ヘラクレス対ジャックザリッパー。 英雄ヘラクレス VS 人類史上最悪の殺人鬼ジャック・ザ・リッパー 終末のワルキューレがとまらない5

【終末のワルキューレ】ネタバレ🤔|wikiより徹底解説!登場人物の最強の戦いを紹介

ヘラクレス対ジャックザリッパー

コミックゼノン自体は、あまり聞き馴染みのない漫画雑誌かも知れません。 コミックパンチは、週間コミックパンチの編集を行なっていたコアミックスが徳間書店をパートナーとして創刊した漫画雑誌になります。 そのため、週間コミックパンチの特徴を色濃く引き継いでおり、青年を対象とした作品が非常に多いです。 終末のワルキューレを始めとした数々の注目作品が連載されており、目が離せない漫画雑誌になっています! 終末のワルキューレは、その迫力あるバトルシーンからアニメ化を待望する声が非常に多いです。 確かに、動きの激しいバトルシーンはアニメ化すると非常に映えそうですよね! 100万部を売り上げたこともあり、十分にアニメ化の可能性はあります! 期待が高まりますね! 終末のワルキューレ3巻まで一気読みしたけど展開クソ熱いなこれ。 アニメ化希望やわ。 特にアダムとゼウス戦は胸熱過ぎてやばかったし、アダムほんとかっこいい。 左の子ね — 拘束具の孫 キンスレ LfVoZNRLksyWSTr やばい。 終末のワルキューレ買ってみたけどこれ死ぬほど熱いやつや トールvs呂布奉先 呂布奉先の入場シーンだけで全身の血が沸騰出来るレベル。 これufoとか作画がエグい所でアニメ化して欲しい。 入場シーンだけでも。 というかこの入場シーンはむしろ劇場版で爆音で聞きたい感ある。 — コウヅキ maxspeed2 漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ 天界では、1000年に1度の人類存続を審議する会議が行われていました。 人間は、数多くの悪行を行なってきました。 環境汚染や戦争など、挙げればキリがありません。 そのため、神々は人類を滅亡させる「終末」という結論を出します。 しかし、そこで反対の声をあげたのがワルキューレであるブリュンヒルデです。 終末のワルキューレ、よくある感じの神様が愚かな人類を滅ぼすことを決定しちゃったけどそんなことはさせないぞ!って漫画なんだけどその神の決定を覆すためにブリュンヒルデが提案した方法がこんなだからすごく好き — 中村 nakamuraou ワルキューレとは、半分神、半分人間の存在で兼ねてから人類と深い関わりがありました。 そのため、易々と人類を見捨てることができず、神々に神VS人類最終闘争 ラグナロク を申し出ます。 終末のワルキューレの醍醐味といえば、神と人間の迫力ある戦いです。 その神VS人類最終闘争 ラグナロク の出場者は以下の通りです。 480) 始皇帝(B. 259-B. 圧倒的な武力とその勇敢さは、他の武将の追随を許しませんでした。 後に中国を手中に収める曹操によって殺されましたが、史実では最強とされている武将です。 北欧神話最強の戦神 トール神 次に神サイドのトール神は、北欧神話に登場する神です。 神々の敵とされている巨人たちを、稲妻を象徴としている武器「ミョルニル」で数多く倒したと言われています。 その武力の高さから北欧神話最強の戦神です。 呂布VSトールの戦い 非常に高い武力が史実的に証明されている2人の戦いは、初戦にも関わらず熾烈を極めました。 神であるトール神は、人間と格が違うため倒すのは不可能だと思われていました。 しかし、ワルキューレの四女ランドグリースの神器錬成によって呂布はトールを圧倒します。 そのまま勝利を収めるかと思われましたが、トールは、ミョルニルを覚醒させ真の力を解放します。 双方の渾身の一撃がぶつかり合った結果、トール神に軍配が上がりました。 第二戦(単行本2,3巻) 『終末のワルキューレ』2巻から引用 人類の創造主 アダム 人間サイドのアダムとは、創造主ヤハウェ・エロヒムによって創られた最初の人間です。 