アスリート ナイト ゲームズ イン 福井。 9秒98の熱狂よ再び福井で 桐生も参加、8月に競技会

男子走り幅跳びで“珍事” 27年ぶり日本記録更新…も30分後にさらに更新/スポーツ/デイリースポーツ online

アスリート ナイト ゲームズ イン 福井

観戦は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数を減らした上でできるようにする。 出場選手は後日発表する。 男子走り幅跳びで城山正太郎が8メートル40をマークするなど三つの日本新記録が誕生したほか、レース中に音楽を流したり、実況解説を行ったりする演出もあり、大きな盛り上がりを見せた。 今年は大会は招待選手と選抜選手のみで競う「9・98CUP」と、小学、中学、高校、一般各部の100メートル記録会を行う。 「9・98CUP」の男子は100メートル、200メートル、110メートル障害、走り幅跳びの4種目、女子は100メートルと100メートル障害の2種目で争う。 当初予定していた、当日参加もできるオープンの部は取りやめた。 スタンドや芝生席では隣の人との間隔を空けて観戦してもらう。 経費をインターネット上で募る「クラウドファンディング」も前回同様行う。 詳しい大会要項は7月2日に福井陸協のホームページに掲載される。 福井陸協の木原靖之専務理事は「ほとんどの大会がなくなっている選手のためにも万全の準備をして開催したい。 県民の方にも楽しめる場所を提供したい」と話した。

次の

桐生祥秀Vも「そこは残念」日本新ラッシュ乗り遅れ

アスリート ナイト ゲームズ イン 福井

観戦は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数を減らした上でできるようにする。 出場選手は後日発表する。 男子走り幅跳びで城山正太郎が8メートル40をマークするなど三つの日本新記録が誕生したほか、レース中に音楽を流したり、実況解説を行ったりする演出もあり、大きな盛り上がりを見せた。 今年は大会は招待選手と選抜選手のみで競う「9・98CUP」と、小学、中学、高校、一般各部の100メートル記録会を行う。 「9・98CUP」の男子は100メートル、200メートル、110メートル障害、走り幅跳びの4種目、女子は100メートルと100メートル障害の2種目で争う。 当初予定していた、当日参加もできるオープンの部は取りやめた。 スタンドや芝生席では隣の人との間隔を空けて観戦してもらう。 経費をインターネット上で募る「クラウドファンディング」も前回同様行う。 詳しい大会要項は7月2日に福井陸協のホームページに掲載される。 福井陸協の木原靖之専務理事は「ほとんどの大会がなくなっている選手のためにも万全の準備をして開催したい。 県民の方にも楽しめる場所を提供したい」と話した。

次の

寺田明日香が日本タイ記録でV 女子100m障害

アスリート ナイト ゲームズ イン 福井

陸上ファンにとっては「夏の夜の夢」のような新しいスタイルのナイター陸上競技大会が8月17日、福井市で開催される。 日本初の試みがいくつもあるこの企画には、福井に関わる陸上関係者の思いが詰まっている。 大会名は「アスリート・ナイト・ゲームズ・イン福井」だが、サブタイトルに「FUKUI 9・98CUP」とある。 会場は日本人で初めて桐生が男子100メートルで10秒の壁を破った福井県営陸上競技場。 昨年5月には「9・98スタジアム」という愛称がついた。 2年前の9月9日、日本学生対校選手権に詰めかけた約1万人の観衆は、目の当たりにした初の9秒台に熱狂し、興奮した。 「陸上競技で、こんなに人を喜ばせることができるのかと思った」と福井陸上競技協会(福井陸協)の木原靖之専務理事。 もう一度、あのスタジアムの雰囲気をつくれないかと思っていた。 そこに2人の選手から雑談混じりの提案があった。 昨秋の福井国体のころ、福井県スポーツ協会所属だった男子110メートル障害日本記録保持者の金井大旺(現ミズノ)と800メートルの村島匠が「欧州みたいに観客と一体となって盛り上がるナイター競技会があれば……」と木原専務理事に話した。 金井の頭にあったのは昨年7月、欧州で出場したベルギーの「ナイト・オブ・アスレチックス」だった。 「堅苦しくなくて、アナウンスも乗りがいいし、音楽もガンガン鳴らして」と金井は話す。 2年前の再現ができるかもしれない。 開催に向けた動きが始まった。 クラウドファンディングで資金集め トップ選手が来なければ試合は盛り上がらない。 先立つものはお金。 クラウドファンディング(CF)を活用するアイデアはすぐ出てきた。 日本陸連公認の競技会開催にCFを活用するのは国内初の試みだ。 5月10日に募集を始めて最初….

次の