空母いぶき グレートゲーム ネタバレ。 新連載『空母いぶき GREAT GAME』第1話を無料公開!!|株式会社小学館のプレスリリース

空母いぶきGREAT GAME【2話】最新話のネタバレ「しらぬい艦長 蕪木薫」内容と感想

空母いぶき グレートゲーム ネタバレ

ビッグコミック編集部からお年玉! 発売中のビッグコミック新年1号掲載作 正月休み最終日の1月5日、ビッグコミック編集部から「お年玉」として、発売中の雑誌ビッグコミック1号に掲載の『空母いぶき GREAT GAME』第1話を丸ごと無料公開!! 発売中の雑誌に掲載されている作品を丸ごと無料で公開するのは極めて異例です。 編集部が決断した理由は「第1話がとにかくおもしろく、大ヒットした前作を上回る傑作になる予感があります。 この緊迫感とおもしろさを老若男女問わず一人でも多くの方に体験していただくには、ネットでの無料公開が最適と判断しました。 また、国内外の作品問わず、連続ドラマの次回放送を楽しみに視聴されるような方には、雑誌で連載作品を追いかける楽しさにも気づいていただきたいという思いもあります。 ということで、『空母いぶき GREAT GAME』第2話が掲載されるビッグコミック第2号は1月10日ごろに全国の書店やコンビニエンスストアで発売です!」とのこと。 編集部がそれほどまでに自信を持っている『空母いぶき GREAT GAME』第1話は上記サイトで公開中。 緊迫感のある作品を毎月10日と25日発売のビッグコミックで月に2回追いかける楽しさもこの機会にゲットしていただきたい。 『空母いぶき GREAT GAME』 かわぐちかいじ 協力/八木勝大・潮匡人 原案協力/惠谷治 ビッグコミック2020年1号から連載開始。 コミックス既刊12巻で530万部を突破し、昨年実写映画化もされた超人気作『空母いぶき』は尖閣諸島周辺での中国軍との衝突が物語の中心だったが、新作『空母いぶき GREAT GAME』は北極海で幕を開けた。 ビッグコミック 1968年2月創刊。 小学館より毎月10日、25日発売。 「知性と品格と反骨の業界ナンバー1青年漫画誌」を標榜。 『ゴルゴ13』(さいとう・たかを)が1968年11月の連載開始以来一度も休載なく掲載されている漫画誌としても有名。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

空母いぶき次の14巻発売日はいつ?13巻を無料で読む方法&感想

空母いぶき グレートゲーム ネタバレ

もくじ• 空母いぶき102話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 世界にライブ中継される着陸 沖縄・石垣空港に、無事中国機1番機が着陸 します。 そして、その模様は全世界へとライブ中継されているのであります。 そんな中、東都新聞記者 一の瀬一(いちのせはじめ)は、自衛隊の制止を振り切り、 中国 機から降り立ったばかりの中国人パイロットに突撃インタビューをし、日本国民に生の声を届けようとするのでありました。 戦闘終結へ動く中国政府 そ の情勢に中国本土でも動きがあり 、 中国機の着陸中継が始まるとすぐかなりの数の中国人民解放軍が中国北海艦隊司令部を抑えに入ったとの報告がありました。 主にこの侵攻作戦を発案・主導してきた、王志強(ワンデーチャン)政治委員ならびに王とつながる戦略ミサイル軍の李永康(リーヨンカン)少将の拘束であると見られていました。 ついに中国中央政府、中国軍事委員会が動いたのです。 中国人民解放軍は、侵攻作戦の主導責任者を拘束し、中国当局はすでに戦闘終結後へと向かって動き始めているのでした。 空母「広東」へ直接乗り込む秋月一佐 秋月一佐は新波副長に艦を任せ、状況視察のため「広東」艦隊への接近飛行にのぞむのでありました。 単機での接近は危険だと進言する新波であったが、 「この海で起きたことの全てを知っておきたい。 未来のためにも。 」 と言い残し、秋月は単機、ヘリコプターで飛び立つのであります。 秋月 は 救助ヘリコプターの活動を見届け、 突如「広東」への着陸を要請するのであります。 突然の着陸要請に慌ただしくなる 「 広東 」。 撃墜もやむなしと決断を仰ぐ乗組員たちに、劉艦長が下した決断は。 秋月一佐の艦への受け入れであったのです。 ついに向き合う秋月艦長と劉艦長。 向かい合う、両艦長からは何が語られるのでしょうか。 空母いぶき102話の感想・考察 いよいよ向かい合う両雄!クライマックスへ。 ラスト2話ということもあり、いよいよお話もクライマックスへという感じをひしひしと感じるようになってきました。 そんな中、いよいよきた向かい合う両雄といったところで、専守防衛の国の基礎としてきた日本国の中で異彩をはなってきた「いぶき」の秋月艦長。 大国中国の現在を代表するような劉艦長。 その2人が最終話で何を語るかものすごく気になるところではあります。 また2人が少年時代に目撃した「ベルリンの壁の崩壊」と「天安門事件」がどうように関係してくるかは期待するところです。 まだまだ引き続き、物語を見ていたいというのが一読者の感想ではありますが、作者のかわぐち先生の体調もありますので、かわぐち先生の回復をお祈りしながら、最終話を待ちたいと思います。 関連記事: 関連記事: ジャンプ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ マガジン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ サンデー系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社男性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 集英社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スクエニ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ KADOKAWA系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

空母いぶきGREAT GAME【2話】最新話のネタバレ「しらぬい艦長 蕪木薫」内容と感想

空母いぶき グレートゲーム ネタバレ

空母いぶき GREAT GAME【4話】最新話ネタバレあらすじ 「ディオサ号」は保険会社に救援を要請します。 分かったことは良い報せと悪い報せ。 保険会社からの舟は北極海の現場に到着するには10日を要しますが、救援機が駆けつけるよう手配はしてくれるようです。 しかし、「ディオサ号」の片側の氷壁は崩れだすなど時間の猶予はありません。 そのころ首相官邸の危機管理センターでは、北極海の様子がリアルタイムでモニターに映り出されています。 本日の会議には、「しらぬい」艦長の蕪木を良く知る秋津群司令と「いずも」新波艦長が出席しています。 しかし、北極海での調査という任務から逸脱した行為ではないかと質問が飛び出しますが、アメリカやロシアなどが注視する中、現場を信頼しているならば、現場の行動を重視すべきだと秋津は発言し、柳沢首相にオブザーバーとしての威厳を保つべきだと具申をします。 蕪木は「しらぬい」の全士官を集めて「ディオサ号」を曳航することを提案し、横須賀の司令部から許可を得るつもりです。 「ディオサ号」を救出することは魚雷を発射した国と日本は対峙することになります。 秋津はその国は北極海で最も恩恵を受けるロシアだと予想します。 「しらぬい」に助けられた「ディオサ号」のアニタは、蕪木の誠意に応えるべく海中で偶然拾い上げた謎のソナー装置の情報を共有すべきだと判断するのでした。

次の