しのぶ と カナヲ。 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの全プロフィールと考察【年齢・呼吸・刀】

カナヲのカナエ・ちゃん・しのぶが話題

しのぶ と カナヲ

漫画『鬼滅の刃』で、主人公・竈門炭治郎の同期として登場するミステリアスな少女、栗花落カナヲ。 恵まれた眼と才覚を持つが、その生まれは非常に貧しく、飢えと虐待のため目の前で兄弟が死んでいく過酷な幼少期を過ごした。 上の姉は胡蝶カナエ。 その死を看取った実の妹、胡蝶しのぶは蟲柱に就任。 薬学を研究し、カナエの仇を打つため剣術のみならず毒殺の腕を磨いたが、カナヲの目の前で童磨に取り込まれ、殺された。 なお、これは童磨の体に毒を巡らせるというしのぶの計画の一部。 駆けつけたカナヲは嘴平伊之助の協力も得て、見事童磨にトドメを刺した。 それは、残す者に想いを託したかどうかだ。 『鬼滅の刃』6巻 カナエは死の間際、しのぶに童磨討伐を託さなかった。 そして鬼殺という過酷な世界から離れ、一般人として安寧に身を置くよう願った。 対してしのぶは、カナヲを不可欠な戦力に組み込んだ上で、童磨討伐の作戦を練っていた。 これはカナヲがしのぶと違って、剣術の才覚に恵まれていたからだろうか。 いや、自分は命を賭しながら、一方でカナヲの視力を心配するしのぶのことだ。 きっとどれほどカナヲが強かろうが、彼女はカナヲの身を案じていたと思う。 では、カナヲにとっても童磨は仇であるから、同志として迎えたのだろうか。 これも少し違うと思う。 もしそうなら、童磨を倒す可能性を少しでも上げるため、1年かけた藤の花の毒の摂取をカナヲにもさせただろう。 何より、もっと期間に余裕を持って作戦を共有し、対童磨を意識した訓練を積むはずだ。 なぜ、しのぶはあのタイミングで、カナヲに作戦を告げたのか。 それは、カナヲが技術面だけでなく、精神面の成長を遂げたからではないだろうか。 冒頭に書いた通り、カナヲの幼少期は悲惨なものだった。 幼い心の無意識での自衛だったのか「ある日ぷつんと音がして 何もつらくなくなった」という経験を経て、全てがどうでもよくなり、それゆえ自分の頭で決められない人間となったという。 その状態で、姉達に出会い、鬼殺隊に入った。 なお単行本19巻に収録されている「大正コソコソ話」によると、鬼殺隊に入ったことは本人の意志だったが、それを周りに伝わるように示してはいなかったようだ。 自分で物事を決められないカナヲのために、生前のカナエは、1枚の銅貨を渡した。 どうすれば良いかわからないとき、銅貨を投げ、表裏どちらが出たかで決めればよい、という配慮だ。 これは、当時のカナヲには良かったのかもしれない。 だが、「銅貨を投げて決めればいい」という心の補助輪は、カナヲの精神の成長を止めていた。 そこへ現れたのが竈門炭治郎だ。 彼はカナヲの銅貨を投げ、「表が出たらカナヲは心のままに生きる」と宣言。 そして本当に表を出し、彼女に自分の心の声をよく聞くよう促した。 あくまでカナヲが大切にしていたルールの中で、優しく補助輪を外したからこそ、彼女は自分のペースで漕ぎ出すことができたのだろう。 彼女はこの出来事以来、銅貨を投げなくなり、それはカナヲが一人の人間として生まれ直すきっかけでもあった。 さて、そのようなきっかけを経て、カナヲはストーリーの随所で感情や意志を表すようになっていく。 特に大切な人に対してはそれが顕著になるのだろう。 しのぶとの会話の中で「もっと師範と稽古したいです」と自分の要望を伝えたり、その後、童磨戦に向けた決死の計画を聞くと(嫌だ 嫌だ……)と困惑したりする。 昔のカナヲのままだったら、自分から稽古したいなどと言わず、計画には何の感想も抱かず従っただろう。 カナヲが自分の意志や感情を持ち、それを周りにも出すようになっていることは、長い時間をともに過ごしたしのぶが最も強く感じていたはずだ。 だからこその「やはり良い頃合いだわ 私の姉カナエを殺した その鬼の殺し方について 話しておきましょう」というセリフだったのではないだろうか。

