ズートピア うさぎ 名前。 ズートピアに登場する花の名前は何?夜の遠吠えとの関係性は?ネタバレあり

映画『ズートピア』のあらすじ、感想、ネタバレ。吹き替えの主題歌が・・。

ズートピア うさぎ 名前

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作した、動物が擬人化した町で起きる大騒動を描いた作品が『ズートピア』です。 全編 3D コンピューターグラフィックスで製作されている今作は、迫力満点の映像美で話題になりました。 2017年のアニー賞とアカデミー賞 いずれもアニメ作品賞 を受賞しています。 同じくディズニー映画の「ベイマックス」に出てくるカフェがあったり、「アナと雪の女王」へのオマージュを思わせる設定が随所にあったりと、ディズニーファンには見所の多い作品になっています。 舞台は肉食動物と草食動物が共存 するズートピアという町での出来事です。 差別と偏見がつきものの多文化交流について鮮烈に 描かれています。 1937 年公開の『 白雪姫』から数えて第 55 作目となる作品で、公開日は 2016 年 2 月 7 日になっています。 後に民放での放送もあり、ファミリー層にも人気を博した代表作に なりました。 ディズニー作品としてよく目にする、サスペンス要素が盛り込まれているオリジナル性の高い作品です。 『ズートピア』あらすじ・ストーリー紹介 主人公はうさぎのジュディという警察官になるのが夢の女の子です。 多種多様な個性あふれる 動物たちが共存する『ズートピア』のなかで、うさぎの警察官はまだいません。 しかしその俊敏さと察しの良さが評価され見事、警察学校を卒業し、ズートピア初のうさぎの警察官になりました。 背は小さいけど足が速く機転の効くうさぎのジュディは自分に向いた仕事がしたいと 日々思い悩みながらも配属された第一分署で交通違反の取り締まりを続けます。 警察学校を首席で卒業したジュディは十数件も起きている誘拐事件を調べたいと署長に直談判しますが、「そんなに優秀なら一日 100 件の取り締まりもできるだろう」とジュディを跳ね除けてしまいます。 見返してやろうとジュディは 1日に 200 件の交通違反の切符を切ります。 そんな折、ジュディの前にキツネのニックが現れます。 うさぎにとってキツネは天敵ですがニックの後を追うと詐欺師だということが判明します。 ジュディのもとに初めての依頼が舞い込みます。 「オッタ ートン誘拐事件」というもので 48 時間以内に失踪したオッタートンを見つけ出さなければならないことになりました。 ジュディはニックに協力を求めます。 オッタートンはニックのお得意様だったのです。 とがりねずみのマフィアや野生化した凶暴な動物に立ち向かいながら、ジュディはニックと共に事件の核心に迫っていく。 『動物たちが美しい世界を描く』 日本の動物系アニメと比べて曖昧さがなく、人間的な生活水準で暮らす動物たちを描いているところがディズニーらしさなのだと思います。 弱肉強食の現実に対して、『ズートピア』の物語の主人公はうさぎの警察官です。 うさぎの天敵の詐欺師のキツネであるニックを相棒としている点も『動物たちの共生』というテーマにぴったりきます。 ズートピアの市長がライオンで、名前もレオドア・ライオンハートというたくましい名前なのですが、この百獣の王がストーリーのキーマンになってきます。 また、ストーリーを語る上で名脇役としてよく話題に上る のがナマケモノです。 ジュディとニックが不審者の車のナンバーを教えて欲しいと役所に駆け込むとそこで待っていたのはフラッシュ 閃光 という名の、役所で最も仕事の速いナマケモノなのですが、その怠けっぷりが話題になりました。 反面、フラッシュは物語の最後に 180km のスピード違反をしてしまうなど随所で観客を沸き立たせます。 『ズートピア』感想まとめ 『ズートピア』は、ディズニー・アニメーション・スタジオとしては、全世界興行収入第 2 位を記録し、日本でも最終興行成績 76 億円と大ヒットを記録した作品です。 これはディズニー発信の 3D グラフィック作品として極めて完成度が高かったことが要因としてあるようです。 繊細なアニメーションの描写により『ズートピア』という仮想空間が鮮明に描かれていることに感嘆 します。 全く違和感なく快活にキャラクターたちが躍動しているのはすごいことだと思います。 文章:Shinichiro.

