舌 の 裏側 に 口内炎。 【写真で見る】舌の病気・できもの辞典

舌の裏に口内炎ができる4つ原因!白いのがたくさんできることも!

舌 の 裏側 に 口内炎

舌の裏、舌の先に出来た口内炎についてです。 口の中のいたるところに出来る口内炎ですが、基本的に 原因は変わらないです。 そのため対応方法・ 治し方についても唇の裏に出来た口内炎と同じですね。 多くの場合において、舌の先と裏の口内炎でその 違いは無いと考えられます。 ただ、痛みにちょっとした違いがあるようですね。 舌の裏の口内炎は特に痛いんですけど、、、という報告が散見されました。 舌の裏に出来た口内炎、舌の先に出来た口内炎の原因 口の中の細菌が通常時より多く繁殖してしまい、その細菌が口の中の皮膚・粘膜に進入して炎症を起こして口内炎になるという原因が多いと思います。 口の中の細菌の繁殖を減らす事が出来れば予防にもなりますし、口内炎が出来てしまっても、細菌を減らす事が治療方法・治し方にもなります。 疲れ、睡眠不足、ビタミン不足、過度のストレスなど他にも原因は考えられます。 詳しい原因を知り方は以下の記事をご覧ください。

次の

舌の裏のひだが痛い時に考えられる原因と対策について解説

舌 の 裏側 に 口内炎

舌癌は50~60歳の方に多く発生し、男性は女性の2倍の発症率と言われています。 しかし、時には20~30歳代の若い世代の方にも見られます。 舌癌が発生しやすい場所として、舌の横の縁と舌の裏側が挙げられます。 舌癌の症状は口内炎や舌を誤って噛んだ時にできる外傷性潰瘍に似て、食べ物を食べた時の疼痛や違和感などあります。 隆起物ができて患部が赤くなったり、冷たい・辛い食べ物など刺激物で患部が染みる、白い斑点、厚皮など、その症状は口腔内の出来物とほぼ共通しています。 また、発症部位との境界線が口内炎に比べて分かりにくく、時に出血を伴うのも特徴です。 舌癌の原因は不明ですが、飲酒や喫煙、入れ歯や歯の刺激などが原因と考えられています。 入れ歯の噛み合わせが悪い、歯が尖っている、又は欠けているなどの原因で舌に刺激を与える事で舌癌の発生に繋がることも考えられます。 舌癌の治療として、手術と放射線治療を行い、抗がん剤も併用します。 リンパ節に転移がある場合には、首のリンパ節の同時切除術を行います。 一方口内炎は、歯茎や舌などの粘膜に何らかの原因で炎症反応が出たものを言い、一般的には白くて丸いアフタ性口内炎がよく知られていますが、赤くなったり大きく広がっていくものもあります。 口内炎の一番の特徴として、触ると痛いことが挙げられます。 そのため、食事の時に苦痛を伴うことにより高齢者や乳児は口内炎に気が付かずに栄養不足になって口内炎が悪化してしまう事があります。 口内炎が発生する原因と治療法 【1】ストレスや疲労によるビタミンB2不足 自然に治りますが、疼痛に対してケナログやアフタゾロンなどステロイド剤の軟膏、サルコートスプレーなどの薬を使用すると早期に治癒しやすいです。 【2】冠や矯正装置などは粘膜に擦れる 冠をやり直す、出っ張った部分を丸める、又はマウスピースを装着して保護します。 矯正装置にはワックスをつけて保護したり、アフタゾロンを塗布する等で対処します。 【3】歯の尖っている部分による潰瘍性口内炎 虫歯や合わない入れ歯によって粘膜を刺激す為、虫歯や入れ歯の調節を行い、傷口にはアフタゾロン軟膏を塗布します。 傷の治癒が困難な場合には、抗生剤が必要になることもあります。 【4】入れ歯のカビによるカンジダ性口内炎 入れ歯用洗浄剤でカビを落とし、口内はイソジンやコンクール洗浄液でうがいをします。 必要に応じて抗真菌剤の内服もカンジダ菌に効果があります。 【5】ウイルスや細菌によるウイルス性口内炎 まずは原因菌(ヘルペス・梅毒・淋病・クラミジアなど)を特定して抗ウイルス剤の軟膏や内服をします。 【6】金属製アレルギーによるアレルギー性口内炎 金属ではなく、プラスチックやセラミックへの変更が必要です。 上記の原因を歯科にて除去する事が、口内炎の再発予防・早期の治癒・舌癌予防に繋がると考えられますので、以下の状況が当てはまる場合には早期に歯科受診を勧めます。 3週間以上経過しても症状が改善しない• 患部の境界線が不明確• 疼痛レベルが口内炎より低い• 出血を伴っている 口内炎には、放置しておいても自然に治癒する口内炎と、癌に移行する可能性のある口内炎があります。 ただ、見た目が同じ口内炎であっても、その後悪性化するかどうかはその時点では分かりませんので、こういう口内炎だから良性、こういう口内炎だから悪性、という判断は簡単にはできません。 また、慢性的刺激を受け続けた口内炎が癌化しやすい傾向にはあります。 例えば、歯並びにより、ずっと同じ場所に刺激がある、常に頬っぺたを噛んでいる、などです。 一言で口内炎と言っても、すべての口内炎を病理検査などに送るわけではないので、白板症や扁平苔癬など、なんらかの粘膜疾患である場合もあります。 おわりに.

