クラリネット 童謡。 木管アンサンブル楽譜

童謡「クラリネットをこわしちゃった」ってとんでもなくひどい曲ですよね【検証/ただの雑感】

クラリネット 童謡

1977年、北海道生まれ。 卒業後は大村哲弥氏のもとで約2年間研鑽を積む。 これまでに作曲を松下功、大村哲弥、延原祐の各氏に師事。 2000年、「セレモニアル・マーチ」がJBA 日本吹奏楽指導者協会 「下谷賞」 最高賞 を受賞。 同作品は2005・2006年度の中部日本吹奏楽コンクール課題曲にも選定された。 2015年開催の第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」では式典音楽 入場行進曲 を全曲担当。 作編曲作品の多くは、フォスターミュージック、ブレーン、CAFUA、ウィンズスコア、ウインドアート出版、デハスケ、ロケットミュージック等から、出版 またはレンタルされている。 21世紀の吹奏楽「響宴」会員。 主な作品に、 「セレモニアル・マーチ」 JBA下谷賞受賞 、「越中幻想」 富山県福野高校吹奏楽部委嘱 、「ルミナンス-光の都市」 陸上自衛隊東部方面音楽隊委嘱 、「ジャンヌ・ダルク」「アプローズ! 」 共に航空自衛隊中部航空音楽隊委嘱 、「ペンタグラム」 サックス四重奏:ヴィーヴ! サクソフォーンクヮルテット委嘱 、「3つの情景」 金管八重奏:北アルプス吹奏楽団委嘱 など。 sakai-takamasa.

次の

クラリネットで奏でる 演歌 (CD・パート譜付)

クラリネット 童謡

1977年、北海道生まれ。 卒業後は大村哲弥氏のもとで約2年間研鑽を積む。 これまでに作曲を松下功、大村哲弥、延原祐の各氏に師事。 2000年、「セレモニアル・マーチ」がJBA 日本吹奏楽指導者協会 「下谷賞」 最高賞 を受賞。 同作品は2005・2006年度の中部日本吹奏楽コンクール課題曲にも選定された。 2015年開催の第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」では式典音楽 入場行進曲 を全曲担当。 作編曲作品の多くは、フォスターミュージック、ブレーン、CAFUA、ウィンズスコア、ウインドアート出版、デハスケ、ロケットミュージック等から、出版 またはレンタルされている。 21世紀の吹奏楽「響宴」会員。 主な作品に、 「セレモニアル・マーチ」 JBA下谷賞受賞 、「越中幻想」 富山県福野高校吹奏楽部委嘱 、「ルミナンス-光の都市」 陸上自衛隊東部方面音楽隊委嘱 、「ジャンヌ・ダルク」「アプローズ! 」 共に航空自衛隊中部航空音楽隊委嘱 、「ペンタグラム」 サックス四重奏:ヴィーヴ! サクソフォーンクヮルテット委嘱 、「3つの情景」 金管八重奏:北アルプス吹奏楽団委嘱 など。 sakai-takamasa.

次の

童謡・唱歌 クラリネットをこわしちゃった 歌詞&動画視聴

クラリネット 童謡

こんにちは、ツチヤです。 以前からずぅーーーーーーっと思ってたんですが、童謡の「クラリネットをこわしちゃった」がひどい曲だなぁと思ってたんです。 おそらく誰もが聞いたことがあって、殆どの人が歌詞までわかると思います。 最悪歌詞がわからなくてもメロディーはわかるはずです。 そんな「クラリネットをこわしちゃった」に関する話です。 歌詞を思い出してください 歌詞をそのまま載せるとアレがアレかもしれないので控えますが、今回この記事を書くにあたって、やはり同じようにこの曲に対して不満を持ってる方はかなりいるようです。 まずは 歌詞を思い出してください。 話はそこからです。 気になる人は動画を見てください。 そしてリンクも貼っておくので、 歌詞を頭に叩き込んでください。 気にならない人はそっ閉じ願います。 歌詞: これが日本版の原曲かどうかわかりませんが、おっさんの声が「怖ぇぇ」と言う感想しかありません。 同じように感じた人も少なからずいるはずです。 徐々に壊れていく恐怖 さて、では歌詞が頭に入ったと思います。 では一番から順に見ていきましょう。 まず 一番で、「 出ない音がある」にもかかわらず、なかなか白状しません。 どの程度壊れているのか隠そうとしています。 子供心に壊れた(若しくは壊してしまった)のを白状したくない気持ちもわかります。 次は 二番です。 ここでは「 三音」出ていません。 この時点で白状すればいいものをずっと「どうしよう」としか言っていません。 どうにかしようとする気はあるんでしょうか。 そして極め付けは 三番。 僕はクラリネットがどういう楽器か知りませんが、よくよく歌詞を見てみると「 ド~シって…つまり全部の音じゃねぇの?」と思いました。 そしてここにきて本性が出ています。 どうやってぶっ壊したのかは謎ですが、「見つけられたら怒られる」と言う 直接的な表現に変わっています。 見つかりたくないのは明白です。 ここまで追ってきて思うんですが、一番の時点で「気付いてたよね?」と言ってやりたいんです。 でも無駄にテンションが高い ご存知の通り、「オ パッキャマラド」や「パオパオパ」など、壊れているにも関わらす 無駄にテンションが高く、 はしゃいでいるようにさえ見えます。 「全然反省してないな、オマエ」と思わざるを得ません。 ですが、ここにはしっかり意味があったようです。 元はフランスから 実はこの曲、原曲は「J'ai perdu le do de ma clarinette」というフランスの楽曲なんです。 「クラリネットをこわしちゃった」(仏語原題:J'ai perdu le do あるいは J'ai perdu le do de ma clarinette)は、の歌曲を基にした日本の。 あの 謎の呪文のような歌詞「オーパッキャマラド(Au pas, camarade)」は、フランス語でざっくり説明すると「オーパ(Au pas)=歩く」、「キャマラド (camarade)=仲間、同志」みたいな意味のようです。 つまり「友だちよさぁ行こう!」といった意味です。 広告 原曲紹介 正確に言うと原曲ではなくフランス語版です。 フランス語がわかるわけではないですが、同じようなところもあれば違うところもあります。 色んな説があって、同じような意味合いの曲もあれば、全く違う意味のものもあるようです。 当方クラリネットこそ吹いてないものの、アマチュア吹奏楽団で指揮者を務めている者です。 私も昔はひでぇ歌だと感じていましたが、それなりの知識を得ると見解が変わります。 まず、いくら楽器が繊細といえども全ての音が出なくなるということは楽器を叩き割りでもしない限り考えられません。 ここで重要なのがクラリネットがリード楽器であるということです。 リーコーダーの様に吹けばなるものではないのです。 クラリネットは本体にリード(木製の振動体)を装着して演奏します。 リードを装着しないと音はでません。 ここでまず考えられるのが子どもはリードを装着せずに楽器を吹いたのではないかということです。 仮にリードを装着していてもある程度吹き口に圧をかけてリードを締めることをしないと、これまた音はでません。 クラリネットは学校で習うリコーダー程簡単に音が出る楽器ではないのです。 この歌は子どもが知識のないまま楽器を吹こうとしたが、知識や経験が足りず演奏できなかったことを「楽器を壊してしまった」と勘違いしているところに面白味があるのではないでしょうか。

次の