パチスロ南国育ち。 パチスロ南国育ち~蝶々ver~

南国育ち

パチスロ南国育ち

押し順ナビ発生時はナビに従い消化する。 ・押し順ナビ発生時 ナビに従い消化する。 ・上記以外の場合 適当打ちでOK。 本機「南国育ちスペシャル」の目玉、「南国チャンス」は、1Gあたりの純増約1. 5枚・継続率83%以上の「高純増・高ループ」ART。 ボーナス中のバタフライゾーンでARTが確定した場合は、ボーナス終了後のナビに従ってプレイすればARTに突入する。 ART中は、音声とナビランプに従ってプレイするだけの簡単消化が可能で、ラスト8Gは再度【バタフライゾーン】に突入するぞ。 4 ・ARTはワンセット50G。 ・ART残り8Gで始まる「バタフライゾーン」にて蝶が飛翔すれば、ART継続確定。 ・ART中の打ち方としては、押し順ナビに従って消化するだけでOK。 ・ARTには、「南国チャンスA」・「南国チャンスB」・「スペシャル南国チャンスA」・「スペシャル南国チャンスB」という4つのモードが存在。 ・ART開始時のほとんどは、南国チャンスAからスタートする。 ・ARTモードの移行抽選は、ART継続時に行われる。 ・特定条件を満たすことにより、次回ボーナス成立まで継続する無限ARTへ突入する。 ・「ボーナス中の純ハズレ」や「ART中に成立したBIG終了後の1G目」などに無限ARTの抽選が行なわれる。 ・フリーズ発生時は、無限ARTが確定する。 (フリーズは、単独BIG成立時の5. 5枚のペースでコインが増加していく。 「 24時間現金で打って換金できる 」ので、家打ちスロッターが急増中だ! 激熱のボーナスゲームは、 5分間で10万円〜20万円 万枚相当 が狙える!.

次の

パチスロ南国育ち~蝶々ver~(南国育ち):【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・高設定確定演出・導入日・ゲーム性・天井まとめ

パチスロ南国育ち

その直系後継機にあたるオリンピアから最新機種5号機「南国育ち」が2008年11月に待望のデビューを果たした!!本機「南国育ち」は単独ボーナス・リプレイ重複・全役重複(蝶揃い)の3種類がボーナス成立契機であり、その中でもメインとなるのはリプレイ重複。 (詳しくは2P目の「」を参照)それでは待望の パチスロ「南国育ち」機械割からチェック! 基本仕様- 南国育ち オリンピア 5号機 パチスロ「南国育ち」 - ボーナス抽選確率&機械割 110. 1G 5,000円以内のボーナス当選確率 50. 5〜52. 4% 10,000円以内のボーナス当選確率 75. 6〜77. また、リール下部にはラッキーランプと呼ばれるもう一つのランプも存在。 完全告知マシンとはいえ様々な演出機能を搭載している5号機版南国育ち。 BIG+ARTが確定するフリーズ演出は、中でも一番味わってみたい演出の一つだ。 また、前作同様高モード滞在を示唆する遅れ演出を搭載しているため、通常プレイ中はスタート音を聞き逃さないようにしたい。 シマに1台かもしれなくても、その1台に座ればこっちの勝ち。 「南国育ち」を対象にしたイベントなんかがあった日には、1日打ち倒すくらいの覚悟でいないと! そして万が一、そのイベントで明らかに低設定、糞イベントだった日には… そのホールとは決別できる!これもまた別の意味でのチャンス到来。 南国育ちで 優良ホールまで判別できるかもしれない。 「 24時間現金で打って換金できる 」ので、家打ちスロッターが急増中だ! 激熱のボーナスゲームは、 5分間で10万円〜20万円 万枚相当 が狙える! 管理人ゴル おすすめ情報 どこでも打てる爆裂スロット パチスロ 攻略・解析• 新台導入予定・解析速報• 牙狼 -守りし者-• G1優駿倶楽部• JAWS• おそ松さん• ヱヴァンゲリヲン 勝利への願い• 宇宙戦艦ヤマト2199• マジンガーZ• モンキーターン3• ゼクスイグニッション• ドリスタせかんど• 輪るピングドラム• アナザーゴッドポセイドン• 攻殻機動隊S. 2ndGIG• 防空少女ラブキューレ• みんなで楽シーサー• 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 パチスロ 新台• パチスロ 人気機種• パチスロ 50音順• パチスロ 4号機• 人気コーナー•