次の

【写真で見る】舌の病気・できもの辞典

舌 の 裏側 に 口内炎

口内炎を早く治す方法 それでは早速紹介していきます。 今回は、 口内炎を早く治す方法についてです。 痛いし、飲食するたびにしみるしと良いことが全くないこの口内炎。 それくらい治りにくいこともある厄介な症状なのです。 しかしこの口内炎を、もしも速攻で治す方法があれば・・・最高だと思いませんか? 実は私自身、 不規則な介護士生活もたたり口内炎にはたびたび悩まされていたんです。 そこで今回は、この 厄介な口内炎の早く治す方法についていろいろと紹介していきます。 原因が分からなければ、そもそも どんな治療法が有効なのかも良く分からないですものね。 ここを理解していけば、治療はもちろん、口内炎の予防を行うことも容易になりますので、しっかり目を通してもらえればなと思います。 口内炎とは、 口の中の粘膜に炎症が起こっている状態 を指します。 ではなぜ炎症が起こるのか・・・その理由は以下の通りです。 疲労などにより体の免疫機能が低下• 唇や舌先に傷ができる• 最近が入り込み炎症反応を起こす!! つまり口内炎は、 何らかの理由で免疫機能が低下した状態で、かつ 口の中の粘膜に傷が入り、そこから 菌やウイルスが侵入した場合に発生してしまうと言うわけです。 更に、 口の中の乾燥も、口内炎を引き起こす要因になります。 特にストレスは、口腔内の唾液量を約3分の1にまで減少させるというデータも出ており、口内炎発生要因のかなりを占めているのです。 ちなみに、これ以外にも• 胃腸障害• 体調不良• ビタミン不足• 口腔内が不衛生• 生活リズムの乱れ• アレルギー• 病気の治療 等も口内炎の発生・悪化の要因となってしまいます。 さて、ここまでで口内炎が発生する理由については理解していただけたかと思います。 イソジンでのうがいが最強 うがい薬の中でも最も有名で、且つその効果を知られているものと言えば、 イソジンです。 イソジンでうがいすることによって、 口腔内の殺菌 清潔 の両方を一度に手に入れることが可能です。 実はこれ、 耳鼻科医の方も推奨しているほど効果的な治療方法なんです。 ただし、ただうがいすれば良いと言うわけではありません。 それでは、折角の イソジンのパワーを全て引き出すことは困難です。 イソジンで口内炎を素早く治すには守らなければならない2つのポイントがあるんです。 その一つ目は・・・ 口内炎が出来たらすぐにうがいする です。 出来始めに行うのがベストなタイミングとされています。 この時、イソジンでうがいすることで、口の中で繁殖中の菌を退治することができると言うわけです。 殺菌するとともに、これ以上の菌の増殖に歯止めをかけることが可能となります。 悪化する前の初期口内炎なら、1日で治ってしまう事も少なくありません。 そしてもう一つ、大事なポイントが・・・ それは、 口の中を傷つけないようにうがいする です。 「うがいごときで傷がつくはずないじゃん」 と思うかもしれませんが、それは間違いです。 乱暴なうがいは• 口内炎の悪化• 口腔内の傷口の悪化 を招きます。 元々粘膜はそれほど丈夫なものではありません。 口と言う繊細な場所にとって、 うがいによるダメージは本当に大きいものなのです。 勿論、口内炎が大きくなってからも殺菌作用があるので回復を早めてくれはします。 ですが、 「素早く治したい」 「もう口内炎で苦しみたくない」 と言う方は、口の中を毎日チェックしておきましょう。 ですから、夜寝る前に貼って寝るのが最適です。 こちらも効果は抜群で、早い段階で口内炎に気づき使用することができたなら、 寝て起きたら治っている、なんてことも十分あり得ます。 