神棚仏壇。 仏壇・仏具・神棚の通販専門店

神徒壇・神棚・神具|お仏壇の浜屋

神棚仏壇

方法1:祈祷する 方法2:御神札(おふだ)を返納する 方法3:お焚き上げをする です。 そして、あなたが自分の意志でいずれかの方法を選択することができます。 今回は、「神棚を処分する3つの方法」について、それぞれの選択基準について解説します 神棚処分に共通のルールなし 神棚を処分するにあたり、「何かルールや基準のようなものがあるのか」を、まず知っておくことが大切です。 キリスト教には「聖書」が、そしてイスラム教には「コーラン」という、神の教えや戒律を説いた書があります。 また仏教にも、お釈迦様の教えをまとめた、いろいろな経典が存在しています。 各種仏事・仏教儀式の進め方や作法も、もともとその経典に書かれている戒律や考え方がベースにあり、時代とともに変化してきているのです。 戒律とは、平たくいえば「全国共通のマニュアル」のようなものです。 たとえば、仏教であれば、「読経の作法」といったルールや、「お墓や仏壇を処分する前に、魂・お性根を抜く」といったような考え方のことになります。 一方、神棚については「神道」という宗教のカテゴリーに入ります。 ただ、 神道には他の宗教のように神の定めた戒律がなく、「個人個人の良心により、地域の神々に感謝し、恵みを受ける宗教」になります。 つまり、「神から教えを請うのではなく、自身の良心でその地域の神々と共存する道を歩む」ことが神道の本質といえます。 したがって、実際に神棚を処分する際には、全国・全神社共通のルールがありません。 実際に私が複数の神社で「神棚の処分の仕方」について聞いて回ったところ、神社ごとにさまざまな答えが返ってきました。 そして、それらの答えをまとめると、 「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分方法に集約されました。 そこで、以下にそれぞれの方法について解説していきます。 方法1:神社で祈祷をしてもらう 「神棚を処分するにあたり、祈祷が必要」と答えてくれた神社は結構ありました。 そうした神社では、「神棚には神様の魂が宿っている」と考えています。 したがって、「祈祷をせずにそのまま捨ててはいけません」と言われました。 もし、あなたが同じように考えるのであれば、神社に神棚を持ち込んでご祈祷してもらうことをおすすめします。 やり方は、神棚をあなた自ら神社へ持参し、神主さんによる祈祷を行ってもらいます。 その後、神社で神棚を廃棄処分してもらうことができます。 神社には、一般的に社務所や祈祷受付所がありますので、そこで「神棚処分のための祈祷」の申し込みをします。 申し込み後、祈祷殿や祈祷所と呼ばれる別棟へ案内され、祈祷に立ち会うことができます。 ただし、神具のうち陶器や金属類、また神棚本体の扉ガラスなど、燃えないものは不可という神社もあるのでご注意ください。 この場合、燃えないものは持参できませんので、あらかじめ取り外しておきます。 また、神棚の祈祷を受け付けている神社と、そうでない神社がありますので、あらかじめ問い合わせて確認してください。 祈祷してもらう方法は、あなたにとっても精神的に一番スッキリするのではないかと思います。 次に祈祷をせずに神棚を処分する方法を解説します。 