バイカー ギャング。 バイカー

海外ドラマのマフィア・ギャングもの5選

バイカー ギャング

2009年09月21日 21時00分 日本の暴走族が可愛く見えるほど極悪な海外モーターサイクルギャング10選 Photo by rmrayner 殺人や強盗などで生計を立て「モーターサイクルギャング」「バイカーギャング」と呼ばれるアウトロー集団について聞いたことがある人は多いと思います。 世界中に支部をもち千人単位のメンバーによって支えられるなど、日本の「暴走族」とは比べ物にならない凶悪さを誇る彼らについて、簡単にまとめてみました。 詳細は以下。 彼ら「モーターサイクルギャング」が増加したのは第2次世界大戦が終わった1960年頃。 1950年代にバイク愛好家が集まって作られた「モーターサイクルクラブ」、その中でもあらゆるルールから自由でありメインストリームに対しては強く反抗すべきという気風を持ったものが「アウトロー・モーターサイクルクラブ」と呼ばれるようになりました。 「アウトロー」という言葉は「違法行為」という意味ではなく、単に「堅苦しい決まりが嫌い」くらいの意味なのですが、このアウトロー・モーターサイクルクラブが犯罪集団化したものが「モーターサイクルギャング」と呼ばれるようになります。 このような動きに対しアメリカ国内のバイクレース活動を取り仕切るアメリカン・モーターサイクリスト・アソシエーションが「99%のバイク乗りは遵法的である」という声明を出しましたが、モーターサイクルギャングは自らを「1%er(残りの1%)」と称し犯罪行為を続けています。 おそらく世界で最も有名なモーターサイクルギャングでしょう。 27ヶ国に支部をもち「6大陸をまたにかけるワル」として知られています。 メンバーは白人に限られており、その数は4000人程度と思われますが、下部組織や「デビル・ドールズ」などの女子部を含めると何人になるのかその実態はあまりよく分かっていないようです。 同盟関係を結んでいるグループがとても少なく、あらゆるチームと敵対しているというすごいグループでもあります。 モンゴルズ モンゴルの英雄チンギス・ハーンにちなんで名付けられたこのチームは1969年、ヒスパニックのベトナム帰還兵を中心にカリフォルニアで誕生しました。 現在はアメリカ国内で70の支部、500から600人の構成員がいるとされています。 麻薬の生産から販売までを一括してとりおこない、誘拐や資金洗浄なども生業としているためアメリカのATFは最も危険なグループとして彼らをマークしています。 ヘルズ・エンジェルズに人種上の理由で入会を断られたメンバーが中心となって設立されたため同グループとはすさまじい闘争を繰り広げてきましたが2008年、大規模な摘発作戦「オペレーション・ブラックレイン」が行われ壊滅寸前まで縮小しているようです。 1935年の設立のこのクラブは、12ヶ国で1700人の構成員・176の支部をもち第2次世界大戦による活動休止を経て70年以上の歴史をもっているアメリカで最も古いモーターサイクルギャングのうちのひとつ。 「神は許したもう、しかしアウトローズは違う(God Forgives, Outlaws Don't)」がモットー。 政府機関は、このクラブがシカゴなど五大湖を含む中西部を支配していると考えています。 ロゴはなんとなく可愛い感じですが「くたばれ世界!俺たちはみんなの嫌われ者だ!」という率直なスローガンのもと、違法な火器や麻薬の取引を生業にしている大変危険な集団。 もともとはアメリカ南部発祥ですが、他のモーターサイクルギャングとの吸収合併を繰り返し、現在世界4大陸・14ヶ国で2500人の構成員を擁しています。 米国第2位の規模ということもあり、他に隠れ蓑としているグループがたくさんあることから危険視されています。 同じグループに属するフロリダ・ウォーロックスに比べて規模は約5分の1の100人ほどと小規模ながら他のバイカーギャングと比べても遜色のない犯罪活動で知られています。 ペンシルバニア地域の他の犯罪組織との結びつきも強く、麻薬や武器の輸送や脅迫、殺人などで生計を立てているようです。 シンボルはハーピー。 飢えて青白くなった女の顔と猛禽類の体を持っており、グループの性格をよく表していると言えるでしょう。 またの名をグリーン・ネイション エンブレムの色から別名「グリーン・ネイション」とも。 1960年代にロスアンジェルスの東に位置するサンバーナーディーノで設立、徐々に隣接州やメキシコへの影響力を強め白人とヒスパニックを中心とした300人前後のグループに成長しました。 メタアンフェタミンやマリファナの製造と輸送を行い、同じヒスパニックが中心のモンゴルスとは同盟関係にあります。 FBIによって最も危険なバイカーギャングトップ5に数えられる彼らは、12の州に30の支部をもつほか、ドイツでもその勢力を伸ばしておりその構成員は約300人。 白人至上主義、ナチスのシンボルであったカギ十字の着用などレイシスト的な傾向が見られるものの、同じく白人至上主義の刑務所内ギャング・ とのつながりは強くないとみられています。 メキシコの国境の街ティフアナで誕生した彼らはアメリカ南西部へと勢力を伸ばし、南カリフォルニアのストリートギャング、中でも最悪と名高いマラ・サルバトルーチャ(訳:エルサルバトルの軍隊アリ。 