つまり、このアダムを父親として今の人類は生まれたということになります。 まさに最古の人類ですね。 妻のイヴと合わせて、アダムとイヴというペアは一度は聞いたことがありますよね。 ギリシャ神話最強の絶対神 ゼウス 神サイドのゼウスとは、ギリシア神話に登場する全知全能の神です。 全宇宙を破壊することができるほどの巨大な雷を武器としており、全宇宙や天空を支配するまさに絶対神です。 数多く存在する神の中でも、トップクラスの力と権力を持ち合わせた存在ですね。 アダムVSゼウスの戦い それぞれの世界の絶対的な存在である2人の戦いです. 序盤はアダムが自分が見た神の技を全て模倣できる能力「神虚視」によってゼウスの技を全てコピーし、ゼウスの攻撃を避け続けることで戦いを優位に進めます。 アダムによるワンサイドゲームかのように思われましたが、ゼウスが自身の最終形態「阿陀磨須 アダマス 」に変化すると状況は一転します。 ゼウスの攻撃が早すぎて、アダムは「神虚視」により視神経を損傷してしまいます。 アダムは失明するまで「神虚視」を使い続け、お互いが限界まで拳をふるい続けた結果、ゼウスに軍配が上がりました。 第三戦(単行本3,4巻) 『終末のワルキューレ』4巻から引用 我流を極めし剣客 佐々木小次郎 人間サイドの佐々木小次郎は、安土桃山時代から江戸時代にかけての剣客です。 かの有名な宮本武蔵と戦ったことでも有名です。 独自の流派である岩流を名乗り、燕返しという剣法を編み出したことでも知られる剣豪で高い実力の持ち主です。 ギリシャ神話の泉の守護神 ポセイドン 神サイドのポセイドンは、ギリシア神話に登場する海と地震を司る神です。 ギリシア神話において最高神であるゼウスに次ぐ力を有しており、海洋はもちろん全ての大陸をも支える圧倒的な存在です。 その姿から、泉の守護神とも呼ばれています。 佐々木小次郎VSポセイドンの戦い 人間サイドにとっては、後が無いこの3戦目。 佐々木小次郎は、小次郎が生前に幾多の強者を相手に敗け続けてもなお頭の中で戦い続けた事で達した境地「千手無双」による先読みでポセイドンの攻撃をかわし続けます。 しかし、海のゼウスとも恐れられるポセイドンがその程度で負けるはずもなく、佐々木小次郎は神器錬成した武器である「備前長光三尺余寸」をへし折られてしまいます。 敗北を覚悟した人間サイドでしたが、佐々木小次郎は折れた武器を手に立ち上がります。 そして、その2つに折れた刀を2本の剣として神器錬成し、ポセイドンに再度立ち向かっていきます。 この戦いの決着は、4巻時点では描かれていません。 5巻が非常に楽しみですね! 迫力のあるバトルは興奮ものです! 人間と神々の戦いであるラグナロクを主軸として、終末のワルキューレは話を展開していきます。 その中で最も注目すべきなのは、今後どういった組み合わせで対戦が行わられるのかという点です。 4巻の次回予告には、ジャック・ザ・リッパーとヘラクレスが戦うと記されていました。 おぉぉいいい!遂に出てきたぞww 人類代表「ジャック・ザ・リッパー」 まじでシモヘイヘの次に楽しみにしてた — くま【チョユリ藩主】 kid18go3 どちらが勝つのか気になるところですね! ラグナロクは、ワンサイドゲームのように見えてもどんでん返しがあります。 神と人間ならば、人間の方が不利だというのは当たり前です。 しかし、神器錬成によりさらに強大な力を手にして神と並ぶ人間の姿は、見ていてとても気持ちがいいです。 人間が神に立ち向かっていくその姿は感情移入がとてもしやすいです。 ラグナロクは、勝敗はもちろんですが人間の勇ましい姿や人智を超越した能力なども描かれているので、同じ人間として楽しめるポイントの一つです。 2つ目の魅力は、登場人物が実在した人間だという点です。 アダムは、史実上明らかではない部分も多いですが、佐々木小次郎や呂布は実在した人物です。 