コロナ 収束。 新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

世界各国でコロナ収束宣言も…韓国は「早過ぎた緩和」浮き彫りに

コロナ 収束

パンデミック終了時期を計算するため、研究者らは131ヵ国の新型コロナの状況に関するデータを分析した。 予想を行う上で研究者らは疫学研究ではポピュラーなSIRモデルを使用した。 このモデルによれば、「感染しやすい状況の人たちは感染し、その後、全快する」という。 によれば、日本は5月18日には感染の97%が終了し、6月4日までに99%に達するという。 感染の最終的な収束は9月25日とされる。 ロシアに関しては次のように予想している。 4月24日にロシアは感染のピークを越える見込みで、5月19日は97%、5月27日には99%に達するという。 国内の感染は7月19日には収束を迎える。 は、研究者らは、8月26日までには感染病から完全に抜け出すことができると予想している。 また、世界中のパンデミックは12月9日までに収束すると予想する。 しかし、研究者らは、彼らの予想は不確実であり、間違いも含まれている可能性があると強調している。 また、研究者らは、彼らの研究結果に対して注意深く対応するよう読者に要請している。 関連ニュース.

次の

「コロナ収束は日本人のマジメさや清潔さのお陰」という勘違いの恐ろしさ

コロナ 収束

当初はPCR検査数の不足から、感染者の実態が把握できないと批判されたが「死者数が爆発的に増加することはなかった」とした。 そして京都大学の本庶佑・特別教授の「ミステリーだ」という言葉を紹介したうえで、日本人は普段から手洗いなどの習慣があることや、キスやハグなどが一般的ではないことが理由の一つではないかとした。 日本の専門家への取材をもとに考察を加えている。 理由の一つとして挙げているのが、2月に大量の感染者が出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」だ。 ブルームバーグはこの経験が「日本の専門家に、ウイルスはどのように広まるのかという貴重なデータを提供した」と指摘している。 そして「家の外で車が燃えているようなものだった」とする早稲田大学の田中幹人・准教授の言葉を紹介し、クルーズ船がきっかけで、コロナをどこか人ごとと捉えていた日本人の危機意識に火がついたとした。 また、「日本は他の国と違って専門家主導のアプローチができた」とする田中氏の言葉をもとに 「政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた」と評価した。 「政府批判から、国民の習慣への賞賛へ」という副題の記事を掲載している。 記事では今の日本を「世界的な反響を得た台湾や韓国などと違う、もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリーと言える」と表現した。 一方で、記事では 「小さく、汚さが指摘されたこともあったアベノマスクはソーシャルメディアで嘲笑の的だった」などと政府の対策への批判が寄せられていたことを紹介し、もともと日本人には花粉症対策などでマスクをつける習慣があったことや、衛生観念が発達したことが感染抑制につながった可能性があるとした。 ほかにも、映画館や博物館、それにプロスポーツなどの自粛が素早く実施されたことにも言及している。

