初盆 返 礼品。 初盆の礼状の文例

初盆(新盆)にするべきことって?必要な準備をレクチャー!

初盆 返 礼品

スポンサードリンク 初盆のお返し 品物は? そもそも初盆のお返しっていったい何のことなのでしょうか? ちょっとわかりにくいですよね。 ここでは御佛前・御仏前・御供物料などのお香典や 線香代・提灯代として頂いた物へのお返しのことをいいます。 初盆のお返しは必要か?というと 必ずしもそうだということもありません。 特別に品物を用意せず、法要のあとに食事の席を用意することで それをお返しとする場合もありますので、自分の家や地域では どうするのが一番良いのが確認してみましょう! では初盆のお返しに何か品物を用意するなら 何を選べばよいのでしょうか? 一般的に良く使われているのが お菓子やそうめん、石鹸や調味料です。 そのなかでも、季節を考慮してなのか 初盆のお返しにそうめんが人気です。 品物選びのポイントは・・・ ・日持ちのするもの ・好き嫌いのあまりないもの ・使う・食べるで消えるもの こんな視点で選ぶのが良いと思います。 最近ではカタログギフトも定着していますし お好きなものを選んでもらえる点では 便利かなと思います。 お返しの品を自分で用意する場合は 選ぶ・買う・熨斗の手配まで自分で すべてやらなければならないのでとっても大変! 参列者の人数が読めない場合でも、不足がないようお返しの品物を 余分に用意しておかないといけないですから無駄も出てしまいます。 そんな時は冠婚葬祭専門のネットショップを 利用するのがおすすめです。 熨斗や手提げ袋も用意してくれますし、 初盆後に買った品物が余った場合も返品OK というショップもあります。 少し多めに用意しておいても返品できるなら安心ですよね。 さらには挨拶状までつけてくれる場合もあります。 専門店をうまく利用すると手間も無駄も省けますネ。 初盆のお返し のしの色は? 水引は黒白または黄白ですが 一般的には黒白がよく使われていると思います。 黄白が使われるのは主に関西方面ですので 確認してみてくださいね。 どちらの色を使っても間違いではありませんが 冠婚葬祭のマナーは地域によって差がありますので注意しましょう スポンサードリンク 初盆のお返し 表書きは? お返しする品物も熨斗も決まったら今度は表書きです。 引き物の表書きは、「志」「粗供養」 「初盆供養」「新盆供養」などが使われます。 一般的なのは「志」です。 こちらなら宗教も関係なく お返しの表書きに使うことができます。 「粗供養」は関西から九州地方の一部で使われています。 表書きは地域に合わせて選びましょう。 初盆のお返し 時期は? 初盆のお返しをする時期は どうしたらいいのでしょうか? 法要の参列者ならお帰りになる時に お返しの品をお渡しすればOK。 では都合で参列はされずお香典のみ頂いた場合は いつまでにお返しをすればいいのでしょうか? そんな場合は「なるはや」と考えておけば間違いありません。 例えば、初盆の法要が8月にあった場合は 8月中にお礼の品やあいさつ状が届くようにしましょう。 せっかくお気遣い頂いたのにチンタラしているのはNG! できる限り早くお礼するのがベストです。 編集後記 初盆のあれこれ、いかがでしたか? 地域によって熨斗や表書きも違うのは 意外だったのではないでしょうか。 新盆を気持ちよく過ごしてもらうために 知っておくべきことはもっとたくさんあります。 地域の方やまわりの詳しい人に意見を聞きながら 知識を深めていってくださいね。