方法2:御神札(おふだ)を神社へ返納する方法 「神棚を処分するにあたり、祈祷は不要」と答えた神社もあります。 このような考えの神社では、次のように言われます。 「神棚の中にある御神札を、近所にある神社の古い御神札返納所へ返納してから、神棚本体(お社)をお焚き上げしてくだい」 神棚の中には御神札(以下、お札と表記)が入っていますので、それを取り出します。 そして、ほとんどの神社には「お札返納所」が設置されていますので、そこへお札を返納します。 お札返納所とは、初詣などでよく目にする「古いお守りはこちら」という類のところです。 すなわち、「返納所へお札を置いて帰る」というイメージです。 お焚きあげとは焼却のことです。 神社やお寺では、年末年始や節分など年に数回お焚きあげをしていますので、その際に自ら持ち込んでお焚きあげをしてもらいます。 また、あなたの環境が許されるのであれば、自宅の庭などで焼却されても良いでしょう。 「祈祷までは必要ないが、そのまま何もせず捨てるのは忍びない」という人は、この方法がおすすめです。 次に、祈祷もお札返納も何もせず、そのまま廃棄する方法です。 方法3:お焚き上げをする方法 「何もせずそのまま廃棄してもよい」と答えた神社もあります。 ある有名な神社の祈祷受付所では、次のように言われました。 「神棚は、そのままごみとして処分していただいて結構です。 中のお飾り(鏡、お狐さま、神具)もそのまま捨てていただいて問題はありません。 ただし、もし気になるようでしたら、お札を近所の神社に返納されて、社はお焚き上げしてください。 お焚きあげは近所の神社で年に数回やっているところがあります」 また、ある地域の小さな神社の神主さんは、「神棚そのものに神様の魂が宿っている」という考えはされていませんでした。 したがって、「特にご祈祷などは必要ない」ということです。 ただ、「お焚き上げはしてください」とアドバイスいただきました。 その神主さんによると、お焚き上げそのものがご供養になるということです。 結局どの方法がよいか? 以上、「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分の方法について解説しました。 自分にとって、どの方法が一番良いかは迷うところです。 ただ、私であれば次のように考えます。 あなたの考えがどれに一番合っているかを判断して、最適な方法を選んでください。 考え方1:「タタリや迷信などが気になる」もしくは「神棚に神様の魂は宿っていると思う」という人は、迷いなく「祈祷する」方法を選択してください。 考え方2:「祈祷するまでもないが、やはり多少は神様のことが気になる」という人は、「お札返納後お焚き上げ」が良いでしょう。 考え方3:「神様は信じない。 気にしていない」という人は、「そのまま廃棄」や「お焚き上げ」でけっこうかと思います。 さらに、「自分で神棚を処分したくない、できない」という人は、「供養じまい専門業者」へ依頼してください。 供養じまい専門業者であれば、面倒な「お札返納」や「お焚き上げ」などを代行してもらえます。 そのため、最終的には自らの良心で判断し選択することが大切です。 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