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ 収束

コロナ終息の後、世界はどう変わる? 新型コロナのパンデミックは、世界のあり方を変えた出来事として記憶されるだろう。 世界恐慌やベルリンの壁の崩壊、あるいは2008年の世界金融危機のように、それは社会や経済の変化を加速させるに違いない。 多少時間はかかるかもしれないが、きっといつかウイルス危機は克服される。 しかし、その後で待っている社会は、今とはずいぶん違ったものになっている。 それは一体どんな姿をしているだろうか? 海外ではすでにポストコロナ、コロナ後の世界について専門家たちが様々な予測を行っている。 法学・経済学・金融の修士号を取得し、政治学の学士号を持ち、McGill Business Law Associationの共同会長である、の予測を見ていこう。 デジタルサービスやeコマース関連企業が大躍進 外出自粛や他人と距離を置くことを推奨される世界で勝ち組になるのは、顧客と直接会わずに物やサービスを提供できる企業だ。 たとえば、クラウド・コンピューティング関連(例として、アマゾン)、リモートワーク・サービス関連(ズームやスラック)、バーチャルリアリティ関連(オキュラス)、ストリーミング・サービス関連(ネットフリックス)、eスポーツ団体(クラウドナイン)などが挙げられる。 SNSの利用も増えるだろうが、経済が停滞しているので、広告からの収益は落ち込むだろう。 実際、コカコーラはすでにSNS向けの広告をすべて停止した。 こうした動きにほかの企業が追従すれば、広告業界を直撃し、それは製造業やテレビ・ラジオ局にも打撃となる。 短期的には、eコマース・プラットフォーム、食品配達サービス、運送業も勝ち組だ。 経済活動が復活したとしても、彼らのアドバンテージはしばらく続くだろう。 新型コロナが、消費者の購買習慣をそれまでとは違うものにしてしまうからだ。 リモートワークが一般的に 人々はいきなり自宅で働くことを強いられるようになったが、おかげでスーツを着て通勤をする面倒がなくなり、スケジュールも柔軟に組めるようになった。 大勢の人たちが、在宅勤務がずいぶんと快適であることに気付いている。 コロナ禍(か)が終息してからも、それを維持したいと望むのではないだろうか。 また企業にとっても、コスト面や実際的な理由から元に戻すのは難しいはずだ。 これがリモートワーク技術の発達をうながし、それまでは人が直接顔を会わせなければ無理だと思われていたさまざまな仕事が可能になる。 結果として、オフィス需要が劇的に低下し、不動産業界の深刻な停滞につながる。 外国人には厳しい移動制限と検疫義務が課されるために、出張旅行に頼る業界も痛手を被るはずだ。 さらにホワイトカラーが大都市から流出する結果にもつながる。 今回のことでリモートワークの環境が整ってしまえば、わざわざ出社しなくても仕事ができる人たちは、あえて家賃が高く、人混みだらけの地域で暮らしたいとは思わないはずだ。 仕事の自動化が進み、それができない業務はリモートワークで 企業は、パンデミックを生き残るために、生産性の低い労働者のリストラ、業務の自動化、リモートワークの推進といったことを進めざるを得ない。 これにきちんと対応できる人材は、ますます競争力をつけることだろう。 そして、そうした人たちには、コロナ終息後も以前の状況に戻るメリットはない。 一方、それまで本来なら自動化できる業務を担っていた人たちの大半は、ポストコロナの世界で勝ち抜けるだけのスキルがないことになる。 これが失業率の上昇につながる。 だが中長期的には、一時的には勝ち組となったリモートワークが得意な人たちの業務ですら、人件費が低い国の人材に頼れることに企業は気付いてしまうだろう。 つまり、まず雇用は、国内において自動化できる業務を担っていた人からリモートワークができる人に流れ、次いで国内から国外のリモートワーク労働者に流れるということだ。 オンライン診療が一般化し、都市には健康モニターが常設される アメリカでは数週のうちに、オンライン診療の規制が大幅に緩和される。 米国の医師は、メールやチャットを通じて患者を診察できるようになり、さらにそうした診療も医療保険の対象となる。 これは今のところ一時的なものだが、オンライン診療の手軽さと安さを体験してしまえば、もう戻りたいとは思えないだろう。 そして、こうした医療が当たり前になれば、世界超一流の医師たちはさまざまな地域の患者を診ることが可能になる。 パンデミックの人的・経済的コストのおかげで、オンライン診療・医療用撮像機器・診断機器・ウイルス研究といった分野に国防費並みの資金が流れ込むようになる。 こうした資金の流入は、自宅で使える検査・診断キットや健康状態をモニターするウェアラブル機器の性能も向上させ、オンライン診療をますます一般的なものにするはずだ。 実際、パンデミック終息後にはオンライン診療が普及するだろうとの期待から、テラドックをはじめとする企業の株価が高騰している。 主要な都市には、パンデミックを監視するシステムが常設される。 オフィスやスポーツ施設などでも、利用者の体温をはじめとする健康チェックがリアルタイムで行われるようになるだろう。 大学のオンライン化と学費の低下 世界ではネットで授業を受けることを強いられている大学生が、授業料の返還を求めている。 もし今の状況が秋になっても続いており、相変わらずネットの授業しか開かれていないのだとしたら、一体どれほどの学生がこれまで同様の学費を支払うことに納得するだろうか? だが、これは悪いことばかりではない。 こうした大学におけるある意味での社会実験は、従来の人件費のわずかな部分だけでも高等教育がきちんと機能することを証明している。 だとするならば、一握りの一流大学を除けば、大学教育の方法が再考されるようになるかもしれない。 大学にしてみれば、大幅にコストを削減するチャンスでもある。 多くの大学がいずれは、これまでのようなキャンパスでの授業のほかに、ネットを通じたオンライン授業も交えた混合型のカリキュラムを組むようになることだろう。 こうした動きには、コスト面だけでなく、学生が世界最高の教師の授業を受けやすくなるというメリットもある。 人や物の国際的な移動が減少 国は今、国境を閉ざして内に閉じこもろうとしている。 国境をまたがる物流は滞り、貿易は停滞するだろう。 その一方で、経済的な孤立に耐えられるようにするため、政府は国内の生産能力をテコ入れし、重要なサプライチェーンの複合化政策を押し進める。 すでにパンデミック以前から、中国における賃金の上昇、貿易戦争の激化、半自治的な工場の登場といった現象のために、企業が海外の製造拠点や研究開発施設を国内に戻す動きが見られていた。 コロナ禍は、こうした流れをいっそう加速させるはずだ。 企業はグローバル化による効率性よりも、集中された国内サプライチェーンの柔軟性を好むようになる。 また世界的な経済の統合とグローバル化されたサプライチェーンを守ろうとする意志がなければ、20世紀に構築された多国間グローバル・ガバナンス組織は、一時的かもしれないが、力を低下させるだろう。 政府は、ウイルスの脅威に対応するためと称して、国境の警備をより広範かつ厳重なものにする。 国境検問所では、危険なウイルスをリアルタイムで検出するべく、生体測定スクリーニングが実施され、また特定の国からやってきた者には一定期間の検疫が義務付けられるようになる。 こうして国際的な移動が大幅に阻害されれば、航空会社や観光業界はコロナ禍終息後も不振に苦しむことになるはずだ。 最初の孤立政策が一段落した時点で、多国間の協力が再始動 グローバル化の停滞と政府の孤立政策が一段した頃、テクノロジーによって瞬時に世界に拡散するようになってしまったウイルスの脅威が現実的なものであることを世界は悟り、国際的な協力を求めるようになるのではないだろうか。 そして、実践的な多国間主義の精神の下、国際的な規範、監視・報告システム、緊急時の連携や対応計画などの準備が進められる。 再び危険なパンデミックが襲来したとき、そうした備えが早期発見を可能にする。 すると各国は連携して隔離政策を実施。 こうした国際的な協調体制があれば、ロックダウンの期間は今よりもずっと短く、失われる人命も少なくて済むはずだ——そう願いたい。

次の