MS-13とも)との結びつきが強いことで知られています。 ヘルズ・エンジェルズの数少ない同盟グループという危険な一面も持ち合わせていますが、年に一回、 と呼ばれるチャリティパレードを行い、子どもたちに玩具を配布するなど意外な活動も行っています。 70の支部・2000人のメンバーをもつレベルズは、オーストラリア最大のギャング集団として猛威を振るってきました。 彼らは自分自身を「ただのバイク好きであってギャング集団などではない」としていますが、敵対グループとの抗争の末相手を殺害するなど殺戮集団としても知られています。 モーターサイクル・ギャングは1960年代に生まれたものが多いのですが、ヴァルチャーズは1980年代にブラジルで生まれ同国最大のモーターサイクルギャングとなり隣国のアルゼンチンを含む各地に現在も拡大を続けています。 メンバーは基本的にはブラジル人だけで構成されていますが、日本やアメリカ、スペインにも支部が形成されていると噂されています。

次の

【楽天市場】半袖 ポロシャツ 服 INTERMEX コブラ 蛇 パイソン itm

バイカー ギャング

1948年3月17日にカリフォルニア州フォンタナで結成された非合法活動組織、モーターサイクルギャング組織である「ヘルズ・エンジェルス」は、世界中にその支部を置き、特にカリフォルニア支部では、今も活発な活動を続けている。 主な収入源は殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売だ。 クラブ名の「ヘルズ・エンジェルス(Hells Angels)」は、ハワード・ヒューズが監督したイギリス陸軍航空隊を描いた映画『地獄の天使』 Hell's Angels に由来している。 世界中の22か国に300以上の支部を持ち、およそ10000人のメンバーが所属していると言われている組織だが、「My Colorful Past」と呼ばれるプロジェクトで、1960年代から70年代にかけて撮影された、ヘルズ・エンジェルスの女性たちのモノクロ写真がカラー化された。 オリジナルのモノクロ写真が撮影された1960年代から70年代は、ヘルズ・エンジェルスがその悪名を轟かせていたいわば絶頂期で、麻薬密売などに絡む単なる犯罪集団であるだけでなく、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ジャーナリストのハンター・S・トンプソンなどの大物ともつながりがあると世間から見られていた。 これらの写真のほとんどは、当時のライフ誌のカメラマン、ビル・レイが撮影した。 これをアイルランド人写真家のマット・ロフリー(39)が、デジタルペンとペーパーを使って、写真に色味をつけていった。 ロフリーはウェストポートにあるで働いている。 この会社は保存し記憶すべき歴史的なモノクロ写真のカラー化を請け負っている企業だ。 ヘルズ・エンジェルスの会合が開かれている間、隣の部屋で待つ女性たち(1965年) image credit: ロフリーは歴史のあらゆる瞬間と向き合う。 その姿勢は悪名高きこのギャングに対しても同じだ。 ハーレーダビットソンをぶっとばす彼らに目を向け、このような強い同胞愛集団の出現を追想するのを楽しんでいる。 ロフリーは言う。 「これらの写真の記録は、時間の断片のほんの一部にすぎない。 理解しがたいのは、どうしてオリジナルのモノクロ写真が一冊のまとまったものににならなかったのかということだ。 社論的、政治的なものが両方絡んだのだろうかという疑問がわく」と。 ヘルズ・エンジェルスは、1960年代から70年代にかけての反体制文化活動の巨大な勢力だった。 これらのモノクロ写真は象徴的な瞬間をとらえている。

次の

海外の反応

バイカー ギャング

基本的に、黒人のギャングがいる所はハーレムなどだったりするので、別の人種は立ち入らないと思ったほうがいいでしょうね・・・ 大体、町に住んでいると、この辺りはこの人種のギャング、この辺はこの人種のギャングが多いとかわかりますので、夜は近寄りません。 もしその地域を車で通らなくてはいけなくても、通り過ぎるのみですね。 赤信号等でとまらなくてはいけないときは、ちょっと周りを注意します。 嫌いだと発言する前に、命が無いと思ったほうが良いでしょうね、まず。 誤って黒人街に入ってしまった白人が殺されたという話を聞きましたし、反対の場合もあります。 松井選手がアメリカに到着した時に使った空港のある町は独特なものでした あえて名前は言わない。 私が滞在したところは黒人街で、夜出かけたときはある意味印象深かったです。 友達は黒人でした。 後ろから二人組みの男の人が来まして、通り過ぎました。 片方が映画でよく観た、でかいラジカセを担いでいました。 友達は、私に金品すべて渡してきまして、もし何かがあったら、彼がどうにか留めておくので、すぐ走って逃げること、バス等が通っているところに着たら助けを呼ぶことと言われてかなりびびりました。 後日、近所に買い物に行った際、数名の黒人が固まっていました。 この時も、彼はかなり慎重になってましたね。 お店に入ったのですが、同じく入ってきたのです。 彼らは出て行きましたが、出て行った方向などすごく慎重でした。 