仏壇・神棚の引越しはどうすればいい?処分方法は?料金はいくらかかる?

神棚仏壇

神棚と仏壇の違い まず、神棚と仏壇の違いについて、詳しく説明していきましょう。 神棚とは お祀りしている方:神様 神棚にお祀りしているお神札は、天照大御神様、氏神様、崇拝神社の神様となります お祀りしている目的:日頃の感謝の気持ちを表しつつ、家族の繁栄や厄除けを願うことが目的となります。 神棚は家の中に神社があることと同じことになります。 拝み方:二拝二拍手一拝の作法で拝みます 拝む時間:特に決まりはありませんが、一般的に朝夕の2回拝みます 拝む目的:朝は一日の無事をお願いし、夜は一日の無事を感謝します 仏壇とは 祀りしている方:ご本尊、ご先祖様 仏壇にお祀りしているのは、ご本尊と呼ばれる仏像や掛軸とご先祖様のお位牌 お祀りしている目的:ご本尊やご先祖様に感謝をし、尊び、敬うためとなります。 仏壇は家の中に寺があることと同じことになります。 拝み方:おりんを鳴らし、手のひらを合わせて拝みます 拝む時間:朝夕の2回で、一般的に朝は朝食の前、夕は夕食の後になります。 拝む目的:朝は一日の始まりを、夕は一日の出来事を報告し、お経を唱えることから「お勤め」とも言われます。 神棚と仏壇を同じ部屋に安置しても大丈夫? 実は、神棚と仏壇を同じ部屋に安置することは問題ありません。 とても勘違いされやすいことですが、 神棚と仏壇を同じ部屋に安置してはいけないと思っている方が多くいらっしゃいます。 仏間があるお宅であれば別々のお部屋に安置するケースがほとんどですが、 仏壇をリビングや居間に安置することが主流になってきている現在は、一緒のお部屋に安置することが 多くなってきています。 理由としては、安置する場所として、主にどちらも手を合わせやすく、 人が集まる場所を選ぶことが多いためです。 安置場所のポイント 実は、安置場所にポイントがあります。 神様と仏様を同じ部屋に安置するということで、注意が必要です。 以下にポイントとして纏めましたので、みていきましょう。 しかし、神様は仏様よりも上位のため、神棚は仏壇よりも部屋の中心に近い場所、且つ陰陽の陽の位置に 安置するという決まりがあります。 結果、並べて安置する場合は、向かって左側が神棚、右側が仏壇になるようにしましょう。 この行為は、大変失礼なことになりますので、向かい合わせでの設置は控えましょう。 逆に仏壇の下に神棚を安置することは、上位とされている神様を仏様の下に安置することになってしまいます。 結果、上下の位置に安置することは控えこととなります。 ここで抑えておきたいのは、上下の意味が、同じ部屋だけでなく、2階建ての1階と2階などの上下でも 同じことであるということです。 階数が違うことでお部屋は違いますが、安置場所が上下になってしまうため、 注意が必要です。 ポイントを押さえることで、安心して神棚と仏壇を同じ部屋に安置することができます。 また、神棚の安置場所を決めた後、仏壇の安置場所を決めることで、安置場所をスムーズに決めることができます。 神棚と仏壇を安置する場所と方角 最後に、神棚と仏壇を安置する場所と方角について説明します。 それぞれ、安置に適した場所と方角があります。 特に仏壇に関しては、宗教や宗派の考え方によって方角が決められています。 神棚を安置する場所 神棚を安置するのに適した場所については、「明るい場所」、「清潔な場所」 、「気を流してしまわない場所」 、 「見上げる場所」という4点に合致した場所が良いとされています。 それぞれの場所について、詳しくみていきましょう。 ・明るい場所:家族や人が集まる場所を選びましょう (例)リビング ・清潔な場所:神様は不浄を好まないので、油汚れのある台所は避けましょう ・気を流してしまわない場所:良い気を流してしまわないよう、トイレやお風呂場など水回りの近くは避けましょう ・見上げる場所:人が神様を見下すことのないよう、高い場所を選びましょう 神棚を安置する方角 神棚を安置する方角は、太陽が昇り一番に光が入ってくる東向きと、 太陽が昇ってくる方角である東向きが良いとされています。 仏壇を安置する場所 仏壇を安置する場所は、仏壇専用に設けられた仏間が最も適しているとされていますが、 最近では仏間のないご家庭も増えてきております。 そのような仏間がないご家庭の場合は、人が集まりやすく、 お参りがし易いようなリビングや、床の間に安置しておくと良いでしょう。 仏壇を安置する方角 仏壇を安置する場所として、諸説あります。 各方角毎に理由と共に紹介します。 ・南向き:「南面北座説(なんめんほくざせつ)」と言い、仏壇に直射日光が当たらず、風通しが良い向きとなります ・西向き:「西方浄土説(さいほうじょうどせつ)」と言い、極楽浄土のある西方の向きとなります ・総本山向き:「本山中心説(ほんざんちゅうしんせつ)と言い、信仰する宗派の総本山を拝む向きとなります ・全方向:「春夏秋冬説」と言い、方角を季節になぞらえ、どの方向に向けても良いとされています 春(東):万物のはじまり 夏(南):実を結び 秋(西):収穫の時期を迎え 冬(北):収める なお、仏壇を安置する場所や方角については、以下のページで更に詳しく説明していますので、 ご参照ください。 仏壇を安置する場所と方角はこちら まとめ 神棚と仏壇に関して説明してきましたが、いかがでしたか。 神棚や仏壇は、家族の絆を強くするものと言われており、 とても大切なものです。 神様にも、仏様にも、心地の良い場所で過ごして頂くために、 ぜひ、最適な場所を選んでさし上げてください。 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の

