セゾンカードインターナショナル デメリット。 セゾンカードインターナショナルを発行するメリットとデメリット、申し込み前の注意点など

セゾンカードインターナショナルは、年会費無料で永久不滅ポイントが貯まるカード!メリットとデメリットを徹底解説!

セゾンカードインターナショナル デメリット

この記事に書いてあること• セゾンカードとは 株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードで、• 年会費無料(ETCカード・家族カードも発行から年会費に至るまで完全無料)から使える• 有効期限無期限のポイント(永久不滅ポイント) などの特徴があります。 もともとは、西武グループが発行していた西武カードが起源で、1983年からセゾンカードという名称変更、2002年に米国ウォルマート系列の傘下入りし2008年4月にウォルマートの完全子会社化されましたが、西武グループとは鉄道など親和性が相変わらず高いままです。 このような関係性から、 セゾンカードには毎月5・20日に全国の西友・リヴィン・サニーで利用すると5%オフという特典が用意されています。 セゾンカードのメリットとデメリット セゾンカードのメリット まずセゾンカードのメリットですが、• 年会費無料(家族カード・ETCカードも無料)• 毎月5・20日に全国の西友・リヴィン・サニーで利用すると5%オフ• ポイントの有効期限のない永久不滅ポイントの制度がある• 貯めたポイントの交換先が多い ということもありますが、それだけではありません。 事前にnanacoポイントが貯まるサービスに登録することで(手持ちのnanacoカードの番号を登録)、セブンイレブン・イトーヨーカドーの買い物の際にセゾンカードで決済をすると永久不滅ポイントとnanacoポイントのポイント2重取りが可能となり、合計1. 0%のポイントを貯めることができます。 さらに、セゾンカードは数少ない即日発行に対応しているクレジットカードでもあります。 関連記事: 直接、店舗内にあるセゾンカウンターに行って申し込んでも順調に審査が進めば約30分程度でその場でクレジットカードを新規発行してもらえますが、おすすめは事前にネットで申込をして審査の合否が確認できてから店舗へクレジットカードを取りに行くという方法です。 事情があってすぐにセゾンカードを入手したい場合、とりあえずなんでもいいからクレジットカードを早急に入手したい場合などセゾンカードは有力な選択肢となります。 5%の割合で貯まっていくというクレジットカードです。 アメックスでランクが最も低い、通称グリーンカードでも、年会費12,000円+消費税 しかし、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、初年度は無料で、2年目以降の年会費1,000円は年に1回以上ショッピング利用すれば次年度も無料、この値段でアメックスを持つことができます。 セゾンカードのデメリット 次にデメリットですが、主に2つ挙げられます。 謎審査 1つ目は入会審査の「謎審査」です。 セゾンカードは流通系のクレジットカードで本来、入会審査のハードルが低いはずなのですが、他のゴールドカードやプラチナカードを所有しているような属性が高い方でもセゾンカードの入会審査落ちするといったことが起こっています。 このため、よく「セゾンカードの謎審査」とも呼ばれます。 クレジットカードの入会審査の内容はどこのクレジットカード会社も完全非公表なので、あくまで憶測となりますが、いろんな事例や話を総合すると クレジットカードを5枚以上保有しているいわゆる多重ホルダーに対して入会審査が厳しくなる傾向があるようです。 また、セゾンカードは西友などウォルマートグループの店舗でいつも買い物をする方にメインカードとして利用してほしいという思惑が見えますので、結果として男性よりも 30~40代女性のほうが入会審査で優遇される傾向もあるようです。 ただ、入会審査基準が完全非公表であり確証を得ているわけではなく、クレジットカードを10枚保有している知人がセゾンカードの入会審査にあっさり通過したという逆の事例もありますので、なんとも言えない部分です。 本当に「謎審査」なのです・・・! 関連記事: ポイント還元率が低い 2つ目として、ポイント還元率が0. 5%であることです。 や(1. 5%)、(1. 2%)、(1. 0%)あたりと比べるとポイントの有効期限がいくら無期限とはいえポイントを貯めることだけ考えれば効率的ではないと言えますね。 ポイント還元率1. 0%のカードと比べると、同じポイントを貯めるまで単純に2倍の時間、2倍の決済金額が必要となりますのでメインカードしては役不足です。 しかし、西友やサニーなどセゾングループの買い物利用が中心であれば、上記のカードより還元率は高くなるでしょう。 