なにもこれも、私がアジア人だから狙われる確立が大きいとのこと。 白人色が強かった地域でも似たようなものでしたね。 生きた心地しなかったですよ。 昼間でもかなり殺気を感じましたから・・・・ このエリアで、車で襲われかけたときがありました。 何も無い田舎道だったので、かなりビビりました。 近くに民家を見つけたので、夜中だったけど、車から飛び出して助けを呼びに行き、家からは誰も出てこなかったけど、車がすぐ去ったので大丈夫でした。 後日、知り合いも似たような車に襲われかけたと話を聞きました。 そのときは、車のトランクからライフルを出してきたと言ってましたね。 LA暴動が一番強かったエリアにあった日本人経営の民宿?に泊まった時も、そこはコリアンタウンとハーレムの境目だったのですが、午後3時から危険な匂いがしましたので、一人での外出はしませんでした。 夜中、よく銃声が聞こえました。 心理学ととっていた時に、未成年を更正させる仕事をしている方がゲストとしてきましたが、彼の話ですと普通は人種によってギャングを構成しますが、私がいた州は人種を関係なしにギャングを構成するので凶暴化しているといっていました。 ちなみに、先生はアジア人のギャングはすぐ頭を狙って撃ってくるので一番怖いといっていました。 どこにでもギャングがいるというより、明暗が分かれるかのごとく、治安が比較的いい場所、悪い場所がはっきりしています。 繁華街のネオンがなくなった辺りが結構危険です。 知らない土地にいった時は、一応地元の人に聞いてみたりしますが、大体夕方辺りから空気が変わってくるので、注意して行動します。 長文ありがとうございます。 ひょえー凄い危険さが伝わってきました。 なぜギャングたちはそんな凶暴なんでしょうかね。 聞いたところによるとギャングになる奴らは日本の不良とは違って凄い貧しくてギャングになるしかないと。 普通に生活できるレベルの人間があえてそんな危険な世界に飛び込むとは思えませんし。 じゃボブサップとかもそういうところでは夜道歩けないんでしょうかね? サップがギャング怖いし危険だから夜道でかけないようにしようとか思ってたりしたら意外なんですが。 >ちなみに、先生はアジア人のギャングはすぐ頭を狙って撃ってくるので一番怖いといっていました。 頭おかしいじゃないですか!てか捕まえないんでしょうかね。 こういう地域で警察は何してるんでしょうか? やはり想像してた通り危険な国ですね・・。 私は20代の男です。 財布を取られたのはイタリアの観光地(それも昼間)、小学3~6年生くらいの少年たちだったと思います。 10人くらいで、人懐こそうに近寄ってきてまわりを囲まれ、戸惑っているうちに財布を抜き取られました。 追いかけようとしましたが、次々にパスしながら逃げていく彼らには勝てませんでした。 わずか1分程度の出来事です。 ツアコンに報告しましたが、今度から気をつけてくださいと言われただけでした。 被害届を出しても、一日に何件も似たようなことがあっているので、私のように取られた金額が少ない場合はおそらく捜査しません。 私は、諸外国が危険だというよりも、日本が安全過ぎるだけだと思います。 単一民族国家ですからね… しかしこれから日本へ移住する外国人の数は確実に増えるので、彼らの一部がギャング化する可能性はあります。 それを未然に防ぐためにも、我々が外国人を偏見を持たずに、社会に受け入れる体制を構築すべきです。 そうしなければ彼らが生きていくための選択肢が減り、結果としてギャング化という道を選ばざるを得ないのではないかと思います。 WASP社会のツケが回ってきた、アメリカの悲劇を繰り返してはいけません。 長々と失礼致しました。 一般教育をあまり受けていない貧困層(やや語弊あり)がギャング化した場合、私たちが常識だと考えている倫理観が欠如していることが多いです。 だから、彼らは簡単に人の命を奪います。 これは、頭がおかしいとかいうことではありません。 命の尊厳などという事に頭を働かせる余裕がないのです。 最大の問題は、彼らを生み出したアメリカ社会そのものにあるのですが… ところでボブサップの話ですが、飛び道具を持っていない以上、ギャングと対決しても勝ち目はないでしょう。 どんなに鍛えていても、至近距離から撃たれたら即死です。 体験談でなくてすみません。 私が海外で怖い目にあったのは、子供たちに囲まれて財布をとられたことくらいなもので…。 スラムなどには近寄ったこともないですね。 ギャング(不良・愚連隊)というよりはマフィアの話なんですがいいですか? 20年くらい前留学中バイトしていたレストランでのことです(ほんとはバイトは違法ですが)。 そこの店はマフィアが経営している肉卸屋さんと取引をしていました。 ところが別の卸屋さんに取引を変更するということで多少オーナーがもめたらしいんです。 そしたらある夜、店をダイナマイトでぶっ壊されました(人は不在)。 その卸屋さんは普段はまるっきり普通の人で、いちバイトである私には全然マフィアだなんて分かりませんでしたので、後で事情をきいて驚いたことがあります。 窓を割るだけで日本では『離れ業』なんて表現されるのかって少し驚きました。 