また、気付かないうちに大きくなってしまった口内炎であっても、 三日ほど使用すればほとんどの場合完治かそれに近い状態にまで持っていきます。 貼ると言う動作と、はがれやすいという欠点のためあまりメジャーではありませんが、その治療効果はトップレベルと言えるでしょう。 塩を塗ってみる さて、ここらで薬以外の口内炎の治し方についても見ていきましょう。 「結局市販の薬を使うしかないのか・・・」 等とあきらめてはいけません! 絶対家の中にある調味料で治す方法だってあるんです。 その調味料とは・・・ 塩 です! そう、料理の基本である塩は、なんと 口内炎治療の基本でもあったのです! 塩には消毒・殺菌効果があるため、口内炎に塗り込むことで菌の繁殖を防ぎ、回復を早めてくれるのです。 ちなみにやり方は• 口内炎に塩を塗り込む• 水できれいに洗い流す これだけです。 後は、 塩水でのうがいも効果的です。 外出後 寝る前 等のタイミングで塩水うがいをすると、口内炎の回復がかなり早くなります。 民間療法と言うものですが、実際にしてもらった覚えのある方も中にはいるはずです。 一応調べてみたのですが、なんとこれ 本当なんです! 口内炎にはちみつを塗り込むだけで、治りが早くなってしまうのです。 しかも、塩と違って甘いので痛みもかなり抑えられます(笑) これは、 はちみつに含まれている殺菌作用が口内炎に悪影響を与える菌を退治してくれることが大きいです。 ハチミツの口内炎に対する効果は、サウジアラビア国立大学の実験で明らかにされています。 あなたは、口内炎になったとき薬を塗っているでしょうか? 私は良く使用しています。 もっとも有名かつ口内炎に効果の高い塗り薬と言えば、やはり ケナログ ですよね。 先ほど紹介したパッチタイプでも、このケナログが販売されています。 飲み薬タイプも近年販売されてはいますが、 より即効性のある治し方は塗り薬、またはパッチタイプの貼り薬です。 さて、普通に薬を塗ってもいいのですが、実は これでは効果が半減してしまう場合も・・・ より早く治すために、塗り薬を塗る前にあなたがやるべき二つのコツがあります。 まず一つ目は、 イソジンでのうがい。 イソジンの力で傷口の殺菌を行う事が可能となり、より迅速な口内炎からの回復を望むことができます。 そして二つ目が、 口内炎の周りの水分をふき取ることです。 うがい後は、綿棒などで口内炎付近の水分を優しくふき取ってあげましょう。 ティッシュなどではカスが付いてしまう恐れもありますので、未使用の綿棒を患部に触れさせ、吸水しましょう。 ほんの二手間ですが、これだけで 口内炎の治りが全く異なります。 それこそ、小さい口内炎なら次の日には完治していてもおかしくありません。 イソジン• ケナログ それぞれが口内炎に効果のあるものなのに、それを二つ合わせるのです。 先ほど塩うがいを紹介しましたが、他にも 口内炎治療に効果を発揮する食べ物が・・・ それは 【酢】です! 塩やはちみつ同様に、実は 酢にも殺菌作用があるんです。 ですから、塩うがいで効果があるように、酢によるうがいもやはり口内炎を早く治すことに一役買ってくれます。 ただし、経験者の私からするとこの方法・・・ 酸っぱい の一言です(笑)• 塩でしみるか• 常用的に緑茶を飲んでいる方は、あまり口内炎になった覚えがないのではないでしょうか。 これも、 緑茶が口腔内の菌の繁殖を防いでいるところが大きいです。 当然、 緑茶でのうがいも効果ありですので、お試しください。 私は緑茶が大好きなのであまりしませんが、こちらも口内炎を迅速に治す上で大変効果が期待できる方法です。 ティーパックの緑茶を飲む方は、お茶を煮出した後、残ったティーパックを患部(舌や唇)に当ててみるのもおすすめです。 