for docomoでは専用チューナーの 「ドコモテレビターミナル02 TT02 」と、ドコモ光のルーターを設置するだけで、テレビの視聴ができます。 購入またはレンタルのいずれかで入手できます。 もしBS4Kデジタル放送は必要ない方であれば、価格が安い 「ドコモテレビターミナル TT01 」でも問題ありません。 ドコモテレビターミナルは、 8,400円で購入できるテレビチューナーです。 レンタルを行っていないため、「テレビは見たいけど購入はしたくない」という方は、ドコモテレビターミナル02を選びましょう。 ドコモ光テレビオプションは接続工事必須 ドコモ光テレビオプションは、ドコモ光の開通工事とは別にテレビの接続工事が必要です。 アンテナと分配器の接続解除• 既存のテレビ配線に回線終端装置からのテレビケーブルを接続• 各部屋のテレビとの接続確認・信号強度の確認 接続工事には 工事費が発生し、接続するテレビの台数によって金額が変動します。 もしテレビが1台でも他の部屋に設置されている場合は、2〜4台用の料金が適用され5台目以降は1台につき 3,300円が追加されます。 また、回線終端装置の設置場所によっては配線距離が長くなり、信号が弱くなってしまうため、 ブースターの設置が必要です。 ブースター設置工事は、1台につき 12,000円かかるので、環境によっては工事費が高額になります。 テレビを複数台所持している方は、工事の前に必ず作業員に確認しておきましょう。 スカパー!の工事はドコモ光テレビオプションの工事と同時に行われる ドコモ光テレビオプションとスカパー!を併用する場合は、ドコモ光テレビオプションの工事だけを行います。 そのため、工事の手順事態はドコモ光テレビオプションと同じです。 工事費は、 ドコモ光オプションの工事費にスカパー!の接続工事費が上乗せされた金額が請求されます。 そのため、ドコモ光のテレビサービスのなかでは もっとも工事費が高額です。 そのため、契約時点でスカパー!の契約を考えている方は、同時に申し込むとお得です。 ただし、先述したとおり「光パックHD」を契約した場合は、別途専用チューナーの設置が必要になります。 設置方法はテレビの型によって変わるため、分からない方はテレビの説明書等を用意しておくと良いでしょう。 ドコモ光のテレビサービスで録画はできる? 家でゆっくりとテレビを視聴できないとき、録画機能を活用する方も多いでしょう。 ひかりTV for docomoに関しては、 ドコモテレビターミナルにUSB3. 0に対応した外付けHDDが必要です。 外付けHDDとは、データを保存するための機器で、パソコンやスマホなどのデータのバックアップにも利用されています。 USB3. 0に対応した機種なら問題なく利用できますが、どれを選べば分からない方は、ドコモで動作確認済みの機種を購入すると良いでしょう。 IO DATA HDCZ-UTCシリーズ• IO DATA HDCZ-UTシリーズ• IO DATA HDCL-UTE2K• ELECOM ELD-ERT020UBK• Buffalo HD-LDU3-Aシリーズ 録画した番組はドコモテレビターミナルアプリを使えば、スマホやタブレットでも視聴できます。 見たい番組を見る時間がなかなか取れないときなどにも活用してみてください。 視聴できるテレビの台数はサービスごとに違う ご家庭によっては、複数のテレビでテレビの視聴サービスを利用したい場合もあるでしょう。 視聴可能なテレビの台数は、利用しているテレビサービスによって異なります。 しかし、 DLNA規格に対応したテレビをドコモテレビターミナルをWi-Fiルーターと接続すれば、複数のテレビでひかりTV for docomoが視聴できます。 LG EG9600• Funai FL-49U4110• SONY KJ-49X9000E/KJ-43X8000E ドコモ光テレビオプションの場合、テレビの接続工事を行えば何台でも視聴できます。 スカパー!の映像コンテンツを複数台で見たい場合は、テレビに差し込むB-CASカードの追加手続きが必要です。 