オウムや過激派とは違い日本のヤクザは「これ以上は世間様に迷惑がかかる」とか「これ以上やったら警察のメンツをつぶすからマズイ」とかの一定の限度というか一種の『予定調和』の中で活動しているところが、平気でマシンガンやダイナマイトを持ち出すアメリカとの違いの気がします A ベストアンサー まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。 一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。 差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。 ・歴史的経緯 かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。 これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。 ・社会階層的経緯 多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。 白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。 その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。 ・文化的経緯 同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。 一般的に差別を受ける黒人... など言っていました。 何故このように暴力的だったのですか? また、朝鮮高校の生徒が凶暴だったとかで、 電車に乗っていたら学生が「オイ!朝鮮高校の奴が見回りに来たぞ!」と言って、 慌てて日本人学生は他の車両に逃げていたと聞きました。 その先生の友達は長いリーゼントをしていて、朝鮮高校の生徒に ハサミで切られたとも言っていました。 何故暴力的だったのか、また何故朝鮮高校の生徒が暴れていたのか教えてください。 amazon. 質問者さんの疑問に当事者が答えたような本ですから、この本を読まれるのが早いでしょう。 絶版書ですが、アマゾンのマーケットプレイスで容易に購入できます。 私自身がこの本を読んで 「何故暴力的だったのか、また何故朝鮮高校の生徒が暴れていたのか教えてください」 の答を簡単に言うとすれば、 1. 朝鮮高校は全国に数ヶ所しかない。 よって、どの朝鮮高校も寮を備え、実質的に「全寮制」の学校である。 この本の著者が在学していた朝鮮高校は、市街地から離れた山の中にポツリとあり、休日以外は外界とほぼ隔絶した「コロニー」のような状態であった。 学校・寮の中では、「体育会」や「軍隊」のような「上級生絶対」の秩序が成立していた。 そのはけ口として、休日には市街地に出て「不良活動」に励んでいたようです。 現在も朝鮮総連関係の施設を警察や国税が捜査する際には必ず「抗議する在日朝鮮人」の姿がニュース映像で報道されます。 映像を見ると、警察官に暴力を振るっている、本来は公務執行妨害罪で検挙されるべき人が散見されますが、在日朝鮮人が公務執行妨害罪で検挙される例は少ないようです。 朝鮮総連と北朝鮮に対しては、小泉首相が朝鮮を訪問して、金正日が日本人を拉致したことを認めて以来、マスコミや政府の「遠慮」が急速に消えて来ていますが、それ以前は「朝鮮総連・北朝鮮はアンタッチャブル」な存在で、朝鮮総連とその関係施設である朝鮮高校は、治外法権のような扱いを受けていたようです。 上記の本によると、朝鮮高校の生徒が休日に市街地で事件を起こして警察に身柄を拘束されると、朝鮮高校の教師や朝鮮総連関係者が警察署に押し掛けて大変なことになるので、よほどのことがない限り警察は朝鮮高校生徒を検挙しなかったそうです。 朝鮮高校と言うコロニーの中で窮屈な生活を強いられ、休日に市街地に出て「少々」暴れても警察は手を出さず、普通の不良や暴走族も朝鮮高校生とは関りを避ける、となれば、暴れたくなるのが人情でしょう。 なお、著者が在学していた朝鮮高校は、山の中の一本道をしばらく行かないとアプローチできない立地だそうです。 地元の不良や暴走族のうち勇気のある者が、極まれにですがその道を通って朝鮮高校の門までバイクでやって来て「朝鮮高校の馬鹿野郎!」などと叫んで逃げることがあったそうですが、そういう場合は道の途中で待ち伏せていた朝鮮高校生が暴走族の退路を絶ち、暴走族を半殺しにすることが多かったそうです。 amazon. 質問者さんの疑問に当事者が答えたような本ですから、この本を読まれるのが早いでしょう。 絶版書ですが、アマゾンのマーケットプレイスで容易に購入できます。 私自身がこの本を読んで 「何故暴力的だったのか、また何故朝鮮高校の生徒が暴れていたのか教えてください」 の答を簡単に言うとすれば、 1. 朝鮮高校は全国に数ヶ所しかな... Q コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか? 彼が昔やっていたことを知りました。 昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。 私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で す。 