二重整形 全切開。 二重整形切開法を受ける前に知っておきたい9つのこと。

全切開法二重術|二重・目元整形なら湘南美容クリニック【公式】

二重整形 全切開

執筆・監修医師 湯田竜司 湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。 美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。 参考になれば幸いです。 二重切開を考えているあなたへ。 二重切開をしようと、大手美容クリニックにいっても、5分程度のカウンセリングで、 ほとんど手術の説明をされることなく、手術が決まってしまうことは決して少なくありません。 事前の説明不足により、美容外科医とお客様との間で認識の違いが生まれます。 この、認識の違いにより、二重切開後トラブルになっていることが多々あります。 また、せっかくのカウンセリングのときに 「何かご質問はありますか?」とドクターやクリニックスタッフに尋ねられても 何を質問したらいいか分からないのがお客様の実情でしょう。 そこで、ここでは、 手術を受ける前に知っておきたい二重切開の前知識、について プロならではの視点から口コミなどでは得られない情報まで詳しくお話し致します。 本記事のテーマ 「二重切開法を受ける前に知っておきたい8つのこと」 記事の信頼性 記事を書いている私は、眼科医・美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、2017年のMEVOS美容整形国際学会では「一流美容外科医」のトロフィーを受賞しました。 美しく仕上げる「美容整形」のみならず「眼科診療」もおこなっており、目の健康を大事にした「美容外科」が専門です。 読者さまへのメッセージ 「二重切開法」についてあらかじめ前知識を仕入れることで、カウンセリングの際に何を質問したらよいか、が知ることができます。 また、ドクターとの認識の違いを埋めることで、術後のトラブルが防止できます。 それでは詳細について見ていきましょう。 二重整形切開法を受ける前に知っておきたい8つのこと 二重整形切開法を受ける前に知っておきたい8つのことがあります。 それでは順に見てまいりましょう。 二重切開法はこんな方におすすめ ・ダウンタイム 腫れていて人前に出づらい期間 を気にするよりも、長い目で見て自然な二重になりたい ・もともとは一重であつぼったいまぶた、すっきりした二重になりたい ・取れない二重を作りたい 以上のお悩みのあなたは二重全切開がオススメです。 以下に二重切開を受けられた方のお写真をお見せします。 二重切開法はどんな手術? 二重切開は、まぶたの皮膚を切って縫うことで、美しい二重を作り出します。 一度作られた二重ラインはほとんど取れないため、二重切開法を希望する方が増えています。 二重切開のダウンタイム(腫れる期間)と早く引かせるすべての方法 二重切開法は方法によって腫れる期間は異なります。 個人差もかなりあります。 また 作りたい二重幅が狭いほど腫れる期間は短いです。 ざっくり言うと、 早くて5日 遅いと6ヶ月 平均して2週間~3週間です。 詳しくはこちらの詳細を解説しましたのでご覧ください。 以下にドクター湯田が行う場合の二重全切開の腫れ具合をお見せ致します 二重切開術後の腫れている写真が見たい! 手術後に気をつけることは? 腫れ 強い腫れは7日くらいで落ち着きますが、入浴などで体があたたまると一時的に腫れが悪化します。 腫れているな?と思っている間は、ぬるめのお風呂か、ぬるめのシャワーでにしたほうがいいでしょう。 シャワーといえど、温かいシャワーだと、体が温まり、「急激に腫れてきた!」とお問合せがあったお客様がいらっしゃいました。 コンタクトレンズの着用 すぐに着用しても問題ないですが、傷を少しでもきれいにしたいのでしたら、1か月くらいはメガネで過ごしたほうが、傷にはやさしいです。 お化粧 目周りのお化粧は抜糸が終わった後、3日目くらいからにしましょう。 抜糸は通常7日目ですので、手術後10日以降がよいでしょう。 こすらない こすると傷が開いてしまったり、傷が汚くなります。 また腫れが長引いたり、ばい菌が入る可能性もあります。 花粉症やアレルギーで、目をよくこすってしまう方は、アレルギーのお薬をしっかり飲みましょう。 肉眼(裸眼)で手術 何も使わないで手術する方法です。 多くの美容クリニックではこの方法を使っています。 設備がいらないのでクリニック経営に掛かる費用を安く抑えることができます。 拡大鏡(ルーペ)で手術 一部の美容外科の先生はこの方法で行っています。 形成外科出身の先生に多いやり方です。 顕微鏡で手術 全国でも数えるくらいの施設でしか行われておりません。 医療用顕微鏡は高額のため、設備投資に費用が掛かってしまいます。 二重のライン は固定する場所によっても分類することができます。 瞼板(まぶたのしんの堅いところ)に固定 二重の食い込みがしっかりしますが、目を閉じたときに食い込みが強くなりがちです。 瞼板前組織(まぶたのしんの上の部分)に固定 切開したにも関わらず二重ラインが消失しやすい欠点があります。 腱膜(まぶたを上げる筋肉のかたいところ)に固定 自然な仕上がりですが、瞼板固定に比べると、二重ラインが消失する可能性はあります。 また二重の幅の微調節が難しいです。 40歳以上の方はまぶたの緩いので二重幅が広くなることが非常に多いのでやめておいたほうがいいでしょう。 手術に用いる医療器具でも分類することができます。 メスやハサミ メスやハサミが手術の最中は一番腫れますが、手術時間が短いのが特徴です。 また手術後の回復は他の方法よりも早いため、長い目でみると腫れは少ないです。 高周波メス 高周波メスは手術の最中は一番腫れませんが、皮膚の下のダメージが強く、かたいまぶたになります。 長い目でみると一番腫れる方法です。 レーザー レーザーは手術直後は腫れませんが、あとから血が出てハレてしまうことがあります。 一番いいのは全ての医療器具を組み合わせることです。 それを エムラブ法といいます。 二重切開でよくあるご質問・お悩み集.