なお、スカパー!の基本プランを複数台で申し込んでいる場合は、 同一世帯での契約 契約者名や住所・電話番号含む かつ同一の支払い方法であれば追加料金なしで視聴できます。 もし契約情報がひとつでも異なる場合、 追加したB-CASカードのぶんだけ月額料金が発生するため、手続きの前に契約情報を確認しておきましょう。 手続きの詳細については、をご覧ください。 ドコモ光のテレビサービスはNHK受信料が必要 ドコモ光テレビオプションやひかりTV for docomoの月額料金には、NHK受信料が含まれていないため、 NHK受信料は別途支払う必要があります。 さらに、ドコモ光テレビオプションもひかりTV for docomoも地デジ・BS共に対応しているため、衛星契約の料金を支払わなくてはいけません。 自動的に契約になるわけではないので、テレビサービスの利用時は別途申し込みを行いましょう。 ドコモ光のテレビサービスの申し込み方法は? ここまでドコモ光のテレビ視聴サービスについて解説してきました。 どのサービスもそれぞれメリットがあり、テレビ番組や映像コンテンツを楽しみたい方であれば、契約して損はありません。 ただし、いずれもドコモ光を利用している方向けのサービスであるため、利用するためにはドコモ光の回線契約が必要です。 もっともおすすめなのはOCNからの申し込み ドコモ光のテレビサービスを利用するなら、まずはドコモ光を申し込みましょう。 ドコモ光は、さまざまなプロバイダや代理店から申し込めるため、どこがお得なのか迷ってしまう方も少なくありません。 当サイトでさまざまな窓口を比較したところ、 無条件で20,000円のキャッシュバックとdポイント2,000ptを還元している、OCNからの申し込みがもっともおすすめです。 キャンペーン: 20,000円キャッシュバック dポイント2,000pt• 戸建てタイプ月額料金: 5,400円• マンションタイプ月額料金: 4,200円 申し込みページ: OCNでは、ネットの申し込みでよくある「有料オプションの申し込み」などの条件がとくに設けられていません。 ドコモ光の申し込みのみで、 総額25,000円分の特典が受け取れるのは、かなりお得だと言えるでしょう。 さらに、セキュリティソフトが12ヶ月間無料で利用できたり、最新の無線Wi-Fiルーターのレンタルが永年無料になるなど、キャッシュバック以外の特典も充実しています。 キャンペーンの詳細はをご覧ください。 利用するサービスごとに申し込み窓口が異なる ドコモ光に申し込んだら、テレビサービスの申し込みも別途行いましょう。 希望するテレビ視聴サービスによって申し込む窓口が異なります。 また、ひかりTV for docomoは、dアカウントのIDとパスワードも必要なため、もしアカウントが不明な場合は、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせておきましょう。 9時~20時 年中無休 ドコモ光のテレビ視聴サービスまとめ 今回は、ドコモ光で利用できるテレビサービスの内容や料金について解説しました。 家でも外でもテレビが見たい方• 自宅のテレビが1台 or DLNA対応テレビの方 ドコモ光テレビオプション• 地デジ・BSが見られれば十分な方• テレビの設置台数が多い方• 引っ越し等で新たにテレビ環境を構築したい方 スカパー!• 地デジ・BS・CSをたっぷり楽しみたい方• 今までのレコーダー等の機器をそのまま使いたい方• 複数のテレビでCS放送を視聴したい 利用するサービスによって、視聴できるデバイスやチャンネル数が異なるので、 申し込み前にサービス内容を確認して、それぞれの使い方にあったサービスを選びましょう。 特に、ひかりTV for docomoは専用アプリでスマホ・タブレットでも映像コンテンツを楽しめるため、幅広い方におすすめです。 それぞれのサービス内容を把握し、自分にぴったりのテレビサービスを探してみてください。

