池田 土地。 売物件情報 土地

池田市の土地(3件)|土地の購入・物件探しならYahoo!不動産

池田 土地

大阪府の土地は、大阪市内では大阪市阿倍野区、大阪市東住吉区、大阪市平野区のサイト物件掲載数が多くなっています。 その他のエリアでは大阪市住吉区や大阪市生野区や大阪市東淀川区、大阪市以外では枚方市、豊中市、堺市の土地 売地 情報が多数掲載されています。 大阪市内の売地・分譲地の流通量は比較的多くなっており、サイトに掲載している土地 売地・宅地 も大阪市内は比較的多くなっています。 大阪市以外では京阪沿線の枚方市や寝屋川市、北摂エリアの豊中市や高槻市が人気エリアとなっています。 大阪府の掲載土地情報は日々更新を行っています。 新築・中古• 中古 情報更新日• 本日更新• 3日以内に更新• 1週間以内に更新 表示画像• 間取り図あり• 写真あり• パノラマあり 物件の位置• 1階の部屋• 2階以上の部屋• 10階以上の部屋• 最上階• 角部屋• 地下 棟• タワー 20階建以上• 低層 3階建以下 階数• 2階建以上• 4階建以下• 5階建以上• 10階建以上 こだわり条件さらに細かくこだわり条件を指定する 建物についてのこだわり条件 種目• テラスハウス• マンション• タウンハウス• リゾートマンション• 借地権譲渡• 底地権譲渡• 1棟マンション• 戸建賃貸• 区分マンション• 区分店舗• 区分事務所• 事務所• ホテル・旅館• 駐車場• その他 建物構造• 鉄筋系• 鉄骨系• その他 工法・構造• 制震構造• 免震構造 土地・立地• 建築条件なし 駐車場• 駐車場あり• 駐車場2台分• 駐車場3台分• バイク置き場 条件• 所有権• 即入居可• 即引き渡し可• 楽器相談• 事務所使用可.

次の

売物件情報 土地

池田 土地

平均坪単価 【順位は高い順】 平均60. 池田市内にある主要駅 阪急 池田駅 (梅田駅まで約20分、神戸三宮駅まで約42分) 3. 住宅と施設の平均距離 【順位は近い順】 駅まで徒歩19. 1人あたりの公園の面積 【順位は広い順】 12. 犯罪発生率 【順位は少ない順】 8. 7は2017年現在、8. は2016年現在、5. 6は2015年現在のデータです。 は当サイトが把握している成約物件のデータをもとに平均距離を算出しています。 池田市は自然、文化、産業が盛んなバラエティに富んだ都市です。 北部に自然や伝統的な文化が多く残り、南部には住宅地や大きな自動車工場など広がっています。 古墳時代に多くの渡来人が移住しており、市内にある「呉服(くれは)」や「綾羽(あやは)」、「畑(はた)」といった地名は渡来人にちなんだものだと考えられます。 平安時代から江戸時代にかけては地方豪族の池田氏がこの地域を支配し、市名の由来にもなりました。 市の中央部にある五月山は展望台から大阪平野を見渡せる有名な夜景スポット。 ふもとにある『五月山動物園』ではアルパカやウォンバットなどの珍しい動物が飼育され、休日には多くの親子連れが足を運びます。 阪急「池田」駅の北側は『池田城』の城下町で、当時の街並みが各地で見られます。 また、江戸時代から人気な落語や、池田市で発明されたインスタントラーメンにちなんだ記念館があります。 阪急宝塚線沿いは平地ですが、それ以外の地域は大半が丘陵地や山林。 西側を猪名川がカーブ描きながら流れています。 北部の細河地区では植木の栽培が有名で、福岡県久留米市などに並ぶ四大生産地の1つです。 池田市では30坪から40坪台前半の土地が多く売買されています。 五月山のふもとは低層住居地域(最低敷地面積は36坪)に指定された地域が多く、50坪台の土地が取引されたケースもあります。 約4分の3の土地が3000万円以下で売買されており、周りの市よりもお手頃な価格で購入できるのが特徴。 阪急「池田」駅の南側の地域は利便性が良く人気の高いエリアですが、コンパクトな広さの土地であれば、安い坪単価で売り出されています。 池田市の町名一覧と売出中の土地•

次の

池田市の公示地価・基準地価マップ・坪単価

池田 土地

平均坪単価 【順位は高い順】 平均60. 池田市内にある主要駅 阪急 池田駅 (梅田駅まで約20分、神戸三宮駅まで約42分) 3. 住宅と施設の平均距離 【順位は近い順】 駅まで徒歩19. 1人あたりの公園の面積 【順位は広い順】 12. 犯罪発生率 【順位は少ない順】 8. 7は2017年現在、8. は2016年現在、5. 6は2015年現在のデータです。 は当サイトが把握している成約物件のデータをもとに平均距離を算出しています。 池田市は自然、文化、産業が盛んなバラエティに富んだ都市です。 北部に自然や伝統的な文化が多く残り、南部には住宅地や大きな自動車工場など広がっています。 古墳時代に多くの渡来人が移住しており、市内にある「呉服(くれは)」や「綾羽(あやは)」、「畑(はた)」といった地名は渡来人にちなんだものだと考えられます。 平安時代から江戸時代にかけては地方豪族の池田氏がこの地域を支配し、市名の由来にもなりました。 市の中央部にある五月山は展望台から大阪平野を見渡せる有名な夜景スポット。 ふもとにある『五月山動物園』ではアルパカやウォンバットなどの珍しい動物が飼育され、休日には多くの親子連れが足を運びます。 阪急「池田」駅の北側は『池田城』の城下町で、当時の街並みが各地で見られます。 また、江戸時代から人気な落語や、池田市で発明されたインスタントラーメンにちなんだ記念館があります。 阪急宝塚線沿いは平地ですが、それ以外の地域は大半が丘陵地や山林。 西側を猪名川がカーブ描きながら流れています。 北部の細河地区では植木の栽培が有名で、福岡県久留米市などに並ぶ四大生産地の1つです。 池田市では30坪から40坪台前半の土地が多く売買されています。 五月山のふもとは低層住居地域(最低敷地面積は36坪)に指定された地域が多く、50坪台の土地が取引されたケースもあります。 約4分の3の土地が3000万円以下で売買されており、周りの市よりもお手頃な価格で購入できるのが特徴。 阪急「池田」駅の南側の地域は利便性が良く人気の高いエリアですが、コンパクトな広さの土地であれば、安い坪単価で売り出されています。 池田市の町名一覧と売出中の土地•

次の