聴力 検査。 純音聴力検査の実施の方法とポイント~スタッフ編~

聴力検査について

聴力 検査

健康診断の聴力検査は何を調べている? 人は20ヘルツ Hz から20,000ヘルツ Hz までの音を聞くことが出来ると言われています。 健康診断の聴力検査では、• 1,000ヘルツ Hz :低音• 4,000ヘルツ Hz :高音 の2つの周波数の音を一定の音の大きさ(音圧という)で聞こえるかを検査しています。 なぜこの2つを調べているのでしょうか? 低音の1,000ヘルツ Hz の聴力検査の意義は? この1,000ヘルツ Hz は日常会話の音域の代表とされる周波数なのです。 この周波数の音を30デシベル(dB)の音圧で測定します。 高音4,000ヘルツ Hz の聴力検査の意義は? この4,000ヘルツ Hz は年齢とともに、聴力が低下した際に、早くから聴力が低下する周波数として知られています。 つまり、聴力低下の早期発見に向いているといえます。 この周波数の音を40デシベル(dB)の音圧で測定します。 (ただし学校保健として行われる場合は、25デシベル(dB)の音圧で測定します。 ) 検査周波数 1,000Hz 4,000Hz 学校検診 30dB 25dB 雇入時健診 30dB 30dB その他の健診 30dB 40dB この1,000Hzと4,000Hzの2つの周波数は、難聴がある場合に聞き取りにくくなるため、この2つを検査するだけで難聴の検査としては感度が高くなっています。 聴力検査の方法は? 耳鼻咽喉科での精密検査としての聴力検査は防音室で行われます。 しかし、健康診断や人間ドックでの聴力検査ではそのような部屋はなく、周囲にある程度の雑音がある環境で行われます。 検査方法は、受話器を耳に装着し、 ピーピーピーと検査音が聞こえたら、応答スイッチを押します。 先ほど説明した、低音である1,000Hzと高音である4,000Hzの2つで検査されます。 聴力検査で異常となる原因は?鑑別は? 難聴は、• 伝音難聴 外耳〜中耳までに異常がある場合です。 逆に言えば、内耳に音が伝わりさえすれば、聞こえますので、補聴器の良い適応となります。 慢性中耳炎• 滲出性中耳炎• 真珠腫性中耳炎• 頭部外傷(耳小骨離断、鼓膜穿孔)• 耳硬化症 などが原因となります。 感音難聴 内耳〜聴覚野までのどこかに異常がある場合です。 内耳や中枢の異常により、生じる難聴を言います。 片側の感音性難聴では、• メニエル病• 外リンパ瘻• 聴神経腫瘍 などが原因となります。 一方両側の感音性難聴では、• 老人性難聴:加齢による• 騒音性難聴:騒音による• 薬剤性難聴:使用している薬剤による などが挙げられます。 加齢による老人性難聴の割合は? 老人性難聴は、加齢による難聴で、高音域から障害されていきます。 普段の会話は、500-2000Hzで行われるため、自覚がない場合が多いとされます。 その程度には個人差がありますが、• 難聴を伴うことがある耳以外の病気は? 耳の病気以外であっても難聴を伴うことがあります。 具体的には、• 自己免疫疾患• ミトコンドリア病• 糖尿病• 心不全• 不整脈• 甲状腺腫• 網膜色素変性症• 色素異常 と難聴を併発することがあります 2 ので、これらがないかをチェックすることも重要です。 聴力検査で異常を指摘された場合何科を受診すればいい? 聴力検査で異常を指摘された場合は、その原因を突き止め、場合によっては治療するために• 耳鼻咽喉科 を受診することになります。 最後に 聴力検査と、聴力検査でひっかかった場合に考えられる原因などについてまとめました。 「毎年ひっかかっていなかったのに、今年になって初めて引っかかった。 」 「めまいや頭痛などの症状を伴っている。 」 などの場合、真珠腫性中耳炎など何か病気が隠れている可能性があります。 そのような場合は、速やかに耳鼻咽喉科を受診しましょう。 参考文献: 1 JAMA 289 15 :1976-1985,2003 2 健診データで困ったら (医学書院)P22.