次の

南国育ち~蝶々ver~25

パチスロ南国育ち

【技術介入要素】 全く無し。 【1000円あたりの回転数】 約35. 【天井】 通常状態で996G消化することにより、待機ゾーンを経た後にRTへ突入。 ARTではなくRTなので、1Gあたりの純増は約0. 3枚とおとなしめ。 【設定変更時】 天井までのゲーム数はクリアされない。 高確率モードからスタートする。 払い出し枚数が297枚を超えると終了、純増枚数は約204枚。 12G消化、または8回の小役入賞で終了、純増枚数は約48枚。 通常時のモードについて - [南国育ち] 通常時には、「低確率モード」「高確率モード」「天国モード」の3種類が存在。 ボーナス成立時にART抽選が行なわれるのだが、その時にどのモードに滞在しているかによってART突入率が異なる。 (当然、天国が最も突入率が高い) モード移行は、ボーナス成立時、またはART終了後に発生。 ボーナス終了後ART非突入の場合は、モードアップ抽選が行なわれる。 ART非突入時にモードの転落はないため、ART非突入が連続している台は狙い目。 ART終了後に、モード振り分け抽選が行なわれる。 なお、 設定変更時には高確率モードからスタートするため、朝一はチャンスと言える。 昇格率は、滞在モード・設定に応じて異なる。 ART抽選は、ボーナス成立時に行なわれている。 ARTに当選すると、ボーナス中のラスト8G中のいずれかのタイミングで、バタフライランプが光る。 もちろん、4号機南国育ちにもあったような「ボーナス後1G目のレバーオンでバタフライ飛翔」などのパターンもある。 全体的に、バタフライランプに関しては4号機南国育ちの仕様と酷似している。 ボーナス終了後、数ゲームの待機ゾーンを経た後、ART開始目停止にてARTスタート。 ART開始目は、「スイカ・スイカ・ベル」揃い、「スイカ・青7・スイカ」揃い、「ベル・スイカ・スイカ」揃いなど。 ARTは50Gワンセットの非完走型。 50Gごとに継続抽選が行なわれる。 (継続率については後述) ART中は、1Gあたり約1. 5枚のペースでコインが増加していく。 ART中にボーナスを引いた場合は、ボーナス後に再度ARTへ突入する。 なお、無限南国チャンスへの昇格もありえる。 【ART終了契機】 50Gごとに訪れる継続抽選をハズした時、または特殊リプレイ入賞により、ARTは終了する。 しかし、特殊リプレイに関しては押し順ナビが発生するため回避が可能。 押し順ナビには絶対に従うこと。 【無限南国チャンス】 リール右下にあるランプが光ると、無限南国チャンスに突入となる。 次回ボーナスまでARTがループし続ける。 また、南国チャンス中にいきなり昇格することもある。 無限南国チャンス中にボーナスを引いた場合は、ボーナス後に再度ARTへ突入する。 つまり、一旦無限に突入すれば、次回ボーナス後のARTも確定することになる。 【ART中の打ち方】 目押しは一切必要ない。 ただ、押し順ナビに従うだけでOK。 【ART突入率】 ボーナス成立時に、滞在モードに応じてART抽選が行なわれる。 なお、BIG・REGによる突入率の差はない。 モードごとのART突入率は以下の通り。 このモード移行を繰り返すことで、ARTが継続していく。 なお、初回ARTは必ず連モードAからスタート。 各モードでの継続抽選に当選すればART継続、抽選に漏れると通常時へ戻る。 ART50G消化ごとに、下記確率にて継続抽選が行なわれる。 その際、設定やART終了時のモードに応じて、通常時の各モードへ振り分けられる。 モード振り分け率は以下の通り。 引き戻しゾーンについて - [南国育ち] ボーナス中に蝶が飛ばずにART非突入となった場合は、引き戻しゾーンへ移行。 引き戻しゾーン中、転落リプレイを引く前にボーナスが成立すれば、そのボーナス中に必ず蝶が飛ぶ。 つまりART確定となる。 引き戻しゾーン中は台枠ランプが点灯する。 そして、いずれかの転落リプレイ(「赤蝶・リプレイ・リプレイ」揃い、「青蝶・リプレイ・リプレイ」揃い)が入賞すると通常状態へ戻る。 引き戻しゾーン中は、逆押しをするとごくわずかではあるが転落リプレイの確率がアップしてしまうため、順押しで消化すること。 天井について - [南国育ち] 南国育ちには、天井機能が搭載されている。 通常状態で996G消化することにより、待機ゾーンを経た後にRTへ突入。 ARTではなくRTなので、1Gあたりの純増は約0. 3枚とおとなしめ。 特殊リプレイが入賞するとRTが終了してしまうが、押し順ナビが入るためそれに従っていればパンクすることはない。 小役とボーナスとの重複当選 - [南国育ち] 南国育ちには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選確率は以下の通り。 通常時・ボーナス中・ART中と全て適当打ちでよく、取りこぼしも一切発生しない。 (ただし、ART中は押し順ナビに従う必要アリ) 出玉のメインはARTで、ボーナス出現率にはあまり設定差がない。 当然ART関連に設定差がつけられていることになる。 初当たりからのART突入率に特に大きな設定差があるため、初当たりからバタフライが飛翔する割合が高い台を狙っていこう。 特に設定6はズバ抜けていて、初当たり2~3回に1回はART突入となりやすい。 そして設定6は、ART2連や4連で終わりやすいという特徴もある。 (連モードBからの継続率が低いため) 設定変更時には高確率モードからスタートするため朝一はチャンス。 なお、通常時のモードはARTに突入するまで転落しないため、ART非突入を繰り返している台を拾うのも一つの立ち回りとなる。

次の