そのため、各登場人物の歴史的な背景を振り返ると、どういった能力を持っているのか、どのようにして戦うのかを予想することができます。 考察が捗る漫画は、非常に魅力的ですよね。 改めて、日本史や世界史と向き合うことになりそうです。 このように歴史上の人物が登場する作品は数多くありますが、バトルしかしないというのは非常に珍しいです。 そのため、登場人物の特徴や技が余すことなく表現されており、フィクションの登場人物という一面と実在した人物という一面をうまく併せ持った絶妙なバランスのキャラクターに仕上がっています。 このように魅力的な登場人物が非常に多く、それらが脇役ではなくバトルという形で平等に活躍するという点も非常に魅力的なポイントです。 終末のワルキューレのTwitterの感想・評価 終末のワルキューレに関する評価です! 熱々なバトル漫画です! — ここ【祝】フォロワー1500人!! 1かんから4かんまで、いっきによんでしまいました。 とくにアフロディテのおっぱいがすごかったので、もっとでばんをふやしてください。 時間を忘れて読みふけってしまいました。 バトルシーンはスピード感、表現、良い意味で厨二臭さが、よく出来てるなと感心しました。 元のキャラのネームバリューが凄まじいので、それだけで引き込まれる厨二病患者もいるのでは無いでしょうか。 ただ5箇所、残念な部分があり、1つ目はバトルが全て単調。 バトルなので、どちらかの目線で強者を屠る為の一撃を作るシーン等があれば、よりバトルシーンにのめり込みやすいんですが、ただの力 技 の押し付け合いという一瞬で見飽きる展開しか用意してないので、これ以降の話が出ても買う気にはなれませんね。 2つ目は選抜内容が気持ち悪い。 何故宮本武蔵じゃダメだったのか。 何故関羽じゃ良くなかったのか。 アダムじゃなくても、ヘラクレスやファラオでもその力 権力もここでは入るのかは不明 はあるはず。 選抜でこのメンバーじゃないと絶対ダメという根拠も無ければ、シモ・ヘイヘという厨二病患者が好きな現代戦闘技術に長けただけの一般兵を選ぶ謎のセンス。 とりあえず強いor漫画で出てきた人物適当に戦わせよう感が凄まじ過ぎて気持ち悪いですね。 3つ目は神の質が悪い。 この漫画の根本的な内容が人は要るのか、要らないのか、な訳です。 つまり人間側から見れば神は悪役のような立ち位置な訳です。 そして神という絶対的な力を持つ存在に、人間という非力な生き物が立ち向かっていくという、盤面が裏では既に出来上がってます。 なのに、ネットでイキるクソガキのような神しか観客には居ず、本来あるはずの絶対的強者が闘技者しかいないという、神様としての設定のガバガバ感。 最終的に人間が神を倒し、神の代わりになるとかそういう展開の為の付箋だったとしても、ここまでアホ丸出しな神をぶっ殺してもスッキリしませんね。 まぁ適当に上げたものは元々神が所持していた代物もあるので、詳しく武器は調べる必要性がありますが。 5つ目内容がつまらない。 今までの全てを含めて、神と人間の選抜の仕方、ワルキューレの必要性、強者の基準、ネーミングセンス、戦略性全てが何故それである必要があるの?と疑問に思う事が多過ぎで、厨二病患者しか惹き付けられない展開しかないストーリーをあと10人?程見なきゃ行けないのかという胃もたれが凄まじい漫画。 本来疑問点は最初のうちに、1~2用意し、1つ解決すると別の疑問点が湧く。 レベルにしないとしっちゃかめっちゃかのままゴールにたどり着き、後味の悪いだけの漫画になってしまう。 総評5段階中2. 5 厨二病患者が好きな漫画。 何も考えず、カップ麺のように腹を満たす為だけの内容で、それでも良いなら買ってもいい。 バトルシーンは多く、裏ストーリー等は今の所皆無な為、脳死でオケ。 ただし、1つのバトル漫画として見るのはお粗末な為、バトルシーンを徹底的に楽しみたい人は別の漫画を読んだ方が良い。

次の