次の

香典返しのお礼》お礼の言葉・例文・言い方・お礼の連絡・お礼文・文例

初盆 返 礼品

前略 平素はご無沙汰ばかりいたしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 あらためて、心よりご冥福をお祈りいたしたいと思います。 またこのたびは大変結構なお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。 かえって余分なお気遣いをさせてしまい、大変恐縮をいたしております。 まだまだ寒い日が続きますがお風邪などひきませんよう、ご家族皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 略儀ながら、まずはお礼まで。 草々 ハガキでなく手紙にするときは「前略・草々」でなく「拝啓・時候の挨拶・敬具」でまとめれば良いと思います。 A ベストアンサー 香典返しは、香典に対してのお礼として送ります。 それに対してお礼をすると、「礼に礼を重ねる」、即ち「不幸を重ねる」という意味になるので、嫌う方が多いです。 ですから、お礼はしなくてもよいとされています。 質問者さんの場合は、「お礼」ではなく、「受け取りました」という連絡だったのではないでしょうか。 それなら差し支えないと思いますよ。 でも、必ずしなければならないかというと、そうではありません。 質問者さんのように、伝えた方が丁寧でよいと思う方もいるでしょう。 その一方、一般的に香典返しを送る時期は四十九日の忌明け後になります。 ちょうどその時期は、遺族の心労がたまりやすい頃なので、中にはそのような電話をもらうのが負担になる人もいるでしょう。 電話というものは、相手の都合を確かめず、一方的にかけるものです。 送る香典返しの数が多ければ多いほど、数多くの電話を受け取ることにもなります。 ですから、遺族の方に負担をかけないよう、あえて連絡をしないという選択もあるのです。 昨今の宅配便事情を鑑みても、よほどの運送事故でない限り、確実に配達されますよね。 配送伝票にも番号が打ってあります。 必要があれば自分で パソコンやケータイで 、届いたかどうかの追跡ができます。 わたしの身内が亡くなったときは、遺族に負担をかけないように配慮してくれたのでしょう。 ほとんどの方が届いたという連絡をくれませんでしたが、かえってその方がよかったです。 電話に出なくて済みましたから。 どうしても連絡したいのであれば、電話よりもメールの方がお互いにいいかもしれませんね。 香典返しは、香典に対してのお礼として送ります。 それに対してお礼をすると、「礼に礼を重ねる」、即ち「不幸を重ねる」という意味になるので、嫌う方が多いです。 ですから、お礼はしなくてもよいとされています。 質問者さんの場合は、「お礼」ではなく、「受け取りました」という連絡だったのではないでしょうか。 それなら差し支えないと思いますよ。 でも、必ずしなければならないかというと、そうではありません。 質問者さんのように、伝えた方が丁寧でよいと思う方もいるでしょう。 その一方、一般的に... A ベストアンサー お餞別(お礼)にお返しされると戸惑いますよね。 (もしかして、目上の方ですか?そのせいかもしれません) お礼のお礼はしないので、ぴったりの例文はないです。 ご質問者様も戸惑ったように、相手も戸惑ってしまうと思います。 どこか遠くへ行かれてしまったとかでしょうか。 どうしてもなら、もっと気軽な形で電話をするとか。 電話なら、大抵その場で終われるはずなので・・・。 お引越しとかなら、少し落ち着いた頃に連絡するといいかもしれません。 (あまり仰々しくお礼を言う必要はないと思います。 ご機嫌伺い程度かと・・・) あまり、電話のやりとりがないような方でしたら。 はがきで、季節の挨拶程度や近況報告をするような文面にするとか。 秋らしい「絵葉書」もいいかもしれませんね。 私としては、そのお礼は言いません。 逆に、嫌味に取られてはいけないと思うからです。 Q 父が亡くなり そろそろ一周忌になります。 遠く離れた所に住んでいる ある親戚が 一周忌法要に来れないとのことで、 香典を郵送で送っていただきました。 お礼のハガキを書きたいと思っております。 どのような文がよろしいでしょうか・・・ できたら文章を考えていただきたいと思っております。 恥ずかしくない文章を教えていただけたらなと思っています。 どうか よろしくおねがいします。 A ベストアンサー choupさん、こんにちは。 去年の夏にお母さまを亡くされたということで、色々大変でしたね。 仲のいいお友達が、お仏前にとお線香を送ってくれたんですね。 >すぐにお礼の電話をしたのですが、こういったお供えを頂いた場合は何かお礼の品を送るべきでしょうか。 お仏前への返礼ということですが、本来は不要とのことです。 ただし、地域によっても違うと書かれていますが、 送っていただいたのがお線香ですから、ありがたくちょうだいしておかれたら、と思います。 ohnoya. html henrei すぐに電話しておられますし、落ち着かれたら、仲良しのお友達ですし 本当にありがとう、うれしかった、ということをお手紙なんかにされてもいいかと思います。 もしも何か品物を、ということでしたら、香典返しのとき同様 消耗品がよいとのことです。 でも、お友達は親友が悲しみのふちにあるのを、何とか励まそうと気遣ってくれたんだと思いますので あまりお返しについては考えず、優しい気持ちだけ受け取られてもいいかと思います。 何かと大変ですが、頑張ってくださいね。 ohnoya. html henrei choupさん、こんにちは。 去年の夏にお母さまを亡くされたということで、色々大変でしたね。 仲のいいお友達が、お仏前にとお線香を送ってくれたんですね。 >すぐにお礼の電話をしたのですが、こういったお供えを頂いた場合は何かお礼の品を送るべきでしょうか。 お仏前への返礼ということですが、本来は不要とのことです。 ただし、地域によっても違うと書かれていますが、 送っていただいたのがお線香ですから、ありがたくちょうだいしておかれたら、と思います。 ohnoya. Q 姑が亡くなり、個人の意志で家族葬でおくりました。 もともと親戚が少なく、うちの家族以外は4人が参列しました。 ですから、普通は印刷してお渡しするはずの挨拶状などは省略しました。 お葬式がすんだあと、遠い親戚の一人からはお香典を、もう一人からはお供えを 送っていただきました。 すぐにお礼状を書かないといけないのですが、この場合の葉書は暮れにだす喪中欠礼の葉書と 同じ葉書を使うのでしょうか? それとも、普通の官製葉書でいいのでしょうか? または葉書ではなく封筒で出すのでしょうか? その場合の切手は不祝儀のを使うのでしょうか? すぐにお礼状をかきましょう、、とどれにも書いてあるのですが、どういう形式の葉書を使うのか 書いてないので、困っています。 また、夫は忌引きをとったため、仕事がたまっていて、お礼状を書ける時間がありません。 そのため私が代筆しますが、夫の名前の左横に「代」と書けばよいのでしょうか? 49日の法要はするつもりですが、その方々は来られません。 よろしくお願いします。

