ユー エムシー エレクトロニクス 株価。 ユー・エム・シー・エレクトロニクス (6615) : 株価診断・理論株価 [UMC Electronics]

ユー・エム・シー・エレクトロニクス[6615]

ユー エムシー エレクトロニクス 株価

ユー・エム・シー・エレクトロニクスグループは、同社及び連結子会社11社(UMC Electronics Hong Kong Limited、UMC Electronics Shenzhen Co. , Ltd. 、UMC Electronics Dongguan Co. , Ltd. 、UMC Electronics Products Dongguan Co. , Ltd. 及びUMC Electronics Vietnam Limited他)により構成され、電子回路基板の実装並びに加工組立製造・開発を国内外有力メーカー等から受託するEMS Electronics Manufacturing Service 事業を主たる事業とし、「物づくり力」を企業活力の源泉とする企業である。 事業内容同社は、主にEMS事業及びその他の事業を営んでいる。EMS事業は、エンジン制御機器、起動・発電機器、車内環境制御機器、ランプ制御機器、セキュリティ機器、カーオーディオ機器等の車載用電子機器の供給を行う車載機器業務、スマートメーター機器、インバーター、ICテスター等の電子機器の供給を行う産業機器業務、デジタル家電・AV・エアコン等の電子機器の供給を行うコンシューマー製品業務、PC・プリンター、複写機等の電子機器の供給を行うOA機器、スマートフォン・携帯電話・ウェアラブル・通信機器等の電子機器の供給を行う情報通信機器、アミューズメント機器・医療機器等の電子機器の供給、プラスティック射出成形・金型、部品事業等を行うその他業務を含む。その他の事業は、不動産賃貸、人材派遣・製造請負、保険代理店業をUMCジャストインスタッフが、画像処理認識システムの開発をサイバーコアが行っている。 49 711. 75 18 2020-06-05 6615 ユー・エム・シー・エレクトロニクス 416 428 2. 88 409. kabuchu. com2020. 09 6615 ユー・エム・シー・エレクトロニクス EMS 電子機器受託製造サービス の大手、国内2位。 com 詳細は以下のブログにてご確認ください kabuevangelist 本日の無料特選銘柄は、東証1部[6615]ユー・エム・シー・エレクトロニクス 同社は車載、産機向けが主力の電子機器受託製造・開発EMS企業で、国内工場を強化しています。

次の

ユー・エム・シー・エレクトロニクス (6615) : 株価診断・理論株価 [UMC Electronics]

ユー エムシー エレクトロニクス 株価

決算情報 ユー・エム・シー・エレクトロニクス 6615 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】140,968百万円【当期純利益】-12,286百万円【自己資本比率】5. 60 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)株主優待・配当利回りおすすめ

ユー エムシー エレクトロニクス 株価

株主の皆様には、平素より格別のご支援ならびにご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 当社グループの2018年度業績は前年度に比べ連結売上高は増収、利益は減収となりました。 受注は引き続き好調であるものの、大きく二つの要因により残念ながら掲げた目標の数字には届きませんでした。 一つは特に、メキシコ工場立ち上げと各拠点での複数の新規案件の立ち上げなどの投資費用が先行してかかっていること。 そして二つ目が米中貿易摩擦を背景としたドル高元安の影響による為替差損が発生していることです。 このように減益となったものの、中核となる車載機器においては中長期的に高い成長が見込まれ、かねてより準備を進めていた新規プロジェクトは、順調に進捗しております。 2019年3月にはPHV(プラグインハイブリッド)に搭載される基幹ユニット(充電器)の量産が開始しており、2019年度下期からは欧州メーカーのハイブリッド車向けの電源制御装置の量産が立ち上る予定です。 財務面においては借入コストの抑制、為替リスク抑制に取り組んでまいります。 また、昨年までの電子部品の逼迫に対応し、当社は安全在庫を積み上げてまいりましたが、今後は各拠点での在庫削減に努め、資本効率を高めることで、フリー・キャッシュフローを創出し、企業価値の向上に努めていく考えです。 2019年度も、車載機器を中心とした当社の中長期的な成長戦略は不変です。 引き続き、世界中で進んでいるクルマの電動化への対応力を一層強化するとともに、基幹工場である中国拠点で培った独自の生産システムの全拠点展開により米中貿易摩擦等を背景に高まっているお客様の最適地生産へのニーズに柔軟に対応してまいります。 株主の皆様の、日頃のご支援に重ねて感謝申し上げます。 今後とも、当社グループの将来性にご期待いただき、変わらぬご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

次の