妊娠 中 お ナニ 発達 障害。 胎児発育不全とは?胎児の成長が遅い原因は?障害が残る?

うちの娘が自閉症と診断されました。妊娠中物凄いストレスで絶対にまと...

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

さっと読める目次• 妊娠中にいろいろなことがわかるようになってきている 妊娠中の検査によって胎児の発育が順調かどうかの確認がされますが、障害の有無など様々なことがわかるようになってきています。 障害の有無と言うとダウン症などの染色体異常がイメージされやすいのではないでしょうか。 もちろん染色体の異常があるかどうかについても、精度が高くなってきているようです。 その他には奇形や疾患の有無などもわかるとされています。 親であれば、自分の子どもに障害や疾患があるかどうかはとても気になるところだと思います。 前もってわかることが心の準備や生まれてきてからの準備につながったり、反対に悪用されかねないといった懸念が出るなど、賛否が分かれて議論が続いているのも現状です。 しかし親になる人でそういったことが気にならないという人は珍しいでしょう。 そんな妊娠中にわかる障害や検査について、今回は紹介していきます。 妊娠中にわかる障害とは 妊娠が成立してから胎児の器官が形成されるまでにはだいたい20週とされています。 この時期までに胎児に影響を及ぼすことがあると、その 器官が形成されている時期によって障害や奇形の原因となるとされています。 例えば薬剤や放射線、母親の疾患やストレスなどです。 手や足が形成される時期であれば奇形につながりますし、内臓などが形成される時期であれば内臓に障害が生じます。 サリドマイドによるアザラシ肢症などで薬剤による先天奇形はよく知られるようにもなりました。 そんな障害の中でも主なものとしてダウン症や心臓疾患、そして脳性麻痺について挙げていきます。 ダウン症 冒頭でも述べたように、妊娠中にわかる障害として染色体の異常の中ではダウン症が最もイメージされやすいと思います。 ダウン症は染色体異常の中でも頻度が高く、約700人に1人の割合で起こるとされています。 母体の年齢が35歳を越えると染色体の異常が有意に増加することが言われており、高齢出産が増えてきたこともあってダウン症も増えているようです。 ただし、多くは自然流産で淘汰されています。 ダウン症の多くは自然流産となると述べましたが、出生した場合には精神発達の遅延を呈します。 身体的には頭が小さく顔は扁平となり、眼がつり上がって鼻は低くなるという特徴がみられるようです。 平均寿命は50歳程度とされています。 多くは心臓の疾患や白血病を伴うことによるようです。 ダウン症の人ではこれらの疾患のリスクが高いとされています。 心臓疾患 妊娠中にわかる疾患として次に心臓疾患をみていきますが、実は 心臓疾患はダウン症よりも頻度が高いことが言われています。 心臓の異常とは心臓の壁や弁、心臓につながる血管の異常が挙げられますが、これらの異常をもって生まれてくる割合は120人に1人とされています。 胎児の場合は胎盤から酸素を含んだ血液が流れてくるので、肺に多くの血液を必要としません。 そのため胎児の間は心臓や血管系のルートが違います。 生後まもなくして肺に血流が多くなり、肺でのガス交換をするようになるということです。 このときに 胎児の間に使用していたルートが残ったままだと支障をきたすということです。 動脈管開存症や心房もしくは心室中隔欠損などです。 その他に動脈弁の狭窄なども挙げられています。 症状はほとんどみられないことが多いとされ、診察でも見逃されやすいようです。 しかし小児の時期になるころには何らかの症状が出るとされています。 発育が遅かったり、体重が増えない、運動ができないなどが挙げられています。 