また、ポイント還元率が低くポイントの有効期限が無期限、年会費永年無料ということからもセゾンカードはサブカードとして利用するという考え方もあります。 セゾンが発行してるカードの種類 2006年にUCカード株式会社を吸収合併したことと、その後のウォルマートの完全子会社化により発行するクレジットカードも多種多様となっていいて、2017年1月末現在、発行カード総数は72枚(プロパーカード7種類・提携カード65種類)となっています。 セゾンカード(プロパーカード)• セゾンカードインターナショナル(VISA・MASTER・JCB)• ゴールドカードセゾン(VISA・MASTER・JCB)• セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード• セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード• セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード• セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード• セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード• ウォルマートカード セゾン セゾン提携カード ローソン、PARCO、無印良品、ロフト、Francfranc、TOHOシネマズ、高島屋、西武グループ、みずほ銀行、WOWOW、ユナイテッド航空、マツダ、JAF、トイザらス、三井不動産、千趣会…と65種類のカードがあります。 提携カードとプロパーカードそれぞれのメリット そもそも、プロパーカードと提携カードの言葉の意味が分からない方は、をご覧ください。 提携カードの場合は、その提携店独自のサービスがあるのでよく行くお店のカードを持つのがおすすめです。 例)PARCOカードは発行後1年間PARCOでの利用がずっと5%オフ またプロパーカードは、全国の西友、リヴィン、サニーの利用で毎月5日、20日は5%オフになりますが、提携カードだとこの割引きがなくなります。 西友・リヴィン・サニーで利用が中心であれば、プロパーカードを選択するほうがお得です! セゾンカードの永久不滅ポイントについて セゾンカードは、1,000円につき1永久不滅ポイントが貯まり、ポイント還元率としては0. 5%と一般的な水準となっています。 しかし、名前の通りポイントの有効期限が無期限である点と、 独自ポイントサイト「永久不滅. COM」を経由することで最大ポイントが30倍となる点、さらに貯めたポイントの使い道がJAL・ANA両方のマイル、nanacoポイント、Amazonギフト券やiPadなどの人気商品への交換など幅広いこともあり、人気となっています。 また、西友などのスーパーといった日常的な買い物をする場所でお得になることからもセゾンカードと永久不滅ポイントの組み合わせは主婦などの女性から高い支持を集めています。 イオンカードとセゾンカード、持つならどちらがお得? 同じ流通系、スーパー・ショッピングモールといった同ジャンルの店舗を持つグループのクレジットカードということで、よく比べられるのがこの2種類のカードです。 イオングループのお店とウォルマートグループ、セブンイレブン・イトーヨーカドーのどちらで買い物をすることが多いか?によって、どちらがお得かおのずと決まってきます。 ただ、イオングループはイオン銀行というネットバンクを持っていることが強みとして挙げられるため、どっちも同じくらい利用するといった場合は、イオン銀行の普通預金金利の優遇特典でイオンカード(イオンカードセレクト)のほうがお得となります。 ポイントの期限も無期限で家族カード・ETCカードもすべて年会費永年無料です。 ポイント還元率が0. 5%と低いのが欠点ですが、セブンイレブン・イトーヨーカドーのユーザーの方は、nanacoポイントとのポイント2重取りで1. 0%まで上がりますので、この欠点はある程度は解消することができます。 関連記事: さらに細かくいえば、西友をよく利用される方はウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが最もお得となりおすすめです(セゾンカードの西友・リヴィン・サニーの特典に加えて、さらに毎日3%オフの特典があります)。 セゾンカードはプロパーカードのセゾンカードを中心として、各種提携カードやプラチナカードまでの上位カードのラインナップが充実しています。 今回ご紹介したセゾンカードは、スーパーやコンビニといった普段のお買い物でお得となるクレジットカードです。 メインカードとして使うには役不足に感じる方が多いかもしれませんが、普段のお買い物の決済用としてのサブカードであればお得で十分に役に立ち、また数少ない即日発行カードでもありますので、急にクレジットカードを用意しないといけない場合には、筆頭候補となるクレジットカードです。