次の

ディズニー映画「ズートピア」から多様性を考えてみる

ズートピア うさぎ 名前

映画『ズートピア』のあらすじを結末まで解説しています。 この先、 ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。 ) うさぎ初の警官、ジュディ うさぎのジュディは、幼いころから世界をより良くするために警官を目指していました。 「草食動物のくせに警官になれるわけがない」という周りからの言葉をはねのけ、 彼女は見事うさぎ初の警官になりました。 ジュディが任されたのは交通違反の取り締まりです。 彼女は、自分の仕事が「世界をより良くすること」とかけ離れていることにショックを受けます。 しかし、 ジュディは不屈の精神で任務を遂行し、驚異的な仕事ぶりを見せます。 詐欺師・ニック ある日、ジュディはアイスを売ってもらえずに悲しむきつねの親子にアイスをプレゼントします。 二人はジュディにお礼を言い、去って行きました。 ところがその後に見かけたきつねの親子は、 アイスを溶かして成型した後に転売し、アイスの棒を建設現場に売って儲けていたのです。 彼らは詐欺師だったのです。 ジュディがそれをとがめても、彼らは開き直るばかりで改心する様子は見られません。 ジュディはますます気を落としてしまいます。 ジュディの挑戦 そんな時、ジュディのやる気を駆り立てる事件が舞い込みます。 なんと、 行方不明のカワウソ・オッタートンの捜索をジュディがすることになったのです。 しかしボゴ署長から言われたタイムリミットは48時間。 内容の薄い捜査資料を片手に、ジュディは必死に捜査にあたります。 彼女は、捜査資料の写真のオッタートンがニックの作ったアイスを持っていることに気づき、彼を説得して捜査に協力させます。 そして聞き込みを繰り返して、 オッタートンが乗っていた車のナンバーをつきとめます。 裏のボス・ミスタービッグ 車の持ち主は、ツンドラタウンの裏のボス・ミスタービッグです。 ジュディとニックは、屋敷に不法侵入した罪で氷漬けにされそうになります。 そんな彼らを助けてくれたのは、トガリネズミの女の子です。 彼女はミスタービッグの娘で、以前ジュディに助けてもらったことがあったのです。 命拾いしたジュディは、ミスタービッグからオッタートンの話を聞きます。 彼は、車で移動中に急に暴れだして、運転手を襲って逃げて行ったといいます。 彼らは、運転手のマンチャスを訪ねることにしました。 ニックの幼少期 運転手のマンチャスは、「オッタートンは夜の遠吠えと叫びながら去って行った」と話しました。 すると突然マンチャスの様子がおかしくなり、 彼は野生動物のように襲い掛かってきたのです。 ジュディは警察署に連絡して、マンチャスをボゴ署長に会わせようとしましたが、マンチャスは逃げてしまいました。 怒った署長は、ジュディをクビにします。 しかしニックは「まだ48時間経っていない」と署長に言い、ジュディをかばいます。 ニックは、自分の幼いころのことを話し始めました。 今でこそ詐欺師のニックは、少年時代にボーイスカウトに入りたかったのだと言います。 しかし、肉食動物というだけで差別され、仲間に入れてもらえませんでした。 彼の話を聞いたジュディは、ニックのことを理解し始めます。 野生に戻った動物たち ジュディとニックは、交通カメラにマンチャスが写っているかもしれないとひらめき、ひつじの副市長・ベルウェザーに協力を依頼します。 彼女のおかげでマンチャスがオオカミに連れ去られたことが分かり、ジュディとニックは病院のような施設に潜入します。 そこには、野生に戻った動物が収容されていました。 オッタートンも檻の中にいましたが、牙をむいて威嚇するばかりで言葉を理解してくれません。 そんな時、誰かの足音が聞こえてきました。 ジュディとニックは急いで隠れると、 現れたのはライオンハート市長です。 肉食動物の彼は、狂暴化しているのが同じ肉食動物ということで、市民からの支持率が下がることを恐れていたのです。 ジュディは署長に連絡し、ライオンハートの逮捕に貢献しました。 仲たがい 一躍有名になったジュディは、記者会見で肉食動物だけが狂暴化していることや、昔は肉食動物が草食動物を襲っていたという事実を述べます。 ニックは、ジュディが自分のことを肉食動物がとして捉えていることにショックを受け、その場を立ち去ってしまいます。 