次の

栗花落カナヲの髪型・髪飾りのやり方・作り方まとめ!ヘアアレンジ

しのぶ と カナヲ

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶ強いのはどっち? 冒頭で書いた通り、しのぶとカナヲは師弟関係です。 強さのイメージ的には、師匠で 柱の胡蝶しのぶのほうが継子のカナヲよりも上な感じがします。 実際のところ、カナヲとしのぶさんってどっちの方が強いのか — 他称:しのぶさん過激派 sinobusanlove しのぶちゃんが弱いの?カナヲが強いの?どぅまくんはめちゃくちゃ強いの?どうしたいの? — 無力 rorororex カナヲめっちゃ好きなんだけど、結局しのぶよりは弱いの? — デブキラー orzDebu しかし、2人が直接戦闘するシーンはないので2人の強さ関係が実際のところわかりません。 師弟関係だし、2人とも味方だしどっちが強くても良いんですがやはり気になってしまいますw 一体どっちが強さ的には上なんでしょうか? 【鬼滅の刃】上下関係・童磨の会話や戦闘から強さ比較! しのぶもカナヲも上弦の弐のである童磨と戦闘をしています。 童磨の分析をしながらの戦闘スタイルは、ガンガン攻めてくる猗窩座とはまた違ったものでしたよね。 そんな童磨との会話や戦闘シーンは、カナヲとしのぶの強さを図ることのできる貴重場面です。 童磨は相手の良いところや悪いところを指摘するシーンも多いので、 2人の強さを図るヒントは結構多いです。 ここから下では2人の強さを童磨との会話や戦闘シーンからまとめてみました。 関連: 関連: 胡蝶しのぶの技は攻撃スピードが速い まずは先に戦闘に入ったしのぶから見ていきます。 しのぶの突き技の速さは上弦の弐である童磨でも防ぐことができないほど速いです。 このほかにも童磨がしのぶの攻撃を回避できている描写もないので、 童磨すら回避できない攻撃速度だとも考えられます。 童磨も 「今まで会った柱の中で1番かも」と言っていることから、しのぶの攻撃速度は群を抜いて速いのでしょう。 しのぶが鬼の頚を斬れていたら童磨より強い? 童磨はしのぶとの戦闘中の会話で、 「毒じゃなく頚を斬れたら良かったのにね」 「それだけ速かったら勝てたかも」 と言っていました。 この童磨の発言からすると、しのぶの飛び抜けたスピードであれば童磨にすら勝てた可能性もあったということになります。 まぁそんなに簡単にはいかないでしょうが、上弦の鬼でも反応しづらいほど速いということでしょう。 一方、カナヲにはそのような言葉はなかったので、 スピードではしのぶのほうが勝っているのは確実そうです。 カナヲは柱のしのぶよりも強さは上? 一方のカナヲは童磨に、 「今喰った柱の娘よりも実力があるかもしれない」 というイメージを植え付けるほどの強さを見せています。 上でも少し触れましたが、両者と戦っている童磨が評価していることなので信憑性は高いです。 ただ童磨は「ややもすると 何かのきっかけがあれば 」とも前置きしていますので、確実にカナヲがしのぶよりも強いかどうかの描写にはいたっていません。 簡単に言えば しのぶよりも強い可能性を秘めているといったところでしょうか。 童磨に「目が特殊」と言われるほど目がいいカナヲは、相手のわずかな動きで次の動作を予想できるようです。 この目のおかげで上弦の弐の速い攻撃も受け流すことができたようです。 しのぶは攻撃速度は速いですが、童磨の攻撃を見切ることが出来ずに傷を負ってしまいました。 短期戦なら技の速度が速いしのぶが戦闘では有利でしょうが、 長期戦となるとカナヲのように攻撃を見切る能力が重要になりそうです。 ちなみに、カナヲは幼い頃に虐待に遭っていたことでこのような能力が備わったとも噂で言われています。 カナヲの体幹はバネのよう カナヲは目が良いだけではなく、体幹も凄まじく良いようです。 戦闘シーンでの童磨も「凄く鍛えられた体幹、バネみたい」と言っていました。 戦闘シーンを見ても、カナヲはどんな体勢でも攻撃を交わしてカウンター攻撃を繰り出しています。 先程書いた目の良さに加えて、 鍛え抜けれた体幹がカナヲの強さの秘訣のようです。 【鬼滅の刃】師範のしのぶより継子のカナヲが強い! 上では童磨との会話や戦闘シーンから2人の強さのポイントを書きました。 師範のしのぶは歴代の柱の中でもトップクラスの速度を持ち、頚が切れれば童磨にも勝てた可能性があります。 一方、継子のカナヲは特殊と言われるほどの目の良さとバネのような体幹が強さに繋がっているようです。 師弟関係である2人ですが、個人的に 強さは継子のカナヲが師範のしのぶを上回っているという見方をしています。 これは上述した通り、上弦の弐・童磨との戦闘シーンでしのぶが避けられなかった童磨の攻撃を受け流したり、カウンター攻撃をする身体能力もカナヲは持っている描写があったのが理由です。 描写どころか、両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」的なことを言っているので、単純な強さで言えばカナヲが強いんでしょう。 童磨さんは相当分析に長けた鬼ですので、 童磨戦の時点ではカナヲはしのぶの強さに並んだ、もしくは若干超えていたのは間違いなさそうです。 もちろん初登場時点ではしのぶのほうが実力は上だったんでしょうが、柱との稽古や感情の回復などを通してカナヲの強さが磨かれた可能性はありそうです。 というのも、上で触れた通りしのぶの攻撃速度は柱の中でもトップです。 仮にカナヲとしのぶが戦えば最速の突き技でしのぶが勝つ可能性も十分にあります。 童磨戦だって鬼でなければ最初の一撃でしのぶの勝利ですからね~。 最速の突き技を見切られない限り、しのぶの強さもやはり凄まじいのは確かです。 しのぶは鬼を絶命させる毒や怪我を治す薬を即座に調合したり、童磨を倒す作戦を考える頭の良さを持っています。 腕力が弱い部分を思考や作戦といった部分で補っており、 トータルで見るとやはり強い人物なのがわかります。 那田蜘蛛山での戦闘後に炭治郎たちかまぼこ隊を蝶屋敷に引き入れて面倒をみていましたが、そこでの鍛錬で彼らはかなりの成長を遂げています。 幼い頃から そんな環境で育ったカナヲが身体能力の強さでしのぶを超えててもおかしい話ではない気もします。 単純な強さで言えばカナヲが上かもしれませんが、やはり柱として鬼殺隊を導くのはしのぶのような存在がやはり適任なのかもしれません。 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの強さについてのまとめ 両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」と言っているので、 単純な強さで言えばカナヲがしのぶを上回っている可能性が高いです。 童磨さんの分析によると、特殊な目と身体能力の高さがカナヲの強さの秘訣のようです。 しかし、しのぶも童磨が戦った柱の中で1番の速さを持っていますので、状況や条件次第では童磨もカナヲもしのぶには敵わないという状況もありえます。 逆に最速の技を見切られたら、腕力も防御力も弱いしのぶは2人には敵わないでしょう。 ただしのぶの強さは身体能力高さだけではなく、頭の良さや人を育てるカリスマ性というところにある気もします。 そんなしのぶの元で育ったカナヲが、身体的にしのぶを超えててもおかしな話ではないでしょう。