と言っても、こちらは 特定の飲み物ではなくて、 水分をしっかりとるべきだというアドバイスです。 最初に書きましたように、口の中が乾燥していると菌が繁殖しやすくなり、口内炎になりやすくなります。 逆に言えば、口腔内の乾燥を防げば、それだけで口内炎になる可能性はかなり低くなるのです。 ただし、この時に飲む水分は何でもいいわけではありません。 アルコール• 熱すぎる飲み物• 冷たすぎる飲み物 等は 絶対にダメです! というのも、 刺激が強い飲み物は、口内炎を悪化させるだけでなく、時には新たな口内炎発生の引き金にもなってしまうのです。 先ほど紹介した緑茶でもいいですが、緑茶にはカフェインが含まれているため、飲み過ぎは禁物。 小まめに水を飲み、口の乾燥と口内炎を予防していきましょう。 クエン酸パワー 疲労回復の成分を多く含むのが、 クエン酸です。 あまり聞き覚えのない方もいるかと思いますが、掃除などにも大活躍する大変ありがたい成分です。 ちなみにこのクエン酸、様々な食べ物に含まれています。 レモン 蜜柑 いちご 梅干し グレープフルーツ キウイフルーツ と言った果物や食べ物多く含まれています。 何か気付きましたか? そう、 酸っぱい食べ物に多く含まれているのです!! レモンなどのあの酸っぱさは、実はクエン酸が原因となっていたんです。 実際、スポーツの最中にレモンのはちみつ漬けを食べることでお馴染みなように、 レモン=クエン酸の疲労回復効果は非常に高いです。 疲労の蓄積は、そのまま口内炎が出来やすい状態であることを示しています。 血流改善 美肌効果 痛風の予防 等、 疲労回復以外にも多くの嬉しい効果を持っているクエン酸です。 現代人は 食生活の乱れから栄養が偏り、ビタミンも不足しがちです。 このことが、若者を中心に口内炎になる人が増えている理由の一つでもあります。 ビタミンを摂取することで 口内炎の予防と回復の両方をこなすことが可能となりますので、ぜひ積極的に取り入れてもらえればなと思います。 ちなみに、口内炎を早く治す・予防するうえで欠かせないビタミンは ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンC の3種類です。 ビタミンB2は、 牛乳やレバー・ウナギや納豆、卵・青魚といった食品に含まれています。 更にビタミンB6は、 まぐろやレバー・キャベツにきな粉・アボガドなどです。 最後に、ビタミンC。 こちらは、 みかんやいちご、アセロラにビーマン・パセリ、ブロッコリーが挙げられます。 どうですか? 普段カップラーメンやコンビニ弁当ばかりで済ませている方は、 知らず知らずのうちにビタミンが不足しているかもしれません。 足りていないビタミンを体に入れてあげるだけでも、口内炎の回復スピードは大幅に改善します。 食事もなかなかバランスよく取れないという悩みを抱えている方も多いはず・・・ 理想は食べ物で摂取することですが、手軽にビタミンを摂取する方法は他にもあります。 オススメは チョコラBB です。 ビタミンを含んでいるため口内炎に効果的なのはもちろん、なんと 肌荒れ対策にも一役買ってくれているのです。 女性にとってはうれしいポイントですね。 こちらは即効性はありませんが、 じっくり確実に体に働きかけ、口内炎の回復を促してくれます。 体質改善もまた、口内炎の予防・より早く治していくうえで必要不可欠と言うわけです。 いずれは食事にてビタミンを取るようにするにせよ、環境が整うまではビタミン豊富なチョコラBBで補ってみてはいかがでしょうか。 ストレス発散も重要 ストレスがたまると口内炎ができる。 しかし、どの病気にも言えることですが、ストレスはそれだけで病気になりやすくなる危険なものです。 