りんご 英語 で。 「りんご」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

「りんごかもしれない」に英語版が!「It Might be an Apple」★動画有

りんご 英語 で

Weblio公式 リンゴ( apple)は西洋においては数あるフルーツの中でも特にメジャーな部類に位置づけられます。 旧約聖書に登場する「禁断の果実」もリンゴだった・・・という話はどうも事実ではないらしいのですが、この話からはリンゴが半ば「果実」の代名詞的な存在であることがうかがえます。 パイナップルも pine+apple ですよね。 リンゴを煮詰めてパイ生地にたっぷり盛ったアップルパイ(apple pie)は、アメリカを代表するお菓子として知られています。 リンゴは、さしずめ日本における桃栗柿のように、文化伝統に深く根ざしている果物といえそうです。 そして、英語の慣用句には、リンゴが登場する表現が山ほど見つかります。 リンゴ磨きはゴマすり野郎 polish the apple(リンゴを磨く)と言うと、人に媚びへつらったりお世辞を言ったりする者を指します。 日本語の「ゴマをする」にあたる言い回しです。 学校の生徒が、先生に気に入られようとして、リンゴをつやつやに磨いて贈った、という典型的イメージが背景にあります。 ゴマすりをする人は apple-polisher といいます。 「相手の機嫌を取って取り入ろうとする」という意味の変わり種の表現としては、カレー(curry)使った curry favor という言い方もあります。 くさったリンゴは組織の害 rotten apple(腐ったリンゴ)という言い方もあり、これは善人ばかりの集団の中にいて集団に悪影響を及ぼすような悪い人物を意味する表現です。 bad apple ともいいます。 箱づめのリンゴのなかに腐った個体が含まれていると、周囲のリンゴも傷みやすくなってしまいます。 日本語で言うところの「腐ったミカン」ですね。 リンゴとオレンジは似て非なるもの compare apples and oranges (リンゴとオレンジを比べる)というフレーズは、一見似ていても全く異なるもの、そもそも比較の対象にならないもの同士を並べて比べる、という意味で用いられます。 たとえば同じ乗用車でも、セダンとスポーツカーとでは得られる価値が全く違います。 そんな風に比べようのないものを並べて甲乙つけようとする人に、「それはリンゴとオレンジを比べるようなものだよ」のように言います。 リンゴとリンゴは同一規格 compare apples and apples(リンゴとリンゴを比べる)という言い方もあります。 リンゴVSオレンジの比較とは逆に、同じ性質や条件のものを比較するという意味の言い方です。 リンゴの味や形を吟味するなら、全然テイストの違うオレンジと比較しても評価しようがありません。 同じリンゴ同士を比べてこそ、甘い・色ツヤが良いといった評価ができるというものです。 海外のグラマー美女の胸はびっくりするほど立体的だったりしますので、リンゴのようなソリッドなモノに喩えても違和感がないのでしょう。 きっと。 他にも、そこそこの大きさで球に近い形のものを代名詞的に apple と呼ぶ例はいくつか見られます。 リンゴの子はやっぱりリンゴ 家族は似るものだ、という意味の英語のことわざに the apple never falls far from the tree という言い方があります。 文字通りにいえば「リンゴは木から遠くへは落ちない」、つまり、子が親からかけ離れることはそうそうない、という意味を示します。 家族的な特徴は受け継がれるものだ、といった意味で用いられることわざですが、日本語の「蛙の子は蛙」と同じように、大抵しょうもない部分が似てしまうという皮肉めいたニュアンスで用いられます。

次の

英語で「個数」「件数」は?

りんご 英語 で

On the table sat an apple. But it might not be an apple at all. ある日、学校から帰ってきたら、 ん?あれなんだ? テーブルの上にりんごが…。 いや、まてよ、もしかしてあれは全然「りんご」じゃないのかもしれない。 というところから、無限大に広がる空想の世界 🙂 こんなに想像できたら、人生楽しいだろうなぁ… いや、それとも大変かな…?(笑) こんなシンプルで可愛らしいイラストで、ストーリーは展開します。 (画像:amazom. そっか、確かにサクランボの形に似てるよね。 大きなサクランボの片割れなのかもしれないよね。 It might be all peel with no apple inside. この「りんご」に見えるものは、もしかして、地球に降ってきた小さな惑星かもしれない。 よくよく見たら、表面に小さなエイリアンたちが、うじゃうじゃしているかもしれない…。 あぁ、すごい。 こんなに想像できる脳ミソがほしい。 絵本の最後は、ご存知の通り、え?結局?と、クスクス笑えちゃうところも可愛い。 原作の日本語版の絵本を読んだお子さんなら、英語版でも馴染みやすいかもしれないですね 😀 比較して読んでみるのも楽しそう。