【終末のワルキューレ】ネタバレ・感想 勝敗まとめ

ヘラクレス対ジャックザリッパー

【終末のワルキューレ】ネタバレ・感想 勝敗まとめ 【週末のワルキューレ】とは、人類存亡を賭け、人間と神が戦いを行うという漫画です! 人間13人と神13人が戦うのですが、この記事では勝敗のまとめや、感想を述べていきます。 範馬刃牙などの、タイマンバトル漫画が好きな方には必ず刺さる漫画です!!! 【終末のワルキューレ】とは 【終末のワルキューレ】について、ちょっとだけ説明。 作画:アジチカ先生 原作:梅村真也先生 構成:フクイタクミ先生 が月刊コミックゼノンにて連載中の漫画となります。 その内容は、神と人類によるタイマン勝負、通称「神VS人類最終闘争(ラグナロク)」を行うこと。 その内容とは、13対13で試合が行われ先に7勝した方が勝利。 人類存亡を賭け熱いバトルが繰り広げられる。 ワルキューレのブリュンヒルデも震え怖気づいてしまう神。 その神の強さは圧倒的であろうという意識を植え付けた後での初戦である。 人類側の呂布と言えば、三国志系のゲームをやっていれば最強ということを皆植え付けられている。 あれ、もしかしたら勝てるんじゃねと思っているところで試合開始。 武器と武器での軽い手合わせでは互角。 ここでトールが必殺のトールハンマーを繰り出すも、カウンターを繰り出す呂布。 ここで、なるほど!さすがの呂布!名前に恥じぬ強さ!これは呂布の勝ちと思いました。 しかし、トールの武器ミョルニルが覚醒。 ここで、少しだけ風向きが変わります。 しかししかし、その覚醒した猛攻も受け止める呂布。 と思った瞬間、呂布の足がボキーっと折れました。 ここで、一つ思い出します。 呂布と言えば赤兎馬でしょ!ハハーン、これに乗って逆転のながれだな!と。 全力での一撃勝負、呂布の天喰とトールの覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)がぶつかります。 完全に呂布の勝利と思った次のページ、呂布の武器は壊れ、腕がもげていました。 第一回戦は、神の勝ちです。 人類を支配できる神なのだから、最初は神が勝つんでしょと思わせておきながら、人類が勝てそうと思わせ、やっぱり神は強かったという展開。 うまい、うまいよ先生。 第2試合 アダムVSゼウス戦について 2-3巻 リンク 第2試合、まず驚いたのがラスボス扱いと思っていたゼウスがもう登場してくるところ。 これは、消化試合かと思いました。 しかし試合が始まってみると、人類側のアダムは、神虚視(かみうつし)という能力を用いて、ゼウスの技をコピーしカウンター。 一方的にゼウスをボコボコにします。 なるほど、ゼウスは強そうと思わせておいての噛ませ犬かと思いました。 極めつけは「子供たちを守るのに理由なんているのかい」という、アダムのセリフ。 もう読み手は、完全にアダムの虜です。 絶対的ヒーローの誕生です。 しかし、ゼウスの最終形態:阿陀磨須(アダマス)になったところで、展開が読めなくなります。 最終形態になってもアダムは攻撃をカウンターし続けます。 やはり絶対的ヒーローが勝つんだと思っていたところに、その絶対的能力にも限界があることが分かります。 読み手としては、アダムを応援していますが、負ける流れを感じ取ります。 アダムはついに視力を失い、ボコボコにされます。 ここで決着かと思った最中、アダムはゼウスを捕まえます。 アダムにも分が出てきたところで打ち合い開始。 最終的に立っていたのはアダム!だったのですが、すでに死亡。 ゼウスは生きていたため、第二回戦も神の勝利です。 読み手を人類側に引き寄せる展開でした。 最後までどちらが勝つかわからなくさせる展開、本当に面白い。 第3試合 佐々木小次郎VSポセイドン戦について 3-5巻 リンク 第三試合は、佐々木小次郎が登場。 若いイケメンを想像していましたが、中年の佐々木小次郎が登場したことにちょっとだけ驚き。 