フェール セーフ。 フェイルセーフとフールプルーフの違い

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フェール セーフ

フェイルセーフとフールプルーフの意味と事例 フェイルセーフとはなにか? フェイルセーフ fail safe とは 製品やシステムに故障あるいはエラーが発生しても安全が維持できるように工夫することです。 つまり、ミスやエラーが発生しても、安全側に向かうような工夫です。 フェイルセーフには以下のような例がある ・ 自動車のスライドドアに身体が挟まれそうになったらドアが停止する ・ 異常を検知した列車が自動的に緊急停止する 医療のフェイルセーフには以下のような例がある 【医療におけるフェイルセーフの例】 ・ 自然災害が発生して病院が停電になっても自家発電によって電気の供給が無くならないようにする ・ 医療機器を誤った使用法で操作しようとした場合に自動的に機能を停止する フールプルーフとはなにか? フールプルーフ fool proof とは 人間が誤った行為をしようとしても出来ないようにする工夫のことです。 フールプルーフには以下のような例がある ・ 洗濯機は蓋を閉じなければドラムが回転しない ・ 自動車はブレーキを踏んでいなければエンジンをかけられない ・ 電気ケトルで湯を沸かそうとしても水が入っていなければスイッチをONにできない 空焚き防止のため 医療のフールプルーフには以下のような例がある 【医療におけるフールプルーフの例】 ・医療用ガスの接続部が同じピン数だとつながらない ・輸液ラインのコネクターに輸液用シリンジをつなごうとしてもサイズが違うためつながらない ・ 名前やパッケージが似ている薬剤を別々の場所で保管して取り違えないようにする スポンサーリンク フェイルセーフとフールプルーフの違い フェイルセーフとフールプルーフの違いは、そもそも エラーを起こさせないようにするのか、 エラーが起きても事故につながらないようにするかにあります。 そのため、まず設計や計画段階で考慮すべきはフールプルーフの方になります。 つまりエラーそのものをさせない設計と計画です。 いわば フェイルセーフはフールプルーフの次善策といえます。 ヒューマンエラー対策の原則は「 エラーできない方法」を検討することです。 そのため、まずはフールプルーフを考慮すべきだということになるのです。 以下の図はヒューマンエラーが事故につながるのを防止するために検討すべき手順です。 この図から理解できるように、まずは「できなくする」というフールプルーフを先に検討すべきです。 しかし、状況的に「できなくする」ということが困難な場合もあります。 そのため、フェイルセーフにおいてエラーが起きても安全になるような設計、計画あるいは対策が必要になるのです。 フェイルセーフはフールプルーフのように「できなくする」というような一義的な概念ではなく、安全のための防護壁を二重、三重に設けるべきものです。 つまり、安全対策のすべてで考慮すべき概念です。 そのため、フールプルーフが困難な場合は、安全側に導かれるような施策を設ける「フェイルセーフ」が必要となるということです。

次の

フェイルセーフとフールプルーフの違い

フェール セーフ

フェイルセーフとフールプルーフの意味と事例 フェイルセーフとはなにか? フェイルセーフ fail safe とは 製品やシステムに故障あるいはエラーが発生しても安全が維持できるように工夫することです。 つまり、ミスやエラーが発生しても、安全側に向かうような工夫です。 フェイルセーフには以下のような例がある ・ 自動車のスライドドアに身体が挟まれそうになったらドアが停止する ・ 異常を検知した列車が自動的に緊急停止する 医療のフェイルセーフには以下のような例がある 【医療におけるフェイルセーフの例】 ・ 自然災害が発生して病院が停電になっても自家発電によって電気の供給が無くならないようにする ・ 医療機器を誤った使用法で操作しようとした場合に自動的に機能を停止する フールプルーフとはなにか? フールプルーフ fool proof とは 人間が誤った行為をしようとしても出来ないようにする工夫のことです。 フールプルーフには以下のような例がある ・ 洗濯機は蓋を閉じなければドラムが回転しない ・ 自動車はブレーキを踏んでいなければエンジンをかけられない ・ 電気ケトルで湯を沸かそうとしても水が入っていなければスイッチをONにできない 空焚き防止のため 医療のフールプルーフには以下のような例がある 【医療におけるフールプルーフの例】 ・医療用ガスの接続部が同じピン数だとつながらない ・輸液ラインのコネクターに輸液用シリンジをつなごうとしてもサイズが違うためつながらない ・ 名前やパッケージが似ている薬剤を別々の場所で保管して取り違えないようにする スポンサーリンク フェイルセーフとフールプルーフの違い フェイルセーフとフールプルーフの違いは、そもそも エラーを起こさせないようにするのか、 エラーが起きても事故につながらないようにするかにあります。 そのため、まず設計や計画段階で考慮すべきはフールプルーフの方になります。 つまりエラーそのものをさせない設計と計画です。 いわば フェイルセーフはフールプルーフの次善策といえます。 ヒューマンエラー対策の原則は「 エラーできない方法」を検討することです。 そのため、まずはフールプルーフを考慮すべきだということになるのです。 以下の図はヒューマンエラーが事故につながるのを防止するために検討すべき手順です。 この図から理解できるように、まずは「できなくする」というフールプルーフを先に検討すべきです。 しかし、状況的に「できなくする」ということが困難な場合もあります。 そのため、フェイルセーフにおいてエラーが起きても安全になるような設計、計画あるいは対策が必要になるのです。 フェイルセーフはフールプルーフのように「できなくする」というような一義的な概念ではなく、安全のための防護壁を二重、三重に設けるべきものです。 つまり、安全対策のすべてで考慮すべき概念です。 そのため、フールプルーフが困難な場合は、安全側に導かれるような施策を設ける「フェイルセーフ」が必要となるということです。