超音波検査を行うことでほとんどすべての心臓疾患を検出できるとされており、治療も手術によって多くは効果的に治せるとされています。 ある程度の年齢まで待ってから手術が行われるのが基本のようですが、症状が重い場合には早期に手術を行うことで症状の改善に効果的とされています。 脳性麻痺 脳性麻痺は頻度としては、上記の2つより下がります。 1000人に2~4人とされていますが、早産の場合はこのリスクが10倍になるようです。 ADHDなどの発達障害も早産との関連が指摘されています。 原因としては妊娠中の感染症や出産時の外傷、出生後間もない時期の酸素欠乏などが挙げられています。 発育不良や痙縮、筋力低下が特徴的とされ、知的障害や行動障害、視覚や聴覚の障害もみられるようです。 脳性麻痺はこれといった症状の疾患ではなく、脳の一部が損傷を受けることで筋肉などに影響して様々な症状を起こすとされています。 痙縮を起こすものからぎこちなさを感じる程度のものまで幅は広いようです。 5歳を過ぎた場合に損傷を受けたものは脳性麻痺とはされないようです。 治療法はなく理学療法などによって活動性や自立性を高めることが重要とされています。 ほとんどの小児は死亡することなく成人を迎えるとされていますが、自身で何もできないほど重症の脳性麻痺の場合は平均寿命も短くなるようです。 親など周囲のケアや日常生活のための理学療法、さらには職業訓練などのリハビリが段階的になされることによってよほど重症でない限りは社会生活が営めるとされています。 では次は、これらの障害の有無を含めた妊娠中に行われる検査についてみていきましょう。 体内の赤ちゃんのために、妊娠中は葉酸の摂取が大切です。 妊娠中のママ達に「ベルタ葉酸サプリ」というサプリが人気です。 このページ()で詳しくご紹介していますので、良かったら見てみてください。 妊娠中に行われる検査 妊娠中の検査としては、基本的には胎児の発育が順調かどうかを確認するためのものです。 母体や胎児への影響がないことから超音波検査や血液検査が用いられ、胎児の様子を観察します。 超音波画像を見たり、それをもらってきたという人も多いのではないかと思います。 上述のように妊娠初期に器官の形成が行われますので、 超音波ではその形成などが確認されます。 血液検査では、 ダウン症や神経管閉鎖障害などの疾患がわかるようです。 これらは血液検査だけでは確定診断とはならず、精査されることになります。 妊活と葉酸の重要性がよく取り上げられていることから、神経管閉鎖障害についてはご存知の方も多いでしょう。 脊髄などが正常に形成されず脳からの指令が届かないことで障害をきたす二分脊椎、もしくは脳が形成されない無脳症が起こります。 無脳症の場合は流産や死産となるようです。 ダウン症が疑われる場合には血液検査をして染色体の異常を調べます。 35歳以上などの条件を満たす必要がありますが、 新型出生前診断では精度も高いとされています。 新型出生前診断で陰性が出るとほぼ染色体の異常はないと思って良いようです。 脳性麻痺は妊娠中に確定診断されることはないとされています。 確定診断はできませんが、妊娠中に感染症にかかるなどのリスク要因があった場合や、超音波で脳性麻痺の兆候が認められた場合には詳細な追跡調査が行われます。 多くは2歳前後まで特徴がわかりにくいとされ、それ以降の MRIなどで確定診断に至るようです。 夫婦間をはじめとして家族など周囲の人ともよく話し合う必要があるでしょう。 性別が実は違ったということもあるように、 障害があると言われていても実際に生まれてきたらなかったというケースもあるとされています。 もちろん心の準備は重要ですが、あまり考えすぎてストレスが過多にならないようにしたいものですね。 よく読まれてる人気記事 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の