次の

栗花落カナヲの髪型・髪飾りのやり方・作り方まとめ!ヘアアレンジ

しのぶ と カナヲ

サイドテールに紫色の瞳、蝶の髪飾りが特徴。 スカートの隊服にブーツを着用している。 前花柱の胡蝶カナエと、蟲柱・胡蝶しのぶの義妹である。 常に笑顔を浮かべており、自ら話す事がない。 これは幼少期に虐待を受けたことに原因がある。 自分の意見を持っておらず、指示されたこと以外はコイントスで自身の行動を決める。 しかし、炭治郎との出会いにより徐々に自身の考えで動くようになった。 『花の呼吸』を使用して戦闘を行う。 人並み外れた視覚を有している。 敵の肩や視線、つま先、膝など、体全体の動きから攻撃を予測する事ができる。 蟲柱の胡蝶しのぶの『継子(才能を認められた柱の直弟子)』であり、炭治郎たちよりも早く『全集中の呼吸・常中(全集中の呼吸を常に行う事)』を体得していた。 栗花落カナヲの来歴・活躍 虐待されて育ったカナヲ カナヲは両親から虐待されて育った。 両親はカナヲが泣くとさらに暴力を振るい、水の中へ沈めた(カナヲには兄妹がいたが、虐待により死亡したと思われる)。 その行き過ぎた暴力から逃れるために、カナヲは視覚が異常に発達して致命傷を避けていた。 カナヲはある時期まで痛みや辛さを感じていたが、ある時から糸が切れたように何も感じなくなった。 その後、カナヲは人買いに売られてしまう。 人買いに連れられて歩いているカナヲを胡蝶カナエと、その妹である胡蝶しのぶが見つける。 カナエとしのぶはカナヲを人買いから救って連れ帰った。 カナヲは虐待されていたせいで自分で考えて動くことができず、ご飯を出されても食べようとしなかった。 そこでカナエはカナヲにコインを渡し、迷った時はコインを投げて決めるようにアドバイスした。 その能天気な考えにしのぶは怒ったが、カナエは「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ。 」と微笑んだ。 それからカナヲはカナエとしのぶの妹となり、一緒に暮らすようになった。 その後、カナヲは最終選別試験を潜り抜け鬼殺隊に入隊した。 同じ試験を受けていた炭治郎や善逸は傷だらけだったが、カナヲだけは汚れひとつ付かずに涼しい顔をしていた。 炭治郎との出会い 炭治郎に心のままに生きるように決められたカナヲ 炭治郎たちは『機能回復訓練』を終え、次の任務に出ることになった。 炭治郎は世話になったカナヲに挨拶に行く。 カナヲは礼を言う炭治郎に対し、ニコニコ微笑んでいるだけだった。 しかし、炭治郎がいつまでたっても帰らないため、コインを投げ、表が出たために「師範の指示に従っただけなのでお礼を言われる筋合いは無いから。 さようなら。 」と話した。 だが炭治郎は帰るどころか腰を下ろし「今投げたのは何?」「表と裏って書いてあるね。 なんで投げたの?」「あんなに回るんだね。 」と話し出した。 カナヲは最初は受け流していたが、折れることがない炭治郎に「指示されてないことはこれを投げて決める。 今あなたと話すか話さないか決めた。 」と話した。 すると炭治郎は「なんで自分で決めないの?カナヲはどうしたかった?」と問う。 カナヲが「どうでもいいの。 全部どうでもいいから自分で決められないの。 」と言うと、炭治郎は「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ。 きっとカナヲは心の声が小さいんだろうな。 」と返した。 炭治郎は少し悩んだ後、カナヲのコインを持ち「よし!投げて決めよう!カナヲがこれから自分の心の声をよく聞くこと!表!表にしよう!