2敗していると、漫画的にはそろそろ人類勝たせないと、あとの展開が読めてしまうだろうと、変に考えてしまう面白くない大人な私ですが、それも裏切ってくる漫画なので面白い。 開始早々、佐々木小次郎がやられるのですが、それは実は意識の中での話。 佐々木小次郎はシミュレーションをしながら、かつ術を模索していた。 そこで始まるポセイドンのエピソード。 ポセイドンは昔、神の秩序を守るため、悪い神を瞬殺したという回想が描かれる。 とても強く、神らしい神であることが刷り込まれたため、これは3連敗の流れなのかと頭をよぎる。 ここでいったん、佐々木小次郎があぐらをかき「死にたくねぇなあ」の一言。 漫画において大体こういうキャラは強い。 佐々木小次郎が攻撃を仕掛ける、しかしポセイドンはかわす、しかししかし、そこからの燕返しを繰り出す。 攻撃は、かする程度だったが、対等に渡り合えそうな展開になってきました。 これで火がついたポセイドンは怒涛の攻撃を仕掛けます。 それをかわしていく佐々木小次郎であったが、予想以上の疾さを見せ攻撃がヒットしてしまう、そこでポセイドンは不敵の笑みを浮かべ「雑魚が」と一言。 ごめん、これはさすがにフラグ立てましたなポセイドンさんよ。 こういうセリフを吐く奴は三下扱いになっちゃうんですよ漫画って。 と思っていたら、武器を壊される小次郎。 まてまて、これは綺麗に2つに割れてるから、武蔵の力借りるでしょと正直予想できちゃいましたw とはいえ、第1試合、第2試合で予想を裏切ってきた部分もあるので、油断はできません。 そして、佐々木小次郎は繰り出しました、萬手無双からの双燕斬虎万刃繚乱を。 相手の腕はもげ、勝ちを確信したのですが、もげてない手でさらに槍を突いてくる執念。 これは、まずいやつかもしれないと思った次のページで、佐々木小次郎の一閃。 両腕がもげても、槍を加えて最後の一撃を仕掛けてくるポセイドン、しかしすでに勝負あり、佐々木小次郎のクロス切りでポセイドン撃破。 死に間際の「この雑魚が」で、しっかりとある意味フラグは回収しております。 第三回戦は、人間の勝利。 リンク 開始早々、ジャックザリッパーは、神器であるハサミで切れ味を見せつけます。 バトル開始かと思ったら即座にジャックザリッパーは逃げ出します。 ヘラクレスが追いかけると、ジャックザリッパーは紅茶を飲んでいました。 おちょくられた、ヘラクレスは猛攻をしかけ、神器のハサミを破壊。 これで勝負が終わりと思ったら無数のナイフがヘラクレスの体に突き刺さります。 新規のハサミは、ウソ。 本当は、神器を創出する袋が神器なのだと言い放ちます。 そしてヘラクレスも命を削った必殺技を繰り出します。 ジャックザリッパーのナイフ攻撃を打ち返していくヘラクレス、少しづつ追い詰められていくジャックザリッパーは時計 ビッグベン の大きな文字盤をヘラクレスに投げつけます。 人が作り出した武器は、神には通用しないので、ヘラクレスは片腕で打ち返そうとします。 しかし、人器であるはずの文字盤は、ヘラクレスの腕を切り落とします。 そうです、神器を創出する袋というのもまたウソ。 袋に入る程度のサイズしか、神器にできないと思わせていたのです。 本当の神器は手袋。 触れたものを神器にするという神器でした。 まさに外道である、ジャックザリッパーですが、ヘラクレスは「苦しみから救ってやる」と言い放ち、ジャックザリッパーと対峙します。 最後の技、ケルベロスを呼び出し融合します。 その力は圧倒的で、ジャックザリッパーを追い詰めます。 最終局面、ヘラクレスが振り上げた拳を叩きつけようとしたところ、最後の力を振り絞りジャックザリッパーの手刀がヘラクレスの体を貫きます。 ヘラクレスは人間を愛していました。 最後まで、人間を倒すのではなく、変えよう・愛そうと抱きしめながら、ヘラクレスは砕けていきました。 第4回戦も、人間の勝利となります。 しかし、作者はとても読み手を裏切るのが好きと感じた試合でした。 ヘラクレスを応援したくなるような書き方をしておいて、ヘラクレスを負けさせるという。 意地悪だなあと思いつつも、人の心をゆさぶる上手い漫画だなあと思いました。 そして、回想とかも含め、1試合の話数が多くなっていたのも変化でした。