次の

セゾンカードインターナショナルは即日発行可能!5つのメリットや口コミ・評判をご紹介

セゾンカードインターナショナル デメリット

「 セゾンカード」と聞くと、おそらくですが多くの人が永久不滅ポイントというイメージを持っていることかと思います。 広告等における宣伝でも永久不滅ポイントというワードに強く印象づけて行ってきているので、セゾンカード=永久不滅ポイントのイメージは根強くあります。 ではそんなセゾンカードですが、どのようなカードがあることまで知っている方となると、多くはないかもしれませんし、たくさんのカードが発行されているので、なかなか把握も難しいものです。 そこで今回はセゾンカードにスポットを当てて、セゾンカードがどんなカードを発行しているのか、そして魅力あるセゾンカードはどれかについて記事をまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 セゾンカードが発行しているクレジットカード セゾンカードは、クレジットカード業を中心とした株式会社クレディセゾンが発行しているクレジットカードになっていて、設立70年以上の大手クレジットカード会社になります。 そんなセゾンが発行しているクレジットカードの種類はとても豊富で、73種類のオリジナルカードを含めたクレジットカードを現在発行しています。 一部のセゾンが発行しているクレジットカードを紹介すると、 セゾンカードインターナショナル セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード Meiセゾンカード ゴールドカードセゾン セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード ウォルマートカード セゾン JMBローソンPontaカードVisa PARCOカード 三井ショッピングパークカード MIO CLUBセゾンカード MUJI CARD ロフトカード JAPANカードセゾン シネママイレージカード タカシマヤセゾンカード ジェイアール東海タカシマヤセゾンカード SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールド みずほマイレージクラブカード セゾンSuica ラゾーナ川崎プラザカード ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード メイワン フレンズカードセゾン ラスカルカードセゾン WOWOWセゾンカード など多数のクレジットカードを発行しており、永久不滅ポイントが貯まるカードや、店舗提携により店舗限定のポイントが貯まるカードが存在します。 セゾンカードの特徴で言えば、永久不滅ポイントもそうですが、 「American Express」の国際ブランドを付帯したクレジットカードが多いのも特徴的なカード会社になっていて、ステータスの高いアメリカン・エキスプレスのカードが学生でも持てるようになっています。 これだけ多数のクレジットカードがあるので、選ぶのも大変ですが、セゾンカードの中でも人気のあるクレジットカードを厳選して紹介していきますので、そちらも参考にしてみてください。 おすすめのセゾンカード ではセゾンカードの全73種類のクレジットカード中から、おすすめのクレジットカードを厳選して以下の5つのカードを紹介していきます。 1回払い• 2回払い• リボ払い:実質年率14. ボーナス1回払い• このカードは、年会費が永年無料のセゾンカードなので、どのセゾンカードにしたらいいか分からない方は、とりあえずこのカードを選択していくのもいいかもしれません。 このカードをおすすめする主な特典としては、• セゾンカードの代名詞永久不滅ポイントが貯まる• セゾンポイントモールでポイント最大30倍 となっており、これらの特典はセゾンカード全体の特典になりますので、それぞれ紹介していきましょう。 セゾンカードの代名詞永久不滅ポイントが貯まる 何度かお伝えしてきましたが、セゾンカードと言えば「 永久不滅ポイント」と言えるほど代名詞になっているポイントサービスですが、文字のごとく 有効期限のないポイントが貯まるカードになっています。 ポイントの還元率としては、0. その他にも割引特典やポイントモールを利用することでより特典の恩恵が受けられますので、そちらもしっかり覚えておきましょう。 もちろん確定ではありませんが、全セゾンカードで受けられるようになれば、さらにお得に使えるカードと言えるのでしっかり活用していきましょう。 セゾンポイントモールでポイント最大30倍 クレディセゾンが運営しているポイントサイトで「 セゾンポイントモール」を利用すると、 ポイントが最大30倍貯めることができます。 これは条件の達成が必要にはなりますし、時期によって優遇されるポイントに偏りはありますが、細かくチェックしながら利用することでポイントが貯まりやすくなるので活用していきましょう。 26歳以上は3,000円(税抜) ブランド American Express 支払い回数• 1回払い• 2回払い• リボ払い:実質年率14. このカードのおすすめするポイントとしては、• 25歳以下は年会費無料でアメックスが持てる• 旅行傷害保険の補償内容が充実• 海外でのカード利用はポイントが2倍 上記のような特典があるので、それぞれ見ていきましょう。 25歳以下は年会費無料でアメックスが持てる セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、前述した「セゾンカードインターナショナル」で受けられる特典を持ちながら、かつアメリカン・エキスプレスのクレジットカードが 年会費3,000円(税抜)で持てるカードになっています。 しかも、 25歳以下の方であれば、年会費は無料で持つことができるので、若者の方にとてもおすすめのクレジットカードになっています。 アメリカン・エキスプレスのカードが気になっている方のファーストカードとしても持ちやすいと思いますので、その点でもおすすめです。 旅行傷害保険の補償内容が充実 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、保険もしっかりと付帯したクレジットカードになっています。 