次の

聴力検査の1000Hz,4000Hzとは?聞こえない場合の原因は?

聴力 検査

Audiometry Simulator: 聴力検査シミュレータ(教育用) Audiometry Simulator 純音聴力検査を体験して理解するページ• New! :純音聴力検査シミュレータ(最新バージョン)• 気導のマスキング無・マスキング有の閾値を別々に表示• 気導マスキングプロフィール表示(骨導と同様に【Memo】ボタンで入力)• Weber法の結果表示(【Weber】ボタン押下中)• 新機能に対応してゲームファイルフォーマットを拡張(以前のバージョンとは互換性がありません)• 安全なマスキングレベル・気導マスキングプロンプト(アシスト)をOFFにすることが可能(中級者向け)• JIS・ISO表示の切り替え可能• 正解表示を見やすく• 問題番号・周波数等の表示を追加• :純音聴力検査シミュレータ(見開き表示バージョン) 【Viewer】,【Profile】ボタンで切り替えます• :純音聴力検査シミュレータ(省スペースバージョン) 【Viewer】,【Main】,【Profile】ボタンで切り替えます• :旧バージョン 解説集• Ver. 5は様々な改良を施してありますが、使用法はVer. 2とほぼ同様です。 問題No1は純音聴力検査における様々なテクニックを包含しています。 従ってこの解法を理解すれば聴力検査法の基本を習得することができます。 比較的単純な場合でも骨導マスキングが必須であることが分かります。 低音障害型感音難聴のオージオグラムです。 高音急墜型感音難聴のオージオグラムです。 高音漸傾型感音難聴のオージオグラムです。 一側聾のオージオグラムです。 問題No7〜9は以上に倣って解決できます。 一側伝音難聴(Stiffness Curve)のオージオグラムです。 一側伝音難聴(Mass Curve)のオージオグラムです。 New! 両側の気骨導差が大きなケースです。 New! 一側のみの気骨導差が大きなケースです。