次の

終末のワルキューレ

ヘラクレス対ジャックザリッパー

コミックゼノン自体は、あまり聞き馴染みのない漫画雑誌かも知れません。 コミックパンチは、週間コミックパンチの編集を行なっていたコアミックスが徳間書店をパートナーとして創刊した漫画雑誌になります。 そのため、週間コミックパンチの特徴を色濃く引き継いでおり、青年を対象とした作品が非常に多いです。 終末のワルキューレを始めとした数々の注目作品が連載されており、目が離せない漫画雑誌になっています! 終末のワルキューレは、その迫力あるバトルシーンからアニメ化を待望する声が非常に多いです。 確かに、動きの激しいバトルシーンはアニメ化すると非常に映えそうですよね! 100万部を売り上げたこともあり、十分にアニメ化の可能性はあります! 期待が高まりますね! 終末のワルキューレ3巻まで一気読みしたけど展開クソ熱いなこれ。 アニメ化希望やわ。 特にアダムとゼウス戦は胸熱過ぎてやばかったし、アダムほんとかっこいい。 左の子ね — 拘束具の孫 キンスレ LfVoZNRLksyWSTr やばい。 終末のワルキューレ買ってみたけどこれ死ぬほど熱いやつや トールvs呂布奉先 呂布奉先の入場シーンだけで全身の血が沸騰出来るレベル。 これufoとか作画がエグい所でアニメ化して欲しい。 入場シーンだけでも。 というかこの入場シーンはむしろ劇場版で爆音で聞きたい感ある。 — コウヅキ maxspeed2 漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ 天界では、1000年に1度の人類存続を審議する会議が行われていました。 人間は、数多くの悪行を行なってきました。 環境汚染や戦争など、挙げればキリがありません。 そのため、神々は人類を滅亡させる「終末」という結論を出します。 しかし、そこで反対の声をあげたのがワルキューレであるブリュンヒルデです。 終末のワルキューレ、よくある感じの神様が愚かな人類を滅ぼすことを決定しちゃったけどそんなことはさせないぞ!って漫画なんだけどその神の決定を覆すためにブリュンヒルデが提案した方法がこんなだからすごく好き — 中村 nakamuraou ワルキューレとは、半分神、半分人間の存在で兼ねてから人類と深い関わりがありました。 そのため、易々と人類を見捨てることができず、神々に神VS人類最終闘争 ラグナロク を申し出ます。 終末のワルキューレの醍醐味といえば、神と人間の迫力ある戦いです。 その神VS人類最終闘争 ラグナロク の出場者は以下の通りです。 480) 始皇帝(B. 259-B. 圧倒的な武力とその勇敢さは、他の武将の追随を許しませんでした。 後に中国を手中に収める曹操によって殺されましたが、史実では最強とされている武将です。 北欧神話最強の戦神 トール神 次に神サイドのトール神は、北欧神話に登場する神です。 神々の敵とされている巨人たちを、稲妻を象徴としている武器「ミョルニル」で数多く倒したと言われています。 その武力の高さから北欧神話最強の戦神です。 呂布VSトールの戦い 非常に高い武力が史実的に証明されている2人の戦いは、初戦にも関わらず熾烈を極めました。 神であるトール神は、人間と格が違うため倒すのは不可能だと思われていました。 しかし、ワルキューレの四女ランドグリースの神器錬成によって呂布はトールを圧倒します。 そのまま勝利を収めるかと思われましたが、トールは、ミョルニルを覚醒させ真の力を解放します。 双方の渾身の一撃がぶつかり合った結果、トール神に軍配が上がりました。 