次の

切開法で二重を作りたい!全切開と部分切開や切開法のダウンタイムについて

二重整形 全切開

埋没法ではキレイなラインを作ることが難しい方に、パッチリとした理想的な二重を手に入れてもらうための施術が全切開法二重術です。 最初にお客様のご希望に合わせて二重ラインをデザインします。 麻酔をした後に、デザインに沿って切開を行い、内部処理や必要に応じて余分な脂肪の除去を行ってから、二重ラインを作成して皮膚を縫合します。 30〜40分程度の手術です。 埋没法とは違って基本的に取れることのない、半永久的な二重を実現します。 キズアトについて心配される方もいますが、まぶたは皮膚が薄く元々キズが目立ちにくい部位です。 また、キズが二重ラインに一致するため、正しくデザインを行い丁寧に縫合を行うことで、最終的にキズアトはほとんど目立ちません。 取れる心配のない理想的な二重を求めている方には、全切開法二重術についてもご検討いただくことをおすすめします。 立川院院長 芝 容平 医師 二重・目元整形ページをご覧の皆様へ このページでは、目を大きくしたい、二重にしたい、目元のたるみを取りたい等のお悩みを抱えているお客様に対して、湘南美容クリニックで提供している二重整形の内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。 また、当院で実施した二重整形の症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。 湘南美容クリニックでは、ただ単に二重整形という治療を提供することを目的としておりません。 お客様が心豊かに幸せな生活を送る手助けをする事を使命として二重整形の治療を提供しておりますので、生涯においてお客様の健康を害する危険のある治療だと医師が判断した際は、施術をお断りする可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に二重整形に対する治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。 湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