「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。 当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。 自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。 それを聴いて引くと言うより、心配になりました。 彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。 全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか? またどういった方法で辞めましたか? 辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか? 全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか? A ベストアンサー 薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。 日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます 質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。 薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。 心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。 もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。 殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。 特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。 薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。 日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます... Q 暴力団と聞くと風俗や闇金などとイメージしますが、そもそも暴力団の活動の目的はなんですか? すごい偏見なんですが、個人的には暴力団(特に幹部)に対しては、そこまで悪い印象がありません。 なんか、見た目も普通(黒ネクタイの黒スーツ以外は)、すれ違っても 別に何もないですし、現役の暴力団所属の人と知り合い通して一緒に 飲む事がありましたが、意外と普通の人でした。 風俗店を紹介されて「俺の名前を言えば安くなる」と言われた店では 本当に安くしてもらい、順番まで特別にしてもらいました。 地元の暴力団事務所は朝は掃除してて地元の人にも挨拶してる礼儀正しいイメージありましたし、阪神大震災では山口組が被災者に対して真っ先に炊き出しをしたなんて話を聞きます。 暴力団が悪いというか、暴力団の幹部の目の届かない所で活動してる 下の人や、裏業者などが闇金などをしてるのでは無いのですか? それとも全部ひっくるめて暴力団グループになるのですか? 暴力団が一般人に事件を起こしたとかあんまり聞きません。 A ベストアンサー 暴力団とヤクザを一緒にしていませんか? ヤクザは違法組織の一般名称で、 そのうちで暴力を振るう人たちを 暴力団と呼んでいるだけです。 ときに違法なことをやるという以外は、 会社組織と同じで、幹部の人たちは 大学や大学院を出ています。 山口組みたいな大企業的な組織もあれば、 中小企業みたいな地元ヤクザもいるわけです。 普通の商取引をやっている人たちもいれば、 的屋といって屋台をひらいて道端で 商売している人たちもいます。 表看板は土木建築業者で、普段は道路工事などを 請け負っているヤクザもいるんです。 的屋がヤクザだというと驚く人がけっこういますが、 夜店の屋台で焼きそばとか買った人はみんな 知っているはずです。 的屋は領収書もレシートも 切りません。 つまりもともと税金おさめるつもりが ないわけで、脱税という立派な違法行為をしている わけです。 >一緒に 飲む事がありましたが、意外と普通の人でした。 よーく見ると小指が無かったりします(笑) あと年配のヤクザの方の中には、もと警察官などという人など 俗に言う堅気の職業だった人もいますので、話し方も知らない チンピラばかりじゃありませんから、普通という印象もあって 当然です。 >裏業者などが闇金などをしてるのでは無いのですか? サラリーマン金融の中で、法定利息を大幅に超えてお金を 貸す人たちを闇金融と言って、昔は確かにヤクザがやってることが あったのですが、最近は法律の関係から、ヤクザがそういった 仕事に手を出せなくなってきています。 しかし、実際にはテレビで宣伝をしているような、大手 金融業者がヤクザの上前をはねる形で、法定利息を無視した 貸し出しをしています。 お金の貸し借りは基本的には、民法に 規定する個人間の契約なので、貸し方借り方双方が同意すれば 利息をいくらにしてもいいわけなんですが、それを業務として やっている場合は、法律ぎりぎりなんです。 