仏壇と神棚の違いは?仏様か神様の違いでお供えや参拝方法も違う

神棚仏壇

神棚と仏壇の位置関係で守るべき3つの約束 同じ部屋に 神棚と仏壇の両方を安置することは 問題ありません。 しかし安置する際に 位置関係で守るべき3つのお約束が ありますので、ご紹介していきます。 お参りする時はお尻を向けない 「お参りする時に お尻なんて向けないよ!」 きっとあなたはそう仰るでしょう。 しかしどうしてもそうなってしまう 状況があるのです。 それは、 神棚と仏壇が向かい合わせの時です。 どちらか片方にお参りする時 対面の位置にあると 片方にお尻を向けてしまい 神様、仏様への配慮を欠いた形に なってしまします。 この配慮はお参りする時だけではなく 日常でも必要です。 例えばあなたがどなたかのお宅を訪問する際 靴を脱ぐ際はどのようにしますか? お尻を向けないように前向きで上がり 上がってからも相手にお尻を向けないように 斜めに膝をついて靴を並べますよね? 基本的に対面する相手に お尻を向ける行為は失礼に当たります。 神棚と仏壇を置く時は 尊ぶ気持ちを忘れず配置しましょう。 神棚と仏壇を上下に配置しない 後でも紹介しますが 神棚は仏壇よりも高い場所に置きます。 しかし 仏壇の真上に神棚があるのはNG とされています。 なぜならどちらにお参りしているのかわからず 神様、仏様に誤解させてしまうからです。 例えば街中を歩いている時に 自分に手を振っていると思い 近づいてみると違う人だった。 なんて経験はありませんか? それと同じで、拝む位置をずらさないと どちらにお参りしているのかわからず 神様と仏様が混乱してしまうのです。 配置する時に止むを得ず 上下の位置関係になってしまう場合は その 中心をずらして置きましょう。 ちなみにこれは同じ部屋に限ったことではなく 1階と2階など、部屋が違う場合でも 必ず中心は、ずらしましょう。 神様の方が上位の存在 実は 神様は仏様よりも上位の存在です。 ですので、2つを同じ部屋に安置する時は より家の中心に神棚を置きます。 これは陰陽の考え方に由来しています。 より中心のものには求心力があるとされ 上位の存在ということを表しているのです。 とは言っても 神道と仏教の信仰心は人それぞれです。 あなたがより信仰している方を 中心に置いても問題はないです。 これら3つのマナーを守ることで 神様と仏様に気持ちよく過ごしてもらえます。 祀る対象を大切にして お互いに気持ちよく過ごせる 環境を作りましょう。 神棚は気の巡りを意識した配置にしよう 神棚を祀るのであれば 適した場所と方角に安置する必要があります。 適した場所や方角を選ぶのは 神様を尊ぶ気持ちを表し 気の巡りを良くするためです。 明るい・きれい・高いが基本 神棚を安置する場所として 明るく・きれいな・高い場所を 選ぶ必要があります。 明るい場所とは 光が差し人が集まりやすく、 視覚的にも雰囲気的にも 明るい場所のことです。 リビングやその近くなど お参りしやすい場所に祀るのが良いですね。 きれいな場所は トイレなどの水回りを避けた 日頃から掃除されている場所です。 水回りは気が流れると されているため不適切です。 神棚や神棚の周りは 常に清潔にするよう心がけましょう。 高さは 立った時の目線よりも高い場所にします。 さらに最上階に祀ることで 神を尊ぶ気持ちを表現できます。 住宅事情でそれが難しければ 「雲」や「空」と紙に書き、天井に貼ることで そこを最上階と見なすことができます。 注意事項として 神棚の上や下を 人が通る場所は不適切とされます。 出来るだけそういった場所は避けましょう。 また 冷暖房の風が当たる場所や 直射日光・湿気は神棚を 傷めてしまうため避けましょう。 神様に心地よく過ごしてもらえたら 運気も上がりそうですよね。 太陽の力強さをイメージできる方向に向ける 神棚は 南向きもしくは東向きに安置します。 これは神棚が南か東を向いている状態です。 南側か東側に置くという意味ではありません。 南は太陽の光が入る場所です。 南を向けば光に照らされます。 つまり 光に照らされる存在とすることで 敬意を表しているのです。 もしあなたがライトワーカーのような 光を浴びる存在になりたい と思うのであれば南向きがお勧めです。 東は太陽が昇る方角です。 1日の始まりを知らせる光は 勢いの象徴でどんどん昇っていきます。 もしあなたが門出に立っており 成長していきたいと思うのであれば 東向きがお勧めです。 南向き・東向きどちらでも構いませんが あなたの状況やお気持ちに合った方角を 選ぶのがベストです。 仏壇は仏様が心地よく過ごせる場所に 仏壇は 仏間に安置するのが1番良いです。 しかし現代では 仏間がない家庭も多いですよね。 その場合は 仏様が心地よく過ごせる場所に置きましょう。 明るい・きれいが基本 明るくきれいな場所は 神棚の安置場所と考え方は基本的に同じで、 清潔で人が集まりやすく お参りしやすい場所が良いです。 神棚同様に 暗くてじめじめした場所は避けます。 私たちもそんな場所では 住みたくないですよね。 高さは 座った時に 本尊を少し見上げる高さにします。 