ジャッキー チェン 酔 拳。 映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』公式サイト

【映画】酔拳2のラストがエグい件

ジャッキー チェン 酔 拳

ジャッキー・チェンが日本に大ブームを巻き起こした『ドランクモンキー 酔拳』 78。 カンフー映画の定石を破る笑える演出でヒットし、『酔拳』の原型と呼ばれる『スネーキーモンキー 蛇拳』 78。 主演のみならず初監督・初脚本に挑んだ意欲作『クレージーモンキー 笑拳』 79。 これらジャッキーの原点である《拳映画シリーズ》を彷彿とさせる最新主演作。 エキサイティングなアクションやファンの心をくすぐるコミカルな描写はもちろん、今回もその歌声を惜しみなく披露する。 文豪妖怪ハンターという役で、往年のジャッキー作品の流れを汲んだ真骨頂を見せる。 ジャッキーにしか実現しえない最新の《拳映画》がパワーアップして完全復活だ。 今回、一切の特殊メイク無しでVFXを施したジャッキーが20代まで若返って登場していることでも話題となっている。 最新のVFX技術によって、若かりし頃の本人の顔を細部にわたって分析し繊細なレタッチを重ねることで、まさにタイムスリップしたかのように若々しいジャッキーの姿をよみがえらせることに成功。 最も自然な仕上がりを可能にしたムービーレタッチにより、ジャッキーファンにとって興奮を抑えきれない必見シーンが完成した。 『モンガに散る』で金馬奨 最優秀主演男優賞に輝き『黒衣の刺客』で存在感を発揮した人気俳優イーサン・ルアン、アジア・フィルム・アワード 最優秀映画賞を受賞した『芳華-Youth-』の女優エレイン・チョン、そしてジャッキー作品への出演も多いリン・ポン。 さらに、役所広司主演の日中合作スペクタクル映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』で注目される俳優リン・ボーホンら、人気俳優たちが大集結し、ジャッキーとの豪華な共演を果たしている。 1954年4月7日、香港生まれ。 幼少期に中国戯劇学院に学び、サモ・ハン、ユン・ピョウら優秀な少年による子ども京劇集団「七小福」を結成。 現在に至るまで、香港アクション映画界を牽引する存在となった。 『キャノンボール』とその続編でハリウッド進出も果たす。 『レッド・ブロンクス』は香港興行収入記録を塗り替え、全米興行チャート第1位を打ち立てた。 俳優のほか、プロデューサー、監督、脚本家、アクション監督としての才能によって、フランス芸術文化勲章をはじめ、アカデミー名誉賞を受賞するなど、映画界の国際的レジェンドと称される。 燃えよドラゴン 73 出演 カンニング・モンキー 天中拳 78 出演 ドランクモンキー 酔拳 78 出演 クレージーモンキー 笑拳 79 出演・監督・脚本 キャノンボール 80 出演 ドラゴンロード 82 出演・監督・脚本 キャノンボール2 83 出演 プロジェクトA 83 出演・監督・脚本/ スパルタンX 84 出演/ポリス・ストーリー 香港国際警察 85 出演・監督。

次の

楽天ブックス: 酔拳

ジャッキー チェン 酔 拳

概要 [ ] の初主演映画『』の改変(再編集)作品。 制作当時のでは、の死によっては下火になっており、その煽りを食らって同作はお蔵入りとなってしまった。 ジャッキーが『』のヒットによりブレイクした後、『タイガー・プロジェクト』に『酔拳』からのカットやダミー俳優による新撮映像を追加して公開されたのが本作である。 無名時代のがカラミ役で出演している。 ジャッキー自身は自伝にて『タイガー・プロジェクト』についての記述で、「1978年、僕が『酔拳』で有名になると、ある胡散くさいプロデューサーがジャッキー・チェンのそっくりさんを使い、フィルムを足し、新しい映画(中略)として公開した」と述べている。 本編ではジャッキーが替え玉だとわかりづらくするためか、顔が確認し辛い不自然に暗い場所でアクションをしたり、目隠しをして闘ったりしている。 あらすじ [ ] 父を殺された龍は、叔父の洪に引き取られる。 そこへ現れた奇妙な老人、無宿大将と知り合い、カンフーを教えてもらう。 成長した龍は食堂で働くが、食い逃げしようとしたチンピラを叩きのめしたことから、しつこく付きまとわれ、洪も殺されてしまう。 チンピラの首領が父の仇だった。 龍は首領と戦い、死闘の末仇討ちを遂げた。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語版1 日本語版2 龍 無宿大将 洪 首領 麻雀大将 龍の義姉 豚児 須田裕介 龍少年 不明 兄貴 渡邊隼人 スリ ヤン おじさん 西村太祐• バージョン違いについて [ ] 本作には、クライマックスが昼バージョン(米国公開)と夜バージョン(中国公開)の2種類が存在する。 パラマウントより発売のブルーレイに両バージョンが収録された。 脚注 [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の