その後のズートピアは、肉食動物と草食動物が仲間割れをしていさかいが勃発するようになりました。 失望したジュディは田舎に帰ってしまいます。 ところが、ジュディはそこで事件の真相を掴みます。 「夜の遠吠え」の正体は、動物を狂暴化させる花だったのです。 ジュディはズートピアに戻ってニックと仲直りをして、再び捜査に従事するのでした。 意外な真犯人 「夜の遠吠え」を高値で買っているひつじの居場所を突き止めたジュディとニックは、彼がその花で銃弾を作っているところを目撃します。 彼らはその銃を肉食動物に向けて打ち、狂暴化させていたのでした。 証拠を持ち出すために、ジュディはひつじと逃走劇を繰り広げます。 警察署まであと少しと言う所で、ジュディは意外な人物に声を掛けられます。 それは、 同じ草食動物として親切にしてくれたベルウェザー副市長でした。 彼女は草食動物が正しく評価されないことに不満を感じ、肉食動物を悪者にしてズートピアの支配しようとしていたのです。 彼女はやがて逮捕されました。 狂暴化した動物たちは治療によってもとに戻り、ジュディとニックは警官としてより一層仕事に励みます。 『ズートピア』の感想 いろいろな角度から楽しめる コメディ要素が多分に含まれているので、とても楽しく観ることができますし、「共存」という難しいテーマの追究をしながら観ることもできます。 また、熱帯の動物が住む「レインフォレスト地区」や寒帯の動物が住む「ツンドラタウン」など、 ズートピアは実際の地球の季候区分に合わせて分かれています。 この細かさは観る人の心をくすぐりますし、地理の知識の復習にもなるのではないかと思いました。 細部の工夫 オオカミが他のオオカミの遠吠えにつられて吠えてしまったり、家族が多いうさぎのジュディは計算が得意だったり、きつねのニックはずる賢かったり、 動物の習性が見事にキャラクターに反映されていて非常に面白いです。 また、途中で登場するニュースキャスターが日本版ではたぬき、中国版ではパンダ、オーストラリア版ではコアラなど、上映する地域によって少しずつ内容が変わったりしています。 物語だけでなく、そういった細かい部分にも注目してみると面白いです。 固定観念をなくそう 『ズートピア』では、「うさぎのくせに」「きつねだから」「これだから草食動物は」「肉食動物なんか」というような会話がしきりに行われています。 私は、そこに「固定観念をなくそう」というメッセージが込められているのだと思いました。 属性も体格も価値観も違う動物たちが共存するには、 偏見をなくして個性を認め合うことが大切です。 そうすればもっと生きやすい社会になる、ということを伝えたかったのではないでしょうか。 様々な人種が入り混じるアメリカならではの映画だなと思いました。 上映日 2016年4月23日 上映時間 109分 制作国 アメリカ合衆国 ジャンル 映画 監督 バイロン・ハワード キャスト 上戸彩、高橋茂雄 サバンナ など 原題 Zootopia 主題歌 Dream Ami「トライ・エヴリシング」 登場人物紹介 ジュディ・ホップス 上戸彩 警官になる夢を叶えるために上京してきた主人公。 のちにズートピア初のうさぎの警官になります。 正義感が強い努力家です。 ニック・ワイルド 森川智之 きつねの詐欺師。 ズートピアの情報通で、ジュディの捜査に半ば強制的に協力するようになります。 ジュディとの出会いで少しずつ生き方を変えていきます。 レオドア・ライオンハート 玄田哲章 ズートピアを動物の楽園として維持することを第一に考えているズートピアの市長。 ライオンという見た目によらず、意外と小心者な一面もあります。 ベルウェザー副市長 竹内順子 ズートピアの副市長。 いつもライオンハート市長にこき使われている秘書のような存在です。 気弱そうに見えて、実は腹黒い一面があります。 ボゴ署長 三宅健太 ズートピア警察署の署長。 ジュディを弱いうさぎと決めつけたり、ニックを騙すきつねと捉えたりする固定観念に縛られています。 クロウハウザー 高橋茂雄 ズートピア警察署の受付。 かなりの大食漢で、ドーナツをいつも食べています。 ガゼル Dream Ami ズートピアで注目を集める実力派シンガー。 ジュディは上京する時にガゼルの歌を聴いていました。 ミスタービッグ 山路和弘 ホッキョクグマを従えるツンドラタウンのボス。 冷酷なボスとしての顔と、娘に甘いお父さんの顔を持っています。 [出典:].