【妊娠】出生前診断でわからない障害もある?結果に混乱しないために知っておきたいこと(1/2)

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

もっとも可能性の高い発達障害の原因 発達障害は画像検査で診断できる訳でもなく、謎の多い障害です。 ただ、大阪大学の研究では自閉症が、次のような仕組みで起こることが分かっています。 11領域内にも存在しているものです。 マイクロRNA484は多ければ多いほど良い訳ではなく、多すぎても脳の発達に関わる「プロカドヘリン19蛋白」の働きを極端に低下させてしまいます。 そして、プロカドヘリン19蛋白が上手く機能しないと、脳の機能バランスが乱れて正常な神経回路が作られず、発達障害を発症することがあります。 残念ながら現時点で分かっているのはここまでで、「具体的に何が16p13. 11の重複を起こしてしまうのか?」までは解明できていません。 「 遺伝はあくまでも要因の1つで、他のいくつかの要因と組み合わさって、脳の機能障害を引き起こしているのではないか?」と言う有力な説があるくらいです。 でも、発達障害に関する研究は着実に進んでいるので、近い将来はっきりとした原因を解明できる日が来るかもしれません。 妊娠中に考えられる発達障害の原因(生活習慣や食生活に原因はない?) 発達障害は先天的な障害なので、妊娠中にも何らかの原因が潜んでいそうな感じがしませんか。 実は、妊娠中の原因は直接発達障害を引き起こす訳ではないのですが、「遺伝と組み合わさることで発達障害を発症しているのでは?」と考えられています。 それで、妊娠中に考えられる発達障害の原因として、次のようなものが挙げられます。 まず 飲酒や喫煙はできれば妊活中に止めるのがベストですが、遅くても妊娠が分かった時点ですぐに止めましょう。 それから、ウイルス感染に関しては具体的には、風疹・梅毒・サイトメガロウイルスなどがあります。 ウイルス感染の対策法としては、以下の方法があります。 ・妊活中に風疹の予防接種を受けておく ・混雑した場所を避ける ・手洗いやうがい、マスクの着用を徹底する ・家族にも対策を徹底させる ・体を清潔な状態に保つ ウイルス感染の対策は自分だけ頑張って対策しても、家族や身近な人に移される可能性があります。 特に同じ空間で過ごすことの多い家族の協力は必須です。 また、妊娠中は栄養バランスの良い食生活を心掛けて、適切に体重管理を行うことも大切です。 このように妊娠中は注意すべきことがたくさんあって大変ですが、この機会に「 妊娠前以上に健康的な生活を送ること」を目指してみてはいかがでしょうか。 発達障害の後天的な原因(生まれてから発達障害になることはないの?) 「発達障害は先天的な障害で、生まれつきの脳の機能障害」と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。 後天的な原因(生まれてからの原因)はないのか、気になっている方も多いでしょう。 発達障害に後天的な原因がないにしても、もしかしたら発達障害の合併症や二次障害に繋がる原因はあるかも知れません。 もちろん、その原因が分かれば、同時に発達障害の症状をコントロールできる可能性も高まります。 発達障害の後天的な原因としては、次のようなことが考えられます。 ・虐待による脳の萎縮 ・テレビやスマホの見過ぎ ・コミュニケーション不足 ・食生活の乱れ 虐待による脳の萎縮に関しては、アメリカ・ハーバード大学と熊本大学の共同研究で確認されました。 研究では4歳ごろから毎日虐待を受けていた、20歳くらいの人23人を対象に脳の状態を調べました。 その結果、言葉の暴力・性的虐待・殴ったり叩いたりなどの暴力など、いずれの暴力を受けた人も脳が1割以上も萎縮しているのが分かりました。 それから、テレビやスマホは言葉と映像があって簡単に子どもをあやせるし、一見言葉の発達にも良さそうに思うかも知れません。 でも、残念ながらテレビやスマホの言葉や映像は一方通行で、子どもの出番はほとんどありません。 子どもが主体的に会話をするためにも、まずはママやパパ、他の家族などの 身近な相手とのコミュニケーションが基本となります。 まずは子どもが分かりやすい簡単な言葉で、たっぷり話しかけてあげるところからスタートしましょう。 また、食生活に関しても、「白砂糖や小麦ばかりの偏った食事が、脳の機能を低下させる」との情報があります。 そこで、グルテンフリーの食事で白砂糖や小麦を断ったところ、発達障害の症状が改善したと言う方もいるようです。 子どもにいきなり「白砂糖禁止」「小麦禁止」と言うのも難易度が高いでしょうから、少しずつ白砂糖や小麦を減らしてみるのも良いでしょう。 私はこれで不安がなくなりました。 子供が「発達障害」と診断を受けた時、 目の前が真っ暗になりました。 障がいを持っていることのショックは 当然ですが、それと同じくらいに強く ・この子の将来は・・・ ・成人して一人で生きていけるのか? ・普通の子より、お金が必要なのか? こんな思いに苦しみました。 そして決断しました! 「この子には、不自由をさせない。 」 「私、ひとりでも育ててみせる。 」 専業主婦だった私には、時間が十分に あったので、家事の合間に内職する! と、決めネットで検索しました。 超の付くほどの パソコン初心者でしたが、 撮りためていた動画をyoutubeにアップ してみたところ、お金になったのです!! 今では夫の給与と毎月競えるようになり 生活が本当に楽になりました。 ラッキー! 出掛けることがないコミュニティーですが、 SNSでつながっているので、お友達ができて 毎日楽しく過ごしてます。 私のような保護者の方もいるし、当事者の 方もいて、障がいのことについても相談が できるので、本当にこのコミュニティーに 入って良かったと思ってます。 今は、不安はありません。 保護者の方も、 当事者の方も、ぜひこの コミュニティーに参加することをおすすめします。