第二戦(単行本2,3巻) 『終末のワルキューレ』2巻から引用 人類の創造主 アダム 人間サイドのアダムとは、創造主ヤハウェ・エロヒムによって創られた最初の人間です。 つまり、このアダムを父親として今の人類は生まれたということになります。 まさに最古の人類ですね。 妻のイヴと合わせて、アダムとイヴというペアは一度は聞いたことがありますよね。 ギリシャ神話最強の絶対神 ゼウス 神サイドのゼウスとは、ギリシア神話に登場する全知全能の神です。 全宇宙を破壊することができるほどの巨大な雷を武器としており、全宇宙や天空を支配するまさに絶対神です。 数多く存在する神の中でも、トップクラスの力と権力を持ち合わせた存在ですね。 アダムVSゼウスの戦い それぞれの世界の絶対的な存在である2人の戦いです. 序盤はアダムが自分が見た神の技を全て模倣できる能力「神虚視」によってゼウスの技を全てコピーし、ゼウスの攻撃を避け続けることで戦いを優位に進めます。 アダムによるワンサイドゲームかのように思われましたが、ゼウスが自身の最終形態「阿陀磨須 アダマス 」に変化すると状況は一転します。 ゼウスの攻撃が早すぎて、アダムは「神虚視」により視神経を損傷してしまいます。 アダムは失明するまで「神虚視」を使い続け、お互いが限界まで拳をふるい続けた結果、ゼウスに軍配が上がりました。 第三戦(単行本3,4巻) 『終末のワルキューレ』4巻から引用 我流を極めし剣客 佐々木小次郎 人間サイドの佐々木小次郎は、安土桃山時代から江戸時代にかけての剣客です。 かの有名な宮本武蔵と戦ったことでも有名です。 独自の流派である岩流を名乗り、燕返しという剣法を編み出したことでも知られる剣豪で高い実力の持ち主です。 ギリシャ神話の泉の守護神 ポセイドン 神サイドのポセイドンは、ギリシア神話に登場する海と地震を司る神です。 ギリシア神話において最高神であるゼウスに次ぐ力を有しており、海洋はもちろん全ての大陸をも支える圧倒的な存在です。 その姿から、泉の守護神とも呼ばれています。 佐々木小次郎VSポセイドンの戦い 人間サイドにとっては、後が無いこの3戦目。 佐々木小次郎は、小次郎が生前に幾多の強者を相手に敗け続けてもなお頭の中で戦い続けた事で達した境地「千手無双」による先読みでポセイドンの攻撃をかわし続けます。 しかし、海のゼウスとも恐れられるポセイドンがその程度で負けるはずもなく、佐々木小次郎は神器錬成した武器である「備前長光三尺余寸」をへし折られてしまいます。 敗北を覚悟した人間サイドでしたが、佐々木小次郎は折れた武器を手に立ち上がります。 そして、その2つに折れた刀を2本の剣として神器錬成し、ポセイドンに再度立ち向かっていきます。 この戦いの決着は、4巻時点では描かれていません。 5巻が非常に楽しみですね! 迫力のあるバトルは興奮ものです! 人間と神々の戦いであるラグナロクを主軸として、終末のワルキューレは話を展開していきます。 その中で最も注目すべきなのは、今後どういった組み合わせで対戦が行わられるのかという点です。 4巻の次回予告には、ジャック・ザ・リッパーとヘラクレスが戦うと記されていました。 おぉぉいいい!遂に出てきたぞww 人類代表「ジャック・ザ・リッパー」 まじでシモヘイヘの次に楽しみにしてた — くま【チョユリ藩主】 kid18go3 どちらが勝つのか気になるところですね! ラグナロクは、ワンサイドゲームのように見えてもどんでん返しがあります。 神と人間ならば、人間の方が不利だというのは当たり前です。 しかし、神器錬成によりさらに強大な力を手にして神と並ぶ人間の姿は、見ていてとても気持ちがいいです。 人間が神に立ち向かっていくその姿は感情移入がとてもしやすいです。 ラグナロクは、勝敗はもちろんですが人間の勇ましい姿や人智を超越した能力なども描かれているので、同じ人間として楽しめるポイントの一つです。 2つ目の魅力は、登場人物が実在した人間だという点です。 アダムは、史実上明らかではない部分も多いですが、佐々木小次郎や呂布は実在した人物です。 