次の

Æó½Å¤ÎÁ´ÀÚ³«¡¦¥ß¥ËÀÚ³«(ÉôʬÀÚ³«)¼ê½Ñ¤Îή¤ì¡Ã¶¦Î©ÈþÍƳ°²Ê

二重整形 全切開

美容クリニックはビジネス要素が強く、高い広告費用を払っている経営上の問題から、多くの美容クリニックが売り上げ至上主義になってしまっております。 そのためリスク説明についてはほとんどなされていないの現状です。 ここでは、二重まぶた切開をする前に知っておくべきリスクについて、口コミなどでは得られない情報をプロならではの視点から詳しくお話し致します。 本記事のテーマ 「二重整形切開法の失敗やリスクを回避する方法。 」 記事の信頼性 記事を書いている私は、眼科医・美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、2017年のMEVOS美容整形国際学会では「一流美容外科医」のトロフィーを受賞しました。 美しく仕上げる「美容整形」のみならず「眼科診療」もおこなっており、目の健康を大事にした「二重整形」が専門です。 他院で行われた二重切開の修正にも力を入れています。 読者さまへのメッセージ リスクを知らずに「二重切開法」を受けて こんなはずじゃなかった、、、 と後悔しないように、二重切開法の全リスクと、その回避方法をお伝えしていきます。 それでは詳細について見ていきましょう。 二重整形切開法の失敗やリスクを回避する方法 そもそも、当たり前ですが、美容整形は魔法ではありません。 美容整形手術をした後、お客様の理想通りにならず 手術をしたことを後悔しているお客様が全国には数多くいらっしゃいます、、、 どんな手術にもリスクがあります。 通常の美容外科ドクターは起こりうるリスクを説明します。 失敗が今までないということは経験が浅いということです。 もしくは失敗したお客様に真摯に向き合わないドクターです。 そのようなドクターの場合、お客様の多くは他院に行かれるので 失敗していることに気づかないのでしょう。 今回は 本当に怖い美容整形、、、二重整形切開法編です。 二重整形切開法失敗の悲しいエピソード 22歳のA子さんはOLをしています。 今の仕事は自分に向いていない。 人間関係もうまくいってない。 そうだ!転職しよう!! 転職を契機に、以前から二重まぶたにあこがれていたA子さんは 二重整形を考えます。 毎日出勤前にアイプチをする時間が面倒、、、 最近まぶたもかぶれてきた、、、 次の仕事が始まるまで時間がある! 二重整形しよう!! 意を決したA子さんは、CMも沢山流れている大手美容クリニックを訪れます。 ホストのようなイケメンドクターから提案されたのは 「二重切開法」 取れない二重整形 今ならモニター価格で90パーセント割引ですよ!! 「今なら安い!」 その言葉に引かれたA子さんはそのまま当日二重切開を受けることになりました。 手術して1ヵ月後 明らかに不自然な二重まぶた、、、 こんなはずじゃなかった、、、 (注:上記A子は架空の人物です。 ) 二重整形切開法の全リスクと回避方法一覧 二重切開法のこんなはずじゃなかったリスクと回避方法一覧(よくある順位順に掲載) 1位:「まぶたが腫れていて人前に出れない!!」 まぶたの腫れは、体質による個人差があります。 また、希望とする二重幅が広いほど長引きます。 強い腫れは手術後7日目~1ヶ月(平均2週間)は覚悟が必要です。 2位:「内出血がひどい!」 内出血がでてしまうと、最初は青あざができます。 徐々に黄色いあざに変わっていきます。 消えるまでは3週間~1ヶ月半ほどかかりますので、その間はメガネやメイクで過ごすしかありません。 3位:「傷跡が目立つ、、、」 傷跡が目立ってしまった… やらなければよかった… というお悩みも非常に多いです。 傷跡は体質により個人差はあります。 通常1か月~3年で改善していきます。 最低でも半年間は待ったほうがいいでしょう。 「目を閉じたときの傷跡が目立つ、目を閉じたときに凹みがある」 と訴えがあります。 半年経っても目立つ場合は、傷跡修正手術で目立たなくさせることができる可能性もあります。 4位:「二重の食い込みが強い、、、」「二重の食い込みが弱い、、、」 腫れている間は食い込みが不安定で、食い込みが強かったり、弱かったりします。 なので最低半年はお待ちください。 半年以上経過しても、「うつむいたときの食い込みが気になる」 など、食い込みが強い場合もあります。 その際は 食い込みを弱くする修正手術で改善できることがあります。 逆に、二重の食い込みが弱く、最悪の場合は二重ラインがなくなってしまう方もいます。 その際は、 再度、食い込みを強くする二重切開修正手術が必要になります。 5位:「二重の幅が希望のラインではない!」 手術して半年以上経過した後、 二重幅が広い、狭い、左右差、ラインがなめらかでない、三重になった、予定外の二重ライン などの訴えがあることがあります。 修正手術で改善するしかありません。 6位:「二重ラインからまつ毛までぷっくり、、、」 通称ハム目、ソーセージ目といわれます。 修正手術で直すことができる可能性があります。 7位:「まぶたの感覚がない、、、」 二重切開をすると、二重ラインから下の感覚が一時的になくなることがあります。 通常、時間とともに改善していきますが、長いと3年くらいかかることがあります。 待つしかありません。。。 8位:不定愁訴 (眠たい目に見えるようになった、目が重い、まぶしく感じる、まぶたがピクピクする) 目とお腹は非常にストレスに弱い臓器です。 手術した後、気にするあまり、不定愁訴に悩まされる方もいらっしゃいます。 一番は気にしないのが良いでしょう。 場合によっては、手術によるまぶたへのダメージが原因のこともあります。 症状によっては、修正手術で改善できる可能性があります。 これは全て起こりうることです もちろん対処法もあります。 二重切開法といってもやり方は様々です。 その中でも安全で安心で信頼できる方法をご提供致します。

次の