次の

赤ちゃんの障害っていつわかるの?医師からの告知タイミング

妊娠 中 お ナニ 発達 障害

妊娠中に控えた方がいいと言われるもののひとつがカフェイン。 とはいえ、妊娠中でも「コーヒーを飲みたい」というときはありますよね。 カフェインは少量でも摂るのは良くないのでしょうか?ここでは、妊娠中のカフェインとの付き合い方について解説していきます。 妊娠中や授乳中はカフェインを控えた方がいいって本当?? 妊娠中や授乳中は、カフェインの摂取を控えた方がいいとされています。 その理由は、妊娠中や授乳中に摂取するカフェインが、 赤ちゃんに影響を与える恐れがあるからです。 妊娠中のカフェイン摂取はキケン!? 妊娠中に大量のカフェインを摂取すると、以下のリスクを増加させると考えられています。 ・流産 ・早産 ・低体重児 ・低酸素状態 ・発達障害 カフェインには血管を収縮させる作用があるため、妊娠中にカフェインを摂取するとお腹が張り、流産や早産のリスクを高めます。 また、血管が収縮すると、血液を通して赤ちゃんに運ばれる酸素や栄養分の量が減るため、 低体重児や低酸素状態になる恐れもあります。 カフェインは胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんにも伝わりますが、内蔵機能が未熟な赤ちゃんはカフェインを上手く排出できません。 そのため、身体の中にカフェインが溜まってしまい、発達障害や低体重児などの原因にもなってしまいます。 加えて、カフェインは鉄分の吸収を妨げるため、妊娠中のカフェイン摂取は、妊婦さんの貧血の原因となるほか 、頭痛や不眠といった身体の不調を招くことにもなりかねません。 産後の影響は? 授乳中のカフェインも、赤ちゃんに影響を与えます。 授乳中にカフェインを摂取すると、母乳を通してカフェインの一部(1%程度)が赤ちゃんにも移行します。 結果として、以下のような影響を与えることが分かっています。 ・不機嫌になりやすい ・泣く回数が増える ・興奮して落ち着きがなくなる ・寝付きにくくなる これらのことを考えると、妊娠中や授乳中のカフェイン摂取には気をつける必要があることが分かります。 カフェインの含まれる飲み物、こんなにあるの! ? カフェインが含まれる飲み物は、コーヒーを思い浮かべる人が少なくありませんが、 カフェインはコーヒー以外の飲み物にも含まれています。 何気なく習慣的に飲んでいる飲み物の中にカフェインが含まれているということもありますから、どんな飲み物にカフェインが含まれているのか知っておくようにしましょう。 以下はカフェインが含まれている代表的な飲み物です。 ・コーヒー ・紅茶 ・緑茶 ・ほうじ茶 ・ウーロン茶 ・コーラ ・栄養ドリンク ・ココア コーヒーや紅茶はもちろんのこと、緑茶やほうじ茶、ウーロン茶などにもカフェインは含まれています。 コーラや栄養ドリンク、ココアなどのカフェインは見過ごされがちですが、これらの飲み物にもカフェインは含まれているので、妊娠中や授乳中の摂取には気をつけましょう。 ストレスなくティータイムを楽しむ為に 妊娠中はカフェインの摂取は控えた方がいいことは知っていても、たまには「コーヒーを飲みたい」という場合、どうしたらいいのでしょうか? 実は、妊娠中はカフェインを全く摂取してはいけないということはありません。 WHO(世界保健機関)のガイドラインによると、1日にコーヒー2~3杯程度であれば、妊娠中に摂取しても胎児に大きな影響を与える可能性は低いとされています。 ただし、妊婦さんの体質や体形によっては、毎日コーヒーを2~3杯飲んでも全く問題ないとは言い切れません。 できればカフェインを含む飲み物は極力飲まないようにして、どうしても飲みたいというときだけ、 気分転換に楽しむというのが理想です。 また、カフェインレスのコーヒーや緑茶などもあるので、そのようなものを選ぶようにすると、カフェインの過剰摂取の心配はないでしょう。 カフェインレスの飲み物としては、黒豆茶やルイボスティ、たんぽぽ茶、ハーブティー(一部、子宮収縮を促すものがあるので注意)などもあります。 せっかくなので、この機会に色んなお茶を楽しんでみましょう! そうすれば、妊娠中でもストレスなく、ティータイムを楽しめるはずです。 カフェインレスのドリンクやサプリメントはこんなアイテムがあります。

次の