そのため、各登場人物の歴史的な背景を振り返ると、どういった能力を持っているのか、どのようにして戦うのかを予想することができます。 考察が捗る漫画は、非常に魅力的ですよね。 改めて、日本史や世界史と向き合うことになりそうです。 このように歴史上の人物が登場する作品は数多くありますが、バトルしかしないというのは非常に珍しいです。 そのため、登場人物の特徴や技が余すことなく表現されており、フィクションの登場人物という一面と実在した人物という一面をうまく併せ持った絶妙なバランスのキャラクターに仕上がっています。 このように魅力的な登場人物が非常に多く、それらが脇役ではなくバトルという形で平等に活躍するという点も非常に魅力的なポイントです。 終末のワルキューレのTwitterの感想・評価 終末のワルキューレに関する評価です! 熱々なバトル漫画です! — ここ【祝】フォロワー1500人!! 1かんから4かんまで、いっきによんでしまいました。 とくにアフロディテのおっぱいがすごかったので、もっとでばんをふやしてください。 時間を忘れて読みふけってしまいました。 バトルシーンはスピード感、表現、良い意味で厨二臭さが、よく出来てるなと感心しました。 元のキャラのネームバリューが凄まじいので、それだけで引き込まれる厨二病患者もいるのでは無いでしょうか。 ただ5箇所、残念な部分があり、1つ目はバトルが全て単調。 バトルなので、どちらかの目線で強者を屠る為の一撃を作るシーン等があれば、よりバトルシーンにのめり込みやすいんですが、ただの力 技 の押し付け合いという一瞬で見飽きる展開しか用意してないので、これ以降の話が出ても買う気にはなれませんね。 2つ目は選抜内容が気持ち悪い。 何故宮本武蔵じゃダメだったのか。 何故関羽じゃ良くなかったのか。 アダムじゃなくても、ヘラクレスやファラオでもその力 権力もここでは入るのかは不明 はあるはず。 選抜でこのメンバーじゃないと絶対ダメという根拠も無ければ、シモ・ヘイヘという厨二病患者が好きな現代戦闘技術に長けただけの一般兵を選ぶ謎のセンス。 とりあえず強いor漫画で出てきた人物適当に戦わせよう感が凄まじ過ぎて気持ち悪いですね。 3つ目は神の質が悪い。 この漫画の根本的な内容が人は要るのか、要らないのか、な訳です。 つまり人間側から見れば神は悪役のような立ち位置な訳です。 そして神という絶対的な力を持つ存在に、人間という非力な生き物が立ち向かっていくという、盤面が裏では既に出来上がってます。 なのに、ネットでイキるクソガキのような神しか観客には居ず、本来あるはずの絶対的強者が闘技者しかいないという、神様としての設定のガバガバ感。 最終的に人間が神を倒し、神の代わりになるとかそういう展開の為の付箋だったとしても、ここまでアホ丸出しな神をぶっ殺してもスッキリしませんね。 まぁ適当に上げたものは元々神が所持していた代物もあるので、詳しく武器は調べる必要性がありますが。 5つ目内容がつまらない。 今までの全てを含めて、神と人間の選抜の仕方、ワルキューレの必要性、強者の基準、ネーミングセンス、戦略性全てが何故それである必要があるの?と疑問に思う事が多過ぎで、厨二病患者しか惹き付けられない展開しかないストーリーをあと10人?程見なきゃ行けないのかという胃もたれが凄まじい漫画。 本来疑問点は最初のうちに、1~2用意し、1つ解決すると別の疑問点が湧く。 レベルにしないとしっちゃかめっちゃかのままゴールにたどり着き、後味の悪いだけの漫画になってしまう。 総評5段階中2. 5 厨二病患者が好きな漫画。 何も考えず、カップ麺のように腹を満たす為だけの内容で、それでも良いなら買ってもいい。 バトルシーンは多く、裏ストーリー等は今の所皆無な為、脳死でオケ。 ただし、1つのバトル漫画として見るのはお粗末な為、バトルシーンを徹底的に楽しみたい人は別の漫画を読んだ方が良い。

次の