次の

フェールソフト/フェールセーフ/・・10つをかんたんに覚える方法

フェール セーフ

基本情報の勉強で一番厄介なのが似たような単語の区別だと思うのですが、 フォールトトレラント、フェールソフト、フールプルーフ…全部「フ~」でマジ無理って思ったので、 備忘録としてまとめます。 (最悪 赤太文字だけ見れば区別できるように書いています) Fの対障害用語 ・フォールトトレラント ・フォールトトレランス ・フォールトアボイダンス ・フォールトマスキング ・フェールセーフ ・フェールソフト ・フェールオーバー ・フェールバック ・フォールバック ・フールプルーフ こんなにあると思いませんでした。 どれもシステムの信頼性に関するもので、 「システム障害に対してどんな対策をするか」がポイント。 名前が似てるだけじゃなくて、考え方だったり機能の話だったりするのが紛らわしい。 フォールトトレラント(Fault Tolerant) 障害発生時、 機能を縮小せずに継続させる設計手法。 広義では「問題発生時の備え」という考え方そのものを指したりもする。 何かが起こっても今まで通りに稼働させる。 誤りに対して寛容。 ・ハードディスクのRAID ・停電時でも発電機の起動で電力供給を継続するビル トレラント(tolerant):許容、耐性のある -形容詞 2. フォールトトレランス(Fault Tolerance) フォールトトレラントと同義。 形容詞か名詞かの違い。 トレランス(tolerance):耐性 -名詞 3. フォールトアボイダンス(Fault Avoidance) 事前対策により、障害を回避する設計手法。 これも考え方や、技術を指したりする。 ・高品質な部品を使う ・故障しにくい設計 ・テストの徹底 アボイダンス(avoidance):逃避、回避 4. フォールトマスキング(Fault Masking) 障害時に 障害の影響を他に与えないようにするという考え方。 システムの外から見ると故障状態はマスキングされる。 フェールセーフ(Fail Safe) 障害発生時、 安全を優先してシステムを移行する設計思想。 制御し続けないかぎり作動部は停止方向に動作させるようになっている。 ・電気ストーブ(倒れたら勝手に消える) ・踏切の遮断機(故障時は重力で下がる=踏切に立ち入れないようにする) セーフ(safe):安全 6. フェールソフト(Fail Soft) 障害発生時、機能を縮小してでも 稼働継続を優先する設計思想。 作動部が一部動作しなくてもなんとか制御続行可能にする。 フェールオーバー(Fail Over) 障害発生時、 自動的に予備システムに切り替えること(機能)。 つまり、システムが冗長化されている必要がある。 具体的な機能の話。 フォールトトレラントのような考え方があって、フェールオーバーの仕組みが採用されているという関係性。 フェールバック(Fail Back) した予備から障害発生前の元の状態に切り戻すこと(機能)。 これも機能の話。 フォールバック(Fall Back) 機能や性能を下げて(制限して)稼働を続けること。 「縮退運転」ともいう。 と似てるが、フェールソフトが フェールの後処理の考え方で、フォールバックは フェールを起こしにくくする為の考え方。 フールプルーフ(Fool Proof) ユーザが誤った操作をしても、安全に稼働させる設計思想。 「大抵の人は説明書を読まないので意図しない操作に備えよう」という考え方。 ・電子レンジ(扉を閉めなければ作動しない) ・トイレのおしり洗浄機(人が座っていないと水は出ない) プルーフ(proof):耐性、防ぐ 区別のポイント 実際名前だけではなく意味も結構似ているなと感じます。 似てるやつは自分が納得できるポイント大事。 「フォールトに備えてたのにフールがフェイルを起こしたのでフォールした」 (参考:) 「 障害(fault)に備えてたのに おばかさん(fool)が やらかした(fail)ので 性能を落として稼働を継続(fall)した」 って感じでしょうか。 おわりに 個人的には「フールプルーフ」っていう名前に技術者側の感情が乗ってて好きです。 ちゃんと説明書読むようにします。

次の