次の

リンゴ(apple)を使った英語フレーズ【くだもの英語表現2】

りんご 英語 で

人間の堕落(画) 禁断の果実(きんだんのかじつ、Forbidden fruit)とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し、欲望の対象になるもののことをいう。 としての「禁断の果実」という語句は、の『』をもとにしている。 創世記では、禁断の果実とは、の果実を指す。 はにある果樹のうち、この樹の実だけは食べることを禁じられるが、はにそそのかされてこの実を食べ、にも分け与える(イブが先と書くのは旧約聖書においてであり、のにおいてはどちらが先に口にしたかは書かれていない)。 この果実を口にした結果、アダムとイブの無垢は失われ、裸を恥ずかしいと感じるようになり局部をイチジクの葉で隠すようになる。 これを知った神は、アダムとイブを楽園から追放した。 彼らは死すべき定めを負って、生きるには厳しすぎる環境の中で苦役をしなければならなくなる。 果実の種類 [ ] 西ヨーロッパ [ ] 禁断の果実はしばしば とされるが、これはで「善悪の知識の木」の悪の部分にあたる「 malus」は「邪悪な」を意味する形容詞だが、リンゴも「malus」になるため、取り違えてしまったか、二重の意味が故意に含まれていると読み取ってしまったものとされる。 創世記2章17節の「善と悪の知識の木」の部分は、(標準ラテン語訳聖書)では「 de ligno autem scientiae boni et mali」となる( mali は malus の)。 人間ののどにあるは、特に男性の場合は(のど仏)として目立っているが、西欧各国語ではこれを「アダムのリンゴ」と呼ぶ。 これはアダムが禁断の果実を飲み込もうとして引っかかったことから来ているとされる。 キリスト教徒の中には、 であると考えるものもいるが、これはアダムとイブが陰部をイチジクの葉で隠すようになったという記述から来ている(イチジクの樹は、創世記の中でも特に名指しで描かれている)。 イチジクは長年、女性の性的特質のシンボルとされており、の時期には、イチジクが描かれたこともあった。 イチジクを禁断の果実として描いた作品の中で有名なものには、が手がけたがある。 東ヨーロッパとユダヤ教 [ ] 一方、東欧のスラブ語圏では、 とされる事が多い。 神秘思想の書籍『』でも、禁断の木の実をブドウとしている。 トマトは新世界からの渡来当初、毒のある実だとみなされていたこともあり、実際に「禁じられた果実」であったことがこの説の傍証ともされている。 ユダヤ教の律法学者の間での伝統では、 としていた。 では「khitah」と表記し、罪を意味する「khet」に通じるというのが理由である。 また、リンゴ以前から親しまれ、西アジア原産の果物でもある だとする人々もある。 その他、 、 、 、、 などが「禁断の果実」の可能性がある果物に挙げられる。 メタファーとして [ ] 「禁断の果実」という語は、不法・不道徳・有害な快楽や耽溺を表すメタファーとして使われる。 特に、人間の性に関連する快楽に関連付けられる。 リンゴをやのメタファーとする解釈もあるが、創世記でイブとアダムを神が創造する場面(1章28節)で彼らに対して最初に「産め、増やせ、」とよびかけていること 、男から女を作った際の言葉(2章24節)では「これによって男は父母から離れて妻と結ばれ一体になる」と述べていることから、最初から性や親子関係が想定されていたとして批判する意見もある。 脚注 [ ]• 旧約聖書 創世記 2:16-17, "And the Lord God commanded the man, saying, Of every tree of the garden thou mayest freely eat: But of the tree of the knowledge of good and evil, thou shalt not eat of it: for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die. The Zohar: The First Ever Unabridged English Translation, with Commentary Rabbi Michael Berg, ed. , Vol. 2, pp. 388-390• 旧約聖書 創世記 1:28, "And God blessed them, and God said unto them, Be fruitful, and multiply.

次の