避けたいところではありますが、そうは言ってもストレス社会ともいわれている現代で100%ストレスなしの生活は難しいです。 そこで、なんでもいいのであなたがストレス発散できる時間を見つけましょう! カラオケ ショッピング 昼寝 運動 何でもいいです。 このストレス解消の行動こそ、 口内炎予防・早期回復につながる最も大事なものなのです。 ストレスと口内炎、両方におさらばです! 歯磨きも効果的 口内炎を早く治す方法と言うと、ついつい薬や食べ物などに目が行ってしまいがち。 ですが、それよりももっと日常的な行動の中にこそ、そのヒントが隠されていることも・・・ 【歯磨き】はまさにその一つ! 先ほど述べたように、 口腔内の不潔は口内炎発生の要因となるものです。 それだけでなく、口内炎が出来た後も口の中が不潔だと菌が繁殖し、口内炎がますます悪化してしまう事態にも発展しかねません。 これを防ぐ最も簡単確実な方法こそが、 【歯磨き】なのです。 歯を磨くのはもちろんなのですが、 歯茎 舌 唇 と言った部位も案外汚れやすいので、優しく磨いてあげましょう。 これらは体の中でも弱い部分ですので、力を入れると傷が入って逆に口内炎の発生を助長してしまいます。 優しく丁寧に、一本ずつ歯を磨くよう心がけましょう。 それと、 古い歯ブラシでの歯磨きもNG! 小まめに交換して、清潔と品質を保ちましょう。 一瞬で治す裏ワザ!?レーザー治療 さて、ここまで口内炎を早く治すための数々の方法をお伝えしてきました。 出来てからの期間や重症度によって治る時間は異なりますが、 場合によっては1日で治ってしまう事さえあるほどに、これらの治療法は効果的です。 しかし、 残念ながら【一瞬で】治せるほどの効果はありません。 レーザーと言うと、なんだか危険そうなイメージですが、実際は全くそんなことはありません。 口内炎も重度になると、 「痛くて食事もできない!」 何て場合が出てきてしまいます。 そんな方には、このレーザー治療がおすすめです。 最初こそ驚きますが、実際 レーザーを当ててもらうと嘘のように痛みが引いていきます。 しかし その額は、約1000円ととってもお得! ただし歯医者さんによって料金設定は異なりますので、一応予約する際などに合わせて料金も尋ねておくのがおすすめです。 舌に出来た口内炎はがんの可能性も!? さて、ここで一つお伝えしたい事があります。 それは、 口内炎が舌先や裏に出来てしまった場合に気を付けるべき事です。 実は舌に口内炎が出来た場合・・・癌の可能性があるんです。 ここでいう癌とは、• 舌がん• 口腔がん を指します。 当然ですが、どちらも恐ろしい病気です。 しかし、早期発見さえできれば早期治療につなげ、症状改善を目指すことも十分に可能です。 見分けるポイントは二つ!• 口内炎がいつまでたっても治らない• いつもの口内炎と明らかに様子が異なる この2点です。 いつもの口内炎と違う、というのは しこりのようなものが出来ている場合です。 病気、特にがんは早期発見・早期治療につなげることが本当に大事です。 あなたの行動で、あなた自身の命を守り抜きましょう!! 自分に合った方法で、口内炎を素早く治そう! いかがだったでしょうか? 今回は、 口内炎を早く治す方法についてお伝えしてきました。 舌先や舌の裏・唇などどこに出来ても痛くて厄介な口内炎です。 2週間以上口内炎が治らない場合は異常事態の可能性もありますので、必ず 病院の耳鼻咽頭科(鳴ければ耳鼻科)へ足を運び診察を受けましょう。 それで口内炎なら、安心を得られますし、もしかしたら 病気の早期発見につなげることができるかもしれません。 最も確実な 【早く治す方法】は、どんな病気でも変わりません。

次の