次の

ドコモテレビターミナルのメモリを開放して不具合を解消させる方法

ドコモテレビターミナル 接続方法

POINT• 「4K画質」に対応• ドコモ系のdTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomoが利用可能• Android TV搭載により、YouTubeなどのアプリが使用できる• 便利に使える「録画機能」• 「Google Cast機能」でスマホの画面をテレビで見れる• 音声検索可能で、テレビも操作できる多機能リモコン• 家族それぞれの「マルチアカウント」対応• 有線と無線LANが使用可能 1.「4K画質」に対応 ドコモテレビターミナルは、「 4K HDR対応」ですので高画質な4Kを視聴することが可能です。 また、「DOLBY VISOIN」「DOLBY AUDIO」に対応しており、高品質な映像と音を楽しむことができます。 2.ドコモ系のVODが利用可能 ドコモ系の動画配信サービスの専門端末といえるものなので、もちろん「 dTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo」を利用できます。 そして、Android TV搭載なのでYouTubeが見れたり、Google Playからお好みのアプリをダウンロードすることができます。 また、お買い上げ時には、「Google Playストア」「Google Play Music」「Google Playゲーム」「Google Playムービー&TV」のアプリがそろってます。 3.便利に使える「録画機能」 STBに珍しい機能として「 録画機能」があります。 外付けのHDDを接続することで、 同時2番組を録画することができます。 専用アプリを使うことで、家の別室や外出先から、スマートフォン等でドコモテレビターミナルを操作して録画予約をしたり、外出先で映像コンテンツを視聴することが可能となります。 しかし、録画は「ひかりTV for docomo」に加入している人だけが使えるもの。 加入してない人が、普通のレコーダーのように使えるわけじゃないようですね。 ちなみに、録画できるものは「ひかりTV for docomoの専門チャンネル、地上・BSデジタル放送」となってます(ただし、一部録画できない番組があり。 また、dTVなどの個別の動画配信サービスの録画は無理)。 4.「Google Cast機能」でスマホの画面をテレビで見れる Google Cast機能があるので、スマホやタブレット(Android)の映像をテレビに映すことも可能。 通常はキャストするのにChromecastの機器が必要ですが、Chromecastがなくても利用できます。 ちなみに、こちらの機能を使うにはスマホやタブレットがGoogle Cast機能に対応している必要があり。 5.音声検索可能で、テレビも操作できる多機能リモコン リモコンは、テレビも操作できるので便利に使えます。 また、専用のボタンがあり、ひかりTV for docomoを表示する「専門chキー」、Google検索画面を表示する「Googleキー」、ドコモ、各アプリからのお知らせを表示する「お知らせキー」、録画に関する「録画リストキー」などがあります。 さらに、最近流行りの内蔵マイクが搭載されており「 音声検索」も可能です。 6.家族それぞれの「マルチアカウント」 マルチアカウントに対応。 家族のそれぞれがアカウントを登録でき、アカウントごとにドコモ契約のアプリを視聴できます。 7.有線と無線LAN、Bluetoothが使える 有線LANと無線LANが使用可能できます。 また、Bluetooth機能もあり。 そして、前面にUSB端子(USB2. 0)にはマウスやキーボードをつけて使用でき、後面にUSB端子(USB3. 0)にはハードディスクなどを使用できます。 5mm 重量 209g OS Android TV 7. 0 プロセッサ Quad Core 1. 6GHz メモリ 3GB ストレージ 16GB Wi-Fi 802. 2 インターフェース HDMI2. 0、1000Base-TX、USB2. 0、USB3. 0 最大出力 2160p(4K画質) オーディオ Dolby Audio 必要なもの HDMI端子対応テレビ(また4Kを視聴するなら4K対応テレビ)、Wi-Fiネットワークまたはイーサネット、電源用コンセント 同梱内容 ドコモターミナル本体、ドコモテレビターミナル専用リモコン、ACアダプタ、クイックスタートガイド、HDMIケーブル、LANケーブル、リモコン用電池 対応している動画配信サービス(VOD)アプリ 基本的に対応している動画配信サービスは、以下のドコモ系のサービスとなっております。 Hulu• Paravi(パラビ)• music. ビデオマーケット• バンダイチャンネル• AbemaTV• GAYO!• 他の加入してないサービスは、誰でもみれる無料動画を視聴してみましたが普通に動作しました。 主な動画配信サービスがけっこう利用できるので、それほど困らないと思います(検索すると他にも動画配信サービスはあるかも)。 ただし、定番どころである「 Amazonプライム・ビデオ」と「 Netflix」は確認できませんでした。 検索してもアプリが見当たらない。 こちらを利用したい人は、Fire TVがオススメですかね。 ドコモテレビターミナルのデメリット ドコモテレビターミナルには悪い点もあります。 POINT• ドコモ系の動画配信サービスを利用している人• 4Kの高画質作品がみたい人• 録画機能で便利に使いたい人 ドコモ系の動画配信サービスの「dTV、dアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo」を利用している方におすすめしたいです。 ドコモ専用端末なので、これらのサービスを利用するには性能や操作面で使いやすい端末。 特に「ひかりTV for docomo」を利用する方には、専用端末となります。 また、「4K」の動画にも対応しているので、4Kの高画質で視聴したい方にもオススメ。 動画配信サービスによっては、まだ4Kに対応してませんが、「dTV」では4Kに対応した作品もあります。 2番組同時録画でき、外出先からも録画したものの視聴や操作ができます。 他のSTBにはないので、大きなウリ。 「ひかりTV for docomo」を契約している人には便利に使えて、より動画ライフを楽しめますね。 ドコモテレビターミナルはどこで購入できるのか?安く購入するには? ドコモテレビターミナルは、ドコモ公式ページで購入できます。 購入時に少しdポイントがつき、またある条件によっては大きなポイントがつくみたいですね(人によってはハードルが高いですが)。 また、一部の家電量販店のネット通販でも販売されています。