次の

きこえの検査 : 耳鼻咽喉科の検査 : 検査と治療について

聴力 検査

ちょうかくきのうけんさ 聴覚機能検査の概要 ここでは、まず、で来院された場合の検査の流れ・種類について説明します。 続いて具体的な聴覚機能検査として行われることの多い、純音聴力検査、語音聴力検査、耳音響放射検査、聴性脳幹反応検査があります。 診療の流れに沿って詳しく説明します。 診療の流れ(耳鳴りや難聴の患者さん) これらの検査は患者さんの状態にもよりますので順不同ですが、一例として紹介します。 初診では、問診票を記載してから、医師と対面し、患者さんのお話を伺います。 外耳、鼓膜に難聴の原因となる疾患がないか診察します。 (耳垢塞栓など各種検査の前に処置が必要なものはこの時点で処置を行います)• 純音聴力検査や語音聴力検査を「聴力検査室15番」にて行います。 診察室にて、聴力検査の結果をお話します。 検査の結果によっては、治療を開始する場合もありますが、さらに下記のような精密検査を必要とする場合があります。 検査の多くは予約制であり、医師と次の検査予約について相談することになりますのでスケジュール帳をご用意してご相談ください。 聴覚機能検査(純音聴力検査、語音聴力検査) 耳音響放射検査、内耳機能検査(後述):内耳の特に有毛細胞の働きを調べます。 聴性脳幹反応検査(後述):蝸牛神経 聴神経 や脳幹機能に関する検査 後述 です。 その他にティンパノメトリー、アブミ骨筋反射検査、耳管機能検査などがあります。 画像検査(、などで耳の断面や脳の断面を撮影し詳しく検査します)。 造影剤を使用する場合があります。 採血(難聴に関連した疾患を調べるための検査、全身状態の把握など)• 耳鳴検査(参照)• 耳鳴りに関する質問紙票など(参照)• めまいなどを合併する場合、平衡機能検査(温度眼振検査)(参照)• その他 つづいて、 聴覚機能検査について説明します。 純音聴力検査(Pure tone audiometry) 聞こえの程度を調べる最も一般的な検査です。 音がきこえたら、手元にあるボタンを押してもらう検査です(図1を参照。 検査機器は図2)。 125ヘルツ(低音)から8,000ヘルツ(高音)までの範囲を右耳と左耳に分けて検査します(一般的な健康診断では1,000ヘルツと4,000ヘルツの2音のみです)。 患者さんが聴こえた最も小さい音の大きさ(数値)を調べます。 ヘッドホンから音を出す気導検査と、耳後部から音を伝える骨導検査があります(検査の様子は図3、検査結果の一例は図4を参照)。 図4.標準純音聴力検査の一例 気導と骨導の聴力に差があるものを伝音難聴とよび、外耳・中耳の病変を考えます。 気導と骨導がともに悪化しているもの(差がないもの)を感音難聴とよび、内耳、蝸牛神経(きこえの神経)より中枢側の病気を疑います。 また、上記の2つを混合している場合を混合難聴と呼びます。 たとえば、ご年配の方で両側高音域の聴力が低下している場合、加齢性難聴の可能性を考えます。 語音聴力検査(Speech articulation test) 「どれくらいはっきり、正確に聞こえているのか」を調べる検査です(検査の様子は図1と同様)。 言葉の単音節(たとえば、「ア」とか「カ」など)が聴こえているかどうかを調べます。 純音聴力検査の結果が良くても、 この検査結果が芳しくない場合は、「音は聞こえるけれども、話しかけられると何を言っているかわからない」といったコミュケーションに支障をきたす症状がでます(加齢性難聴に代表とされる内耳機能が低下する疾患でなることが多いです)。 この検査が役に立つのは、1 の原因を調べる場合、2 の適合、3 (手術)の適応を調べる場合など、です。 一般的に語音弁別能検査の結果が50%以下である場合は補聴器の効果が出にくいことが知られています。 耳音響放射検査(Otoacoustic emission; OAE)予約制 内耳、特に外有毛細胞と呼ばれる、聴こえに関する感覚細胞の反応について検査します(図5を参照)。 イヤホンを耳に入れて、音を聞いていただくだけで内耳感覚細胞の反応を検査することができ、内耳の活動の程度について推測することができます。 特に歪成分(結合音)耳音響放射検査(DPOAE)と呼ばれる検査では、1,000ヘルツから6,000ヘルツくらいまでの音域について反応を調べることが可能です。 図6にDPOAEの一例を示します。 この患者さんは左耳で2,000ヘルツ以上の音域に反応がなく、内耳性難聴が疑われます。 図6.DPOAEの一例 聴性脳幹反応(auditory brainstem response; ABR)予約制 蝸牛神経やそれより中枢側 脳幹 の聴覚伝導路の機能を調べる検査です。 ベッドで横になり、ヘッドホンから出る音に反応して出る脳波について検査します(図7、図8を参照)。 耳音響放射検査や聴性脳幹反応の検査中は、患者さんの体が動いてしまうと筋肉の動きが入ってしまい、検査がうまくできなくなります。 そのため、うまく検査ができないことが予想される新生児、乳幼児の場合には、薬を飲んで睡眠をとりながら検査をすることもあります。 純音聴力検査、耳音響放射検査、聴性脳幹反応などの検査を組み合わせることによって、病気の原因が内耳にあるのか、それとも蝸牛神経や脳幹にあるのかを把握することが可能です。 隣の部屋のベッドに患者さんは横になり、検査を受けています(図8)。

次の