サラ金を返さないと、ヤクザが取り立てに来ると思って いる人がいますが、それは昔の話で、今は金融会社の普通の サラリーマンが脅しをかけてきます。 今のサラ金は、税金も 払っていて、表向き堅気の会社ですから、警察もヤクザも 手を出せません。 ヤクザというと、チンピラの暴力、違法行為というイメージがあると 思いますが、一般企業でもそんなことやってるところはやって います。 ヤクザが確実に普通と違うのは、 1)違法行為は普通で、見つかっても組織内でそれをとがめられる ことはない。 2)重大な失敗をすれば、指を詰める。 3)刑務所に入るのは名誉。 組長の身代わりで刑務所に入ると その期間によって、出所してから特別ボーナスがでる。 4)拳銃や日本刀は普通持っている場合がある。 くらいでしょうか。 後は普通と同じで、表通りでおしゃれな レストランを経営しているヤクザもいます。 おしゃれなレストランがどこが違法かというと、 ヤクザ経営なら確実に税金を払わないということです。 暴力団とヤクザを一緒にしていませんか? ヤクザは違法組織の一般名称で、 そのうちで暴力を振るう人たちを 暴力団と呼んでいるだけです。 ときに違法なことをやるという以外は、 会社組織と同じで、幹部の人たちは 大学や大学院を出ています。 山口組みたいな大企業的な組織もあれば、 中小企業みたいな地元ヤクザもいるわけです。 普通の商取引をやっている人たちもいれば、 的屋といって屋台をひらいて道端で 商売している人たちもいます。 表看板は土木建築業者で、普段は道路工事など... Q 一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。 白人は正直露骨です。 そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。 ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。 日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか? A ベストアンサー アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。 つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。 「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。 『法の精神』で知られるモンテスキュー。 社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。 fujitv. html 有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。 第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。 biglobe. html 「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。 勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。 フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。 日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。 iza. 戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。 オバマ大統領はなぜ黒人なのか。 ハーフではないのか。 白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。 人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。 wikipedia. 武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。 アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。 つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。 「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。 『法の精神』で知られるモンテスキュー。 社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。 fujitv. html 有色人種を人間と認めざ... A ベストアンサー こんにちは。 先日行って見た時には静かな街中で商店街もありとても住みやすそうな所だったので安心していましたが。 長田区といっても広いのでそのアパートは住むのに問題は無さそうですが。 もしよろしければ長田区のどの辺りか大雑把で構いませんので教えていただければ嬉しいです。 ただ、長田区は神戸市内でも「特殊な地域」です。 