次の

ドコモ・dtvターミナルの設定・利用方法まとめ

ドコモテレビターミナル 接続方法

dTVターミナルの設置、初期設定、できることなどまとめです。 dTVターミナルは、テレビなどの大画面にHDMIケーブルで接続して画面を映し出すことで「dTV」や「dアニメストア」をふんだんに楽しめる端末です。 dTVはドコモが月額500円で提供している動画サービスですが、ドコモユーザーじゃなくても普通に契約できます。 また動画配信数もかなり多く、31日間無料で映画やドラマ、アニメが見放題というのも嬉しいです。 dアニメストアはドコモが月額400円で提供しているアニメ見放題サービスですが、ドコモユーザーじゃなくても普通に契約できます。 また視聴できるアニメ数もかなり多く、31日間無料のお試し期間もあります。 Google Play映画の画面をテレビで再生したいとかはとかAndroidTV、などをオススメします。 この記事ではdTVをテレビなどの大画面で楽しめるdTVターミナルのセットアップ方法やできることなどを書いています。 面倒じゃない人は探してみるといいかもしれないです。 またのでこちらもオンラインショップで購入するよりおトクかもしれません。 ・本体 ・専用リモコン ・電源ケーブル ・電源アダプタ ・HDMIケーブル ・取扱説明書、保証書 HDMIケーブルまで同梱されているので別途ケーブルなどを買い増しする必要はなく、そのまま使えるのは嬉しいです。 外観やスペックなど 基本的にシンプルです。 電源ポート、HDMIポート、USBポート、有線LAN、microSDポートが搭載されています。 microSDを使ってストレージを増やすこともできるようになっています。 有線LANポートもありますが、もちろん無線LAN(Wi-Fi)での接続もOKです。 さすが国産仕様という感じです。 電源を繋いでHDMIケーブルをテレビに差し込めば、物理的なセッティングは終了です。 テレビに映し出された画面をリモコン操作でセットアップしていく まずはネットワーク。 無線接続は面倒くさい。。 dTVターミナルはネット経由の動画配信サービスなので当たり前ですがネットワーク設定を最初にやる必要があります。 Wi-Fiでも有線LANでも対応していますが、自分は今回Wi-Fiで行いました。 WPS対応ルーターだとボタン一発なので対応していればそっちをオススメします。 この辺がスマホがリモコンになる仕様ならよかったのになぁとも思います。 まぁまだ同じネットワーク内にいないのですが。。 後述しますが、dTVターミナルはこの専用リモコンでの操作がメインとなります。 スマホでの操作は基本的にできないと思ってください。 いきなりアップデートあり インターネットに繋がると最新版のdTVターミナルのバージョンアップがあります。 使えるようになるまで少々時間がかかります。 dアカウントは自動的に入力されていた dTVターミナルはdTVを契約しているdアカウントを入力する必要があります。 自分はドコモショップ店頭で購入したのですが、その場合は最初からdアカウントが入力されているようでした。 オークションなどで購入した人は自分でdTVを契約しているアカウントを入力する必要があると思います。 dTVターミナルの操作方法 基本的には専用リモコンで。 HDMI連動しているテレビならテレビリモコンでも操作できる dTVターミナルの操作は基本的にこの専用リモコンで行います。 スマホアプリでdTVアプリもありますが、これはあくまで視聴用でリモコンとして使うものではありません。 なのでこの専用リモコンをなくした時の恐怖はハンパじゃないです。 