表が出たらカナヲは心のままに生きる!」と言ってコインを投げた。 炭治郎が投げたコインは表だった。 炭治郎はカナヲの手を握り、「カナヲ!頑張れ!人は心が原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」と言ってその場を去ろうとした。 カナヲは慌てて「なっ何で表を出せたの?」と聞いた。 すると炭治郎は「偶然だよ。 それに裏が出ても、表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから。 」と笑顔で答えた。 炭治郎が去った後、カナヲはコインを大事そうに握った。 その後、カナヲは徐々に自分の考えを口にするようになった。 童磨を非難するカナヲ 童磨は上弦の参である猗窩座が倒された事を察しており(炭治郎と水柱の冨岡義勇が倒した)、「悲しい。 一番の友人だったのに …。 」と言って涙を流した。 カナヲはそんな童磨を見て「もう嘘ばっかり吐かなくていいから。 」と言った。 童磨はその言葉に疑問を抱く。 カナヲは一番の友達が死んだというのに、顔色に全く変化がないことを指摘した。 そして「貴方何も感じないんでしょ?この世に生まれてきた人たちが、当たり前に感じている喜び、悲しみや怒り、体が震えるような感動を。 でも貴方は頭が良かったから嘘を吐いて取り繕った。 自分の心に感覚がないってばれないよう、楽しいふり、悲しいふり。 貴方には、嬉しいことも、楽しいことも、苦しいことも、つらいことも、本当は空っぽで何もないのに。 滑稽だね。 馬鹿みたい。 ふふっ。 貴方何のために生まれてきたの?」とカナヲは言った。 童磨はいつも笑顔を浮かべている鬼だが、この時は真顔で「君みたいな意地の悪い子初めてだよ。 何でそんな酷いこと言うのかな?」と言った。 伊之助に助けられたカナヲ 童磨は氷の血鬼術を使うが、カナエはその冷気を全く吸わなかった。 しのぶが死ぬ間際に指文字でカナヲに童磨の能力を伝えてはいたが、それでも戦闘をしながら一度も冷気を吸わないのは至難の技だった。 童磨はカナヲの事を「ややもすると、今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない。 」と評した。 童磨と対峙したカナヲは震えが止まらないほどのプレッシャーを感じていた。 しかし、それを上回る憎悪がカナヲの中に渦巻いていた。 カナヲは優れた視力により童磨の攻撃を予見し攻撃を避けていた。 それに気づいた童磨は次々に広範囲に効果が及ぶ血鬼術を使用し、カナヲは遠ざけられた。 距離が離れているのにも関わらず、童磨はカナヲの視界から消え、次の瞬間には日輪刀を奪っていた。 そして童磨は血鬼術をカナヲに向けて放った。 カナヲは成す術がなかったが、その時、天井から同期の鬼殺隊の剣士である嘴平伊之助が落ちてきてカナヲ助けた。 伊之助は傷ついたカナヲ見て「おまっ…ボロボロじゃねーか!何してんだ!怪我したらお前アレだぞ!しのぶが怒るぞ!すげー怒るからなアイツ!」と口にした。 それを聞いたカナヲは悲しみの表情を浮かべた。 その表情を見た伊之助は「死んだのか?しのぶ。 」と問い、しのぶから優しくされたことを思い出した。 そして童磨に向き直った伊之助は「咬み殺してやる塵が。 」と吐き捨てた。 その後、伊之助の素顔を見た童磨は、伊之助の事を見たことがあると口にした。 童磨は伊之助の母親を殺しており、伊之助が山に捨てられたのはそのためだった。 母親の事を思い出した伊之助は「ただ頸を斬るだけじゃ足りねぇ!お前には地獄を見せてやる!」と叫んだ。

次の