地元民でも避ける場所(出来るだけ近寄らない)はあります。 「路地裏」「裏道」のような場所へは行かない事。 「生田神社」(特に北側)には近付かない事。 夜、新開地の商店街を歩かない事。 湊川公園にも近付かない事。 (特に夜間) 震災後は、かなり治安は良くなっていますが、まだまだ危険な場所は残っています。 キャッチもありますし、変な客引き(禁止されていますが)も未だにいます。 また、夜間の駅周辺には「訳の解らない若者達」がたむろしています。 中には、トンでもない奴等もいます。 おしゃれなイメージの神戸市ですが、治安の悪い所はありますし、震災前のように「ここには近付くな」といったものではなく、どこへ行っても「ガラの悪い連中」がいる、といったように「ガラの悪い地域」の特定が出来なくなっています。 震災後は、広範囲に亘ってしまっています。 先日行って見た時には静かな街中で商店街もありとても住みやすそうな所だったので安心していましたが。 長田区といっても広いのでそのアパートは住むのに問題は無さそうですが。 もしよろしければ長田区のどの辺りか大... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q はじめまして。 アメリカ在住の方や滞在経験のある方に質問です。 私は小さい頃からアメリカの音楽や映画といった ポップカルチャーが大好きで、ずっと留学を夢見ていました。 そこでやっと決心がついて、今年からアメリカに留学するために、 その方向で学校や親とかなり前から話を進めてきました。 去年震災が起こり、その時私は丁度ビデオを回していたため、 youtubeに登録しその映像をアップロードしました。 最初は日本の方々からの心温まるコメントを頂いていたのですが、 何かで紹介されたのか、知らないうちに再生回数が十万回を超え、 英語でのコメントが一万件以上寄せられていました。 でもほぼ全てのコメントがひどく道徳にかけるものばかりで、 コメントを全部確認することはもちろん出来ませんが、 ひどいコメントをしている人の国籍がほとんどアメリカだったんです。 「日本人は死んで当たり前」「真珠湾の天罰だ」 「もう一度原爆を落とす手間が省けた」 「ジャップが巻き込まれた黄色い 黄色人種の 波をこの目で見たかった」 たったの2、3件じゃありません。 何百件以上も本当にこんなコメントばかりだったんです・・・。 私は被災地の出身で、友達を一人津波で失いました。 変わり果てた風景もこの目で見てきました。 アメリカ人は人の痛みの分かる心やさしい人たちだと思っていたし、 本当にアメリカが大好きだったので、ショックが大きくて 何週間も吐き気が続いて、もう自分でもどうしていいのか分からなくて。 でも留学は小さい頃からの夢だから、と少し気持ちが落ち付いた頃、 twitterをやっている友達が「Pearl Harbor」「JAP」といった単語が アメリカでのトレンドワードになってると教えてくれました。 もう訳が分かりません。 気持ち悪い・・・。 私が思っていたアメリカ人像は、 音楽や映画の中だけのものだったのでしょうか。 実際は、過去の戦争から未だに日本を憎んでいて、 アジア人の中でも日本人は特に嫌われているのでしょうか? 向こうでの差別もある程度覚悟はしていたのですが、 ああいったコメントを見てしまったら、実際耐えられるか不安で、 留学をやめようか、真剣に悩んでいます。 こんな気持ちのまま留学するのも、気がすすみません・・。 どうかアドバイスよろしくお願いします。 はじめまして。 アメリカ在住の方や滞在経験のある方に質問です。 私は小さい頃からアメリカの音楽や映画といった ポップカルチャーが大好きで、ずっと留学を夢見ていました。 そこでやっと決心がついて、今年からアメリカに留学するために、 その方向で学校や親とかなり前から話を進めてきました。 去年震災が起こり、その時私は丁度ビデオを回していたため、 youtubeに登録しその映像をアップロードしました。 最初は日本の方々からの心温まるコメントを頂いていたのですが、 何かで紹介されたのか、知らないう... A ベストアンサー 度々すみません。 >ひどいコメントをしている人の国籍がほとんどアメリカだったんです。 本当にアメリカ国籍か確認する方法はありませんが、その人間とは絶縁する方法をお勧めします。 反対に、自分が尊敬する人間と親しくするべきでしょう。 (教師、上司、尊敬・共感できるなら誰でも構いません) 私は、一時期外国でつきあう相手を非常に選んだ時期がありました。 その社会の人間なら誰とでも交流すれば良い関係が築けるというのは幻想です。 同時に、自分自身も健全な人格者であるように努力して向こうから近付いて来る人間を振るいにかけるべきです。 人間関係は、自分と相手と両方の相互作用で決まります。 勿論そこには、社会的・文化的様々なファクターが存在します。 1.主観を取り払い偏見を除外して人間を観察する 2.自分の人格・倫理を磨き自律に徹して努力して相手を見る目も同時に養う 3.それでも状況に流されるのであれば、相手を厳選し共感できない相手とは接触しない その上で、カルチャーならカルチャー、 勉強なら勉強で集中可能な対象に取り組んだらいかがでしょうか。

次の