河本 結 デーモン 閣下。 河本結のスカートめくれる理由とは?デーモン閣下メイクの真相とは?

しぶこ&原英莉花だけじゃない!? 黄金世代注目ゴルファーをチェック!

河本 結 デーモン 閣下

今季から米ツアーに参戦する女子ゴルフの河本結(21=リコー)が12日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。 昨年3月のアクサ・レディースでツアー初優勝を飾った際にしでかした大失態を自ら明かして爆笑をさらった。 「しぶこが笑えば稲垣も笑う!いよいよ五輪イヤーだよSP」として3時間スペシャルで放送された今回。 河本は「女子ゴルフ黄金世代SP」として昨年8月のAIG全英女子オープンゴルフで優勝した渋野日向子(21=RSK山陽放送)らとともに計8人でスタジオに登場した。 その中で河本はツアー初優勝した昨年3月のアクサ・レディースの裏で起こっていたとんでもない失態を自ら暴露した。 「歓喜の優勝を飾ったが、地獄を見ることになる」というナレーションに続いて紹介されたのは、満面笑みを浮かべながらもどこかおかしい河本の写真。 その写真で、河本の顔の輪郭は広範囲に渡って明らかに黒ずんでおり、まるでミュージシャンのデーモン閣下のようになっていたのだ。 これは一体どうしたことか。 MCの「ダウンタウン」浜田雅功(56)も「どうした、どうした?」と思わず声を挙げる中、河本が説明したところによると、初優勝がかかっていたとあって試合前から「すごい気持ち入ってて…」と気合入りまくり。 「その後、インターネットとか周りの反響が『河本 デーモン閣下』みたいになってて。 やっちゃった!ってなって…。 これは地獄でした」と河本。 母親からは朝に「ちょっと顔の周り、黒いよ」と声をかけられていたものの、試合に集中するあまり「うるさい!」と思っていたそうで「気合入り過ぎて…」とがっくり。 その後はテレビ映りを気にしてきちんとメークするようにしたが「そしたら2位、3位ばっかりで優勝できなかったんで、これからはサインペンでここ塗っていこうかなって」と話して爆笑をかっさらっていた。

次の

河本結、昨季初Vの「デーモン閣下」メイク舞台裏明かす : スポーツ報知

河本 結 デーモン 閣下

藤子・F・不二雄「ドラえもん」と、花王のヘアケアブランド・メリットがコラボレートしたデザインの限定商品が、1月18日に発売される。 【写真】「メリット シャンプー&コンディショナー ポンプペア」(メディアギャラリー他6件) 「ドラえもん」とメリットがともに50周年を迎えることを記念して行われる本コラボ。 「メリット シャンプー&コンディショナー ポンプペア」、「メリット リンスのいらないシャンプー ポンプ+詰替え」、「メリット 泡で出てくるシャンプーキッズ ポンプ+詰替え」、「メリット シャンプーブラシ」の4アイテムに、ポップなドラえもんのイラストがあしらわれている。 c Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK 2020 きょう12日にスタートする読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』 毎週日曜22:30~ の初回放送を前に、系列の南海放送が、オリジナルPR動画を公開した。 ドラマタイトルにある「シロクロ」をコンセプトに、清楚な「シロい青木アナ」とセクシーな「クロい青木アナ」を披露する。 青木アナは、19年10月期に放送されたドラマ『同期のサクラ』のPR動画にも出演。 2016ミス同志社大学にも輝いた美女による、普段めったに見せないアナウンサーのメイク姿に注目だ。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダという顔を持つ囲碁棋士の川田レン 清野菜名 と、彼女を操る男・飼育員さんで、メンタリストNとしてテレビ出演もする医学生・森島直輝 横浜流星 が、「Mr. ノーコンプライアンス」 佐藤二朗 からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるというストーリー。

次の

河本結デーモン閣下メイクで地獄!スカートめくれる事件って何?

河本 結 デーモン 閣下

今季から米ツアーに参戦する女子ゴルフの河本結(21=リコー)が12日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。 昨年3月のアクサ・レディースでツアー初優勝を飾った際にしでかした大失態を自ら明かして爆笑をさらった。 「しぶこが笑えば稲垣も笑う!いよいよ五輪イヤーだよSP」として3時間スペシャルで放送された今回。 河本は「女子ゴルフ黄金世代SP」として昨年8月のAIG全英女子オープンゴルフで優勝した渋野日向子(21=RSK山陽放送)らとともに計8人でスタジオに登場した。 その中で河本はツアー初優勝した昨年3月のアクサ・レディースの裏で起こっていたとんでもない失態を自ら暴露した。 「歓喜の優勝を飾ったが、地獄を見ることになる」というナレーションに続いて紹介されたのは、満面笑みを浮かべながらもどこかおかしい河本の写真。 その写真で、河本の顔の輪郭は広範囲に渡って明らかに黒ずんでおり、まるでミュージシャンのデーモン閣下のようになっていたのだ。 これは一体どうしたことか。 MCの「ダウンタウン」浜田雅功(56)も「どうした、どうした?」と思わず声を挙げる中、河本が説明したところによると、初優勝がかかっていたとあって試合前から「すごい気持ち入ってて…」と気合入りまくり。 「その後、インターネットとか周りの反響が『河本 デーモン閣下』みたいになってて。 やっちゃった!ってなって…。 これは地獄でした」と河本。 母親からは朝に「ちょっと顔の周り、黒いよ」と声をかけられていたものの、試合に集中するあまり「うるさい!」と思っていたそうで「気合入り過ぎて…」とがっくり。 その後はテレビ映りを気にしてきちんとメークするようにしたが「そしたら2位、3位ばっかりで優勝できなかったんで、これからはサインペンでここ塗っていこうかなって」と話して爆笑をかっさらっていた。

次の