次の

ズートピアの登場キャラクター画像&プロフィール一覧

ズートピア うさぎ 名前

ズートピアの続編が製作される可能性は十分 ズートピアの興行成績はすでに9億9300万ドルを超えており、大台の10億ドル達成も時間の問題。 そんな中、ジュディ・ホップスとニック・ワイルドのコンビをもう一度見たいと世界中から続編の製作を期待する声が挙がっている。 それについて共同監督の一人、バイロン・ハワード監督は「続編についてはファンのレスポンスが大きな助けになる」と続編の可能性を示唆したうえで、「みんなズートピアの世界観が大好きだし、キャラクターたちにも親近感を覚えている。 実は映画が公開されたときにはもう終わりかと思って悲しくなったんだ。 でもさらに世界が広がる可能性があることは素敵なことだよ」と意欲を語った。 ディズニー・スタジオは続編を作った例があまりない しかしディズニーからはいまだ続編についてのアナウンスはない。 実はディズニー・スタジオはピクサーと違ってこれまでほとんど続編を作ってこなかったことでも知られている。 これまで「」、「」、「」などの大ヒット作ですら続編は作られておらず、唯一決まっているのは、「」ぐらいだ。 つまりディズニー・スタジオには続編製作についてはかなり慎重な社内文化があるといってもいい。 そんな中、ズートピアの続編の可能性はあるのだろうか。 バイロン・ハワード監督はこれについて「ズートピアの製作中、かなり大部分なシーンをカットしている。 ストーリーに入りきらなかった都市の地域もいくつかあるし、削除したキャラクターもある」と、アイデアに欠くことはないとしたうえで、「ズートピアの世界にはポテンシャルが十分にあるので、私自身もっとここから何か生まれないか見てみたい」と期待を寄せている。 また、続編があるとすればファンたちが知りたいのは今後のジュディとニックの関係性だ。 このまま友情の物語になるのか、それとも愛の物語になるのかでも、大分方向性が変わってくる。 それについてはもう一人の監督リッチ・ムーアが「この問題は考えないといけないことで、どっちになっても誰かががっかりすることになる。 友情にしたら友情したで怒る人が出るだろうし、ロマンティックにしたらなんで恋愛映画なんて作ったんだって言う人が出てくるから、そのためにしっかり構えておかないとね」とコメントしている。 二人のコメントからもすでに続編に関してかなり真剣に議論が行われている印象を受ける。 なによりリッチ・ムーア監督がファンに向けた次の言葉がそれを物語っている。 「もし人々がズートピアを大好きになってくれたら、それは素晴らしいこと。 ディズニー・スタジオではいつだって人々がまた訪れてみたいと思う世界を作ることを考えているし、それこそが我々のやるべきことだ」。 >> 関連記事 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」.

次の