酔拳 日本語吹替収録版 : 酔拳

ジャッキー チェン 酔 拳

目次 [非表示]• 酔拳とは ジャッキー・チェンの映画「ドランクモンキー 酔拳」で有名になったこの拳法。 正確には、「酔八仙拳」という。 しかし門派(流派)としては存在せず、酔拳の名を関する套路(型)があるだけである。 筆者の知る限り、酔っ払って戦う武術ではなく地面を転がりながら戦う「地功拳」の一種である。 筆者が最初に通った道場で兄弟子がやっていた酔拳を見たことがある。 当時の老師にあれが酔拳ですかと聞いたところ、「いや、あれは適当にやってるだけだ」と言われたことがある 酔八仙拳 筆者が知っているのは、蟷螂拳の中にある「酔羅漢拳」ぐらいである(学んだことはない)が、龍飛雲氏が日本で「酔八仙拳」を広めている。 やはりジャッキー・チェンフリークとしてはこちらが代表的な酔拳であろう。 酔八仙拳の八仙とは、中国の有名な八人の仙人であり、酔八仙拳は八仙の酒に酔う姿を模した象形拳でもある。 伝説では各地に伝わる酔拳を、蘇乞兒(日本語当て字:蘇化子(そかし)、別名:蘇燦)と范大杯という2人の武術家が研究し、それに少林拳や、八仙拳、地功拳などの技術を組み合わせることで、酔八仙拳を創始したと言われている。 酔八仙拳の表舞台への登場は、「上海精武体育会」の教師であった陳維賢が酔八仙拳を伝え、以後、民間に広く伝播されるようになったことが始まりであったと言う。 正確には酔酒逍遥拳と過海八仙拳に南北少林拳や象形地功拳を合せたのが酔酒八仙拳である。 尊称としては、酔酒八仙神拳でもある。 ジャッキー・チェンの映画を見るなら 主人公は中国の英雄「黄飛鴻」 黄 飛鴻 ウォン・フェイフォン の名を知っている人は相当なマニアである。 そう、ジャッキー・チェンの映画「ドランクモンキー 酔拳」の主人公の名前こそ、この黄 飛鴻である。 筆者はよく放送のあってた当時、名前など一切気にしなかったぐらいなので、初めて聞いた人も多いのではないだろうか? 中国では英雄として名高く、香港映画会では古くから黄飛鴻を主人公にした映画がたくさんある。 ジャッキー・チェンの「酔拳」もご多分に漏れず、ジャッキー演じる、半グレだけど憎めないアイツ。 あの主人公「黄 飛鴻」は、映画「酔拳」の設定では若い頃の話とされているが、実際は人物設定が同じだけのお話。 「ドランクモンキー 酔拳」は、ジャッキー・チェンの代名詞 日本では、ジャッキー・チェン映画の最初の1本目の作品であり、ジャッキーを代表する映画。 もともとは蛇拳のシリーズ的ポジションのため、出演者やスタッフなどはほぼ同一である。 蛇拳の時はまだシリアス感のあった内容も、これで完全に明るい内容になりジャッキー・チェン映画の代名詞である「コミカルカンフー」が固まったと言えるだろう。 忘れられない赤鼻の老師、ユエン・シャオティエン やはり赤鼻の老師 「ドランクモンキー 酔拳」といえば、切っても切り離せないのが、あの赤鼻の老師「 蘇化子 そかし」。 この蘇化子は、伝説では酔八仙拳を創始した人物と言われている。 黄飛鴻と蘇化子の二人が出演する実はすごいドリーム映画。 この老師、蛇拳の時もそうだが奇想天外なトレーニングを主人公に課し、あれよあれよと主人公を達人へと導く理想の先生である。 老師を演じるのが「ユエン・シャオティエン」。 あの、マトリックスの武術指導でもおなじみの映画監督「ユエン・ウーピン」のお父上なのである。 読みまくったなぁ 映画「酔拳」が日本で公開された翌年、残念ながら肺がんでお亡くなりになられたのは実に残念である。 筆者が小学生の頃買った、「ジャッキー・チェン大百科」で読んで衝撃を受けたのを忘れない。 ちなみに、この映画「酔拳」と「蛇拳」の監督は「ユエン・ウーピン」。 酔拳・蛇拳ともにボス役「ウォン・チェンリー」 思い出しました? 冷酷非道なボス役はおなじみ「ウォン・チェンリー」。 え?知らない?あのウォン・チェンリーですよ? えぇ、実は筆者も抑止なら買ったので調べてみたんですが、この方実は日本で少年時代を過ごした韓国の方だったのですね。 すごい蹴り技だと思ったらテコンドー仕込みか!! 子供心になんて悪そうな髭面のやつだ。 なんて思ったものですが、あの悪役があったからこそのジャッキー・チェンが輝いたんだろう。 実際どんな映像になったのか見てみたい。 日本未公開の真のエンディングがある わりと有名な話ではあるが、ラストバトルでジャッキーが工業用アルコールを飲むのだが、最後に泡を吹いて倒れるところで通常は終了する。 ところが、香港で公開されたオリジナル版ではその後、警察署長と両親が記念撮影をするシーンがある。 そこで父親が所長に対し「息子は工業用アルコールを飲んで目が見えなくなってしまった」といい、その次のシーンで狂人になったフェイフォンが登場するシーンで締めくくられるといったブラックジョークなオチになっている。 これは国際公開版からはカットされており、ジャッキー自身もこのオリジナルエンディングは自粛する考えらしく、今後ブルーレイなどでお目にかかることはないかもしれない。

次の