しかも、国内外の旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しているのですが、旅行傷害保険に関しては家族特約まで付帯しているので、この年会費でここまでの補償はなかなかありません! 補償内容については以下を参照してください。 1回払い• 2回払い• リボ払い:実質年率14. ボーナス1回払い• このカードのおすすめのポイントは、• ユナイテッド航空のマイルが最大1. コスモ石油を利用する方は2. ユナイテッド航空のマイルが最大1. また、「 マイルアップメンバーズ」に加入することで(年会費5,000円) 通常3倍の1,000円につき15マイルが貯まるマイレージシステムもあるので、その方に合わせたマイルの貯め方ができます。 しかも、セゾンカードの醍醐味である永久不滅ポイントは、MileagePlusセゾンカードの貯まった マイルでも有効期限が無期限なので、大きなメリットと言えます。 コスモ石油を利用する方は2. マイルを貯めたい方はこのカードを保有した上で、コスモ石油を利用するととてもマイルが貯めやすくなるので覚えておきましょう。 ウォルマートカード セゾン 年会費 永年無料 ブランド American Express 支払い回数• 1回払い• 2回払い• リボ払い:実質年率14. ボーナス1回払い• このカードのおすすめのポイントしては、• 海外での利用もポイント2倍 となりますので、それぞれの特典について見ていきましょう。 海外での利用もポイント2倍 ウォルマートカード セゾンもまた、海外での買い物はポイントが2倍貯まるので、内容は前述したセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードと同様ですが、このカードに関しては保険が付帯していないので、その点では、デメリットになるかもしれません。 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 初年度無料2年目以降10,000円(税抜) ブランド American Express 支払い回数• 1回払い• 2回払い• リボ払い:実質年率14. ボーナス1回払い• 5ポイント 海外では1,000円につき2ポイント ポイント還元率 還元率0. 国内旅行傷害保険:最高5,000万円まで(利用付帯)• 海外旅行傷害保険:最高5,000万円まで(自動付帯)• 海外航空機遅延保険• ショッピング保険:最高200万円まで• カード盗難保険 最後のおすすめのセゾンカードは、ゴールドカードの中でもおすすめの「 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」になります。 アメリカン・エキスプレスのセゾンゴールドになっていて、比較的安い年会費ながらも以下のような特典が付帯しているゴールドカードになっているのでおすすめです。 海外での利用がお得に使える• 付帯している保険が充実 それぞれ見ていきましょう。 海外での利用がお得に使える セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外での利用がお得に使えるカードになっています! まず、前述してきたカードでもあったように、海外でのポイントは2倍で貯まります。 その他には、国内外の空港ラウンジサービスがゴールドカードなので当然付帯していますが、空港ラウンジサービスの最上級とも言える「 プライオリティ・パス」の入会が1万円で可能になります。 また、その他にもゴールドデスクや手荷物宅配サービスなど旅のサポートに最適な特典が付帯していますので、• 海外ではポイント2倍• プライオリティ・パスが格安の値段で入会できる• 海外でのサポート特典が多数付帯 という点からお得になります。 付帯している保険が充実 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、 付帯している保険も充実しています。 旅行傷害保険はもちろん、航空機遅延保険やショッピング保険も付帯していますので、保険の面でもおすすめのカードになっています。 補償内容については以下を参照ください。 【海外旅行傷害保険】(自動付帯) 傷害による死亡・後遺障害 最高5,000万円 入院費用 1日につき5,000円 手術費用 入院日額保険金の10倍から40倍 通院費用 1日につき3,000円 家族特約 なし 【ショッピング安心保険】 年間200万円まで 以上、おすすめのセゾンカードを5つ紹介してきました。 セゾンカードの割引やマイルが貯まるカードの他、セゾンアメックスのカードがおすすめとなっていますので、セゾンカード検討の際はぜひ参考にしてみてください。 もっともお得なセゾンカードは? セゾンカードのおすすめを厳選して紹介してきましたが、もっともお得なセゾンカードはどれになるでしょうか? セゾンカードの中でも、もっともお得なカードとしては、25歳以下の方限定にはなりますが「 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」ではないかと思います。 もちろん、26歳以上の方でも保有はできますが、25歳以下であればアメックスのカードが年会費無料で持てる他、保険も付帯していてセゾンカードの特典も網羅しています。 さらに、今後は西友やサニー等でいつでも割引が受けられるようになれば、まさに言うことなしですので、お得なカードとしてふさわしいと思います。 是非みなさんも参考にしてみてください。 セゾンカード以外のおすすめクレジットカード 【セゾンカードインターナショナル】• セゾンカードの代名詞永久不滅ポイントが貯まる• セゾンポイントモールでポイント最大30倍 【セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード】• 25歳以下は年会費無料でアメックスが持てる• 旅行傷害保険の補償内容が充実• 海外でのカード利用はポイントが2倍 【MileagePlusセゾンカード】• ユナイテッド航空のマイルが最大1. コスモ石油を利用する方は2. 海外での利用もポイント2倍 【セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード】• 海外での利用がお得に使える• 付帯している保険が充実 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