もし立ってお参りする場合は 本尊が胸よりも少し高くなるようにします。 ただし神棚と同様に 冷暖房の風が当たる場所や 直射日光・湿気は 仏壇を傷めてしまうため避けます。 仏様が気持ちよく過ごせるように しっかりとマナーを守りましょう。 近年ではリビングなどに置いても違和感のない おしゃれなミニ仏壇もたくさんありますので これを機に買い換えを検討してみるのも 良いかもしれないですね。 ちなみに私の実家も仏間はないので 仏壇はリビングに置いてあります。 方角は宗派で違う 仏壇の場合は神棚と違い 方角に正確な決まりはありません。 しかし宗派により 置き方に違いがあります。 以下にまとめましたので 参考にされてください。 曹洞宗・臨済宗• 南面北座説 仏壇を南向きに置くという考え方です。 これはお釈迦様が南を向いて 説法していたことに起因します。 南を向けば太陽の光で顔が 明るく映ります。 そのため昔から位の高い人物は 南を向いて座ることが多かったのです。 浄土真宗・浄土宗・天台宗• 東面西座説 西には極楽浄土があるとされるため 西方浄土説とも言います。 極楽という仏土には 浄土教系の本尊である 阿弥陀如来がいます。 そのため 東向きに仏壇を置きます。 また天台宗の本尊には色んな解釈があり 釈迦如来や阿弥陀如来を祀ります。 家庭では阿弥陀如来の場合が 多いようです。 真言宗• 本山中心説 宗派の 総本山がある方向に 手を合わせられるよう仏壇を置きます。 そのため仏壇の向きは決まっていません。 真言宗の場合は総本山である 高野山の金剛峯寺へお参りできる ような配置にすると良いでしょう。 日蓮宗 日蓮宗の場合は 守らないといけない向きはないため 自由に安置して良いです。 しかし一般的に 太陽が昇らない北側に向けることは 好ましくありません。 絶対に避ける向き 仏様に対するマナーとして 絶対に避ける置き方があります。 床の間と対面の位置になることです。 床の間は家主よりも身分の高いお客を 出迎える部屋です。 仏壇を向かい合わせにしてしまうと 仏様が下座にいるという解釈に なってしまいます。 反対に床の間に置くことは 良いこととされています。 神棚と仏壇は安置する目的とその気持ちが大切 神棚は神道の神を祀るために 安置する祭壇のことです。 日本古来の考え方では 森羅万象に神が宿るとされています。 そのため 気の巡りを良くするという意味合いで 神棚を安置します。 仏壇とは仏を祀る壇ことです。 寺院においては 仏像を安置する壇も含めますが 家庭に安置する場合は 亡くなって仏となった魂の供養や 故人との対話の場を作る という意味合いがあります。 以上の理由から神棚と仏壇を置くことは とても大切なことです。 しかし、ただ置いていても意味がありません。 1番重要なのはその目的です。 つまり、 何のために神棚と仏壇を置くのか ということです。 私は神棚や仏壇を祀るということ = 神様やご先祖様に感謝すること だと思っています。 「もし身の回りに何もなかったら」 「もしご先祖様がいなかったら」 有り難さを認識し 大切な存在だと思えた時に 結果として気の巡りが良くなり 魂供養にもなるのです。 気の巡りを良くすることで 家族やあなたの人生を幸せに。 魂供養することで ご先祖様に見守ってもらえるように。 私はそのために 神棚や仏壇に感謝します。 感謝が土台にあることで 配置のマナーを守る目的が変わってきます。 まずは 神棚と仏壇を安置する 目的を明確にしてみてくださいね。 感謝を表す神棚と仏壇の位置関係まとめ 神棚と仏壇を同じ部屋に配置する時のルールは 要点を押さえれば迷うことはありません。 以下に記事の内容をまとめまとめました。 神棚と仏壇の位置関係まとめ• 神棚と仏壇の位置関係で守ることは3つだけ!• 神棚と仏壇は向かい合わせにはしない• 神棚と仏壇は縦に並べず中心をずらす• 一般的に神棚をより家の中心に置く• 神棚を安置する時は気の巡りを意識する• 明るくお参りしやすい 場所に置く• 水回りは避けて掃除しやすい きれいな場所に置く• 立った時の目線よりも 高い場所に置く• 神棚の上下は 人が通らない場所にする• 南向きもしくは東向きに置く• 仏壇は仏様が心地よく過ごせる場所に• 明るくお参りしやすい 場所に置く• 水回りは避けて掃除しやすい きれいな場所に置く• 本尊の高さを 座ってお参りする時は 目線よりも高く 立ってお参りする時は 胸よりも高くする• 向きは宗派により違いがある• 床の間と対面するのはNG• 神棚と仏壇は置く目的とその気持ちが大切• 神棚を置き神を祀ることで 気の巡りを良くする• 仏壇は先祖供養でき 故人との対話の場を作れる• 安置する目的が大事 神棚と仏壇を安置する目的を明確にし 正しい方法で安置することで 神様や仏様に感謝を伝えることができます。 しかし家の構造によっては、 必ずしも全てのマナーを 守ることができるとは限りません。 祀る上で1番大事なのは 何のために祀り どういう気持ちで接するのかです。 祀る目的をはっきりと持つことで 毎日アグレッシブに過ごし 神様とご先祖様に気持ち良く 過ごしてもらいたいですね。

次の