次の

初盆(新盆)のお返し のしの書き方や金額の相場・返礼品に添える礼状の文例

初盆 返 礼品

………このページの内容……… 1. 香典返しのお礼は必要? 2. 香典返しのお礼の電話・お礼の連絡・お礼の言葉 3. 香典返しのお礼の手紙 文例・例文 4. もし宅配便で香典返しを受け取った場合でも、基本的にお礼の電話やお礼状は不要です。 上述のように香典返しのお礼状は不要ですし、お礼の電話はかけなくても構いませんが、日頃からおつきあいのある関係なら、届いたことを知らせるために「その後いかがお過ごしですか。 本日ご丁寧なご挨拶の品が届きペンをとりました。 」といったさりげない表現のはがきや手紙は出しても良いでしょう。 また、親しい間柄なら「もうそんな時期なのですね」とさりげなく電話で遺族に声をかけ、励ましてあげるのも良いと思います。 このページではそうした場合の手紙や言葉について下記の項目で紹介しています。 [全体の流れ] ・ 頭語と結語…冒頭の「拝啓」と末尾の「敬具」はセットで使います。 目上の相手なら「謹啓」+「敬具」。 セットで両方入れるか、もしくは両方無しのどちらでも良いでしょう。 ・ 時候の挨拶…季節を表す言葉です。 上記の文例では「梅の蕾(つぼみ)がほころぶ頃」の箇所です。 親しい間柄であれば時候の挨拶を省略して、頭語に「前略」+結語に「草々」などを使うこともあります。 ・ お礼の言葉…お礼のお礼になるため「ありがとう」「ありがとうございます」の代わりに「却って恐縮しています」というお礼文としています。 ・本文には相手を気遣う言葉を入れます。 上記の文例では「 折りにふれてあなたを思い出しては、何かとご心労が多いことと心配していた」「その後いかがお過ごしでしょうか」という部分です。

次の