また、テレビがHDMI連動に対応していればテレビのリモコンでもdTVターミナルを操作することもできます。 自分はけっこう古いブラビアを使っていますが、連動機能はありました。 ちょっと操作の慣れは必要ですが、リモコンが1つになるので慣れると便利です。 dTVのUIはこんな感じ。 けっこう使いやすいけど検索は面倒 UIはこんな感じです。 起動時には視聴できるオススメの動画(映画やドラマ)が表示されます。 ジャンルやカテゴリ別に動画を探せるのでけっこう使いやすいですが、文字を入力しての検索はリモコンでやらないといけないのでちょっと面倒です。 キャンペーンもチェックできる 自分のアカウントで使えるクーポンなどもdTVターミナル上で確認できます。 2016年3月31日までにdTVターミナルを購入した人は最大14ヶ月のdTV内の有料作品を視聴することができるクーポンがもらえます。 他のキャンペーンもここで確認できるのでラクチンです。 アプリ一覧からYouTubeを選択するだけです。 人気の動画やオススメなどから動画を選択したり、検索することもできるので普通にYouTubeアプリの画面デカい版として使えます。 ただこれはでも同じことができますし、スマホで操作できるのでこの機能のためだけならChromecastなど他の端末をオススメします。 マイメディア機能で自分が持っている写真や動画が見れる アプリ一覧の中にある「マイメディア」を使って自分の撮った写真や動画などを再生することも出来ます。 Androidの画面をテレビにミラーリングできるMiracast Miracast(ミラキャスト)という機能を使ってAndroidの画面をテレビにミラーリングすることができます。 リモコンにもMiracastボタンが搭載されているので一発で起動することもできます。 これはスマホ側がミラーリング(マルチスクリーンとも呼ばれる)に対応している必要がありますが、まぁほとんどのスマホが対応しています。 手元にあったhonor6PlusやXperiaでも対応していました。 iPhoneのAirPlayみたいなものですが、AppleTVとは違い、AirPlayには対応していないのでiPhoneユーザーはご注意を。 この方法は別記事にまとめますのでチェックしてみてください。 Google Playの動画はキャストできない。。 Miracast機能を使ってミラーリングした状態でGoogle Playで映画を再生したところ「対応していない機器」と表示されて再生、ミラーリングができませんでした。。 Google Play動画をテレビで思いっきり楽しみたいならChromecastやとかAndroidTV、の購入をオススメします。 ・dTVやdアニメストアに入っているなら持っていて損なし! ・金額も安いので持っていて損はしない (キャンペーン中なら実質無料以下) ・逆にdTVを契約しないなら不必要 ・リモコン操作は好き嫌いを選ぶけど電源OFFができるのは便利 ・UIは普通に使えるけどちょっとモッサリを感じる時もある ・ミラーリングやキャストする端末としては物足りない ・YouTube再生には対応しているが、その他は非対応 (当たり前かもですが、HuluやNetflix、プライムビデオ契約者は別の端末を) ・操作、セットアップはものすごく簡単 こんな感じです。 dTV契約者の人は持っていて損はない、というか持っていた方がいいと思います。 dTVはとりあえず31日間は無料で使えるので体験してみて、これはずっと契約するわー!と感じた人はdTVターミナルの購入をオススメします。 キャンペーンは先着&3月31日までなので購入を検討している人はお早めにどうぞ!.

次の