セゾンカードインターナショナルの年会費・還元率・メリット・デメリットまとめ

セゾンカードインターナショナル デメリット

スポンサーリンク コンテンツ一覧• 年会費とポイント還元率 【年会費】 セゾンカードインターナショナルは年会費永久無料です。 【ポイント還元率】 セゾンカードは毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイント貯まります。 そして1ポイントは5円相当で交換できるため、還元率は0. 5%となります。 注目のメリット セゾンカードインターナショナルの注目すべきメリット部分を以下に書きます。 最短で即日発行• 永久不滅ポイント対象により、得たポイントは有効期限なく使うことが出来る• 専業主婦や学生でも申し込み可能• ETCカードを無料で発行• 毎月5日と20日は、全国の西友・リヴィン・サニーで5%OFF• セゾンオンラインプロテクションが付帯されている(詳しくはで解説)• Super Value Plusが利用できる(詳しくはで解説) 無料の付帯保険について セゾンカードインターナショナルには、「セゾンオンラインプロテクション」という付帯保険が付いています。 【セゾンオンラインプロテクション】 オンラインショッピングにおける不正使用が確認された場合、補償の対象になります。 「Super Value Plus」で保険に入ろう! セゾンカード会員限定で利用できる保険サービスに「Super Value Plus」があります。 「Super Value Plus」は各プラン300円~のリーズナブルな料金で利用でき、自分に必要な補償(プラン)を自由に選ぶことが出来ます。 そして数あるプランの中でも、特にお勧めな保険が「テニス安心プラン」です。 テニス専用の保険は他にもいくつかありますが、セゾンカードが提供する「テニス安心プラン」は他を寄せ付けないくらいお勧めです。 これを目当てにセゾンカードを発行してもいいくらい、かなり充実の補償内容となっています。 テニス保険を探している方は、是非とも一度チェックしてみてください。 私もテニスをやるので分かるのですが、この保険は避けて通ることが出来ないくらいの魅力を持っています。 良い保険だっただけに残念です。 Super Value Plusの中には他にも良いプランがあります。 それがゴルフ安心プラン、ご迷惑安心プラン、お買い物安心プランです。 保険の中身はかなり良いので、必要性を感じる方は加入しておくことをお勧めします。 デメリット部分を知っておこう 年会費無料や即日発行、そしてSuper Value Plusなどの魅力を備えているセゾンカードインターナショナルですが、当然デメリット部分もあります。 そこも踏まえたうえで、発行を検討しなければいけません。 【その. 1 ポイント還元率が低い】 セゾンカードのポイント還元率は0. 5%であり、セゾンカードインターナショナルでもその還元率が適用されています。 5%という還元率はクレジットカードの中では普通ではあるものの、REX CARDの1. 75%やリクルートカードの2. 0%と比べるとやはり低さが目立ってしまいます。 カードショッピングでのポイント還元は、それほど期待はできないものとなるでしょう。 【その. 2 無料の付帯保険が少ない】 セゾンカードインターナショナルの付帯保険は「セゾンオンラインプロテクション」だけです。 他のカードにはショッピング保険や国内旅行傷害保険などが付いているところも少なくないため、その点で損した気分になってしまうのが残念なところ。 お得な入会キャンペーンを利用しよう セゾンカードは時期によって様々な入会キャンペーンを行っています。 もし今キャンペーンをやっているの場合、その機会を逃さずにカード発行することをお勧めします。 キャンペーン情報は公式サイトでチェックできます。 5% 付帯保険 セゾンオンラインプロテクション 追加カード ・ETCカード(無料) ・家族カード(無料) 公式サイト.

次の